ウクライナ戦を見て

監督の試合後のお言葉
マリ戦よりいいサッカーができた。決定的チャンスも2、3回あった。

おいおい!
この監督大丈夫かい!?

負けて、いいサッカーができたとは。
W杯は1年後?

失点シーンは完全にやられている。
とりわけ2点目の入れられ方は相当やばい。
日本の右サイドを何回も崩されてもはやズタズタ状態。
本田もスピード感全くないし、老化すら感じた。W杯はもう要らない。
酒井や杉本も厳しいなあ。

ウクライナの決定的な場面は2、3回どころではなく5回や6回ではない。

長谷部の調子が良くなかったのもあるがボランチが全く機能していない。
まして山口、三竿ではW杯では保たない。全てに劣っている。

とにかく合格は中島のみ。
要らない選手がはっきりし、岡崎や乾や香川、吉田が必要なことだけはわかった。

柱になる選手がいないということ。
格の違いがどれだけ重要かということだと思う。

もちろん、一番要らないのはあの監督さん。
交代選手が、出る寸前に顔ぶつかるぐらいの距離で、あれだけガアガア言われたら沈着冷静にグランドに出れるわけがない。
アイコンタクトで出してあげれば選手は信頼するし、落ち着いて出れるのによ!

ウクライナはW杯に出れないまでもランク的には日本より相当上。
しのぐ試合になるのはわかっていたし、勝つためにはどうしたらいいかを考えて試合に臨む必要があった。
そういう意味ではいい相手だったが、何の策もなかったと言って良い。

このままでは絶対予選を勝ちあがれないので、協会も重い腰あげて交代させないと、終わった後の言い訳効かないよ!
会長以下関係者はノータリンと言われても仕方ない。
今、替えたら、予選勝てなくても、言い訳通用するよ!!

誰もが監督に飽き飽きしている。
替えれば、負けても選手もサポーターも協会もハッピー、いいじゃないですか。

U-21の森保さんで十分です。安くすむし、勝ったらどさっとあげればいい。


# by gsfc_aoshima | 2018-03-28 07:28 | 日本代表

高梨さんやったね!!

ジャンプの高梨さん今シーズンのW杯で初優勝。
おめでとうございます。
これでW杯に初参戦してから104戦で54勝。
ものすごいことなんだが改めて驚愕。
このまま行くと100勝だって夢じゃあない。
あんたらぁ!あの子まだ21ダニ!!(遠州弁でなまってみました)
今から50年前、女子がスポーツの世界で常連で勝てるなんて誰も想像しなかった。

今どきの若い子なんて偉そうにいえないよな。
感服つかまりました。
なんたってライブの途中でニュース速報なんだから。
そして表彰式の日の丸と君が代、オリンピックを思い出し鳥肌が立ちました。
b0005596_09200618.jpg
b0005596_09201281.jpg
b0005596_09202004.jpg
b0005596_09202683.jpg
b0005596_09203461.jpg
b0005596_09204600.jpg


# by gsfc_aoshima | 2018-03-25 09:23

マリ戦を見て

最初に思ったのはこれでは、今回もまたW杯では決勝トーナメント進出どころか1勝もできないんではないかと!

失敗を恐れての相変わらずのバックパスからの後ろでの球回し。
GKと槙野で何回パスの往復するのかい!
まさに漫画以下である。
負けてるのによ。
もしうちのチームであんなことしていたら即交代させる。

フリーの選手なんか、前線にはなかなかいないがこじ開けないと!
縦に入れて相手に取られてもカウンターを食らうことはないのによ。

あの監督の言う通りのサッカーをしても、W杯では多分勝てない。
選手も思い切ったサッカーができないのはなぜか。
笛ふけど踊らず、選手もW杯で勝ちたいというよりも選ばれたいが強すぎる。
約束事が多すぎて選手が把握できないというか、サッカーが窮屈すぎる感じがするし、創造性のかけらもない。
横パスばっかで失敗しないサッカーをしても勝利には結びつかない。
サッカー本来の楽しさや面白さが皆無な試合だと思う。

前線では自分で打開できる選手や、思いがけないひらめきを持った選手が必要だと思う。
乾や岡崎ではないだろうか。
本田もやっぱし厳しいな。宇佐美もおとなしい選手になっちゃった。
またボランチに長谷部以外にいないのも困ったものだ。
山口では厳しいと思うのは素人ではわかる。
サイドバックも長友以外はほとんどダメだと断言できる。長友も決して合格点ではなく、ほかがひどすぎる、

この日はヨーロッパ各地で親善試合が行われ、多くの観客が見ている。
アウエー同士で中立国の試合とはいえ、ほとんど観客がいないというのは日本が今おかれている立場を象徴しているともいえる。
ウクライナ戦次第では監督変えてもいいのではないか。
無理だと思う。日本人でかまわない。
それの方が負けても夢がある。
b0005596_10163917.jpg




# by gsfc_aoshima | 2018-03-24 10:18 | 日本代表

小学校の卒業式

b0005596_07475707.jpg
3月16日は小学校の卒業式。3年連続の出席である。
毎年、結構感動するわけなんだが、今年はさらに進化してとりわけよかったと思う。
ご挨拶も校長先生とPTA会長さんのみ。話の内容もしばらく忘れないだろうと思うくらい印象的だった。

うちのクラブからは卒業生93人中10人ぐらいがオラの関係者。
途中やめてもオラとは繋がっていると思っているんで。

校長先生のお話はギョギョのさかなクンのお話。
お話の中身が小学生の時にタコが好きになってから、お魚に熱中。
中学では吹奏クラブと水槽がたくさんある水槽クラブと勘違いして吹奏クラブに入ったけれど、そこでも頑張ったよと!
なんでもいいから興味を持って成長してほしいし、本物になってほしいと。

PTA会長さんはうちのクラブのコーチ。
6年前の入学式では一緒に手を繋いできたけれで、今日の息子は手も繋がないし、一緒にも歩かない。
大きくなったなあという親の情愛と、親から少しづつ離れて行く一抹の寂しさを淡々と話されてなんだか自分のはるか昔を思い出す。

子供達主体の卒業式なんだが、周りの大人たちがハンケチ取り出すし、ズルズルするぐらい泣いているのでこちらも思わずもらい泣き。
みんなで歌う歌もよく練習していて心に響く。
「歌は偉大なり」

最後の頃にはうちのクラブの子二人が、声出しておいおい泣いているんでまたまたこちらもなんだが潤んでくる。
とっても素晴らしい旅立ちだった。

# by gsfc_aoshima | 2018-03-19 08:21 | ジュニア

マラニック

ジュニアユースの三送会があった翌日の3月11日は卒業生だけでのマラニック。
マラニックとはマラソンとピクニックをかけた造語ージュニアの村木コーチより。
そのマラニックを箱根駅伝の大手町、読売新聞社前から横浜権太坂までの37キロを走破するというもの。

ジュニアユースの卒業生の恒例の行事でもある。
本年度は第10回だそうで朝8時に大手町を出発して、権太坂に全員が到着したのは17時。
蒲田では途中寄り道して「いきなりステーキ」を食べに行った強者もいたらしい。
ほとんど歩きというのもいたようだが、それでもいい思い出になったのではないだろうか。

みんな高校に行ってもクラブハウスに遊びにきてほしいな!
b0005596_08432495.jpg
b0005596_08433000.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-03-15 08:44 | ジュニアユース

オイペンの豊川雄太が所属するベルギーリーグはプレーオフの前の最終節。最下位のオイペンは大量点で勝利しないと2部に陥落する。
この試合に途中から出場した豊川は3G1Aで4−0。
4点がないと降格決まりだったということで、オイペンに神降臨。
全ての得点が素晴らしいのだがとりわけ最後の4点目の豊川の最後まで諦めないプレーなんて最高だし、もはや忍者。
グランドに乱入したサポーターに胴上げされてるし、いやはやサッカーはおもしろい。

アナウンサーの絶叫ーなんだかわかるよな!!
久しぶりに素晴らしいアナウンサーだし、今年度NO1動画

日本の若手ー旬な選手をW杯に連れて行ってほしいよね。
乾は別格として、海外組の中島翔哉とか奥川雄也もいいし、これに豊川雄太

# by gsfc_aoshima | 2018-03-12 07:52 | 世界のサッカー

三送別会

久しぶりの投稿。
東日本大震災犠牲者の皆様のご冥福をお祈りするとともに、未だ避難生活を送られている皆様方へ心からのお見舞い申し上げます。

さて3月は大きな行事のオンパレード
昨夜はジュニアユース3年生の送別会。
幼稚園の年中からうちのクラブでサッカーやっていた選手もいるわけで、感慨深い。
みんな大きくなった。
サッカーのおかげで知り合ったせっかくのご縁、大切にしてほしい。
ネックレスなんぞして粋がっているのもご愛嬌!
毎年、そんなのがなぜだかいるのもおかしい。
本日はその3年生による、チーム恒例の読売新聞社前から権太坂までの箱根駅伝コースを体験する最後の走り!
もがいてもがいて、楽しんでくれたまえ!
b0005596_06015633.jpg
b0005596_05494905.jpg
b0005596_05494190.jpg




# by gsfc_aoshima | 2018-03-11 06:04

情けないインタビュー

気管支炎の状態が良くなって来たわけでもないが、少し元気になってきて、オリンピックを一日中見ての感想。
今日の女子フィギュアで宮原さんは完璧の演技だったと思う。
本人も最高の笑顔だったし、自己ベストだったし、誰が見てもよくやったと云える。
ただショートで4位だったし、上の3人がフリーでもほとんど完璧な演技をしたわけで、納得の4位だったと思う。
多分、3人が転んだり、大きなミスをしない限りベストスコアでも厳しかった。
全員の結果が決まった時の最初のインタビューでどこのおっさんーこの際おっさんでいいーか知らないが第1声が
「残念な結果でしたね」
日本におっさん帰ってくるな!

松岡修造さんはこの宮原さんへのインタビューの第1声は
「おめでとう!ベストスコアで」
この違いはなんだろう。

小平さんへの金をとったときの最初のインタビューは
「獣のような滑りですたね!」
小平さんは「躍動感ある滑りができたと思います」

レベルの違いがすごすぎてお話になりません。
スタートを除き、小平さんの頭の位置はゴールまでたえず一定で本当に素晴らしいフォームだった。
イノシシがあんなダイナミックでキレのいい美しい走りをするか。
こいつもレッドカードだと思う。

長野金メダルの清水さんの解説を聞くとわかりやすくて溜飲が下がる。
松岡さんや清水さんクラスでないとアスリートの気持ちを掘り下げることはできないのかもしれない
tvの前のオラたちだって馬鹿ではないから、うわべだけの薄っぺらいインタビューはほんと願い下げである。
まさかおんなじおっさんではないだろうな。

小平さんの金メダルのシーンを見て所属先の相澤病院に通院している84歳のおばあちゃんは「私もあと4、5年生きないといけないね!」
感動は人を元気にさせてくれる。

大会を通じて感じることは選手の皆さんの謙虚さと、静かな自信というか日本人としての誇り、そして感謝の気持ち。
選手の皆さん、チームスタッフの皆さんの頑張りに乾杯!








# by gsfc_aoshima | 2018-02-24 00:16 | 高尚な話

週休5日

2月10日、12日ぶりに家を出る。ほとんど自宅で深く潜行していた。
10日は早稲田との練習試合。選手はよくやってくれて勝利する。
練習試合とはいえ、早稲田に一度も勝っていなかったので素直に嬉しい。

11日の建国記念日は靖国神社にて正式参拝。そして靖国会館で君が代を斉唱する。
別にオラは右翼でもなんでもないが御国のために殉じられた英霊を御詣りするのは至極当たり前のことだと思う。
ご先祖も祀られているし、身の引き締まる想いでもある。

12日は慶応OBのチーム慶応BRBとの練習試合。出来が全く良くなくてやられた。早稲田戦のサッカーはどこに行ったのか。
ほんとサッカーは難しい!!

13日はとりあえず自宅で静かにしていた。
14日のバレンタインデーでチョコレートやらスコーンをたくさんもらう。
調子に乗って食べたら夜中にものすごい吐き気が。

以来、横になったまま36時間近く絶食になってしまった。ていうかムカムカが半端ない。
熱は無いのだが咳もぶり返し、この週はこれで終わった。
金曜日に古い友人と東京で約束があったのでこれだけは無理して出かけた。

17日、午前中はチームの第2回セレクション。午後はジュニアの卒業記念カップ戦の応援。
18日、練習試合で八王子の日本工学院。

一般人と全く逆パターンで平日休養。
仕事にもならないのだがとりあえず完全に胸のあたりのモヤモヤが解消させないと思っている。
b0005596_16350279.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-02-19 16:40 | 恥ずかしながら直助

インフル週間!!

先週の火曜日、東京、川崎で打ち合わせ。
喉がいがらっぽいなと。咳が出て来た。
ちょっとやばいなと思ってから1週間。

水曜日の朝から咳が止まらない。
午後行きつけのクリニックへ。
せいぜい年に2回ぐらいしか行かないが、ここに行くのは咳がひどい時のみなのでカルテは咳のことしか書いていない。
先生もオラのことを知っている。
熱がないので少し様子を見ようと。
毎度おなじみの薬を処方されるが咳が止まった試しがない。
水曜日から木曜日にかけての夜が咳がひどく一睡もできなかった。
これって重度の喘息状態だな。

木曜日、相変わらず咳がひどく、ただ熱は37度までしか上がらない。
解熱剤はもらっていない。
木曜日の夜は多少寝れたが腰がどうにも痛い。
なぜだが右足の土踏まずも攣る。
右手の肘から右手人差し指にかけて電流が走る。
金曜日突然熱が38度を超えた。

これはやばいと昼からクリニックへ。
熱が出たと電話で話して合ったので、受付するなり、別室に連れて行かれる。
すぐ先生が来た。「出たかね!」
と同時に鼻に綿棒を入れられ、グリグリ。涙目。
退出まで5秒。
5分後、結果を持ってこられた。
「Aです。受付に書類流すので2分したら帰っていただいて構いません」
クリニックへの受付から近くの薬局までの時間わずか10分。

薬局ではその場で吸入粉末剤を口から吸う。
「すぐ熱下がりますから!」
布団から起き出し、家を出てから、布団に入るまで30分。
大病院ではこうは行かない。

1時間後37度に下がるが、こんなに効いて劇薬かも。
土曜日、中学生の孫を除いた3人が一斉に咳をし出す。
こちらは全員B型だった。
家の中がAB混在でどうなっちまうだよ。誰も部屋から出てこないので家の中がとっても静か。
異変を感じ取った猫だけがニャーゴニャーゴ。
土日全休でサッカー休んだのはほんと久しぶり。

本日、熱もないし、咳もあんまし出ないということで茶の間に敷きっぱなしの布団をあげてみた。
とにかくずっと寝ていた。

起きてみるとふわふわしちゃって自分の体でないし、とりわけ胸前が相当なダメージ受けているのがよくわかる。
息思い切り吸うと咳が出る。
気管支 弱っ!
頭もボワンボワンしちゃってるし、耳鳴りも最大級にうるさいし、鼻はカラカラで匂い全く効かなくなってしまってるし。

Bの連中はこれまた本日も部屋から出れず。
世間様とは隔絶して、もう2、3日静かにしていた方が良さそうだ。


# by gsfc_aoshima | 2018-02-05 10:38