早稲田の先輩後輩

我が、コブラ元選手で現早稲田大学ア式蹴球部監督の外池大亮、コブラ現役選手で現明治学院大学監督の鈴木修人。
ふたりのチームが
7/18(水)11:30キックオフ 会場は味の素フィールド西が丘サッカー場。
勝った方が全国大会。負けても次の試合で勝てば全国。

明学は関東リーグ1、2部の下のカテゴリーからの快進撃。
修人イズムが浸透し、今まさにジャイアントキリングの連発。
早稲田も外池イズムのおかげで1部リーグを独走中。

嬉しい限りであるし、我がコブラの誇りでもある。
勝っても負けても3人で大好きな「李園」に行こう!
蒸し鳥ダァ!
昨年12月24日の関東リーグ入れ替え戦での試合後の二人。
b0005596_16331523.jpg
b0005596_16331180.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-07-17 17:02 | ワセダ

7/7(土)等々力競技場に出向く。
早慶サッカー定期戦を見るためだ。
ここ5〜6年行っていない。
久しぶりの観戦。
外池新監督の早稲田のサッカーがどう変わったか。

2月の新シーズンの最初に早稲田と練習試合をしてもらった。
うちがなぜか勝ったんだが、どこまで進化したか。
そしてリーグ戦ではダントツのトップを走る早稲田サッカーは本物か?

お客さんは17800人とのこと。素晴らしい!
オラたちの頃はいまの天皇陛下が皇太子時代に美智子さまとご一緒に観戦された。
お客さんも20000人が入ったが、往時が懐かしいとともに、学生サッカーの一味違う魅力も楽しめる。

等々力競技場のレセプションルームに入り、ビールガンガン、食事もいただかせていただく。

b0005596_17520942.jpg
外池サッカーは無意味なバックパスもせず、強い斜めのパスで前へ前へ。
サイドの相馬頼みのところがあったがキレの良いサッカーをしてくれていた。
得点の2点はCKからのヘッド一閃ではあったが、それ以外でも躍動感あるサッカーを展開していた。

対する慶応大学ソッカー部も現在2部とは思えないサッカーを展開し先取点を取った。
チャンスは多々あったのに追加点が取れなかったのが残念な結果に繋がった。

総じて、交代を含めた層の暑さが早稲田の方があったのかと思う。
久しぶりに後輩の活躍に鳥肌が立ち、堪能させていただきやした。

今後の早稲田サッカーは見逃せないかも!
ワールドカップは素晴らしいが、それぞれのカテゴリーでのサッカー、キッズからワールドサッカーまで、違った味があり、
「いやぁ!サッカーって面白い!!!」



# by gsfc_aoshima | 2018-07-15 18:07 | ワセダ

昨日の投稿で間違っていた箇所があったので訂正します。

「1審の申し出」の記述は間違いで本部側の2審の要請でゲームが止まりました。



それから色んな憶測もあるようなので当事者として事実だけを追加します。


後半20分2審の要請でゲームが止まり、クーリングブレイクの時間に審判団(少なくとも主審、2審、4審)は後半16分に交代出場した22が、メンバー外の選手が出場した事を把握した。


審判団の方からみらいさん側に22番を交代させ、メンバー外なので他の選手を出すよう指示したと思われる(マッチにこの時点で報告したかは未確認)。

クーリングブレイクが終わって22から26に交代。


このクーリングブレイクの間にコブラ側にはこの状況の説明は一切なかった。


クーリングブレイクが終わり、コブラ選手を送り出す時にベンチから、本部の4審に「どういう反則で2審が突然フラッグを振ってゲームを止めたんですか」と監督である私が尋ねると4審から「メンバー外の選手が交代で試合に出ていたんです」。


メンバー表を確認すると、22番の選手の交代欄に12〜18の番号が振っていなかった(先発は先発欄に1〜11)。メンバー外の選手が出たことが判明。  


この場合のリーグ規定が確認できないので、監督である私からベンチに座ったままで4審に「この場合の交代は人数に加算されるのですか」4審からは「メンバー外なので交代ではなく加算されません」


その後は帰るまでコブラ側と審判団との会話は一切ない。


試合後、本部前でマッチコミッショナーに監督とプレーヤーの鈴木修人がマッチに抗議。明確な回答はなく、報告書で対応しますで終始。


試合終了30分後、みらいさんの実行委員からコブラ理事への公式記録(1−0で試合成立)への署名を求められたが、不正出場の明記がないので拒否。


再度、コブラ監督、理事がマッチコミッショナーと協議。

マッチにこのままでは公式記録に署名できない。リーグ規定を含め、上部に確認してほしいと要請。マッチは電話連絡しますと返答。


コブラ以外は試合成立の認識であり、このメンバー外の選手が出場したことによる両チーム、審判団、マッチコミッショナーとマッチミーティングは開かれなかった。

4審に尋ねなかったら、メンバー外の選手が出場したこともコブラ側はわからず、そのまま試合は成立した可能性が高い。


以上のことから、コブラ理事より関東リーグ理事に、メンバー外の選手が試合に出たこと、不正出場の明記がないので署名できない旨を電話連絡する。

公式記録への署名はしなくてもいいとの即答。

この時点で3−0の試合になることが非公式ではあるがわかった。


わかった時点で帰路につく。


残念だったことは、クーリングブレイクの時に事態が判明したわけなので、その時にマッチ、審判団、両チーム理事と監督を集め、明らかにする必要があった。選手たちは知らないで90分間戦ったことになる。

リーグ規定を含めその場で関東リーグに連絡することもできた。

マッチかホーム側がその責任があり、判断できなければ連絡をする必要があった。

みらいさんの理事が試合に不在だったのも残念だった。



以上です。





# by gsfc_aoshima | 2018-07-11 08:11 | 横浜GSFC

負けたのだが勝った?!

78日、関東リーグ第9節前期の最終戦vsアイデンティみらいとの試合が茨城県つくばみらい市、

みらい平グランドにて13時キックオフで行われた。

西日本では前代未聞の豪雨に襲われている中、

日本列島は長いというか。

先週の酷暑よりは少しはマシではあるが晴天、猛暑に変わりない!


厳しい戦いが予想された。

試合は双方得点がなくロスタイムに入る寸前、相手のカウンターから一気に攻め込まれ、失点。

その後のロスタイムの中で猛反撃をしたが結局0-1で終わった。


それが相手チームの不戦敗になり、3-0で不戦勝と正式に決定し報告を受けたのは帰りの常磐自動車道に入ってからだった。


後半16分相手チームの選手が2番から22番に交代し、代わりに入って来たこの22番選手がこの試合のメンバー外の選手で、結果的には不正出場という形になったということである。


みらいさんのチェック漏れと、4審を含めた審判団の確認不足だったのは間違いない


後半20分メンバー外の選手が出ていると気づいたのは1審であり、1審の要請で主審はゲームを止めた(クーリングブにそのまま入った)。

審判団はこの事実を把握していてゲームは再開させた。

みらいさんには多分この事実を告げて交代選手26番が出たのはビデオではっきりしているのであるが、当方にはなんらの説明もなく、再開直後何があったのかと第4審に確認したところ、サブにも入っていないメンバー外の選手が出場したとの話だった。


試合に出ていたほとんどの選手、大勢の観客の皆さんは蚊帳の外におかれていたというのは事実である。

1−0なのになんでというのが現場にいた皆さんの偽らざる気持ちではなかろうか。


試合内容は暑さにめげず、本当にいい試合だっただけに残念な結末になってしまった。

人ごととは思えず、いつ我が身に降りかかるか、常に緊張感を持って試合に臨むばかりである。


当初詳しい推移について書きましたが、今月の関東リーグの理事会での協議事項になることでもあることから本文については公平性に欠けるという判断もあり割愛させていただきました。

マッチコミッショナーの報告書、審判報告書が関東リーグに提出され、理事会が終了し、正式通達がきてから、推移を公開したいと思います。

また、コブラから理事会に対しては状況報告書を7/9に提出しております。


PS 前記の文章の中で1審の記述は間違いで本部側の2審の要請でゲームが止まりました。


# by gsfc_aoshima | 2018-07-09 23:58 | 横浜GSFC

ブラジル敗れる!

ベルギーVSブラジルは2−1でベルギーの勝利。
ベルギーの前3枚ーデ・ブライネ、ルカク、アザール驚きである。
守護神クルトワの守備範囲の広さ
とりわけアザールの90分間。圧巻だったと!

デ・ブライネのシュートの速さ。
b0005596_05082223.jpg
2点をリードされたブラジルの迫力ある攻撃もカウンターで前3枚が走るベルギーの迫力の方が優っていた。
日本戦とは段違いのコンディションの良さが光る。

ゲームセットの後の淡々としたネイマールの姿が印象的だった。納得の敗戦だと言うことなんだろう。

いやぁ〜サッカーってこんなに面白いもんなんか!



# by gsfc_aoshima | 2018-07-07 05:11 | 世界のサッカー

金魚のアート

平塚美術館で7月7日からの企画展
b0005596_10523971.jpg
b0005596_10524455.jpg
なんだか良さげです。

平塚美術館の中にオラもお手伝いしているレストラン「ラ・パレット」もある。
日光の天然氷を使ったかき氷はオススメです。
http://palettemu.com/index.html


# by gsfc_aoshima | 2018-07-06 10:58 | 高尚な話

日本代表が帰ってきた。

会長と監督、主将の会見が行われた。
西野は7月いっぱいで退任。会長は慰留しなかったとさ。

普通の日本社会ではとりあえず頑張った監督が辞めることになっていたとしても、とりあえず会長は慰留したが西野の決意がかたく
慰留できなかったというのが、就任1ヶ月で決勝トーナメントに進めた監督に対しての心配りではないのか!
解任というのが当たっているような田島会長の言葉は久しぶりにむかっときた。
あれがサッカー界の頂点にいるカラダかっていうのか。
顔むくんでるし、現場に出て走れって!
高校生の頃はいい選手だったのに。
話が横道にそれた。

マスコミでは技術委員会のメンバーの言葉として「クリンスマン」が監督にほぼ内定とか。
誰がこんなこと流しているのか!
情報垂れ流しなのもひどいがよ!
おいおい、カタールのワールドカップは4年後ズラ。
なぜ急ぐ!
総括もしないでマジに可笑しい!
日本代表の監督を決めるということはその下のカテゴリー(キッズからU-23まで)を含めてこれからの日本のサッカーをどういう指針で船を漕ぎだすということではないかい!

4年前もそういうことをしないで監督を決めてきた。
同じことをまたサッカー協会をしようとしている。
ほんと頭悪いやつらばっかしだといいたくもなる。

監督を査定する技術委員でW杯に実際に出ている人なんていないし!
委員長の関塚だってJリーグですら選手をやってない。監督コーチはしてるが。
山口さんと林は高校の先生。
ダメだとは言わないが立場違うんじゃない?
たった一人だけ池内さんが引退前2年間Jリーグでやっていただけ。
他の委員の皆さんもW杯を論じることのできるメンバーは皆無ではなかろうか。

天皇杯の決勝とW杯の決勝とはレベルが違うのだ。
W杯の決勝を2回現場で見たオラがいうのだから間違いない。
さらにいうとベスト8の経験のない監督を海外から連れてくるなと言いたい。
ベスト8の壁を突破した者でなければ、そのギリギリの高い壁は乗り越えるのは至難の技だと思う。

クリンスマンは選手としてはイタリア大会で優勝の経験がある。オラはこの試合はローマのスタジアムにいた。
でもアメリカの監督として決勝トーナメント1回戦で敗れている。ドイツ大会では3位だったが自国開催で優勝できなかった事実もある。

浦和は今は亡き森さんの頃からドイツとは縁が深い。
多分浦和にいたブッフバルトあたりの線からクリンスマンが浮上してきたのは思慮浅いオラでもわかること。

選手が帰ってきた当日にクリンスマンって、本当だったら安易すぎると思う。
じっくり考えて、西野が7月末までなら、代理で森保さんあたりがやれば当面やればいいのだと思う。

日本サッカーのこれからの20年をきちんとしてくれないとジジイたちは死んでも死に切れないズラよ!
なぜベスト8の壁を乗り越えられなかったのか、
メンバーは適切だったのか、
サポート体制はどうだったか。
選手の体調と精神面は全員が共有できたか。
作戦とゲームの実際の進行、そして決断。
監督と出場選手の思考の相違は?ベンチの選手はその時。
世界のサッカーのこの4年間の進捗は?
ベスト8に残った国の勝因と、負けた国の敗因は。
ベスト4に残ったチーム。優勝したチーム。
得点パターンの分析と考察。
ゲームの流れ、VARはこれからのサッカーを変えるか。
分析を通して、どう日本のサッカーに活かすのか、下のカテゴリーにどう徹底していくのか等々。

選手スタッフを含めて徹底的に論じ、考察し、新たな指針を策定し、打ちださないと日本のサッカーの将来はない。
その指針に則った監督を選べばいい。時間かかったって大丈夫。
監督いなくてもアジアは勝ち抜ける。それは当然なことだと思わなくてはいけないのだ

技術委員(強化委員)の方もそれなりだと思うが、ことW杯となるとちょっと無理がある。
技術を教えるのと、ベスト8にいかせる手腕は全くの別物だ。

せめて過去にW杯に出た選手、例えば中田ヒデさん、中村俊輔選手、小野伸二選手、GKの川口選手あたりの天才と、そして実際W杯の監督をした岡田、西野を含めて論じ、決めるのならなるほどと納得する。

Jリーグの試合や天皇杯で日本一を決めるのとW杯は違うのである。

※林、西野、岡田、関塚はサッカー部の後輩なので「さん」付けはしないということで!
お後がよろしいようで。
b0005596_21472766.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-07-05 21:48 | 日本のサッカー

2−0の難しさ

ベルギー戦、悔しいが日本のサッカーの歴史を変えることは出来なかった。

後半68分までまさかの2−0まさかだ。

ここでオラのチームを論じるのは筋違いかもしれないがあえて。
6/24のtonan前橋戦は2−0から追いつかれて引き分け
6/30の東京国際大学FC戦は0−2から追いつく。

要は2−0から2−1の展開になると追いかける方の勢いが半端ないのだ。
気持ちの持ちようが全く違う。
2−1にさせられた方は浮き足立つ。
とりわけ2−0から1点がどういう風に入れられたかというのも影響する。
今回のベルギーの1点目の入れられ方が「あれあれあれ」というのも影響したかもしれない。
2−2に追いつかれたチームがまた入れ返すというのは至難の技とも言える。
3−0だとほとんど追いつくことは限りなくゼロに近い。

最後の残り1分でのコーナーキックで勝負に行ったのも判断の別れるところだと思う。
吉田、昌子、酒井のDF3人とも相手ゴール前。

延長を見据えるか、最後の勝負に行くか、
あわやかという、いいサッカーをしていただけに勝負に行ってカウンターを食らう。

延長というリセットをしてから再度勝負に行く選択の方がよかったかもしれない。
交代枠も延長戦の1枠を含め、あと2枚あったわけだしというのは結果論かもしれないがよ!
今までの4年間、これからの東京オリンピックもあり、世界のサッカーの潮流を見据え、日本のサッカーがどういう方向でいくのかきちんと総括する責任が日本サッカー協会に問われると思う。
b0005596_06583998.jpg
b0005596_06584630.jpg
b0005596_06595018.jpg
b0005596_06472318.jpg
b0005596_06583335.jpg
b0005596_06471386.jpg








# by gsfc_aoshima | 2018-07-03 07:02 | 日本代表

埼玉の夏はヤバイ!!

6月30日早くも梅雨が明けた。
この日は東京国際大学坂戸総合グランドでの関東リーグ第8節vs東京国際大学FCさんとの公式戦。
相手はほとんど毎日ボールを蹴り、体力的にもホームということもあり相当有利。
こちとらは土日だけのサラリーマンサッカー。
貧乏クラブなので、もちろん前泊なんぞは考えもしない。
当日早よから車相乗りで2時間の行程。

気温の上昇は半端なく、本部の屋根があるところでも37.7度。
50年以上にわたるサッカー人生でもこんなに暑い試合は嘗てない。

グランドは人工芝だし、周囲に高い木があるわけでもなし、グランドは軽く40度を超えている。
見ているだけでもぐったりなのに、先発は30代が5名そしてそれに限りなく近いのが2名。
試合中の飲水タイムではなく、完全に3分休むクーリングブレイクが採用された。これは本当にありがたかった。

試合は前半当初は悪くはなかったが次第に押されだし、41分に失点。
後半も22分にセットプレーで追加の失点。
これで万事休すかと思ったが、失点してすぐクーリングブレイク。
これで気持ち切り替え、休めたのが大きかった。
ここからなぜか元気になっちゃった。
2点が入った。
練習もほとんどしてないのに学生に気持ちで負けていなかったのが大きかったと思う。
走りでも残り15分は勝っていた。
最後ひやりとしたが、絶対諦めないという気持ちが相手より優っていたのかな。
引き分けではあったが次に繋がる勝点1。選手のみんなから感動をもらい監督冥利に尽きる試合だった。

今週もまたまた前期の最終戦が茨城県で行われる。
暑さには強いぞと思えばいいんだな。
b0005596_14052570.jpg









# by gsfc_aoshima | 2018-07-02 14:08 | 横浜GSFC

6月最後の金曜日。梅雨明けである。暑い!!
この日は境木商店街の縁日。
我がクラブハウスに横浜FCの宇宙戦士「フリ丸君」降臨。
b0005596_04483438.jpg
その後フリ丸君は屋台や酒盛りでごった返しする商店街を愛嬌を振りまくこと2時間
b0005596_04484657.jpg
b0005596_04484150.jpg
地球の暑さと人ごみで相当なお疲れの模様だったが、オラが作ったかき氷を食べて無事宇宙に旅立って行った。
またのご来場お待ち申し上げます。
それにしてもワールドカップの予選グループが終わったつかの間といえ、ものすごい人出で、もちろんキュウリも玉せんも早々と完売でございました。





# by gsfc_aoshima | 2018-06-30 04:53 | 人物