関東リーグでの2シーズンの必死の戦いも空しく、降格。
そして今シーズンは神奈川県1部リーグでの戦いとなった。
神奈川県の社会人リーグは1部10チーム、2部24チームを2ブロック、そして3部リーグが100チーム以上でのブロックでの戦いとなっている。
関東リーグと同じく県1部リーグはホームアンドアウェーで全18試合を4月から10月まで。
もちろん夏の8月も中旬以外は休みはない。
暑さ寒さはほとんど関係ない。体力勝負での戦いとなる。

先のブログでも書いたのだがあえて反省に立って考えたい。

そんな状況の中でわが横浜GSFCコブラはうまく発進できたのかー最悪の状況であった。
1戦目簡単に先取点を奪えたことで大勝ムードが漂った。サッカーの神様は相手を舐めたチームには厳しいのだ。
あれよあれとと3点を奪われる。1点は返したのだが結局2部から上がってきたチームに完敗。

2戦目も2部から上がってきたチーム。
負けはしなかったが開始1分で失点、16分,17分で失点。後半やっと目が覚めて、(もはや冬眠と言って良いだろう。)ロスタイムでやっとこさ同点。
お先真っ暗なスタートだった。

結果的に相手を舐めていたツケは大きかったが、反省の上で、基本に立ち戻って本来のコブラのサッカーがやっとできるようになった。
自己満足的戦術はいらないのである。足元下手な選手ほどボールをこね回す。
うまい選手ほどサッカーが謙虚でタッチがシンプルだ。だから取られない。展開も早くなってリズムができる。
シンプルサンプルでいいのだ。

ゴール枠が見えたらシュートを打て。良いプレーはいらないから枠にシュートを打つことだけだ!
枠だ!!転がせ!!!
この繰り返しである。

シュート数が増えた。
以来、チームが一つになって4連勝となった。
6戦を終わってやっと暫定2位にまで上がってこられた。
長丁場での戦いでは11名だけでは戦えない。
もう6戦で29名の選手を使っている。
それぞれがアピールしてくれてきている。
サッカーはうまいから、強いからだけで勝てるスポーツではない。
だから面白いし、弱くても勝つチャンスは限りなく多い。
運を引き寄せる力も必要だし、ヒーローも必要なんである。

残り2/3をどう戦うか、とりわけ暑い夏をどう乗り越えるかにかかっていると思う。
おかげさまで、レギュラー以外の選手も遜色のない働きをしてくれているのが心強い。
そして何度も言うが、心地よい緊張感でサッカーに取り組めることができるのは、ほんと幸せなことだと思ってる。

次節は5/19(日)9時キックオフ。会場は綾瀬スポーツ公園での
vs海自厚木マーカスさん。毎日練習しているだろうし、スタミナ抜群だ。今期まだ負け無しだ。
難しい相手だが数少ないチャンスを生かせられるかどうかが勝負のポイントだと思う。
総力戦で挑みたい!!
たくさんの応援お願いいたします。
b0005596_13245478.jpg



by gsfc_aoshima | 2019-05-15 13:41 | 横浜GSFC

リバプールスゴイ!


欧州CL準決勝バルサvsリバプールのファーストレグは3−0でバルサ。
リバプールが決勝に進出するには4点差をつけないといけない。
ホームとはいえこれは至難の技である。相手がバルサだけに!
でもやってのけた!!
後ろで悠長に廻している余裕はない。
ボールを奪ったら全力でゴールに向かう。
本来のサッカーのスピード感とはこういうもの!
ゴールは全てダイレクト。

オラ達は何をなすべきか。なんだか少しはわかる。
お手本がこれである。


by gsfc_aoshima | 2019-05-08 08:03 | 世界のサッカー

2年間関東リーグで戦ってきたが、成績振るわず、県リーグに陥落した。
今シーズンはその県リーグでの戦いになるのだが、レベルが低いというわけでもなく難しい戦いになると思っていた。
ふたを開ければ出だし完敗、2戦目やっとこさの引き分け。0-3から意地で盛り返し同点に追い付いて終了の笛。
これで目が覚めたのか、そのあとは5月5日のFCグラシア相模原戦まで3連勝出来るまでなった。
相手をなめないでリスペクトしつつ残り13戦の長丁場を戦い切りたいと思っている。

サッカーはほんとにナイーブなスポーツで一寸先は闇のスポーツだと思う。
どんなに攻められても、真面目に相手に対処してたら、いつかチャンスがゲーム中にやってくる。
その時、一体感が生まれシュートを勇気を持って打つ。これズラ!
難しい言葉はいらない。自信のない指導者ほど多弁である。
今は亡き元日本代表森孝慈監督の口癖は「シンプル、サンプル、ただそれだけ〜」
そんなもんである。

毎週日曜のほどよい緊張感がたまらないのである。
b0005596_11194947.jpeg

by gsfc_aoshima | 2019-05-07 11:23 | 横浜GSFC

平成天皇陛下のお言葉

 令和になったが、天皇陛下の最後のお言葉は心に留めておきたい


今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

 ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

 即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

 明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。 

お二人の人生は国民のために祈りの人生そのものだと。
ありがたいことだと心から思える。
美智子皇后陛下にも感謝である。
いつまでもお元気でいてほしいと思います。


by gsfc_aoshima | 2019-05-01 00:10 | 高尚な話