おらにとっての平成とは

昭和62年にクラブが創設された。
昭和64年=平成元年
以来32年同じサッカークラブに携わってきた。
平成31年=令和元年もとりあえずサッカー三昧は変わらない。

この平成の時代、まあいろんなことがあったのだが、一つだけということになると、サッカー三昧だったというのが正しいと思う。
他を圧倒しているので比較のしようがない。

他にはない‼️

だから幸せな時代。

令和も続くのだろうか❓

ボールが飛ばなくなったのがちょっと寂しいけんどよ。

それから、違う話なんだが、美しいものにはすぐ感動する。
これは変わらない。
とりわけ魅力的な女性に会うといまだにドキドキが止まらない。
このドキドキ感がなくなったら、男として終わりだなと‼️

令和もエロじじい感を前面に出していきたいと思っている。



by gsfc_aoshima | 2019-04-30 16:07 | どうでもいい話

明日から美術館は企画展

平塚市美術館の桜はもう何事もなかったかのように散り、明るい緑に変わった。桜の散り際の良さはなんだかたいしたもんだと思います。
美術館は明日4月20日から6月9日まで企画展が開催される。院展の巨星、荘司福さん。創画の新星、荘司貴和子さん親子。同時開催が空間に線を引くー彫刻とデッサン。
皆さまも是非見てみたらいかがでしょう。
昼食は春キャベツと新玉ねぎ、桜えびのペペロンチーノセット。美味しそう!

b0005596_13084227.jpeg
b0005596_13090411.jpeg
b0005596_13103934.jpg
b0005596_13110908.jpg

by gsfc_aoshima | 2019-04-19 12:52 | 高尚な話

新しい年



元号が発表された。
1日で日本国中、大フィーバー!
誰しも予想もしなかった元号というのがいい。
日本国中で予想的中した人はいないだろうというのが共感を呼んだのかもしれない。
3文字というのもいい。キリッと感じられる。
万葉集から初めて選ばれたというのもいい。
万葉集は1300年前の世界に誇れる和歌集だし、今更中国の古典でもないだろう。

巻五 梅花の歌三十二首并せて序」の「初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。
これを見つけた選者の方にエールを送りたい。

桜満開の4月1日発表というのも、お祭り好きの日本人には良かった。
新しい時代の夜明けみたいなのも感じられるし、東京オリンピックもいい感じで迎えられるような気もする。

ただ、このフィーバーの陰での消費税増税はもうちょっと延期して欲しいのだが。

今朝のTVで言ってたのが令和=018
この18に令和何年を足すと西暦になるというのもわかりやすくて素晴らしい。
そこまで選者の方が考えていたら素晴らしいし、安倍さんが天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻にお話しされていたらとっても楽しいなと!!

元号不要論なんていう知識人や代議士がいたが、国民こそがその力のすごさをわかっているということだな。
みんなが共通の話題でニコニコしている感じがする。

昭和に生まれた我々の時代に「明治は遠くになりにけり」なんて言われたが、今、昭和は遠くになりにけりなんて言われないように昭和人はがんばるのみである。
b0005596_08083439.jpg

平塚市美術館に併設されたレストランカフェ「ラ・パレット」から見た桜も見事に満開だ。
水盤越しにお食事をしながらの花見は最高だな

by gsfc_aoshima | 2019-04-03 08:09 | 高尚な話