ほんと悪運が強い!

1/18最初の救急病院では右手の打撲診断。
1/21いつもお世話になっている病院で頭のCTは異常なし
1/23お世話になってる病院長に再度手も見て欲しい。レントゲン検査の結果、手の平の付け根の
月状骨脱臼との診断。はめるのはむつかしいし、手の専門医でないと手術が困難と新横浜の病院を紹介された。
1/24紹介状とレントゲン写真を持参すると、「セカンドオピニオンでよく見つけました。明日手術します。手術で切開して脱臼部分を戻し、靭帯の修復をします。但し、全身麻酔をかけた後、外から脱臼をはめる努力はします。この脱臼は麻酔をかけないと痛くてやれないのです。
時間も経ってるので100%切開だと思ってください」

1/25 絶食、午後2時半に手術室。先生3名、看護士3名。看護士さんは皆マスクをしているがめがきれい、もちろん若い。
ほとんどすっぽんぽんの状態で麻酔をかけられた。
気持ち的には2秒後、
ベットに乗せられ直助さん終わりましたよ!

付き添っていた娘が、「お父さん、予定より1時間以上も早いし、切開してないし、外からグイグイやったら、ほとんど奇跡的に収まったそう!明日退院していいって。」
先生もびっくりだそうなんだけど「うまく収まったのだが骨がグラグラするので番線4本さして固定して、ギブスしてあります。」

1/26切開していないのに、昨夜は痛みはげしく一晩中そして24時間経った今でもギブスの中でジンジンしているが峠は越した。
幸運というか、悪運が強いというか、日頃の行いがいいというのかわからないが、やっぱし悪運が強いということだな。
メスを入れていたらどんだけ時間がかかるということはアキレス腱断裂を2回も経験してメスを入れているのでよくわかっている。

ご心配をかけてしまった皆々様に感謝申し上げます。
大坂なおみさんの優勝も自宅で見れて嬉しいことこの上ない。

ただ気になるのはオシッコした時になんだか引っかかるという感覚というか今まで感じたことのない違和感が一物にあるのである。
雄大なる逸物にだ。
ていうことは、麻酔で眠った後、あのキレイな看護士さんにどっこいしょと取り出され、手の上で転がされ管を入れられたということだ。
メスを入れないので明日退院で、管の必要がないということで手術室でまた抜かれたということだと思う。

まだ左手しか使えないが、不自由はない。
今後ともご贔屓によろしくお願い申し上げます
b0005596_21410029.jpg
b0005596_21395140.jpg
手術室に入る前に娘と記念撮影




by gsfc_aoshima | 2019-01-26 21:42

さっそく入院

b0005596_15452962.jpeg
本日入院が決まった。明日手術。
全身麻酔だそうだが、半月板の時に経験している。
その時には小水針はなかったが、今回はやるようだ。
大きいからチョット恥ずかしい。
とはいえ覚悟して来たので驚きはない。

病院のレストランで昼食をとり、病室へ。
手以外はすこぶるなんともないので、とりあえず院内探検に出る。

今夜はベトナム戦があるのでカードは買った。
大坂さんにも頑張ってもらいたい!
アマゾンプライムビデオはグリむを大量にダウンロードしてきたので退屈はしないだろう。
ジャンジャン!

by gsfc_aoshima | 2019-01-24 15:45 | 恥ずかしながら直助

手を痛めた。

右手が使えないので左手でキーボードを叩く。

正月は体調も良くブイブイ言わせていた。
正月が終わったら不覚にも風邪を引いた。
熱は全く出ないのだが声が枯れて、声の方が全く出ない日が1週間。
そのうちに同居している孫に移り、こちらは高熱が続き肺炎で3日ほど入院。
可哀そうなことをした。

一応先週落ち着いたので動き出す。
18日の金曜日。やらかした。
平塚で作業中、脚立の上からバランスを崩して落ちた。
ちょっと家の脚立よりは高いのだが、上に立ったのがいけなかった。
スローモーションで落ちるような感覚だった。
手から落ちた。
頭は打っていなくて手だけが激痛。

人生3回目の救急車だった。
1回目は大学3年のサッカー練習で足首を痛める。
2回目は3年前の保土ヶ谷サッカー場

どんどん救急車の設備が良くなっているなと。

レントゲンの結果は骨折はないとのこと。
ひどい打撲だと!

それから5日、腫れは少しは引いたのだが、相変わらずズボンのジッパーが右手で下ろせない。
用を足すのにすこぶる不便なんである。左手だと大回りになるのだ。

馴染みの病院で事故の翌日頭のCTは撮ってもらったが異常もなく、手首は打撲だと思っていたので整形によることは無かった。
相変わらずジッパー下ろせないので、詳しくレントゲンを撮ってもらう


ことにした。
先生から、「これは重症!手首脱臼している。痛みに強いというか、びっくりだな。
5日も経ってるので手術しかないよ。これは難しい手術なんで手の専門の先生でないとキビシイ!」

そう!僕は痛みには強いのだ!
手だけでよかったと思えば不幸中の幸いだ。腰も背骨も頭も打ってない。反射的にかばったのかもしれない。

大病院を紹介された。
とはいえ、思いもしない結末となり、明日、行ってくる。
これも試練だ!、修行だ!
b0005596_22025877.jpg
















by gsfc_aoshima | 2019-01-23 22:09 | 恥ずかしながら直助

平成31年明けましておめでとうございます。
昨年は皆々様に大変お世話になりました。
たくさんのご心配もかけました。ありがとうございます。

変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。
大きな目標を持って精進したいと思います。
人生は明確な目標が必要だと思います。
もちろん個人としてもチームとしてもです。とりわけ僕らのような団塊世代ほど、新たな目標が必要だということです。

話は変わりますが、元旦早々相当元気です。今年は風邪もひいていません。
どっこも悪いとこありません。足し算引き算間違い無いです。
毎日黒酢を大さじ1杯5倍に薄めて飲んでます。

明るく調子の良いタイプも変わりありません。
体力も相当あるし、疲れもないし10年前から比べても遜色ありません。
1年間ブイブイいわしますんでよろしくお付き合いお願い申し上げます。

2020年の東京オリンピックに向けて若いアスリートたちがほんと頑張っています。
強い使命を持った若者が今ほどいる時代はかつてなかったかもしれません。
1964年の東京大会の時代は「オリンピックは参加することに意義がある」というクーベルタン男爵の言葉を
金科玉条のごときに教えられていました。
今は「金メダルを獲る」ですから!
確信を持ったアスリートたちが日本にゴロゴロ出てきたと思います。
そんな若者に負けちゃあいられねえということです。
ていうか若者がお手本だと思います。
僕らは若者から学ばないといけないのだと思います。

織田信長は人間50年と言っておりました
大隈重信公は人間は元来125歳まで生きられるもんだと仰られておりました。
僕なんか、それを考えたら修行もまだまだ足らない若輩者というか半端モンでしょう。
やっと半分ぐらいに到達しただけで、やらにゃあいかんことが山ほどあるということです。
無駄なことほど大事なんじゃあないかと思うようにもなりました。

よろしくご指導お願いいたします。
b0005596_21242251.jpg





by gsfc_aoshima | 2019-01-01 21:44 | 恥ずかしながら直助