情けないインタビュー

気管支炎の状態が良くなって来たわけでもないが、少し元気になってきて、オリンピックを一日中見ての感想。
今日の女子フィギュアで宮原さんは完璧の演技だったと思う。
本人も最高の笑顔だったし、自己ベストだったし、誰が見てもよくやったと云える。
ただショートで4位だったし、上の3人がフリーでもほとんど完璧な演技をしたわけで、納得の4位だったと思う。
多分、3人が転んだり、大きなミスをしない限りベストスコアでも厳しかった。
全員の結果が決まった時の最初のインタビューでどこのおっさんーこの際おっさんでいいーか知らないが第1声が
「残念な結果でしたね」
日本におっさん帰ってくるな!

松岡修造さんはこの宮原さんへのインタビューの第1声は
「おめでとう!ベストスコアで」
この違いはなんだろう。

小平さんへの金をとったときの最初のインタビューは
「獣のような滑りですたね!」
小平さんは「躍動感ある滑りができたと思います」

レベルの違いがすごすぎてお話になりません。
スタートを除き、小平さんの頭の位置はゴールまでたえず一定で本当に素晴らしいフォームだった。
イノシシがあんなダイナミックでキレのいい美しい走りをするか。
こいつもレッドカードだと思う。

長野金メダルの清水さんの解説を聞くとわかりやすくて溜飲が下がる。
松岡さんや清水さんクラスでないとアスリートの気持ちを掘り下げることはできないのかもしれない
tvの前のオラたちだって馬鹿ではないから、うわべだけの薄っぺらいインタビューはほんと願い下げである。
まさかおんなじおっさんではないだろうな。

小平さんの金メダルのシーンを見て所属先の相澤病院に通院している84歳のおばあちゃんは「私もあと4、5年生きないといけないね!」
感動は人を元気にさせてくれる。

大会を通じて感じることは選手の皆さんの謙虚さと、静かな自信というか日本人としての誇り、そして感謝の気持ち。
選手の皆さん、チームスタッフの皆さんの頑張りに乾杯!








by gsfc_aoshima | 2018-02-24 00:16 | 高尚な話

週休5日

2月10日、12日ぶりに家を出る。ほとんど自宅で深く潜行していた。
10日は早稲田との練習試合。選手はよくやってくれて勝利する。
練習試合とはいえ、早稲田に一度も勝っていなかったので素直に嬉しい。

11日の建国記念日は靖国神社にて正式参拝。そして靖国会館で君が代を斉唱する。
別にオラは右翼でもなんでもないが御国のために殉じられた英霊を御詣りするのは至極当たり前のことだと思う。
ご先祖も祀られているし、身の引き締まる想いでもある。

12日は慶応OBのチーム慶応BRBとの練習試合。出来が全く良くなくてやられた。早稲田戦のサッカーはどこに行ったのか。
ほんとサッカーは難しい!!

13日はとりあえず自宅で静かにしていた。
14日のバレンタインデーでチョコレートやらスコーンをたくさんもらう。
調子に乗って食べたら夜中にものすごい吐き気が。

以来、横になったまま36時間近く絶食になってしまった。ていうかムカムカが半端ない。
熱は無いのだが咳もぶり返し、この週はこれで終わった。
金曜日に古い友人と東京で約束があったのでこれだけは無理して出かけた。

17日、午前中はチームの第2回セレクション。午後はジュニアの卒業記念カップ戦の応援。
18日、練習試合で八王子の日本工学院。

一般人と全く逆パターンで平日休養。
仕事にもならないのだがとりあえず完全に胸のあたりのモヤモヤが解消させないと思っている。
b0005596_16350279.jpg

by gsfc_aoshima | 2018-02-19 16:40 | 恥ずかしながら直助

インフル週間!!

先週の火曜日、東京、川崎で打ち合わせ。
喉がいがらっぽいなと。咳が出て来た。
ちょっとやばいなと思ってから1週間。

水曜日の朝から咳が止まらない。
午後行きつけのクリニックへ。
せいぜい年に2回ぐらいしか行かないが、ここに行くのは咳がひどい時のみなのでカルテは咳のことしか書いていない。
先生もオラのことを知っている。
熱がないので少し様子を見ようと。
毎度おなじみの薬を処方されるが咳が止まった試しがない。
水曜日から木曜日にかけての夜が咳がひどく一睡もできなかった。
これって重度の喘息状態だな。

木曜日、相変わらず咳がひどく、ただ熱は37度までしか上がらない。
解熱剤はもらっていない。
木曜日の夜は多少寝れたが腰がどうにも痛い。
なぜだが右足の土踏まずも攣る。
右手の肘から右手人差し指にかけて電流が走る。
金曜日突然熱が38度を超えた。

これはやばいと昼からクリニックへ。
熱が出たと電話で話して合ったので、受付するなり、別室に連れて行かれる。
すぐ先生が来た。「出たかね!」
と同時に鼻に綿棒を入れられ、グリグリ。涙目。
退出まで5秒。
5分後、結果を持ってこられた。
「Aです。受付に書類流すので2分したら帰っていただいて構いません」
クリニックへの受付から近くの薬局までの時間わずか10分。

薬局ではその場で吸入粉末剤を口から吸う。
「すぐ熱下がりますから!」
布団から起き出し、家を出てから、布団に入るまで30分。
大病院ではこうは行かない。

1時間後37度に下がるが、こんなに効いて劇薬かも。
土曜日、中学生の孫を除いた3人が一斉に咳をし出す。
こちらは全員B型だった。
家の中がAB混在でどうなっちまうだよ。誰も部屋から出てこないので家の中がとっても静か。
異変を感じ取った猫だけがニャーゴニャーゴ。
土日全休でサッカー休んだのはほんと久しぶり。

本日、熱もないし、咳もあんまし出ないということで茶の間に敷きっぱなしの布団をあげてみた。
とにかくずっと寝ていた。

起きてみるとふわふわしちゃって自分の体でないし、とりわけ胸前が相当なダメージ受けているのがよくわかる。
息思い切り吸うと咳が出る。
気管支 弱っ!
頭もボワンボワンしちゃってるし、耳鳴りも最大級にうるさいし、鼻はカラカラで匂い全く効かなくなってしまってるし。

Bの連中はこれまた本日も部屋から出れず。
世間様とは隔絶して、もう2、3日静かにしていた方が良さそうだ。


by gsfc_aoshima | 2018-02-05 10:38