<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2人のチビ

ドルトムントの香川がまたまたやってくれた。
2戦連発の2ゴール
相手は内田がいるシャルケ04。
あのマガト監督が脱帽の表情ーすげぇチビだよな!
香川もすごいんだがあの2点目になった基点でもあるロングパスの精度とそれを正確なトラップ。
そして素晴らしいセンターリング。
香川は長い距離を走ってゴール前に行くだけでよかった。
とりわけあの右サイドの外人16番のトラップは評価したい。
止める、蹴るという基本が全てに勝るということではないだろうか!

そしてイタリアセリエAのチェナーゼはレッチェに勝って首位だと!
そう、長友がいるチームーもう中心選手だし得点させない。
なにせ選手全員の給料の合計がミランのイブラヒモビッチの年俸より安いとのこと

2人のチビが頑張っている!!
それにしてもドイツの観客数の多さといおうか熱のすごさみたいのは感動するだいね!!




そして長友のゲームも探したが開幕戦のvsローマの試合しかなかったが、これもこの際だから載せておこう


by gsfc_aoshima | 2010-09-20 07:13 | 世界のサッカー

矢島復帰!

9/18(土)平塚競技場で行われた湘南ベルマーレvs川崎フロンターレの試合をTV観戦する。
試合は前半で川崎のジュニーニョがハットトリックを成し遂げた。
ベルマーレが寺川のゴールで1点返してちょっと面白くなるかと思ったが、後半序盤で中村ケンゴウのゴールで勝負あった。

その後も川崎の怒濤の攻撃が続く。

そして我らが矢島が後半30分過ぎから登場した。
開幕以来の出場である。
相当長かったが、シーズン終盤でやっと間に合った。
出るなり、すぐ相手ボールを奪い取ったり、ロングキックをカラダがっちりいれてポストしたり、小宮山のゴールをお膳立てしたりして見せ場を作ってくれた。

センターリングをヘッドをふかしたり、ジョニーニョからの浮きボールをキーパーと1対1の場面もあったりしたが、いずれもゴールならなかったのはチョイと残念だったがよ!
とはいえ、結構調子良さそうなんで一安心というところかな。
今後試合馴れしてきたら、フロンターレの核弾頭になるのはまちがいない!
とにかく、カラダのケアをしてケガを防ぎたいよな。

ザッケローニが監督になって選手選びもこれからだ。
ヤジにはおおいに期待したい。
とにかくゴールだ!!

この試合は、ア式からはベルマーレのDFヤマとシマ、そしてフロンターレのヤジとヨコの在籍4人がそろい踏みだった。
開幕前にこの4人を連れて李園に行ったんだが、全員180を越えてるし、ほんとよく食ってくれた。

とにかく、ヤマとシマには勇気を持ってもっと相手にプレッシャーをかけてほしい。
間合いが遠すぎる。
詰めたらかわされると思った瞬間に相手に負けたことになる。
気持ち切り替えてほしい!!
久しぶりにJリーグを見たが力の差を見せつけられた試合だった。

中村ケンゴウがやっぱしいいよな!!
by gsfc_aoshima | 2010-09-19 06:51 | 日本のサッカー

実は、9/3(金)、ヤマダデンキ横浜テクノ店(下永谷)の手押しカートに財布を置きっぱにした。
財布がないことに気がついたのはそれから3時間後で、どこにも見当たらないし、ヤマダデンキさんの受付にも届いていなかった。
とりあえず交番に行く。

現金はたいして入っていなかったが、銀行カードが4枚、クレジットカード5枚、免許証、健康保険カード、病院の診察券、スイカ、宝くじの当たり券、ポイントカード諸々、そば屋の金券、その他メモから領収書、が山ほど!!

その日は、カードのストップにおおわらわだった。
残高のない銀行カードやら、使ってないクレジットカードがほとんどだが、止めないことには!

週明けの9/6(月)にさっそく免許証の再交付に行く。
パスポートが切れていて、たまたま申請中だったので自分を証明するものがなにもない。
これが非常に困るのである。
唯一あるのが年金手帳なんだが、これを持たずに切れたパスポートには写真が載ってるのでこれでいいだろうと、運転試験場に行く。

「切れたパスポートではダメです!ほかには?」
さっそくやられる。
「住民票を取ってきてください。

二俣川の行政センターにとってかえす。
「免許証をご提示願います。」
「免許証の再交付にきたのでありません」
「年金手帳は?健康保険証は?」
「オールナシングです。切れたパスポートだけです」

財布を落としたなんていう気持ちもない!

「ではその切れたパスポートでもいいんで見せてください」

なんとか住民票を出してくれた。

また運転試験場に戻るも、すでに午前の受付は終わっていた。
午後の受付に待つこと1時間半、
全くオラみたいな人ばかりなんだろうか?
再交付の人の多いこと半端じゃあない!!

結局、一日がかりの仕事になっちまった
銀行へも紛失届けとカード作りのために、水曜日も時間を費やす。

本人確認には免許証が全てなんである。

9/12(日)戸塚警察から財布が見つかったとの連絡あり。
現金とそば屋の金券(100円が2枚)だけがなかった。

どこにありましたか?
「ダイエー戸塚店から出てきました」

置き引きした輩の足取りは、ヤマダデンキからダイエーに買い物の行脚なんだろうか?
戸塚在住の輩なんだろうな。
実話である。

銀行カードとクレジットカードは全て、はさみを入れた。
by gsfc_aoshima | 2010-09-18 07:16 | 恥ずかしながら直助

ア式主務太田クンからのメール
以下の通り
.................................................................................................
メール会員各位

本日行われました関東リーグの結果をご報告致します。

【関東大学サッカーリーグ第13節】 9/16 13:50 @埼玉スタジアム第3
早稲田20-0
2-11中央
(59分) 富山 貴光得点(69分)
(68分) 松井 亮大
警告(46分)奥井 諒警告・退場警告(3分)警告(35分)
警告(5分)警告(62分)
警告(31分)
15シュート4
23直接FK10
0間接FK1
4CK10
0オフサイド0
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF3小川 諒
DF4畑尾 大翔
DF12菅井 順平
MF7幸田 一亮out 72分
MF23島田 譲
MF13柿沼 貴宏
MF8奥井 諒
FW9富山 貴光
FW14松井 亮大out 83分
sub
GK16赤堀 勇太
DF25中田 航平
DF24渡部 雄史
MF17寺島 尚彦
MF6山中 真in 72分
FW19鈴木 隆司
FW28白井 豪in 83分


リーグ戦は、第4節以降勝ちに見放されており、インカレ出場のためには後がない状況です。
ここから先は、落とせない試合が続きます。

今節は、前期引き分けている中央大との対戦となりました。
中心選手3名を欠く相手なので、しっかりと叩きたいところです。

埼玉スタジアム第3グラウンドは、あいにくの雨模様となりました。
メンバーは、前節負傷のFW小井土に替え、富山が先発復帰しました。


前半、スリッピーなピッチ状況にも関わらず、テンポよくパスを回し、相手ゴールに迫る早稲田。
野田のセットプレーから何度かチャンスを作るも、あと一歩でフィニッシュまで持ち込めない。
守備陣は、相手のロングボールにしっかりと競り勝ち、0-0で折り返す。

後半、攻撃的な姿勢を続けた早稲田に待望の先制点が生まれる。
59分、中央で松井から横パスを受けた富山が、PA内でDFをかわして左足シュート。
これがゴールに吸い込まれ、早稲田がリード。

続く68分、奥井のクロスに飛び込んだ松井のシュートが相手の足に当たり、ゴール。
良い時間帯に追加点を奪う。
その1分後に1点を返されるが、全員で守りきり、試合終了のホイッスル。

9節ぶりの勝利に、選手・スタッフ抱き合って喜びを分かち合った。


次節は
9月20日(月)13:50
第14節 vs明治大学
@たつのこフィールド

チームはようやく上昇気流に乗ろうとしています。
遠方ですが、皆様応援にいらして下さい。
よろしくお願い致します。
....................................................................................................
以上

うれしいじゃあないかい!
健気じゃあないかい!!
スタッフ、選手みんなで抱き合ったと!!
どんどん抱き合ってくれたらいい!
勝てば自然とハグしたらいい!

次は王者明治だ。
一発かましてやってくれ。
勝って、この際だから堂々とキスしたっていい!
キスの嵐だに!
by gsfc_aoshima | 2010-09-17 07:09 | ワセダ

後輩、今井のこと

オラとは大学の入れ替わりなんだが、ワールドカップイタリア大会も一緒に行ったし、Cobraのヘッドコーチをしてくれたりした後輩、今井敏明クンのことなんだが、早稲田の監督を昨シーズンで終えてから久しく連絡を取っていなかった。
最後の電話から半年になるのだが、急に今井のことをなぜか思い出し、検索してみたらこんなのがあったんで紹介したい。

まさに今井らしいと言えば今井らしい。
asahi.comから

以下の通り引用
......................................................................................................................
裸一貫、炎暑の国スーダンでの監督挑戦

2010年7月27日

スーダン代表メンバーと記念写真に写る今井さん(後列右)

チュニジア戦前、ベンチで選手たちの様子を見守る
 「暑さは相当なもの。何しろ人工芝はチップが溶けて粘土状になっている」

 そう語るのは、元川崎フロンターレ監督の今井敏明さん(55歳)。今、アフリカ大陸のスーダンにいる。ワールドカップ(W杯)で日本が盛り上がったさなか、5月から同国のユース代表監督を務めている。A代表も英国人監督が辞任して監督不在のため、6月20日にはチュニジア代表との親善試合の指揮も任された。無報酬のボランティアだ。「まず実績を作って評価してもらい、金額は少なくても契約を交わしたい」。裸一貫の挑戦を始めている。

 2000年9月に川崎監督を退任し、Jリーグ加盟を目指していた福島ユンカーズなどを率いた後、2005年12月から2年間、台湾代表を率いた。これは日本サッカー協会が指導者不足に悩むアジアの国・地域へ指導者を派遣する事業の一環で、年俸は日本協会から出ていた。今度は、スーダンで医療支援をしているNPO法人「ロシナンテス」の知己を通じてスーダンサッカー協会とコンタクトを取り、飛び込んでいった。2008年、2009年は母校早大を率いたが、関東大学リーグで10位、7位に終わり、契約は更新されなかった。「アフリカにも興味はあったし、自分の持っているものがどれだけ通用するか確かめたかったこともある」

 スーダンは世界ランク121位。アフリカ52カ国中の32番目だ。W杯南アフリカ大会では、1次予選は突破したが、最終予選はガーナ、ベニン、マリを相手に5敗1分けの最下位だった。「世界へ出ていきたいというのがサッカー協会の希望だと思うが、本当のところはわからない。ただ、民衆のサッカーへの関心の高さは日本とは雲泥の差。娯楽がサッカーしかないのかもしれない。そこここの空き地でサッカーをしている人を見かける」。首都ハルツームでは市民リーグから州リーグ、プロリーグまであり、トップクラスはブラジル人監督を雇っているという。

 北部は砂漠、南部は熱帯気候のスーダン。この時期の暑さは実に厳しい。合宿での練習は暑さを避け、朝8時と夜7時半に開始するという。食事時間も変則。朝練前は紅茶を飲むだけ。練習後の10時半に朝食、3時に昼食、夜の練習後の10時半に夕食というリズムだそうだ。「だから、午前練習はきつくならないようにしている。豆の煮込みや野菜のぶつ切りが中心。たまに鶏肉や魚のフライが出るけど、全般的に選手の食事としては質に乏しく、問題がある」

 言葉は今井さんが英語で話し、英語を知る選手らがアラビア語でチームに伝える。突然監督を任せられたチュニジア戦は、4日間の練習しかできなかった。2-6(前半0-2、後半2-4)で敗れたが、「終盤は攻めまくり、前半も決定的なチャンスが2度あった。それが得点になっていたら、もっと良い結果になっていたかもしれない」と、W杯に4度出場したチュニジア相手の試合内容に手応えを感じている。地元テレビにも出演した。「『徹子の部屋』みたいな番組。僕と歌手が女性アナウンサーにインタビューされた。スーダンサッカーについてどう思うかといった質問を受けた。『サッカーの強いところには、いい音楽がありますね』と無難に答えた」

 今月24日には、ホームでアフリカユース選手権(20歳以下)予選のケニア戦を戦ったが、0-2(0-0、0-2)で、またも勝利はならなかった。「スーダンが試合を支配したものの、カウンターから中央でワンツーを決められ失点、さらに右からのクロスを、左足ボレーでスーパーゴールを決められてしまった」。

 これまで日本人が、アジア以外の代表監督に就いたことはない。「契約書がないので、監督なんだか、監督代行なんだか、今の立場はよくわからないものがあるけど、ケニア戦ではマッチコミッショナーも『日本人として初めてアフリカで指揮したコーチ』と言っていたので、監督なのでしょう」と苦笑する。「ただ、アフリカは結果オンリーだから、契約に向けてケニア戦の敗戦は痛かった」

 26日の役員改選で、今井さんに興味を示しているスーダンサッカー協会会長が交代したことも、不安定要素ではある。破天荒な挑戦は実るのか。8月にアウエーで行われるケニア戦への準備をしながら、吉報を待っている。(中小路徹)
b0005596_751879.jpg
b0005596_7505433.jpg

..................................................................................................
台湾代表監督の時、「台湾のクラマーさんになっちまえば?」と言ったことがある。
スケールの大きさは並ではない。
頑張ってほしいよな。
でもこの記事、7月の話で今でもスーダンにいるんだろうか?
by gsfc_aoshima | 2010-09-16 07:54 | 昔の仲間シリーズ

ア式主務太田クンからの9/11(土)メール
以下の通り

..........................................................................
メール会員各位

本日行われました、関東リーグの試合結果をお送りいたします。

【関東大学サッカーリーグ第12節】 9/11 13:50 @荻野運動公園競技場
早稲田11-2
0-13筑波
(3分) 柿沼 貴宏得点(18分)
(45+1分)
(83分)
警告(24分)奥井 諒警告・退場警告(17分)
警告(38分)野田 明弘警告(86分)
10シュート18
10直接FK17
0間接FK0
6CK9
0オフサイド0
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF3小川 諒
DF4畑尾 大翔
DF12菅井 順平
MF7幸田 一亮out 60分
MF23島田 譲
MF13柿沼 貴宏out 72分
MF8奥井 諒
FW11小井土 翔
FW14松井 亮大out 58分
sub
GK16赤堀 勇太
DF25中田 航平
DF24渡部 雄史
MF17寺島 尚彦in 72分
MF6山中 真in 60分
FW9富山 貴光in 58分
FW28白井 豪

後期リーグが開幕致しました。
厳しい戦いが続きますが、夏の強化の成果を発揮すべく、全員で戦って参ります。
本日対戦の筑波とは、前期は1-1と痛み分け、
金沢遠征では1-3と苦杯を舐めた相手です。
厚木・荻野競技場は、9月中旬にも関わらず蒸し暑く、消耗戦となりました。
前半3分、早々と得たコーナーキックで、さっそくチャンスを掴みます。
野田が放ったキックは大きく弧を描き、ファーサイドで待ち構えた小川がピタリと落としたボールを、柿沼が蹴りこみ、先制。
喜びを爆発させます。
その後、立て続けにチャンスが訪れるも、小井土の放った決定的なシュートは枠を捉えきれません。
すると流れは徐々に筑波へと傾き始めます。
18分、セットプレーからあっさり失点すると、終了間際にも再びセットプレーで失点。
あっという間に逆転され、前半を折り返します。
ハーフタイムでは、
「流れで決められたわけではないから上を向いていこう」
としきりに声を掛け合う選手たち。
後半、積極的にボールを追いかけ、筑波にプレッシャーをかけます。
ただ、技術で優る筑波にカウンターを仕掛けられ、何度も危ないシーンを迎えます。
83分、三度セットプレーから相手エースに決められ、万事休す。
勝てばインカレ出場争いが見えてきただけに、痛い後期のスタートとなった。
暑い中、また遠い所ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。

次節は
vs中央大学
9/16 13:50
@埼玉スタジアム第3

全員で前を向いて戦っていきます。
お時間のある方は、是非応援にいらして下さい。
...................................................................................

以上

報告知るのも切ないよな!
したから2番の法政が勝ったことでインカレどころか降格が見えてきた。
太田クンの報告にも元気というかフレッシュさが感じられん!
勝ちたいという意欲もなんか希薄というか気持ち的に諦めていないかい?

気持ちの入れ替えをしてほしい。
by gsfc_aoshima | 2010-09-15 06:26 | ワセダ

期日:2010. 9.12(日)
会場:新横浜サッカーパークグランド
時間:16:00キックオフ 
天候:快晴&猛暑
結果:横浜GSFC 1 (1−2)  4 SC相模原

先発メンバー
GK−−−−若田ーーーー
DF−−脇坂ー 笠原ー大平ー小山ー
MF−−−長瀬ーー
MF−パパ−山崎ーー細田ーー
FW−−坂本ー志連ーーー

得点 30分相模原CK→5、38分CobraCK→笠原、43分相模原FK→3、
   後半5分相模原FK→3、30分相模原オウンゴール
交代後半28分パパ→秋山、40分笠原→小石川
b0005596_612144.jpg
b0005596_61960.jpg
b0005596_603795.jpg
b0005596_602577.jpg
b0005596_60115.jpg
b0005596_60030.jpg
b0005596_5594544.jpg
b0005596_5593174.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-09-14 06:01 | 横浜GSFC

クレージーキャッツの谷啓さんが自宅階段で足つまずいて頭を打ち亡くなられたという。
けっこうショックである。

クレージーキャッツの大ファンのオラとしては植木屋が亡くなったときも相当悲しかったが、今回の谷啓の事故は事故そのものはそうとう、間抜けなんだがファンとしては「なんでぇ?それって演技ぃ?」

老人の事故死の1番は餅、そして2番が階段と聞いたことがある。
オラんおっとさは餅だったが、谷啓が階段とは!
蒲田行進曲の階段落としをやっちゃったとは、谷さんらしいといっちゃえばそれまでだが、植木屋の亡くなり方に比べると明るい死に方と言えるかも!

とにかく、クレージーの映画はほとんど見てるし、レコードだってけっこう買った。
「青島だぁ〜」の反語でもある「谷だぁ〜」もよかったよな。
「ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘」なんてもう最高だに!

ここんとこでは「釣りバカ」の佐々木課長はもうこれ以上のはまり役はいない。
谷さんのエピソードが面白いのでご紹介したい。

以下の通り
..............................................................

1964年の東京オリンピックの際は、テレビでオリンピックの選手たちを観て「ものすごく素晴らしい」と大感動し、「それに比べてオレのやっていることは」と、仕事中は欝状態におちいったという。
植木によると、東京オリンピック当時はオリンピック選手に間違われたくて、当時の選手団のユニフォームだった赤のジャケットを着て出歩いたり、自宅の電話の受話器を重量挙げのバーベルに見立て、電話の横にロージンバッグを起き、電話に出る前はそれで滑り止めの粉を付け、「フンッ」と勢いをつけてから受話器を取るなど、奇行の人でもある。
恥ずかしがり屋の反面、その自分を嫌って「逆に派手なこともする」性格で、車はずっと外車に乗っている。一時は、ど派手なアメ車サンダーバードばかりに乗っていた。
1968年に三鷹市に家を新築したが、1969年1月19日に火事になり全焼。啓はこの時、「火事のシーンを撮りたい」と、わざわざ家にひきかえし、家庭用8ミリ映画のカメラを持ち出したが、フィルムが入っていなくて、撮影できなかったという。また、当時は麻雀に熱中しており(メンバーは、小野ヤスシ、なべおさみ、人見明など)、焼け跡に麻雀牌と麻雀卓が残っていたことから、焼け跡で見舞い客たちと麻雀を打った。
火事の後に建て直した家は、玄関から全部屋に音が流れるようになっていて、啓が深夜に帰宅すると「ただいま帰りました、起きている子供は集合するように」と放送して、子供たちを集め、思いつくままの空想やひらめきをアクションまじりで話し、子供たちと夜中に大熱中していたという。
怪奇映画、ホラー映画の、大の愛好家である。
「足の水虫が好き」で、まったく治療せず常に水虫状態だったという。靴を履いている時に「むずがゆいのを我慢する」のが気持ちよく、また、耐え切れなくなって掻く時の開放感もたまらないという。

........................................................................................
以上 Wikipediaより
泣けてくるほどアホでいいよな!

これでクレージーで残っているのは犬塚さんとセンリさんの2人だけになってしまった。
悲しいですがしかたがない。

あっちに行ったらハナさんやら植木屋たちが待ってるんだろうな。
楽しそうだよな
谷啓さんに改めて合掌。
by gsfc_aoshima | 2010-09-13 06:27 | 高尚な話

昨日は磐田見付の裸祭りだった。
もちろん今回は参加出来なかったわけなんだが、やはり1年のけじめの祭りに参加しないと体の健康、心の健康にも相当影響するわけで来年は、なにがなんでも出ることにする。
サッカーが全てなんだが、やっぱし日本人、遠州人、そして見付に生まれたからには望郷の念、甚だし!

さっそく、お祭りに参加している弟の秀助
ーそう!
早稲田キチガイの弟ー昭和版人生劇場のイントロを作った男、
学生時代「吉永小百合を思慕する会」の幹事長を務め、朝のワイドショーに小百合さんと対面した男
最近では「早い」という字を見ただけで涙が出てしまう極度の自意識過剰男
ーそんな大バカなアホ助君が自らのMixiのブログでお祭りについて書いているのでご紹介したい。
以下の通り
.........................................................................................................

静岡県磐田市の、天下の奇祭「見付天神裸祭り」・・・それが今日行われるわーい(嬉しい顔)
旧暦8月10日〜11日に行われるこのお祭りは、起源が正暦四年(西暦993年)と言われているから、何と千年以上の歴史を誇り、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

あおちゃんは、もちろん見付っ子手(チョキ)
人生の中で、このお祭りに参加しなかったのは、参加が禁止されていた高校3年間と、大学5年生の時に着物に袴姿で「ヨーロッパ珍道中」をした時だけ。
浜松に移り住んで20年以上になるというのに、今だに気持ちの上で浜松市民になりきれないのは、ひとえにこの裸祭りのせいかも知れないあっかんべー

「裸祭り」と言っても、知らない人には何のことだか分からないだろう。
ひょっとして、全裸のオトコ集団が裸踊りをするとか、裸の男女たちが良からぬ(良い?)ことを公衆の面前でしてしまうとか、いろいろと想像が膨らむかも知れないウッシッシ
実際にはどうかというと、まったくそんないろいろのこととは関係ない「熱いオトコの祭り」手(チョキ)
褌(ふんどし)の上に、藁(わら)で作った腰蓑をまとい、オトコたちがカラダをぶつけ合い町中を練り歩く。
数千人にも及ぶその練りの様は圧巻。
その練りの集団が、街中を練り歩いた後、深夜、見付天神の拝殿に突入する。
この練りに比べれば「激練り」と言われている浜松祭りの練りなどは、デモ行進或いはただのおしくらまんじゅうに思えてしまうほど・・・浜松の皆さんごめんなさいあせあせ
でも、拝殿の中での練りは、実際に凄まじいエネルギーの発散場所と化す。
この練りに参加すると、たった一晩だけの練りなのに、翌日は誰しも膝が笑ってまともに歩くことさえ困難になるあせあせ(飛び散る汗)
浜松祭りに3日間参加しても、そんな風になることはない。

以下公式ホームページから

<子供連>

午後6時、煙火の合図により見付町内は交通規制される。時を同じくして、各町から子供連(子供たちの裸の練り)が出発する。子供連は、見付天神拝殿前にて練り、総社へ向かい、7時過ぎには各町へ戻る。

<宵祭>

午後9時の煙火とともに、西・西中・東中・東の四つの梯団が町を練りながら進行する。梯団はそれぞれ決められた順路に従い刻限どおりに進み、見付天神へと向かう。

<堂入り>

午後11時過ぎになると、西区より西中区・東中区・東区と、裸衆が一定の時間差をつけて見付天神の拝殿に飛び込む。これを「堂入り」といい、拝殿内で勇壮に練るさまを俗に「鬼踊り」という。

<渡御>

裸の練りが狂喜乱舞する中、〆切の堂入りに合わせ、拝殿奥では神輿の渡御奉告祭を行う。そして八鈴が打ち鳴らされ、いよいよ出御の合図となる。神職は一足早く山神社前へ移動し出立の祭りをする。祭の中では、渡御を町に知らせる一番触・二番触・三番触が告げられ、二番目の煙火により見付町内はすべて消灯し、暗闇となる。

その後、拝殿内の裸の練りを割ってお出ましになった御神霊は、漆黒の闇の中、お供を従えて総社(淡海國玉神社)へとお渡りになる。

実際の姿を写真1、2で紹介しておこう。

あおちゃんは、もうこの裸集団の「実行部隊員」ではない。
実行部隊は10代20代の若者。
あおちゃんの役目は、写真1の背中を向けている人たちの役・・・「警固」と言う。
警固は、上半身にもサラシで作った神聖な布を身に着ける。これを白張(はくちょう)と言う。
「警固」と書かれた提灯を手に持ち白張を身にまとった警固の面々は、裸の集団をまとめ上げ、集団同士がすれ違う時などは間に割って入り、無用なトラブルになるのを防ぐ。
警固とは言っても、もちろん見付天神拝殿への突入は同じようにする。
この突入がなくては始まらないわーい(嬉しい顔)
写真2がその拝殿の中の様子。
上から水がスプリンクラーのようにまかれるけれど、オトコたちの熱気によってすぐに湯気と化す霧霧
拝殿の床は、水と汗でつるつる・・・そんな状態の中で狂気乱舞の練りは続く衝撃
まあここで一番苦しいのは、肩車をしてあげてる下の人だねあせあせ(飛び散る汗)
上に乗っている人間は、それこそ狂気乱舞・・・滑りそうになるのを必死にこらえながら体勢を維持する・・・呼吸もままならない。大体が大人の男性を肩車するのって、信じられないくらい重い・・・でもこれをかってでる人が沢山いるんだよね手(チョキ)

今晩の出番は午後9時から。
写真3は、兄の直助さんを肩車してあげたあおちゃん。
b0005596_11395869.jpg

#IMAGE|b0005596_11364376.jpg|201009/12/96/|mid|1700|2200#]
b0005596_792213.jpg
b0005596_774147.jpg

................................................................................................................
以上


いやぁ、ありがたいこんだいね!
わかりやすいだいね!
弟は高校3年間、参加しなかったようだがこれは生涯の汚点だいね!
どう考えたって、学校の規則よりもお祭りの規則の方が格段上だよな!
まして相手は校長と神様じゃあどっちがえらいかなんていうのは勝負にならん。
見付の天神社は学問の神、菅原道真公だんね!

校長が頭を下げないといけない立場ではなかろうか!!
これではいつまでたっても浜松北高校を抜くこたぁ出来ん。
見付のお天神様を大事にせんと!
教育界全体がもりたてないと!
学校長自らが警固長ぐらいにならんと!

話を本題に戻そう
肩車してもらっている写真といい、本殿の中での肩車なんぞはこれほどの喜びはないわけで、もちろん肩車してもらいたいのはやまやまだが,してあげることも大事なことで、いくらお神酒がはいっていても、いくら重たい人でもかつげれちゃうというのがまさに不思議なんである。

人馬一体、いや人人一体で鬼踊り(本殿での練り)はこりゃあもう「おいし、おいし」のかけ声とともに阿鼻叫喚、上からの水のシャワー、汗、よだれ、腰蓑のわら、熱気、男臭さ、お神酒、もろもろの匂いの中で、足元つるつるなんだけんどいくらでもかつげちゃう。

俺って元気じゃん!
今年も肩車出来たじゃん
若いじゃん!
ブィブィ言わせられるずら!

そして本殿での鬼踊りが深夜12時を過ぎた頃の号砲1発の花火とともに街全体の電気が消える。
そう中部電力が電気を止めるのではないのだが街全体の電気を家にいるもんが消すのである。
もちろん、沿道の露天も電気を消す。
消さなかったら大変なことになっちまうというか、氏子の裸にボコボコにされる。
やくざだろうが香具師だろうがいかついあんちゃんだって問答無用、あとかたもなく露天壊される。
神様が下りてくるそのときの真っ暗闇の中でのお神輿のお渡り。
本殿の真っ暗な中での鬼踊りが続いている中央を御神輿をお抱えした白張、15、6名が割って本殿を出る。
そして真っ暗な山道の参道をしずかに下りる。
御神輿に続かんとする裸を別の群れの白張が役割として大きな榊をふりかざして追い払う。
前は榊の嵐、まともに当たったら大出血。
後ろからは裸がドンドン下りてきて、押され、裸のトップはなぎ倒され、現場はすさまじいまでの怒号
お抱えされた御神輿が平地まで下りたら、いよいよ御神輿を肩におかんする。
そして、中の宮まで「オイシ、オイシ」のかけ声と共に全速力で走るのである。
走るダニ!!!!

この御神輿が中の宮まで着くあいだ中、街全体は漆黒の闇である。
沿道からは何者から触られて「きゃー!」「「あれ〜〜!」
なんでもオーケーとは聞いてないがこういう輩も居るかもしれない。
はたまた若い男女、いやじい様バア様までも暗い森の中に入っていくのかも!!
こればっかしは榊でぶっ叩かれているもんにはわからない。

中の宮に御神輿が鎮座ましますと鬼踊りの裸は帰途につき、この日の行事は終了する。
裸の氏子は疲労困憊、体中キズだらけで、動けないが、お祭り見学の皆々様、キツネと狸にばかされた男女のほうは、境内の森の中でアツい夜がいつまでも続くのである。
こっちも悪くないだいね!!
by gsfc_aoshima | 2010-09-12 06:53 | 恥ずかしながら直助

今日は鹿島へ!

実家がある静岡県磐田市見付では本日恒例の見付天神社の裸祭りがある。
今年も参加出来なかった。
はっきりいって不本意であるが、からだが2つあるわけではないので仕方ない。
なにせ高校時代、祭りに出たら謹慎処分を受けるのだが、それでも出た。
当然見つかってしまうわけで、もちろん母親同席で校長室で平謝りだったが、おっかさも「祭りぐらいでなにこいてるだいねぇ!!」
口先では申し訳ありませんとアタマは下げたが、親子で反省したわけではない。

なにせ氏子なんだから出ないわけにはいかんし、バチが当たる。

本殿に飛び込んでいくときの爽快感といったら、このまま死んでもいいと思えるぐらいの気持ちの高まりがある。
参加したいだよぉ!!

本日の予定
朝。6時半集合で茨城県の鹿島に行く。
Jr.ユースの面々が鹿島学園高校との練習試合があるからだ。
そして夜は、保土ヶ谷体育協会の理事会。

それから明日の県リーグvsSC相模原戦は16時から日産スタジアム内の駐車場敷地での試合なんだが、18時から日産スタジアムでEXILEのコンサートがある。
大変なことになっちまうダニ!
Cobraの応援に行かれる方はお早めに行かないと駐車場がないかも!!
応援宜しくお願いします。
by gsfc_aoshima | 2010-09-11 05:12 | 恥ずかしながら直助