カテゴリ:恥ずかしながら直助( 410 )

ペグ

脚立から落ちて3週間。金属を入れてから2週間。
昨日病院でレントゲン写真を見る。ギブスしたまま撮影。
手の甲からペグが脱臼した骨にきれいに交差して刺さっている。
どうやって刺したんですかー機械です。
あと2週間したら抜きましょうとのこと。
記念に写真撮っていいですか。
ああいいですよ!

ていうことでこちらがそのペグ。
大工さんの仕事だに❗️
お食事中ならばごめんなさい🙇‍♂️。
b0005596_13293053.jpeg

by gsfc_aoshima | 2019-02-07 13:35 | 恥ずかしながら直助

さっそく入院

b0005596_15452962.jpeg
本日入院が決まった。明日手術。
全身麻酔だそうだが、半月板の時に経験している。
その時には小水針はなかったが、今回はやるようだ。
大きいからチョット恥ずかしい。
とはいえ覚悟して来たので驚きはない。

病院のレストランで昼食をとり、病室へ。
手以外はすこぶるなんともないので、とりあえず院内探検に出る。

今夜はベトナム戦があるのでカードは買った。
大坂さんにも頑張ってもらいたい!
アマゾンプライムビデオはグリむを大量にダウンロードしてきたので退屈はしないだろう。
ジャンジャン!

by gsfc_aoshima | 2019-01-24 15:45 | 恥ずかしながら直助

手を痛めた。

右手が使えないので左手でキーボードを叩く。

正月は体調も良くブイブイ言わせていた。
正月が終わったら不覚にも風邪を引いた。
熱は全く出ないのだが声が枯れて、声の方が全く出ない日が1週間。
そのうちに同居している孫に移り、こちらは高熱が続き肺炎で3日ほど入院。
可哀そうなことをした。

一応先週落ち着いたので動き出す。
18日の金曜日。やらかした。
平塚で作業中、脚立の上からバランスを崩して落ちた。
ちょっと家の脚立よりは高いのだが、上に立ったのがいけなかった。
スローモーションで落ちるような感覚だった。
手から落ちた。
頭は打っていなくて手だけが激痛。

人生3回目の救急車だった。
1回目は大学3年のサッカー練習で足首を痛める。
2回目は3年前の保土ヶ谷サッカー場

どんどん救急車の設備が良くなっているなと。

レントゲンの結果は骨折はないとのこと。
ひどい打撲だと!

それから5日、腫れは少しは引いたのだが、相変わらずズボンのジッパーが右手で下ろせない。
用を足すのにすこぶる不便なんである。左手だと大回りになるのだ。

馴染みの病院で事故の翌日頭のCTは撮ってもらったが異常もなく、手首は打撲だと思っていたので整形によることは無かった。
相変わらずジッパー下ろせないので、詳しくレントゲンを撮ってもらう


ことにした。
先生から、「これは重症!手首脱臼している。痛みに強いというか、びっくりだな。
5日も経ってるので手術しかないよ。これは難しい手術なんで手の専門の先生でないとキビシイ!」

そう!僕は痛みには強いのだ!
手だけでよかったと思えば不幸中の幸いだ。腰も背骨も頭も打ってない。反射的にかばったのかもしれない。

大病院を紹介された。
とはいえ、思いもしない結末となり、明日、行ってくる。
これも試練だ!、修行だ!
b0005596_22025877.jpg
















by gsfc_aoshima | 2019-01-23 22:09 | 恥ずかしながら直助

平成31年明けましておめでとうございます。
昨年は皆々様に大変お世話になりました。
たくさんのご心配もかけました。ありがとうございます。

変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。
大きな目標を持って精進したいと思います。
人生は明確な目標が必要だと思います。
もちろん個人としてもチームとしてもです。とりわけ僕らのような団塊世代ほど、新たな目標が必要だということです。

話は変わりますが、元旦早々相当元気です。今年は風邪もひいていません。
どっこも悪いとこありません。足し算引き算間違い無いです。
毎日黒酢を大さじ1杯5倍に薄めて飲んでます。

明るく調子の良いタイプも変わりありません。
体力も相当あるし、疲れもないし10年前から比べても遜色ありません。
1年間ブイブイいわしますんでよろしくお付き合いお願い申し上げます。

2020年の東京オリンピックに向けて若いアスリートたちがほんと頑張っています。
強い使命を持った若者が今ほどいる時代はかつてなかったかもしれません。
1964年の東京大会の時代は「オリンピックは参加することに意義がある」というクーベルタン男爵の言葉を
金科玉条のごときに教えられていました。
今は「金メダルを獲る」ですから!
確信を持ったアスリートたちが日本にゴロゴロ出てきたと思います。
そんな若者に負けちゃあいられねえということです。
ていうか若者がお手本だと思います。
僕らは若者から学ばないといけないのだと思います。

織田信長は人間50年と言っておりました
大隈重信公は人間は元来125歳まで生きられるもんだと仰られておりました。
僕なんか、それを考えたら修行もまだまだ足らない若輩者というか半端モンでしょう。
やっと半分ぐらいに到達しただけで、やらにゃあいかんことが山ほどあるということです。
無駄なことほど大事なんじゃあないかと思うようにもなりました。

よろしくご指導お願いいたします。
b0005596_21242251.jpg





by gsfc_aoshima | 2019-01-01 21:44 | 恥ずかしながら直助

弟と早稲田に行く

久しぶりの投稿!
元気に生きていましたのでご心配なく。

9月20日、浜松にいる弟と早稲田大学の理事さんに会いに行く。
理事さんはア式蹴球部の後輩。
弟とも面識が当然あり、どちらかというとうちの弟の方がよく会っている。
大隈会館で1時間ほど雑談。
事務方の直立不動のご挨拶なんぞもいただいて、畏れ多い。
お土産に非売品の早稲田大学のネクタイをいただいた。
弟はかつて大学からはシールの一つももらったことがないのにネクタイをいただけるなんて浜松から上京した甲斐があったと痛く感激していた!
b0005596_21170368.jpg
愛用させていただく。

大学前の高田牧舎でランチを食べる。ここはラ式蹴球部(ラグビー部)の溜まり場だそうだ。
高田牧舎の前にご利益あらたかなお寺があるということでお参りする。
23日は関東リーグの最終節。何が何でも勝たねばならぬ。今シーズン一番記憶に残る試合になるのは間違いない。
弟が「兄貴!宝泉寺の勝ち守り、おらがプレゼントするだで!」
お守りの「勝の文字となぜか早稲田のW」これは百万力の力をもらったも同然!宝の泉だに!!
ありがたいことだ!
b0005596_21171635.jpg
そして大学に戻り大隈公の前で記念撮影
気合が入った。
b0005596_21172336.jpg
おらんときは落書きやらアジビラが銅像下にベタベタだったが今は構内はほんと綺麗である。
大隈公からもパワーもいただいたと実感。

その後ペナントのハギワラに行く。この界隈で早稲田の角帽🎓を製造販売しているのはここだけだそうだ。
ご主人から手ぬぐいをいただく。
b0005596_21172024.jpg
b0005596_21170994.jpg
お守りのWの上に見えにくいが「勝」の刺繍。ポケットに忍ばせて試合に臨む。

ありがたい1日だった。
明日は勝つ。



by gsfc_aoshima | 2018-09-22 21:36 | 恥ずかしながら直助

b0005596_12582243.jpg
中学校を卒業して以来、開かれることなかった学年の同窓会が初めて開かれた。
実に卒業してから53年目にしてだ。
うちのクラスはクラスでもしたことがなかった。
同じ高校に行った同期以外はほとんど皆50年ぶりと言っていい。

うちのクラスは50名、8クラスで約400名弱。
参加者は110名
亡くなった人はわかっているだけでも44名。連絡先がわからないも100名ほどはいるようだ。
ヤクザと右翼になったのもいるのだが欠席だった。
ヤクザになったものは、同窓会のお知らせをしたら「オラみたいなヤクザモンに連絡くれて感激した。指名手配されているが自首する。間に合ったら出席する」
まだ塀の向こうにいるのかもな!

よく集まったものだと思う。
恩師も3名ご健在で会に出席してくださった。
93、92、88歳。
最年長の国語の先生がご挨拶してくれたが元気すぎて話が終わらなく途中で椅子を用意。
さらに長くなって終わらないので、司会者がほとんど強制的にやめさせる。

92歳の体育の先生は中1のときの担任で、しょっちゅう殴られていた。
殴られてはいたが、好きな先生だった。
我が家によく顔を出して、親父と酒を飲んでいたらしい。
先生が生徒の家に酒飲みにくるかぁ?

会の途中で挨拶に行ったのだが、「先生!直助です。覚えていますか?」
「靖国に行きそびれてしまった」
「先生!直助ですよ!。オヤジが印刷屋でお袋が美容院で!」
「靖国でみんなが待ってるのだが!ウンウン」
靖国から前に進まないので、
「先生!もう少しで靖国にいる戦友に会えますよ!大丈夫です。楽しみですね!」
にこって笑ってくれた。
オラのことは完全に忘れていた。

同窓会にも女性も多く、男子だけではなく女子も先生から結構殴られていたという話を聞いて驚く。
今だったら日本中で大騒ぎなるような話ではあるが、当時はごく自然なことで説教の前にまず手が出た。

チョークも飛んできたなあ!
みんなからは「アンタはほんと元気よかっただいね!!」「学級委員長なのにいつも一人だけ机が一番前だったし」
但し、高校に入ってからはそのようなことは全くなくなった。
中学時代は反抗期も重なって難しい年代なんだろうな。

12時から会が始まって、2次会も70名ほどが参加。3次会にもなだれ込んで22時半まで静かに酒を酌み交わす。
死ぬまでもう無いからと出席したが、「2、3年でまたやろうぜ!直助、お前幹事やれ!」




by gsfc_aoshima | 2018-05-25 13:01 | 恥ずかしながら直助

週休5日

2月10日、12日ぶりに家を出る。ほとんど自宅で深く潜行していた。
10日は早稲田との練習試合。選手はよくやってくれて勝利する。
練習試合とはいえ、早稲田に一度も勝っていなかったので素直に嬉しい。

11日の建国記念日は靖国神社にて正式参拝。そして靖国会館で君が代を斉唱する。
別にオラは右翼でもなんでもないが御国のために殉じられた英霊を御詣りするのは至極当たり前のことだと思う。
ご先祖も祀られているし、身の引き締まる想いでもある。

12日は慶応OBのチーム慶応BRBとの練習試合。出来が全く良くなくてやられた。早稲田戦のサッカーはどこに行ったのか。
ほんとサッカーは難しい!!

13日はとりあえず自宅で静かにしていた。
14日のバレンタインデーでチョコレートやらスコーンをたくさんもらう。
調子に乗って食べたら夜中にものすごい吐き気が。

以来、横になったまま36時間近く絶食になってしまった。ていうかムカムカが半端ない。
熱は無いのだが咳もぶり返し、この週はこれで終わった。
金曜日に古い友人と東京で約束があったのでこれだけは無理して出かけた。

17日、午前中はチームの第2回セレクション。午後はジュニアの卒業記念カップ戦の応援。
18日、練習試合で八王子の日本工学院。

一般人と全く逆パターンで平日休養。
仕事にもならないのだがとりあえず完全に胸のあたりのモヤモヤが解消させないと思っている。
b0005596_16350279.jpg

by gsfc_aoshima | 2018-02-19 16:40 | 恥ずかしながら直助

アジ釣り79匹だった

10月25日、エロじじい仲間の平塚さんと雨の中アジ釣りにいく。
横浜港の新山下から航程5分のベイブリッジの橋桁から10メートルの距離。深さは12メートルと浅い。
操船が上手くないと橋桁に当たってしまう距離。

こんなとこにアジがいるの!と言われても不思議ではない。
ところがここになぜだかアジがいるのである。
底から3メートルにアジくんが口を開けて待っている。
まさに渋谷の交差点並みにアジくんがいるのだろう。

7時出船で3時間半。
一度も場所を変えることなく納竿までまさに入れ食い。
20〜25センチの金色のアジ。
結局79匹。平塚様は66匹。
b0005596_09200471.jpg
写真は以前釣りに行った時に撮ったものだがあの橋桁の右となりの場所。
船べりで落としたアジが10匹ほどいた。まだまだ修行が足らない。
11人乗って竿頭は127匹。
スソでも49匹。
船頭が釣り終わった後、全員に数を数えてくださいというので間違いはない。

雨でびしょびしょでも爆釣。
入れ食いが止まらないので休みなしのまさに『労働』だが!
コマセ、付餌、氷付きで4320円はリーズナブルではなかろうか。
東京湾はアジが沸いている。
船宿は黒川本家さんhttp://kurokawahonke.com/

b0005596_09254201.jpg
午後から夜遅くまで包丁を握り続ける。
冷凍庫はアジの頭やハラワタで隙間がない。
干物も作ってみた。
b0005596_09385880.jpg






by gsfc_aoshima | 2017-10-26 09:46 | 恥ずかしながら直助

映えある4001回目

記念の4001回。5000になるには毎日書いても3年はかかる。
今の調子だと10年はかかるのでなんとかマメに書いていこう。
ていうことで4001回目は稲門祭で会った弟とのこと。

大隈講堂をバックに兄弟で写真を撮ったのは初めてだし、二人で並んで撮ったのも記憶にない。
体育会の集まりの途中で遠州稲門会のテントに顔を出したら弟がいた。
b0005596_06192819.jpg
帰りにも顔を出して一杯やった。
こんなにも可愛い女子がいることが、そりゃあもう「ウレピーではないかい!!」
ありがたいことである。
長生きも大事だに!
b0005596_06215300.jpg
弟は早稲田の代議員なんだが総長に今は廃れてしまった角帽の普及を提言したそうな。
バカだなと思う!
ただ、かぶると妙に似合うのは何故なんだろう!

by gsfc_aoshima | 2017-10-20 06:25 | 恥ずかしながら直助

夏風邪にやられている

8月になったら咳酷くなる。
咳だけなんだが2日、3日の夜ほとんど寝られない。
朝方やっと寝れる。

金曜日、おなじみのお医者さんの所へ。
先生「正月とおんなじ症状ですか。」 ーハイ!
先生「確か15年前にタバコをやめたよね。」 ーハイ!
オラ「日韓W杯のベルギー戦から吸ってません。」
先生「ベルギー戦関係ないから!でもベルギー戦の影響出てるよね。」 ー無言
先生「死ぬまで影響出るよ。」ーハァ!

咳止めと胸に貼るテープをもらう。
金曜日の夜はなんだかよく寝れた。

昨日はチームのBBQ。
行くつもりだったが、外に出たらふわふわしちゃってる。
ぶり返しそうなので欠席させていただき、家でじっとしていた。
ところが咳がまた酷くなって朝方まで寝られない。
明るくなってやっと寝れた。
現在寝起きなんだが、今日は収まりそうな気配もある。

15年前まで溜まりに溜まったタールが風邪引いた時にアクションを起こすらしい。
タールは肺に付くというのはわかっていても、取り方はWEB検索しても出てこない。
ブラシ口から入れるわけにもいかないし。
換気扇の油汚れも自然では落ちないし。
そりゃあ影響あるだろうよ。加齢もあるわけだし。

我が父方の一族はアクシデントでほとんど亡くなっている。
苦しんで苦しんでというのはほどんどない。
結構一瞬で亡くなっている。

だからオラもその手とかと思うのだが、アクシデント以外だと、どうもこの喘息が命取りになる予感がする。

太平の眠りを覚ます喘息よタール死肺で夜も眠れず

スゲーお粗末様でした。


by gsfc_aoshima | 2017-08-06 09:03 | 恥ずかしながら直助