2018年 06月 13日 ( 1 )

パラグァイとの練習試合は相手がワールドカップに出るわけでもなく、金員を積んで、ほとんど観光旅行といってもいいような状況で、相当割り引いて見なくてはいけない。
GKビジャルの引退興行みたいでお遊びの試合だし!
とはいえ勝利できたことは良かったと思う。

乾の2ゴールがなければ、大会前なのに泥沼に完全に沈んだといって良い。
チームの雰囲気を変えるのは勝利しかないのがスポーツ。
ジャイアントキリングがしょっちゅうのサッカーはその傾向がとりわけ強い。

この試合でチームのサッカーを変えられるのはやっぱしスペインでやってる二人だった。
世界一のリーグでやってる乾と柴崎。
サッカーの質が全く違うと思う。
プレミアの岡崎とブンデスリーガの上位チームにいる香川は本大会にやっと間に合ったという感がする。

日本だってJ1とJ2では相当サッカーが違うし、J1の上位と下位では力の差があるわけで、なぜそこなのかということを考慮する必要がある。
ブンデスリーぐの2部で昨シーズン戦った宇佐美と原口、2部に降格する酒井高徳、大迫は端的にいって、やっぱし厳しいと言わざるを得ない。

メキシコの中位に沈んでいるパチューカでレギュラーをとっているからといってケイスケホンダは威張れたものではない。
ミランでは10番をつけたサブだった。これはなかなかいない。普通はミランからメキシコなんかに行かないよ。

山口蛍にしてもドイツハノーファーにも在籍したが試合にほとんど出れずチームも2部に降格した歴史がある。
なんでこんなに代表で使われるのかよくわからない。

はなから厳しい戦いなのは明白なんである。
ジャイアントキリングを期待するしかないのである。
最終的にはカウンター1発しかないのが実情だ。
ていうことでコロンビア戦をオラだったらこんなメンバーでいきたい。

GK 東口
DF 酒井宏樹 昌子 植田 長友
MF 大島 柴崎
   香川 乾
FW 岡崎 武藤

プレミアの吉田は格からいってレギュラーなんだが、前回大会のコロンビア戦でハメスにちんちんにやられたのでここはサブにした。
MFから上は小さいのが多いが日本人らしくていいと思う。
大島は守備に難があるかもしれないが、旬で上手いので抜擢。
1トップだとか2トップだとかこだわる必要はない。流れの中でサッカーできなければもとから通用しないのだから。

4年前のコロンビア戦を思い出してみたい。
この試合で相手コロンビアは先発メンバーを8名変えてきた。とどめは途中交代ではGKまで変えてきた。
まさに甘く見られて1−4で完敗。
そして4年前に惨敗したのにかかわらず、日本サッカー協会は総括をしないままここまできてしまった。
4年後を考えて、戦ってほしいし、きちんと総括してほしいと思う。


追伸 大島を抜擢したが、昨日のベンチ内の写真があり、スパイクを履いておらずアップシューズだった。
故障確実で、1週間後のコロンビア戦は厳しいと思うのでここは仕方ないので長谷部にするか!!
b0005596_09260815.jpg

by gsfc_aoshima | 2018-06-13 09:28 | 日本代表