2018年 02月 05日 ( 1 )

インフル週間!!

先週の火曜日、東京、川崎で打ち合わせ。
喉がいがらっぽいなと。咳が出て来た。
ちょっとやばいなと思ってから1週間。

水曜日の朝から咳が止まらない。
午後行きつけのクリニックへ。
せいぜい年に2回ぐらいしか行かないが、ここに行くのは咳がひどい時のみなのでカルテは咳のことしか書いていない。
先生もオラのことを知っている。
熱がないので少し様子を見ようと。
毎度おなじみの薬を処方されるが咳が止まった試しがない。
水曜日から木曜日にかけての夜が咳がひどく一睡もできなかった。
これって重度の喘息状態だな。

木曜日、相変わらず咳がひどく、ただ熱は37度までしか上がらない。
解熱剤はもらっていない。
木曜日の夜は多少寝れたが腰がどうにも痛い。
なぜだが右足の土踏まずも攣る。
右手の肘から右手人差し指にかけて電流が走る。
金曜日突然熱が38度を超えた。

これはやばいと昼からクリニックへ。
熱が出たと電話で話して合ったので、受付するなり、別室に連れて行かれる。
すぐ先生が来た。「出たかね!」
と同時に鼻に綿棒を入れられ、グリグリ。涙目。
退出まで5秒。
5分後、結果を持ってこられた。
「Aです。受付に書類流すので2分したら帰っていただいて構いません」
クリニックへの受付から近くの薬局までの時間わずか10分。

薬局ではその場で吸入粉末剤を口から吸う。
「すぐ熱下がりますから!」
布団から起き出し、家を出てから、布団に入るまで30分。
大病院ではこうは行かない。

1時間後37度に下がるが、こんなに効いて劇薬かも。
土曜日、中学生の孫を除いた3人が一斉に咳をし出す。
こちらは全員B型だった。
家の中がAB混在でどうなっちまうだよ。誰も部屋から出てこないので家の中がとっても静か。
異変を感じ取った猫だけがニャーゴニャーゴ。
土日全休でサッカー休んだのはほんと久しぶり。

本日、熱もないし、咳もあんまし出ないということで茶の間に敷きっぱなしの布団をあげてみた。
とにかくずっと寝ていた。

起きてみるとふわふわしちゃって自分の体でないし、とりわけ胸前が相当なダメージ受けているのがよくわかる。
息思い切り吸うと咳が出る。
気管支 弱っ!
頭もボワンボワンしちゃってるし、耳鳴りも最大級にうるさいし、鼻はカラカラで匂い全く効かなくなってしまってるし。

Bの連中はこれまた本日も部屋から出れず。
世間様とは隔絶して、もう2、3日静かにしていた方が良さそうだ。


by gsfc_aoshima | 2018-02-05 10:38 | Trackback | Comments(0)