2008年 02月 08日 ( 1 )

タイ戦を見て その2

初戦を4−1の大差でものにしたことで、おおむね新聞やら評論家と云われている人の論評はまあまあ良かったと言っているようだ。
オラァだってそりゃあうれしいだに!
3−0を予想した点差は間違いなく合っているわけで、当たったといってもいいんだから!

だけんど、タイはあの寒さと雪、そして退場者を出しての10人の戦い。
そして、確信を持って云えるほど個々の力が劣っていた。
地域リーグとはいわないまでも、J2以下だと思う。
なぜそう断言できるかというと、あのタイの選手をJ2の監督さんが欲しいと思えるのがいたかということだ。
いないと思うよ。
いまや、JFLだってそこそこの選手がいるんだから。

結局、そんなチームに対し、崩しての得点はゼロだったわけでやっぱし喜んでばかりはいられないというこんだ。
現代サッカーではセットプレーからの得点は50%を越えると云われている。
だから3点はその通りおかしくないのではあるけんんど、ならば格上の相手に対して同じようにセットプレーをとれるサッカーをしなくてはいけないということなんである。

ボールを持った相手に多数で接近してすばやく奪うのはいいだろう。
短い距離でのパスまわしーこれだって日本選手向きなのもよくわかる。
ボールキープ率でもパス回しをしたらそこそこなものを日本代表クラスは持っている。
でもよく見ていると、サッカーが平均的なんだな。
スピードにしても平均的というか同じリズムなんだな。
どこにボールが出るかなんて言うのもわかっちまうんだな。
ていうことは相手にとってはあんまし怖くないということで、セットプレーだけは絶対させないと心がければいいことになる。

前々からオラァは云ってるのであるが、今後の戦いのなかで格下相手のアジアでは日本は飛び抜けていると思う。
なにせ実績があるんだから。
本戦での戦いを見据えた時に、タイ戦でみせた今のサッカーではジーコの時の二の舞を踏むのは間違いないと思う。

このタイ戦のなかで、「おおっ!」と思える場面が1回だけあった。
試合終了間際の自軍での遠藤から幡戸へのロングパスの場面だ。
遠藤の判断の良さと播戸の特長を知り尽くしたガンバの仲間同士の呼吸。
これって、かつての岡田だったら理解できる。
でもなにやら、「接近、、、、、、」とかいうのとは違うんだよな

大木さんをスタッフに入れてサッカーがちょっと変わったのかな。
でもそれは甲府だから、弱いチームだから、選手層の薄い下位のチームだからというこんで大木さんがやられたサッカーなんだよな
大木さんは昨シーズン、サッカーを楽しませてくれた。
でも結局は甲府は楽しませてくれただけで結果的には得点も入らず、勝ち点3もゲットできず、J2に降格したんだよな。
プロはやっぱし結果だから!

昨夜、フランスとスペインの親善試合を見た。
やってることは日本とそんなに変わらない。
でも、いざ攻撃となった時のパスの速さが全然違うんだな。
速さというよりも強さといったほうがわかりやすいかもしれん!
その強いパスをくさびで入れてきて、きちっと前の選手がボールコントロールしている。
瞬間的な判断がオーソドックスでは全部読まれてしまうんだな
相手DFの読みをどう狂わせるのか、その繰り返しみたいなサッカーをしていたような気がする。

世界の強豪と云われるチームに、いまの日本代表のサッカーのリズムでは到底、セットプレーのチャンスだってつくらせてもらえないまま、やられてしまうというのが目に見えるんだがよ!オラァには!
このあたりが、もう全然違うんだな。
喜んでばかりはいられりゃあせんだいね!!!!!
by gsfc_aoshima | 2008-02-08 06:49 | 日本代表