2006年 03月 07日 ( 1 )

春一番

春一番がふいたそうな。
朝5時から正午まで鼻水ズルズルで止まりません。
鼻をかんでもあとからあとから出てくるんで
鼻をかむということは意味がない。鼻はまっかになっちまうんで、ハンカチをあてたまま、午前中をすごした。

朝からきたない話で申し訳ないが、鼻水も風邪の時とは違うんで、透明だし、妙に伸びるんである。
だから、垂れ流しの状態で、そのままにしていたら、けっこう切れずに垂れるのかもな。
華厳の滝状態か、それとも天竺から降りてきた蜘蛛の糸みたいになるかもな。
こんど試してみようかと思っている。
「全日本鼻水垂れ流し、どれだけのびるか大会」だな。
ただし、これも長くのばすにはコツがあるのも分かった。
立ったまま上から垂らすというのではなく、姿勢を低くしてだ。
床からすれすれのところまで鼻をもっていき、まずひと流しを床に接しさせてから、
下からのばしていく方法だな。
これだと、重みがかからないので長く伸びるのではないかとおもうんだがよ。
まあくだらん話だけんどよ。

からだが、野生化しているんで、微妙な季節の変わり目を分かるのかもしれん。
よくわからないのは、昼飯食べたら、ぴたっと鼻水止まった事だ。
それも、女性とご一緒して会食したらだ。
きれいな女性の前では、無様なかっこうをみせるなと、脳の指令のほうが鼻炎を抑制、改善そして、免疫力が強くなるという事かな。

美しいものを見る。
とくに素敵な女性を!

これが直助独自の花粉対策になるのかもな。
by gsfc_aoshima | 2006-03-07 06:37 | 恥ずかしながら直助