早明サッカー

1月18日に脚立から落ち、手術そしてギブス。やっとギブスが2月21日に取れた。が、あと1ヶ月は簡易ギブスをしますとのこと。
先生のお言葉
結構重症なのであと2週間はピンも抜きません。簡単に抜けるから麻酔もしないよ。刺すときはどえらいけど!
4本入っているピンは2月7日に抜きますが、刺さったままでシャワーなら患部に当てても良い。
膿んだら連絡ください。

簡易ギブスは刺さった方の手の甲ではなく手のひら側。
でピンの上からガーゼもあてがわなく直接包帯だけを巻いてある状態。
結構おっかなくて、逆に日常生活にきたすようになる。
シャワーはもちろん当てられないし、腫れも引いていないので、入浴はレジ袋を巻いて手を挙げて。

7日まではしずかに潜行するしかないです。

ていうわけでおそるおそるサッカーの現場だけは、土日に限り出かけるがおとんしくはしている。
昨日、スカパーのスカサカという番組で早稲田と明治の練習試合が放送された。
練習試合が自宅にいて観れるというのは、画期的というか素晴らしい!
世の中的に言えば、こんな企画もいけるのかという。
さらに良かったのは解説が前半、早稲田の外池監督、後半は明治の栗田監督。
これが良かった。両チームの戦略や選手の特性、チーム状況をきちっと語っていた。
両チームの背番号と選手もはっきりわかった。

こういう解説は新鮮。
あーうーしか言わない解説者、ただただ叫びまくっているあの解説者など、不要な人が多い。

トレーニングマッチの放映はともかく、こういう解説こそが本来のものだろうし必要だと思う。
SNSをうまく利用してわずか1日で7000回の視聴は考えさせられるものだと思う。
Youtube
外池監督のtwitter
https://twitter.com/tono_waseda

b0005596_10542190.jpg
b0005596_10535174.jpg




by gsfc_aoshima | 2019-02-28 10:58 | 大学サッカー