寝る

昨日は用がないかぎり寝ていた。
2度ほど事務所に行くも、それ以外はおとなしく横になっていた。
猫なんぞは、調子が悪いときはじいっとしているし、お医者さんにかかれない野生の動物は身を隠してじぃっとしているしかない。その間に襲われたら、それはその動物の運命でしかない。

寝ながら、日本vsニュージーランドの試合をじっくり見た。
ボランチの青山、山口の出来が素晴らしく良かったのが4点を生んだと思う。
広島の好調の大きな要因は青山ではないかとさえ思う。
後半の遠藤、細貝よりいいのではないかと思った。二人のリズムが遅すぎるしパスのコースが読まれていたのが、全体にも影響し自分たちのサッカーが出来なかった。

前半あれだけ点が入ると、後半がらりと変わるのは、サッカーの試合ではよくあることである。
小学生は実力通りに点差が開いていくが、中学生以上になればはどのカテゴリーでの試合でも日常茶飯事だと思う。
それだけサッカーというゲームはメンタルが大きく作用するということだと思う。

攻撃陣では、やっぱし香川の出来が悪すぎる。
ドルトムント時代のひらめきや、パスの出所の鋭さもなく、後ろ向きでただただこねくり回していたような気がする。
前を向いたときの怖さは皆無だったし、試合に出ていない影響だと思う。

守備陣では右サイドバックの両酒井に疑問符!
ちょっとばっかしアタマ悪いのではないかぁ?このふたり。
またCBのふたりもこのレベル相手に軽くフィジカルでやられていたんで、本戦でのドロクバやばくない?とさえ思った。
やっぱし絶対的な強さ、高さ、W杯の実戦経験のある闘莉王、中澤を検討する余地があると思う。
前回の大会でドロクバの手を骨折させた闘莉王がいなければ、ドロクバにちょちょんとやられそう。

攻撃陣ではなんといってもぴか一は岡崎だ。
先取点の足があそこで出るとは信じ難い。素晴らしい!!

本日寝ながら、ナデシコを見よう。
もう寝る寝る!!






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-03-07 09:50 | 恥ずかしながら直助