早明サッカー

1月18日に脚立から落ち、手術そしてギブス。やっとギブスが2月21日に取れた。が、あと1ヶ月は簡易ギブスをしますとのこと。
先生のお言葉
結構重症なのであと2週間はピンも抜きません。簡単に抜けるから麻酔もしないよ。刺すときはどえらいけど!
4本入っているピンは2月7日に抜きますが、刺さったままでシャワーなら患部に当てても良い。
膿んだら連絡ください。

簡易ギブスは刺さった方の手の甲ではなく手のひら側。
でピンの上からガーゼもあてがわなく直接包帯だけを巻いてある状態。
結構おっかなくて、逆に日常生活にきたすようになる。
シャワーはもちろん当てられないし、腫れも引いていないので、入浴はレジ袋を巻いて手を挙げて。

7日まではしずかに潜行するしかないです。

ていうわけでおそるおそるサッカーの現場だけは、土日に限り出かけるがおとんしくはしている。
昨日、スカパーのスカサカという番組で早稲田と明治の練習試合が放送された。
練習試合が自宅にいて観れるというのは、画期的というか素晴らしい!
世の中的に言えば、こんな企画もいけるのかという。
さらに良かったのは解説が前半、早稲田の外池監督、後半は明治の栗田監督。
これが良かった。両チームの戦略や選手の特性、チーム状況をきちっと語っていた。
両チームの背番号と選手もはっきりわかった。

こういう解説は新鮮。
あーうーしか言わない解説者、ただただ叫びまくっているあの解説者など、不要な人が多い。

トレーニングマッチの放映はともかく、こういう解説こそが本来のものだろうし必要だと思う。
SNSをうまく利用してわずか1日で7000回の視聴は考えさせられるものだと思う。
Youtube
外池監督のtwitter
https://twitter.com/tono_waseda

b0005596_10542190.jpg
b0005596_10535174.jpg




# by gsfc_aoshima | 2019-02-28 10:58 | 大学サッカー

消えた天才

1994年8月、野辺山での第9回森孝慈杯少年サッカー大会は全25チーム。
優勝は福岡県の中間少年SC。
うちはその中間さんと同じブロックだったため1位トーナメントに行けなかった。
圧倒的に強かったが一人ものすごい選手がいた。
後にも先にもこの選手を超える選手は見たことがない。

1996年横浜少年選抜のヘッドコーチをしたことがあった。
その時の主将は日本代表にもなった藤本淳吾君で惚れ惚れさせるほどいい選手だったが、この中間の選手の方が印象に残っている。
まさに天才。

ずっと気になっていたので引退までよく知っている。まさにおらも追っかけかもしれない。
この少年はその後長崎の国見中学、国見高校であの大久保嘉人選手の同期であり、高校三冠をとった。
福岡大学からJリーガーにもなったが華々しい活躍もなく2年前に引退して、J3の秋田で子供達を教えている。
その選手こそ川田和宏君

一昨日、消えた天才というTV番組で大久保嘉人選手が同期の川田選手を敵わなかった天才として紹介していた。
同じ中学出身で高校時代は一度も会話がなかったというのは驚きだ。
天才二人は横並びになれないということだと思う。
だから誤解も生まれやすい。

天才は難しいプレーも難なくできてしまう。
凡人は手取り足取りしてもらい、繰り返し反復練習してやっとそれらしいことができるようになる。
天才はそれを無意識にプレーに反映できるが、凡人は意識して集中しないとそのプレーができない。だから判断が遅くなってしまいボールを奪われる。
改めてスポーツの奥深さを感じたシーンだったし、二人の大人がそこにいた。

川田君の元気な姿を見れて嬉しかった。
b0005596_09552528.jpg
b0005596_09552180.jpg
b0005596_09545247.jpg

# by gsfc_aoshima | 2019-02-12 10:36 | 人物

ペグ

脚立から落ちて3週間。金属を入れてから2週間。
昨日病院でレントゲン写真を見る。ギブスしたまま撮影。
手の甲からペグが脱臼した骨にきれいに交差して刺さっている。
どうやって刺したんですかー機械です。
あと2週間したら抜きましょうとのこと。
記念に写真撮っていいですか。
ああいいですよ!

ていうことでこちらがそのペグ。
大工さんの仕事だに❗️
お食事中ならばごめんなさい🙇‍♂️。
b0005596_13293053.jpeg

# by gsfc_aoshima | 2019-02-07 13:35 | 恥ずかしながら直助

ほんと悪運が強い!

1/18最初の救急病院では右手の打撲診断。
1/21いつもお世話になっている病院で頭のCTは異常なし
1/23お世話になってる病院長に再度手も見て欲しい。レントゲン検査の結果、手の平の付け根の
月状骨脱臼との診断。はめるのはむつかしいし、手の専門医でないと手術が困難と新横浜の病院を紹介された。
1/24紹介状とレントゲン写真を持参すると、「セカンドオピニオンでよく見つけました。明日手術します。手術で切開して脱臼部分を戻し、靭帯の修復をします。但し、全身麻酔をかけた後、外から脱臼をはめる努力はします。この脱臼は麻酔をかけないと痛くてやれないのです。
時間も経ってるので100%切開だと思ってください」

1/25 絶食、午後2時半に手術室。先生3名、看護士3名。看護士さんは皆マスクをしているがめがきれい、もちろん若い。
ほとんどすっぽんぽんの状態で麻酔をかけられた。
気持ち的には2秒後、
ベットに乗せられ直助さん終わりましたよ!

付き添っていた娘が、「お父さん、予定より1時間以上も早いし、切開してないし、外からグイグイやったら、ほとんど奇跡的に収まったそう!明日退院していいって。」
先生もびっくりだそうなんだけど「うまく収まったのだが骨がグラグラするので番線4本さして固定して、ギブスしてあります。」

1/26切開していないのに、昨夜は痛みはげしく一晩中そして24時間経った今でもギブスの中でジンジンしているが峠は越した。
幸運というか、悪運が強いというか、日頃の行いがいいというのかわからないが、やっぱし悪運が強いということだな。
メスを入れていたらどんだけ時間がかかるということはアキレス腱断裂を2回も経験してメスを入れているのでよくわかっている。

ご心配をかけてしまった皆々様に感謝申し上げます。
大坂なおみさんの優勝も自宅で見れて嬉しいことこの上ない。

ただ気になるのはオシッコした時になんだか引っかかるという感覚というか今まで感じたことのない違和感が一物にあるのである。
雄大なる逸物にだ。
ていうことは、麻酔で眠った後、あのキレイな看護士さんにどっこいしょと取り出され、手の上で転がされ管を入れられたということだ。
メスを入れないので明日退院で、管の必要がないということで手術室でまた抜かれたということだと思う。

まだ左手しか使えないが、不自由はない。
今後ともご贔屓によろしくお願い申し上げます
b0005596_21410029.jpg
b0005596_21395140.jpg
手術室に入る前に娘と記念撮影




# by gsfc_aoshima | 2019-01-26 21:42

さっそく入院

b0005596_15452962.jpeg
本日入院が決まった。明日手術。
全身麻酔だそうだが、半月板の時に経験している。
その時には小水針はなかったが、今回はやるようだ。
大きいからチョット恥ずかしい。
とはいえ覚悟して来たので驚きはない。

病院のレストランで昼食をとり、病室へ。
手以外はすこぶるなんともないので、とりあえず院内探検に出る。

今夜はベトナム戦があるのでカードは買った。
大坂さんにも頑張ってもらいたい!
アマゾンプライムビデオはグリむを大量にダウンロードしてきたので退屈はしないだろう。
ジャンジャン!

# by gsfc_aoshima | 2019-01-24 15:45 | 恥ずかしながら直助

手を痛めた。

右手が使えないので左手でキーボードを叩く。

正月は体調も良くブイブイ言わせていた。
正月が終わったら不覚にも風邪を引いた。
熱は全く出ないのだが声が枯れて、声の方が全く出ない日が1週間。
そのうちに同居している孫に移り、こちらは高熱が続き肺炎で3日ほど入院。
可哀そうなことをした。

一応先週落ち着いたので動き出す。
18日の金曜日。やらかした。
平塚で作業中、脚立の上からバランスを崩して落ちた。
ちょっと家の脚立よりは高いのだが、上に立ったのがいけなかった。
スローモーションで落ちるような感覚だった。
手から落ちた。
頭は打っていなくて手だけが激痛。

人生3回目の救急車だった。
1回目は大学3年のサッカー練習で足首を痛める。
2回目は3年前の保土ヶ谷サッカー場

どんどん救急車の設備が良くなっているなと。

レントゲンの結果は骨折はないとのこと。
ひどい打撲だと!

それから5日、腫れは少しは引いたのだが、相変わらずズボンのジッパーが右手で下ろせない。
用を足すのにすこぶる不便なんである。左手だと大回りになるのだ。

馴染みの病院で事故の翌日頭のCTは撮ってもらったが異常もなく、手首は打撲だと思っていたので整形によることは無かった。
相変わらずジッパー下ろせないので、詳しくレントゲンを撮ってもらう


ことにした。
先生から、「これは重症!手首脱臼している。痛みに強いというか、びっくりだな。
5日も経ってるので手術しかないよ。これは難しい手術なんで手の専門の先生でないとキビシイ!」

そう!僕は痛みには強いのだ!
手だけでよかったと思えば不幸中の幸いだ。腰も背骨も頭も打ってない。反射的にかばったのかもしれない。

大病院を紹介された。
とはいえ、思いもしない結末となり、明日、行ってくる。
これも試練だ!、修行だ!
b0005596_22025877.jpg
















# by gsfc_aoshima | 2019-01-23 22:09 | 恥ずかしながら直助

平成31年明けましておめでとうございます。
昨年は皆々様に大変お世話になりました。
たくさんのご心配もかけました。ありがとうございます。

変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。
大きな目標を持って精進したいと思います。
人生は明確な目標が必要だと思います。
もちろん個人としてもチームとしてもです。とりわけ僕らのような団塊世代ほど、新たな目標が必要だということです。

話は変わりますが、元旦早々相当元気です。今年は風邪もひいていません。
どっこも悪いとこありません。足し算引き算間違い無いです。
毎日黒酢を大さじ1杯5倍に薄めて飲んでます。

明るく調子の良いタイプも変わりありません。
体力も相当あるし、疲れもないし10年前から比べても遜色ありません。
1年間ブイブイいわしますんでよろしくお付き合いお願い申し上げます。

2020年の東京オリンピックに向けて若いアスリートたちがほんと頑張っています。
強い使命を持った若者が今ほどいる時代はかつてなかったかもしれません。
1964年の東京大会の時代は「オリンピックは参加することに意義がある」というクーベルタン男爵の言葉を
金科玉条のごときに教えられていました。
今は「金メダルを獲る」ですから!
確信を持ったアスリートたちが日本にゴロゴロ出てきたと思います。
そんな若者に負けちゃあいられねえということです。
ていうか若者がお手本だと思います。
僕らは若者から学ばないといけないのだと思います。

織田信長は人間50年と言っておりました
大隈重信公は人間は元来125歳まで生きられるもんだと仰られておりました。
僕なんか、それを考えたら修行もまだまだ足らない若輩者というか半端モンでしょう。
やっと半分ぐらいに到達しただけで、やらにゃあいかんことが山ほどあるということです。
無駄なことほど大事なんじゃあないかと思うようにもなりました。

よろしくご指導お願いいたします。
b0005596_21242251.jpg





# by gsfc_aoshima | 2019-01-01 21:44 | 恥ずかしながら直助

再び早稲田に行く

昨日は早稲田本部に出向いた。
ア式蹴球部後輩の花尾理事に会いに行く。
花尾さんは今月半ばで理事を退任されたので理事室でお会いするのも最後。
同じく本部にいるア式蹴球部後輩の岡本さんとも歓談。

その後、西門の前野書店に出向く。
前野書店の旦那は空手部OBで同期。
卒業以来40何年間ずっと店先で座って、外を通る人も一日中見ている。
この日も予想通り見ていた。おらのことを気づいて手招きをされたのでしばし歓談。
話は早稲田大学のことだけで100%。
他には何もないし、聞いた記憶もない!!
趣味は早稲田。生きがいも早稲田。世界の中心は早稲田。
売ってる本もかつては早稲田の先生の教科書だったと思う。
今は本もほとんど置いてなくて客も見たことがない。

3度の飯のおかずも早稲田で行ける。
家族はいるのだろうか?
生活臭は皆無。
いい人生だと思う。

暗くなってもう一度大学構内に戻った。
大隈講堂はやっぱし雰囲気があった。
在学中にクラブの表彰で2度ほど入ったことがある。
b0005596_09045501.jpg
大隈重信公の銅像は植栽も綺麗だし、周囲にはゴミ一つなかった。樹木は驚くほどの大きさだった。感慨深い。
b0005596_09045947.jpg
おらが大学に入った頃は学生運動が盛んでその銅像もアジビラで悲惨なものだった。
全てが荒れ果てていた。高層の学生会館は学生が占拠していた。
我が物顔だった。

この連中本当に酷い輩だったと思うが、学校は本当に懐が広い。
b0005596_09052737.jpg
帰りに運動部の着ているユニホームのショップがあったので入ってみた。
ア式蹴球部のユニホームのレプリカが特価であったので、優勝もしたし記念に購入。
b0005596_09050782.jpg
いい1日だった。












# by gsfc_aoshima | 2018-11-28 09:13 | ワセダ

ウルグアイ戦

日本vsウルグアイ戦は見応えがあったと思う。
中田、小野、中村俊輔が初めてトリオで出てきた時以来というべきか、ワクワク感があった。
特に前の4人は最後まで足が止まらなかったし、いいリズムでサッカーができていた。
ボールコントロールとパスのスピード、体幹の強さも目立った。
南野の枠に行くシュート。
また中嶋がボールを持った時の前に出る迫力とパスの精度とそのボールスピード、堂安のペナに入った時のプレーのキレ。

ボランチの二人も役割をきちっと守り。バランスの良い攻守の切り替えができていた。
サイドバックの二人も堅い守備と、堂安、中島とのコンビネーションも良かった。

それに比べセンターバックの二人はやっぱり課題が残るというか穴だった。
3点の失点全てが二人が絡んだ。
最初の吉田の反則は、そこでそんなに無理することないだろう!でのFK。
2点目は三浦のもはや罰金もんの大チョンボ。
3点目もショートカウンターから三浦がボールウオッチャーになって背後の相手を完全フリーにさせてなんなく入れられる。
やらなくてもいい3失点だった。

試合展開としては
試合としては4−3の得点ゲームほど面白いものはないが、監督には胃が痛くなるような試合展開だったと思う。
改めて思うのはセンターバックの人材不足。
これは代表に限らず、どのカテゴリーでも云えることで、「センターバックや〜い!!」
日本サッカー協会はセンターバックを育てる必要があるし、これしないと将来はない!
b0005596_14550887.jpg
b0005596_14551348.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-10-17 15:01 | 日本代表

9/22(土)保土ヶ谷公園サッカー場で開催された関東学生サッカーリーグ後期第2節早稲田vs横浜桐蔭大学の試合を観に行く。
関東学生リーグの試合を見るのは実に2年ぶりぐらいだろうか。

9/23にここで自分たちのリーグの最終節があるのでグランド状態も見たかった。
綺麗な芝だった。
b0005596_05545111.jpg
b0005596_05545509.jpg
試合は前半3−1でリードした早稲田だったが、後半いいチャンスを外しまくり、逆に相手に押し込まれるとマークも甘くなり2点を献上。
引き分けた。
毎度のことではあるがレフリーの笛に基準がなく、首をかしげるレフリングが多かった。

横浜桐蔭大学の選手たちの多くは社会人のリーグからの選手が多く、顔見知りの選手たちがたくさんいた。
オラ達がなかなか勝てないわけである。

さあ、本日、いよいよ最終節、死に物狂いで頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

# by gsfc_aoshima | 2018-09-23 06:02 | ワセダ