日本が勝利!

b0005596_08281345.jpg
怖いくらいにオラの前日予想が当たった。
セットプレーで両チームの全得点。
PKでもいいと言ったが、これがすべての始まり。この場面も日本のカウンターからのセットプレー。

先取点入れたら負けはない。セネガルもそうだった。
ロシアの第2節も含め、これで17試合続いている。

大迫がハンパなかった。ハメスのシュートの場面で守備でも貢献とは。
b0005596_08284529.jpg
原口、柴崎もほんとよかった。柴崎の足が心配。
川島はあれ取らないとダメだ。ましてニアサイド。この大穴が命取りになりそうだ。
ケイスケ ホンダはCK以外は全く走れないし、トップ下にいないで一人少ない相手になぜサイドばかりにいく?
走れないケイスケホンダとハメスは要らない代表格になっちまった。

総じて、相手10人になったおかげでというのもあったが、運も実力のうち、全体を通じてはよかった。
ただ、日本のパス精度はやっぱし低く、一人少なくてもパスミスが非常に多いし、シュートも枠に行かないのも多かった。
これはキックが下手だということで、日本が決定力がないというのはつまるところ下手だからというのが当たっている。

ところで西野監督は大学のクラブの後輩でもある。
セネガル戦もお願いします。
セネガルの両サイドのスピードには苦労しそうだな。ハンパない!
b0005596_08282002.jpg
解説の元日本代表監督岡ちゃんもクラブの後輩だが、オーナーを務めるFC今治のポロシャツで解説。
まあ勝ったからいいやな!


# by gsfc_aoshima | 2018-06-20 08:34 | Trackback | Comments(0)

本日、日本戦

ワールドカップロシア大会もA~G組の第1節が行われ、残すは日本のH組のみ。
とりあえず全試合を見た。
1番の感想はパスのスピードと精度が半端ないチームが多い。
そしてカウンターの時の速さ。
中南米のメキシコやコスタリカですらもほんとすばらしい。

シュートみたいなパス。アルゼンチンのアグエロのトラップからのシュート。
あんなにうまくトラップ出来る選手は世界中を探してもわずか。

韓国を含めアジアのチームはこのパスのスピードと精度が劣っている。

ボールを足元にきちんと止める。そしてそのボールを取られない。
蹴る=正確に味方にパス、正確に枠に行くシュート。それから正確なロングキック

というこの二つの基本中の基本がやっぱし一番大事で、その判断の速さも必要だということがよくわかる。

戦術がどうのこうのというのはこの基本ができていないとお話にならない。
子供も大人も世界レベルでさえもすべてそこからだ。
僕らはまず戦術とか練習メニューがどうだと考えがちだが、そうではなく基本の積み重ねこそが大事なんだと!

これはジュニア年代が一番やらなくてはいけない練習。
もう一度振り返って見る必要がある。

正確にパスを繋ぐということが大事で頭でっかちになっていないか。
正確ならばロングキックも大いにありだ。
ロングキックの練習やんないからいいセンターバックが生まれない。

さて話を元に戻すと今夜の日本とコロンビアの一戦。
ここまでの14試合で先取点を取られて勝ったチームは無い。
先取点がすべての勝敗を分ける。
得点はセットプレーとカウンターで70%をおそらく超えているだろう。
PKだって立派なセットプレーだ。
日本はFKの名手もいないし、CKも競り負けるだろうし、横パスを奪ってのショートカウンターかPK狙いしかない。
本田のFKだって?8年前ならいざ知らずもはや錆びついていて記憶にないぐらい入れていない。

それでもオラはTVの前に正座して日本を応援する。
それぐらい日本戦は神聖なものなんである。

先取点取れ!
b0005596_15152414.jpg


# by gsfc_aoshima | 2018-06-19 15:17 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

開幕戦はロシアvsサウザラビア
サウジはアジア最終予選で日本を破ったアジアの強豪。
そう!アジアの中での強豪。

結果は5−0でロシアの大勝だった。
ワールドカップ初戦でこの結果。
もはや奇跡でも起きない限りサウジの決勝トーナメント進出ははないだろう。
攻撃力、守備力、決定力、展開力全てにおいて力の差は歴然だった。

この力の差を見ると日本も厳しいというのが理解できる。
FIFAランクは伊達につけられてはいないなと!

夢のような睡眠不足の1ヶ月が始まった。
b0005596_06593633.jpg
b0005596_06593749.jpg


# by gsfc_aoshima | 2018-06-15 07:00 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

パラグァイとの練習試合は相手がワールドカップに出るわけでもなく、金員を積んで、ほとんど観光旅行といってもいいような状況で、相当割り引いて見なくてはいけない。
GKビジャルの引退興行みたいでお遊びの試合だし!
とはいえ勝利できたことは良かったと思う。

乾の2ゴールがなければ、大会前なのに泥沼に完全に沈んだといって良い。
チームの雰囲気を変えるのは勝利しかないのがスポーツ。
ジャイアントキリングがしょっちゅうのサッカーはその傾向がとりわけ強い。

この試合でチームのサッカーを変えられるのはやっぱしスペインでやってる二人だった。
世界一のリーグでやってる乾と柴崎。
サッカーの質が全く違うと思う。
プレミアの岡崎とブンデスリーガの上位チームにいる香川は本大会にやっと間に合ったという感がする。

日本だってJ1とJ2では相当サッカーが違うし、J1の上位と下位では力の差があるわけで、なぜそこなのかということを考慮する必要がある。
ブンデスリーぐの2部で昨シーズン戦った宇佐美と原口、2部に降格する酒井高徳、大迫は端的にいって、やっぱし厳しいと言わざるを得ない。

メキシコの中位に沈んでいるパチューカでレギュラーをとっているからといってケイスケホンダは威張れたものではない。
ミランでは10番をつけたサブだった。これはなかなかいない。普通はミランからメキシコなんかに行かないよ。

山口蛍にしてもドイツハノーファーにも在籍したが試合にほとんど出れずチームも2部に降格した歴史がある。
なんでこんなに代表で使われるのかよくわからない。

はなから厳しい戦いなのは明白なんである。
ジャイアントキリングを期待するしかないのである。
最終的にはカウンター1発しかないのが実情だ。
ていうことでコロンビア戦をオラだったらこんなメンバーでいきたい。

GK 東口
DF 酒井宏樹 昌子 植田 長友
MF 大島 柴崎
   香川 乾
FW 岡崎 武藤

プレミアの吉田は格からいってレギュラーなんだが、前回大会のコロンビア戦でハメスにちんちんにやられたのでここはサブにした。
MFから上は小さいのが多いが日本人らしくていいと思う。
大島は守備に難があるかもしれないが、旬で上手いので抜擢。
1トップだとか2トップだとかこだわる必要はない。流れの中でサッカーできなければもとから通用しないのだから。

4年前のコロンビア戦を思い出してみたい。
この試合で相手コロンビアは先発メンバーを8名変えてきた。とどめは途中交代ではGKまで変えてきた。
まさに甘く見られて1−4で完敗。
そして4年前に惨敗したのにかかわらず、日本サッカー協会は総括をしないままここまできてしまった。
4年後を考えて、戦ってほしいし、きちんと総括してほしいと思う。


追伸 大島を抜擢したが、昨日のベンチ内の写真があり、スパイクを履いておらずアップシューズだった。
故障確実で、1週間後のコロンビア戦は厳しいと思うのでここは仕方ないので長谷部にするか!!
b0005596_09260815.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-06-13 09:28 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

何にもできない日本

スイスとの練習試合。
前半で交代させなくてはいけない選手ーケイスケホンダと酒井高徳。
もう試合に出さなくていい。

反則しないと止められない長谷部はけっこう老化が進んでいる。
毎度のミスが多くて見てられない川島。所属のメスは2部に降格している。
4年前にハメスロドリゲスにチンチンにやられた吉田は今日もスピードに乗られるとPK。
何にもできない宇佐美とおどおどしっぱなしの槙野

及第点は大島と長友、乾のちびっこ3人。
こういう試合こそ岡崎を使って欲しかった。

このチームでは10回やってもスイスに1回も勝てない。
溌剌としたところが全くないおじさんのチームに見えてしまう。
このままだと3連敗は必定だが、西野くん立て直してほしいがもう登録終わってるしよ!!
b0005596_04250727.jpg
b0005596_04250070.jpg


「ガンバレ日本」が空虚に聞こえる。





# by gsfc_aoshima | 2018-06-09 04:25 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

全社関東予選1回戦

6月は関東リーグの中断期間である。全国社会人サッカー選手権大会関東予選が組み込まれる。
全国大会に6チームが出場できる。
6ブロックに分け関東リーグ19チーム、各都県から13チーム。
3回勝てば全国大会だ。

6月3日の1回戦の相手は神奈川県サッカー選手権大会で優勝した神奈川県1部リーグの品川CC横浜さん。
組み合わせ抽選というのはない。どうやって対戦相手を決めているのかよくわからないし、神奈川同士なのに会場も横浜というか神奈川県でなく、山梨県南アルプス市。
準決勝、決勝は茨城県のひたちなか市。
けっこう不条理だと思うが大きな声では言えないのが辛い。

リーグの中断明けなので選手の休みが多い。
1回戦にはチームの部員の半分しか参加がない。
この日の試合は15名中GK3名、フィールド12名。
これはけっこう辛いというか、先発メンバー決めるのに楽ではあるが、ポジションどうすりゃあいいのよ!
今シーズン初めての公式戦という選手も何人かいる。
でも、ここで自信をつけてくれればいいわけで、ある意味チャンス。

結果は3−1で完勝だった。

試合前のミーティングで話したこと。

1、反則をしないー試合を通じて5個しか直接FKになる反則をしなかった。相手は13個。これは素晴らしいと思う。
  反則多ければ多いほどリズムが崩れ、ピンチにもなるし失点の大きな要因になるから反則しない。

2、バイタルエリアでの守備ープレッシャーをきつくしろ。相手9番、11番に気をつけろ。前を向かせるな。

3、相手は県リーグでは得点は多いが失点も多い。相手守備の裏をサイドから早めにクロスを入れろ。
  縦パスよりもクロス。

4、自陣地ではショートの横パス、バックパスはしない。自陣地ではドリブルで相手と1対1はしない。
  相手のボールの時は追い込め。

5、セットプレーが最大の得点チャンスだからこれを狙え。

毎度毎度の話ではあるがこれの徹底の方が絶対勝利につながると思っているので、3分で終了。
暑いし、頭に入るわけないので、毎週、頭の中の引き出しから出させる方がより効果的なだけだ。

あとは個人的に指示した。

ボランチのある選手には攻撃と守備のバランスは3対7だよ。
「2対8で行きます」
いい守備をしてくれた。

この試合は全員が出場。
GK3名も出場させた。会場はびっくりだったらしいがうちとしては珍しいことではない。

このようなことだけの作戦で勝てたわけではない。
品川さんは公式戦がほとんどナイターの試合。
後半けっこうへばっていたと思うし足が止まった
うちは暑い中での試合の連続。この辺りが勝敗を決めた大きな要因だったのではないだろうか。

今週は準決勝、流通経済大学FCさん。
またもや選手の出席がやばい。このままだとフィールドの交代メンバーがいない。
2つ勝つと全国なのによ!変なチームだと思っている。
b0005596_10231913.jpg
b0005596_10230361.jpg
b0005596_10225770.jpg
b0005596_10225304.jpg
b0005596_10224879.jpg





# by gsfc_aoshima | 2018-06-06 10:25 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

やっぱしな!

ワールドカップロシア大会のメンバーが発表になった。
予想通りのメンバーで新鮮味は全くなかった。
せっかく新しい監督なんだから、西野色を出してほしかったし、それができたのにちょっと残念だった。
ロシアが終わり、次のカタールに臨めるメンバーはほぼいないといっていい。
子供たちはどんどん囲い込み、100年計画という立派なお題目ばかりが目立つ協会!
肝心の日本代表は一寸先も無計画。
せっせせっせと払わされる上納金制度。


総括とそれに基づく計画をもっての代表でないとダメずら!
オラはけっこうなにかに怒っているが、とりあえず代表選手は日本の誇りを持って戦ってください。
b0005596_18464940.jpeg

# by gsfc_aoshima | 2018-06-02 17:43 | Trackback | Comments(0)

3バックを採用したのは結果はともあれ、よかったと思う。
監督が代わったのだから新しいことにチャレンジするのは当たり前。
ただ、この試合に出たこのメンツで3バックはちょっとばっかし厳しい。
予選リーグでは5バックになっちまうだろうな。
結局カウンター1発しか、得点の気配はない。

そして、前回大会からの代わり映えしないメンツ。
旬な選手が全くいないのだ。
メキシコでドサ回り中のケイスケホンダ、休み明けの香川と岡崎。
ドイツで2部に落ちた大迫と酒井高徳、2部でも試合に出られない浅野。
スペイン2部でも試合に出られない井手口。
フランスでも2部に降格した川島選手もいた。
今年は疫病神みたいな選手たちが多いな。
だから明るくない空気が満載だ。

この試合でさすがと思ったのは柴崎のパススピードだけ。
ホンダは相変わらずのショートパスだけ。

とにかくバックパスの多さばかりが目立った試合。
これでは点入らない。

中島翔哉や堂安は35名の予備登録にも入っていない。
17歳の久保くんは入れていないだろうな!

なんだか夢もないし、次回大会にも繋がらない感じがするのだが。
サッカーの試合にジャイアントキリングが多いなら、選手選考もジャイアントキリングを起こしてもらいたいのだが。
せめて予備登録の中で国内登録の選手から1名でも入れて欲しいと切に願うのだが!!
b0005596_06582566.jpg

# by gsfc_aoshima | 2018-05-31 06:57 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

もはや異次元なサッカー

チャンピオンズリーグ決勝
レアルvsリバプール
言葉になりません。凄すぎて!

シュートを打つぞ打つぞではゴールを割れない。
思い切りの良さというか、ひたすらゴールを狙うことの大事さ。
ベールのゴール2点とも感動もの。

日本のサッカーはほんと低迷しているなというのがよくわかる。
ワールドカップも苦戦すると言わざるを得ないような気がします。


# by gsfc_aoshima | 2018-05-27 09:22 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

b0005596_12582243.jpg
中学校を卒業して以来、開かれることなかった学年の同窓会が初めて開かれた。
実に卒業してから53年目にしてだ。
うちのクラスはクラスでもしたことがなかった。
同じ高校に行った同期以外はほとんど皆50年ぶりと言っていい。

うちのクラスは50名、8クラスで約400名弱。
参加者は110名
亡くなった人はわかっているだけでも44名。連絡先がわからないも100名ほどはいるようだ。
ヤクザと右翼になったのもいるのだが欠席だった。
ヤクザになったものは、同窓会のお知らせをしたら「オラみたいなヤクザモンに連絡くれて感激した。指名手配されているが自首する。間に合ったら出席する」
まだ塀の向こうにいるのかもな!

よく集まったものだと思う。
恩師も3名ご健在で会に出席してくださった。
93、92、88歳。
最年長の国語の先生がご挨拶してくれたが元気すぎて話が終わらなく途中で椅子を用意。
さらに長くなって終わらないので、司会者がほとんど強制的にやめさせる。

92歳の体育の先生は中1のときの担任で、しょっちゅう殴られていた。
殴られてはいたが、好きな先生だった。
我が家によく顔を出して、親父と酒を飲んでいたらしい。
先生が生徒の家に酒飲みにくるかぁ?

会の途中で挨拶に行ったのだが、「先生!直助です。覚えていますか?」
「靖国に行きそびれてしまった」
「先生!直助ですよ!。オヤジが印刷屋でお袋が美容院で!」
「靖国でみんなが待ってるのだが!ウンウン」
靖国から前に進まないので、
「先生!もう少しで靖国にいる戦友に会えますよ!大丈夫です。楽しみですね!」
にこって笑ってくれた。
オラのことは完全に忘れていた。

同窓会にも女性も多く、男子だけではなく女子も先生から結構殴られていたという話を聞いて驚く。
今だったら日本中で大騒ぎなるような話ではあるが、当時はごく自然なことで説教の前にまず手が出た。

チョークも飛んできたなあ!
みんなからは「アンタはほんと元気よかっただいね!!」「学級委員長なのにいつも一人だけ机が一番前だったし」
但し、高校に入ってからはそのようなことは全くなくなった。
中学時代は反抗期も重なって難しい年代なんだろうな。

12時から会が始まって、2次会も70名ほどが参加。3次会にもなだれ込んで22時半まで静かに酒を酌み交わす。
死ぬまでもう無いからと出席したが、「2、3年でまたやろうぜ!直助、お前幹事やれ!」




# by gsfc_aoshima | 2018-05-25 13:01 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)