関東リーグでの2シーズンの必死の戦いも空しく、降格。
そして今シーズンは神奈川県1部リーグでの戦いとなった。
神奈川県の社会人リーグは1部10チーム、2部24チームを2ブロック、そして3部リーグが100チーム以上でのブロックでの戦いとなっている。
関東リーグと同じく県1部リーグはホームアンドアウェーで全18試合を4月から10月まで。
もちろん夏の8月も中旬以外は休みはない。
暑さ寒さはほとんど関係ない。体力勝負での戦いとなる。

先のブログでも書いたのだがあえて反省に立って考えたい。

そんな状況の中でわが横浜GSFCコブラはうまく発進できたのかー最悪の状況であった。
1戦目簡単に先取点を奪えたことで大勝ムードが漂った。サッカーの神様は相手を舐めたチームには厳しいのだ。
あれよあれとと3点を奪われる。1点は返したのだが結局2部から上がってきたチームに完敗。

2戦目も2部から上がってきたチーム。
負けはしなかったが開始1分で失点、16分,17分で失点。後半やっと目が覚めて、(もはや冬眠と言って良いだろう。)ロスタイムでやっとこさ同点。
お先真っ暗なスタートだった。

結果的に相手を舐めていたツケは大きかったが、反省の上で、基本に立ち戻って本来のコブラのサッカーがやっとできるようになった。
自己満足的戦術はいらないのである。足元下手な選手ほどボールをこね回す。
うまい選手ほどサッカーが謙虚でタッチがシンプルだ。だから取られない。展開も早くなってリズムができる。
シンプルサンプルでいいのだ。

ゴール枠が見えたらシュートを打て。良いプレーはいらないから枠にシュートを打つことだけだ!
枠だ!!転がせ!!!
この繰り返しである。

シュート数が増えた。
以来、チームが一つになって4連勝となった。
6戦を終わってやっと暫定2位にまで上がってこられた。
長丁場での戦いでは11名だけでは戦えない。
もう6戦で29名の選手を使っている。
それぞれがアピールしてくれてきている。
サッカーはうまいから、強いからだけで勝てるスポーツではない。
だから面白いし、弱くても勝つチャンスは限りなく多い。
運を引き寄せる力も必要だし、ヒーローも必要なんである。

残り2/3をどう戦うか、とりわけ暑い夏をどう乗り越えるかにかかっていると思う。
おかげさまで、レギュラー以外の選手も遜色のない働きをしてくれているのが心強い。
そして何度も言うが、心地よい緊張感でサッカーに取り組めることができるのは、ほんと幸せなことだと思ってる。

次節は5/19(日)9時キックオフ。会場は綾瀬スポーツ公園での
vs海自厚木マーカスさん。毎日練習しているだろうし、スタミナ抜群だ。今期まだ負け無しだ。
難しい相手だが数少ないチャンスを生かせられるかどうかが勝負のポイントだと思う。
総力戦で挑みたい!!
たくさんの応援お願いいたします。
b0005596_13245478.jpg



# by gsfc_aoshima | 2019-05-15 13:41 | 横浜GSFC

リバプールスゴイ!


欧州CL準決勝バルサvsリバプールのファーストレグは3−0でバルサ。
リバプールが決勝に進出するには4点差をつけないといけない。
ホームとはいえこれは至難の技である。相手がバルサだけに!
でもやってのけた!!
後ろで悠長に廻している余裕はない。
ボールを奪ったら全力でゴールに向かう。
本来のサッカーのスピード感とはこういうもの!
ゴールは全てダイレクト。

オラ達は何をなすべきか。なんだか少しはわかる。
お手本がこれである。


# by gsfc_aoshima | 2019-05-08 08:03 | 世界のサッカー

2年間関東リーグで戦ってきたが、成績振るわず、県リーグに陥落した。
今シーズンはその県リーグでの戦いになるのだが、レベルが低いというわけでもなく難しい戦いになると思っていた。
ふたを開ければ出だし完敗、2戦目やっとこさの引き分け。0-3から意地で盛り返し同点に追い付いて終了の笛。
これで目が覚めたのか、そのあとは5月5日のFCグラシア相模原戦まで3連勝出来るまでなった。
相手をなめないでリスペクトしつつ残り13戦の長丁場を戦い切りたいと思っている。

サッカーはほんとにナイーブなスポーツで一寸先は闇のスポーツだと思う。
どんなに攻められても、真面目に相手に対処してたら、いつかチャンスがゲーム中にやってくる。
その時、一体感が生まれシュートを勇気を持って打つ。これズラ!
難しい言葉はいらない。自信のない指導者ほど多弁である。
今は亡き元日本代表森孝慈監督の口癖は「シンプル、サンプル、ただそれだけ〜」
そんなもんである。

毎週日曜のほどよい緊張感がたまらないのである。
b0005596_11194947.jpeg

# by gsfc_aoshima | 2019-05-07 11:23 | 横浜GSFC

平成天皇陛下のお言葉

 令和になったが、天皇陛下の最後のお言葉は心に留めておきたい


今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

 ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

 即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

 明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。 

お二人の人生は国民のために祈りの人生そのものだと。
ありがたいことだと心から思える。
美智子皇后陛下にも感謝である。
いつまでもお元気でいてほしいと思います。


# by gsfc_aoshima | 2019-05-01 00:10 | 高尚な話

おらにとっての平成とは

昭和62年にクラブが創設された。
昭和64年=平成元年
以来32年同じサッカークラブに携わってきた。
平成31年=令和元年もとりあえずサッカー三昧は変わらない。

この平成の時代、まあいろんなことがあったのだが、一つだけということになると、サッカー三昧だったというのが正しいと思う。
他を圧倒しているので比較のしようがない。

他にはない‼️

だから幸せな時代。

令和も続くのだろうか❓

ボールが飛ばなくなったのがちょっと寂しいけんどよ。

それから、違う話なんだが、美しいものにはすぐ感動する。
これは変わらない。
とりわけ魅力的な女性に会うといまだにドキドキが止まらない。
このドキドキ感がなくなったら、男として終わりだなと‼️

令和もエロじじい感を前面に出していきたいと思っている。



# by gsfc_aoshima | 2019-04-30 16:07 | どうでもいい話

明日から美術館は企画展

平塚市美術館の桜はもう何事もなかったかのように散り、明るい緑に変わった。桜の散り際の良さはなんだかたいしたもんだと思います。
美術館は明日4月20日から6月9日まで企画展が開催される。院展の巨星、荘司福さん。創画の新星、荘司貴和子さん親子。同時開催が空間に線を引くー彫刻とデッサン。
皆さまも是非見てみたらいかがでしょう。
昼食は春キャベツと新玉ねぎ、桜えびのペペロンチーノセット。美味しそう!

b0005596_13084227.jpeg
b0005596_13090411.jpeg
b0005596_13103934.jpg
b0005596_13110908.jpg

# by gsfc_aoshima | 2019-04-19 12:52 | 高尚な話

新しい年



元号が発表された。
1日で日本国中、大フィーバー!
誰しも予想もしなかった元号というのがいい。
日本国中で予想的中した人はいないだろうというのが共感を呼んだのかもしれない。
3文字というのもいい。キリッと感じられる。
万葉集から初めて選ばれたというのもいい。
万葉集は1300年前の世界に誇れる和歌集だし、今更中国の古典でもないだろう。

巻五 梅花の歌三十二首并せて序」の「初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。
これを見つけた選者の方にエールを送りたい。

桜満開の4月1日発表というのも、お祭り好きの日本人には良かった。
新しい時代の夜明けみたいなのも感じられるし、東京オリンピックもいい感じで迎えられるような気もする。

ただ、このフィーバーの陰での消費税増税はもうちょっと延期して欲しいのだが。

今朝のTVで言ってたのが令和=018
この18に令和何年を足すと西暦になるというのもわかりやすくて素晴らしい。
そこまで選者の方が考えていたら素晴らしいし、安倍さんが天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻にお話しされていたらとっても楽しいなと!!

元号不要論なんていう知識人や代議士がいたが、国民こそがその力のすごさをわかっているということだな。
みんなが共通の話題でニコニコしている感じがする。

昭和に生まれた我々の時代に「明治は遠くになりにけり」なんて言われたが、今、昭和は遠くになりにけりなんて言われないように昭和人はがんばるのみである。
b0005596_08083439.jpg

平塚市美術館に併設されたレストランカフェ「ラ・パレット」から見た桜も見事に満開だ。
水盤越しにお食事をしながらの花見は最高だな

# by gsfc_aoshima | 2019-04-03 08:09 | 高尚な話

早明サッカー

1月18日に脚立から落ち、手術そしてギブス。やっとギブスが2月21日に取れた。が、あと1ヶ月は簡易ギブスをしますとのこと。
先生のお言葉
結構重症なのであと2週間はピンも抜きません。簡単に抜けるから麻酔もしないよ。刺すときはどえらいけど!
4本入っているピンは2月7日に抜きますが、刺さったままでシャワーなら患部に当てても良い。
膿んだら連絡ください。

簡易ギブスは刺さった方の手の甲ではなく手のひら側。
でピンの上からガーゼもあてがわなく直接包帯だけを巻いてある状態。
結構おっかなくて、逆に日常生活にきたすようになる。
シャワーはもちろん当てられないし、腫れも引いていないので、入浴はレジ袋を巻いて手を挙げて。

7日まではしずかに潜行するしかないです。

ていうわけでおそるおそるサッカーの現場だけは、土日に限り出かけるがおとんしくはしている。
昨日、スカパーのスカサカという番組で早稲田と明治の練習試合が放送された。
練習試合が自宅にいて観れるというのは、画期的というか素晴らしい!
世の中的に言えば、こんな企画もいけるのかという。
さらに良かったのは解説が前半、早稲田の外池監督、後半は明治の栗田監督。
これが良かった。両チームの戦略や選手の特性、チーム状況をきちっと語っていた。
両チームの背番号と選手もはっきりわかった。

こういう解説は新鮮。
あーうーしか言わない解説者、ただただ叫びまくっているあの解説者など、不要な人が多い。

トレーニングマッチの放映はともかく、こういう解説こそが本来のものだろうし必要だと思う。
SNSをうまく利用してわずか1日で7000回の視聴は考えさせられるものだと思う。
Youtube
外池監督のtwitter
https://twitter.com/tono_waseda

b0005596_10542190.jpg
b0005596_10535174.jpg




# by gsfc_aoshima | 2019-02-28 10:58 | 大学サッカー

消えた天才

1994年8月、野辺山での第9回森孝慈杯少年サッカー大会は全25チーム。
優勝は福岡県の中間少年SC。
うちはその中間さんと同じブロックだったため1位トーナメントに行けなかった。
圧倒的に強かったが一人ものすごい選手がいた。
後にも先にもこの選手を超える選手は見たことがない。

1996年横浜少年選抜のヘッドコーチをしたことがあった。
その時の主将は日本代表にもなった藤本淳吾君で惚れ惚れさせるほどいい選手だったが、この中間の選手の方が印象に残っている。
まさに天才。

ずっと気になっていたので引退までよく知っている。まさにおらも追っかけかもしれない。
この少年はその後長崎の国見中学、国見高校であの大久保嘉人選手の同期であり、高校三冠をとった。
福岡大学からJリーガーにもなったが華々しい活躍もなく2年前に引退して、J3の秋田で子供達を教えている。
その選手こそ川田和宏君

一昨日、消えた天才というTV番組で大久保嘉人選手が同期の川田選手を敵わなかった天才として紹介していた。
同じ中学出身で高校時代は一度も会話がなかったというのは驚きだ。
天才二人は横並びになれないということだと思う。
だから誤解も生まれやすい。

天才は難しいプレーも難なくできてしまう。
凡人は手取り足取りしてもらい、繰り返し反復練習してやっとそれらしいことができるようになる。
天才はそれを無意識にプレーに反映できるが、凡人は意識して集中しないとそのプレーができない。だから判断が遅くなってしまいボールを奪われる。
改めてスポーツの奥深さを感じたシーンだったし、二人の大人がそこにいた。

川田君の元気な姿を見れて嬉しかった。
b0005596_09552528.jpg
b0005596_09552180.jpg
b0005596_09545247.jpg

# by gsfc_aoshima | 2019-02-12 10:36 | 人物

ペグ

脚立から落ちて3週間。金属を入れてから2週間。
昨日病院でレントゲン写真を見る。ギブスしたまま撮影。
手の甲からペグが脱臼した骨にきれいに交差して刺さっている。
どうやって刺したんですかー機械です。
あと2週間したら抜きましょうとのこと。
記念に写真撮っていいですか。
ああいいですよ!

ていうことでこちらがそのペグ。
大工さんの仕事だに❗️
お食事中ならばごめんなさい🙇‍♂️。
b0005596_13293053.jpeg

# by gsfc_aoshima | 2019-02-07 13:35 | 恥ずかしながら直助