母校の見学

東京に行ったついでに、大学の練習を見にいった。エスパルスのコーチだった大榎が監督になったので、どんな具合か楽しみにしていたからである。
 まだ、現役を引退してから2年ぐらいしか経ってないので体もスリムだし、精力的に動いていた。現役よりうまそうである。学生達も監督が変わり、まっさらな目で見てもらえるのでシーズン当初なのにけっこうモチベーション高そうにみえる。
 新入生も入ってきてけっこう賑やかしくやっていた。
 今年は昨年同様生きのいいのが入ってくるので期待しよう。
 
 ジェフ市原の社長に同期の淀川君がなったとのこと。16球団で観客数最低で1試合あたり1万人いってないそうだ。3万人から2千人上乗せははしんどいが8千人から1万人にするのはそんなに難しくない。死ぬ気でやれば簡単なはずである。頑張っ
てもらいたい。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-07 19:33 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

国見の小嶺監督のお言葉

産経新聞2/5の記事ー物事の本質をついている。こういう指導者なかなかいない。
頭の中の引き出しに入れておく

 −−理想の高校サッカー指導者像は
「グラウンド内外を問わず人間教育の場であることを認識し、自分の知識を基準にせず、
選手のレベルに応じた指導ができること。トルシエ前日本代表監督の『フラット3』という
ゾーンディフェンスにかぶれ、生徒たちに押し付けても消化不良を起こすだけです」

 −−平山はなぜ進学を選んだのでしょうか
「ご両親と本人、わたしの4人で話し合い、最終的に本人が決断しました。わたしは
進学の可能性がある生徒にはプロ入りより進学を勧めています。特に平山は、その気
になれば国家公務員試験をクリアできるほど聡明(そうめい)で、リーダーになれる男
です。磐田入りしたロバート君(市船橋)と比較されるようですが、平山には10年後、
20年後にどちらが勝つかを考えるよう話しています」

 −−大久保は警告や退場が多いですね
 「彼には、よい意味でも悪い意味でもプレーに動物的なところがあります。悪いと
ころは殴ってでも改めるよう伝えるべき。受け入れるだけの度量はあります。だから
高校時代は今のような問題は起きませんでした。また、変な代理人にだまされないか
も心配です」

 −−国見は練習量の多さで有名です
 「国見は練習で毎日必ず10キロは走る−というのはマスコミが作った“神話”で
す。そんなことしたら今の高校生は全員退部します。第一、つぶれてしまう。国見で
は持久走と筋力トレーニングは週1度で、月曜は基本的にオフ。わが校の練習を見学
される指導者は、みな『イメージと全く違う』とびっくりして帰られますね」

 −−今後の目標は
 「2年後に定年なので、高校選手権制覇を目標に一年一年大事に戦っていきたい。
将来はJリーグのチームを作るといった報道もありましたが、事実に反します。いく
つかオファーも頂きましたが、お断りしました」
# by gsfc_aoshima | 2004-02-06 19:08 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)

Jr.ユースの木曜日の練習メニューは、基本はヘディングとトラップの練習。
ミニゲームでの応用の繰り返しでここ3ヶ月やってきた。
バカのひとつおぼえでやってきた。ヘディングできないと試合にださないし、へたでもヘディング
強い子は試合に出すと云ってきた。
約束通り試合に抜擢した子もいる。 
きのうのミニゲームでは足の甲や足の裏でスムーズにボールをコントロールしていた。
もちろん、インサイドでのトラップはだめという約束事で。
大人ではこうはいかない。大人はなかなか実戦になると脳が忘れてしまう。
小さい時におぼえるとしぜんにこれが出てくる。
今週土曜日の公式戦はインサイドでのトラップは禁止と通達した。子供達もけっこう納得してた。
そっちのほうがうまく止めることができると分かったからだろう。
インサイドのトラップの場合は一瞬止まる。強いボールだ足元から離れやすい。
そのときに相手につめられる。
土曜日の楽しみがまたひとつ増えました。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-05 19:06 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

節分は季節の変わり目

2月3日は長女の誕生日であるが、もう子供もいるのでなにもしない。
この日は節分でマメをまく日だが季節や占いでもこの日を境にがらっと変わる。
日本のサッカーでも同じで、節分をすぎるとJのチームはキャンプや練習を開始する。
大学も新シーズンはここから出発する。母校もエスパルスにいた大榎を監督にして
シーズンを開始した。国見の兵藤と市船の鈴木修人が入ったので一度見に行こう。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-04 19:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

朝練

最近、ムスメを駅まで送るようになってしまった。もちろん用のないときだが。
帰り道、品濃町の公園をとおりかかると必ず4〜5人の子供達がトレーニングウエアで
サッカーボールを蹴っているのを見かける。
学校行く前のあそびであるが楽しそうにやってる。
通学服と違うのがなかなかいい。服装ひとつでもこちらの感じ方がちがってくる。
本格的ジャン!
気持ちの入れ方が違うな。こいつら、きっとうまくなるなーなんて想像する。
たぶん、品濃ウイングスのこどもたちだろう。GSFのこどもたちはどこでやってるのかな。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-03 19:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

前橋商業との決勝戦は笠原家総出の応援ではあったが、1ー1の引き分けで両校優勝となった。
幸太もフル出場したようでめでたしめでたしである。
きっちりポジションは確保したようだがいい選手もいっぱいいるので今の新鮮な気持ちを
忘れずやったらいいとおもう。育英はプリンスリーグは決まっているのでなお楽しみだ。
岡亮太の帝京三高は新人戦は3位となり都留高とのプレーオフである。2/7には決
まるようだがなんとか勝ってもらいたいな。
GSFのJr.ユースはカモメリーグで横浜YMCAと4ー4だったとのこと。
ちょっと失点が多すぎる。
なんだかんだと、このところの週末は忙しい。8日は5年生の市長杯がある。 
# by gsfc_aoshima | 2004-02-02 19:03 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)

県社会人2部昇格

コブラ2部昇格
リーグ戦は全勝でもトーナメント戦に3つ勝たないと2部に上がれない。
今日の最終戦は寒川の東洋通信機で行われた。実はGSFが日頃お世話になっている共和SCの
大人のチームも2部昇格にリーチがかかっていた。
最初に共和が苦しみながらのPK戦の末、勝利。総監督の末田さんとは旧知の仲だからうれしかった。
コブラの相手は松田クラブ。力の差が相当あるので最初の1点2点がとっても重要だと
思っていたがその通りになり結果的には9ー0の完勝であった。
とはいってもここからがほんとのはじまりで1年で2部通過の心意気でないと先はないとおもう
ので喜んでばかりいられないが立ち上げより苦労された井浦監督と江原コーチには格別だろうな。
素直に喜びましょう。それからきれいどころの女性サポーターにもありがとう。
ちなみに県3部リーグはチーム数169チーム、17ブロック 自動昇格4チーム、
入れ替え戦2チームで最高でも6チームが2部に上がることができる
2部はチーム数24チーム、2ブロック
1部はチーム数12チーム、1ブロック その先は関東リーグBブロック、Aブロック
そしてJFLー先は長いし、上にいくほど協会への参加料が高い。JFLで確か2000万
円駄ったと記憶している。ジャパニーズドリームを目指そう
# by gsfc_aoshima | 2004-02-01 16:51 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

カモメ初勝利

南郷公園グランドにて
連敗中だったがカゼやら、試験やらでメンバーがそろわなかったのが原因だった
のでやっとメンバーが組めた今日はやってくれそうな気がしていた。
 トイレに行っている間に試合がはじまり戻ってくるとけっこう押しているので「なかなかいいんでない〜っ」と庄司コーチに声かけると「キックオフゴールを入れられた」との事
   ーいいかげんにしろ〜
 ただゲームの組み立て方がよかったので行けそうな気がしていた。
 案の定前半3点入れて逆転、後半も1点追加して完勝であった。

 出場選手の通信簿
 GK 秋隼   4.5  ポロするな 先週よかったのにもったい     ないぞ
 DF ダンプ  5.5 しっかり守備ができていた。余分な反則なかった
   のぶき   6  落ち着いているがもっと積極性ほしい
   公平   5.5  ヘディングかぶるな、
   トミー   6  前線へのパス供給もけっこうあったし上がりもグー
 MF OOTAKI   5.5 展開力もあり、攻撃の起点になっていた。後半消えた
   哲平    7  攻撃だけでなく守備でも良かった。ひさしぶりに影のMVP
ふもと 6  2点目のヨシキへのスルーパスは見事だった。後半はスタミナ不足が出た
   ひろ   5.5 プレーが淡白すぎるのでもっと粘っこいマーク等を覚えないと落とされるぞ
 FW ヨシキ様 7.5 云うことありません。2点目のゴール前へ               の入り方よかった。
             ハットトリックはお見事
   いち   5.…
# by gsfc_aoshima | 2004-01-31 18:40 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

これはちょっとおもしろいお話ですし、イルハンってけっこういいです。
 どかーんというストライカーではないけれどポジションどりがうまく、日本選手でいえばサンプドリアの柳沢みたいな選手かな。でも柳よりシュートはず〜っとうまいです。

 ワールドカップの準決勝でのブラジル戦でも実際見たし、韓国との3位決定戦のシュートへの入り方は見事だった。
 もしほんとに来るなら『イケメン』だし、サッカーの人気向上にいいかもしれない。
 おなじイケメンでもアンジョンファンよりはプレーの格は上だろう。どうでもいいが
アンの奥さんきれいです。
# by gsfc_aoshima | 2004-01-30 18:38 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

先週の木曜日はほんとに寒かった。ー遠くの子供達があまりにもかわいそうだったので送ってあげる。
 1週間たった今日はほんわか暖かく気持ちのよい夕方である。
 この前までは5時で陽が落ちてしまったが45分程伸びたような気がする。

 練習もインサイドのトラップの禁止の徹底とヘディングの強化を目指している。よい結果がかならず生まれるはずである。
# by gsfc_aoshima | 2004-01-29 18:36 | その他 | Trackback | Comments(0)