明日はオマーンとの戦いでワールドカップが始まる。長丁場なので1次予選といえどもなにがあるかわからない。

 フランス予選では加茂さんが更迭された。以来加茂さんは表舞台にはでてこない。
 プレスサッカーの加茂といえばその道の第1人者だった。加茂さんからプレスについての講議を受けたくらいである。
 いまではプレスのプの字もいわない。もう当たり前になってしまって。国見は90分プレスかけ続ける。県レベルでも高校の決勝に出るようなチームはそれができないと勝てない。
そしてトルシェのフラット3とオフサイドトラップ、ジーコの自由と続く。
 
 けっこう日本人って押し付けられて、それやれといわれたほうが受け入れやすいかも。
 うまく味付けするのが得意なのである。
だからジーコのラテン風なやりかたはマスコミ受けしないかも。
ただプレーヤーはブラジル慣れしているのでどうということないかもしれないのである。

 結局、記事を書くひとのほとんどは経験のない人達(サッカー未経験とか、経験者でも外人とサッカーやったことない)だから許容範囲が小さいというか、わかっていないのである。
サッカーの世界では、当たり前の約束事(プレスやゾーンデフェンスも入るかもしれない)があった前提での自由である。
ジーコ不要論もあるようだがやっと始まるのだからしばらくお手並み拝見しよう。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-17 19:24 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

塾的なチームと地域のボランティアのチームとの格差が成績となって顕著になってきている。
 どっちがいいかなんていう判断は勿論できないが成績だけ見ると前者がのしてきているようである。

 県大会はマリノス追浜が初優勝したし、低学年も新子安だった。またバディやSCH、コラソン、KAZUなどの健闘もめだっていた。
 能力の高い子供達が集るこれらのチームが勝ち上がるのは当然として、われわれはどう、なすべきか、どこに目標を持っていくのか、真剣に議論することが必要かもしれない。
 なにも考えずなんとなくやってきたような感もするのである。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-16 19:22 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

保土ヶ谷大会SLの部

優勝は岩崎FC,第2位桜ヶ丘FC,第3位は坂本SC。
 われらがGSFは予選リーグでつまづいたのが大きく4位パートのなかでの戦いだった。
 下位パートなのでどうかなとおもったが、きちっと仕上げてきた。予選とは大違いの戦い方だった。地力の差を見せつけてパート優勝したのはよかったです。子供達には優勝はなにであれ初めての経験。皆うれしそうでした。

 試合を見てのGSFの感想
 上位の3チームとの差はほとんどないようだ。選手の配置の問題でどうにもなりそうだ。幹になるまん中のラインをかちっと配置すればいい勝負できそうです。

 GSFで気になったプレーヤー
NO14  おだわら君 今の調子で、自分の好きなようにがつがつやったらええ。
浮きボールのトラップを覚えよう
NO30 とがわ君  ボールがくるのが予測できる。センターリングパスは見事だった。
NO22 はまだ兄  トラップしてからドリブルに入る流れが早くていい シュートも見事だった。
NO8 こさか君  マークの仕方が最初おかしかったが須藤コーチの指摘ですぐ修正でき
その後は危な気なかった。クレバーだ
NO32 にしむら君 西谷戦の1点目のふりむきざまのシュート グ〜
NO13 はまだ弟、NO35さくらだ君 の2人は突破力とゴール前のつめに秀でている。先が楽しみだ。
 
4〜5年前に比べてどのチームも全体的にレベルアップしているようだった。
 勝はのがしたけれど桜ヶ丘優のプレーの早さが印象に残った。
個人では桜の7番の切れと保土ヶ谷の7番の柔らかさが目に付いた
その他気の付いた点ではコーチのだみ声がめざわりなチームがけっこうあった。見ていて楽しくないし、好きにやらしてあげたらという感じがする。ジャンジャン!
# by gsfc_aoshima | 2004-02-15 16:57 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

春1番がふいた

穏やかな朝。けっこうぽかぽか陽気であったが、午後から風強くなり、春一番が吹
いたようである。いよいよ春めいてきて花粉が一杯飛ぶ季節になるのかな。
このところダブルで日本代表の試合があるのでけっこうはでにマスコミは取り上げ
ているんだけれど、代表以外の選手達はキャンプ真っ盛りである。
メディアがキャンプをとりあげないのでなにしてるか全然わからないのであるが、
かの外池選手も宮崎で張り切っている様子である。親友原田武男はどうしているのかな。
ちょっと心配です。売り込み最中にしては遅すぎるのである。代理人の賢持さん
が社長をしているザスパ草津にでも行くの…
# by gsfc_aoshima | 2004-02-14 19:21 | その他 | Trackback | Comments(0)

堀内さんが勇退された

昨夜、少年委員会が開かれ、35年の長きに渡り頑張ってきた堀内委員長が勇退す
ることになり、石井副委員長を中心に若手にバトンタッチされることになった。
堀内さんに引導を渡したのは僕だとおもっているが顧問として残ってもらうことに
なったので良かった。
新しい体制が決まり、しばらくの間はぎくしゃくするかもしれないが若手より今後のビジョンも
出しますと云ってるので乞う御期待である。
石井さんたちにはおもいきった改革とスリム化を期待したい。

スポーツニュースでしか見れなかったのであるがジーコジャパンがイラクに苦戦したようだ。
坪井は足は早いし読みもいいのだが、インターナショナルの試合にはセンターバックは
荷が重い気がする。からだが軽すぎる。
 4バックだったらまん中は中澤、トーリオ、あるいは宮本、トーリオできまりである。
僕的には前者である。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-13 19:20 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

若い選手達が自信をつけるとここまでできるという見本を見たような気がする。
平山に引っ張られたわけではないだろうがすごいレベルアップを感じる。ひょっとする
と日本代表といい勝負するかもしれないぐらい良くみえる。
トーリオが加入してバックラインが安定したことは間違いない。
かれはとにかく人に強い。高さもあるのでピンチの時のセットプレーには頼もしくもある。
後半平山が田中と一緒に出てきたのであるがこの2人が出てくると見ててサッカー
楽しくなる。凸凹コンビがほんとにやさしくサッカーしてくれるのである。
サッカーの質ががらっと変わってしまうのである。
ロシア代表がひーひー云っていた。
それにしても山本監督の3.5.2は絶妙なバランス感があるがジーコの4.4.2は
どうも味付けにひと味かける。
アレックスの左サイドバックはないとおもうのだが。
3.5.2だったら左MFでオーケーだ。それとジーコのまん中の4は稲本、小野、中田、中村が
大前提になっていてので4バックにするしかないのだろう。
ましてジーコのブラジルはこれが基本である。
また、ジーコはバック出身者じゃないので守り方はわからないと思うし、天才だか
ら現役時代、理論は必要無かった。
そこらへんが無名だけに理論が必要だったトルシェとの大きな差があると思う。
 
 ジーコ=長島監督  トルシエ=野村監督  山本=伊原監督(ちょっと小粒かな)
                       以上、僕はこう読みましたけど 
# by gsfc_aoshima | 2004-02-12 19:17 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

今日からSL大会が始まった。SLクラスの試合をみるのはほんとひさしぶりである。
だからけっこう楽しみにしていた。おもしろい行動パターンをとる子なぞいたらもっと楽しくなる。
 ゲーム中グランドから離れる子はいないか〜  いたらいいな
 ゲーム中砂遊びしてる子はいないか〜     いるかもしれない
 ゲーム中コーチにどなられてべそかいてる子いないか〜 かわいそうだな
 緊張してトイレに駆け込む子はいないか〜   ぜったいいるぞ
 自分のこどものプレーをみて感動して泣いてる母親いないか〜 いないな
こんなことを予想して試合にのぞんだ
    ーぬぬっ。! けっこうレベル高いぞ 
  パス回してくるチームもあるではないか。
  ポジションも徹底されている。センターリングシュートなんぞもある。
  だんごサッカーじゃありません。
予想と大分違いました。低学年のレベルアップはすごいものがあると実感。
最近では幼稚園からサッカーやってるもんな
15日の決勝リーグが楽しみだ。
# by gsfc_aoshima | 2004-02-11 19:15 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

イラク代表が来日

連日イラク情勢が流されている。この国は内線状態なのか、占領状態なのかよくわからない。
そんなおりイラク代表が日本代表とマッチマイクされて来日した。
仮想オマーンにはかっこうの相手なのだろが、サッカーなんてやってていいのと、いわない
のが不思議である。僕にはよくわからない。
イラク全土ではなく、一部でテロがあるのだろうが、選手たちは安全な場所で合宿強化
してるのかな。ーいやそれどころじゃないと思うが。
けっこうハングリーだから練習不足でも甘くみたら苦戦すると思う。
何でもありの裕福な日本相手に、頑張ってほしいし、勝たなくていいから、慌てさせてほしい。
けっこうやられたりして!
# by gsfc_aoshima | 2004-02-10 19:13 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

u-23戦はよかった

熱は下がったが声が出なくなってしまった。気管支をやられたらしい。
午前中、SL大会の打ち合わせにでてからはおとなしくしていた。
夜、U-23戦見る。どう考えてもも、この2チームマレーシアより強い。
なにかジーコを勝たせるためにマッチメイクしたように感じられてならない。1月にも平山の
こと、いっぱいこの徒然記で書いたのだけれど、もうフル代表でやらせた方がいいと思う。
頼りなさそうで飄々としているのだが中田の若いころにダブってくる。
高原よりいいかもしれない。最後の胸トラからのボレーシュート。キーパーのファインプレーです。
あの場面であんなに落ち着いてシュートコースにフリーで入れることのはうがすごいと思う。
 久保ー練習みるとほんとすごいけど波がありすぎる。得点は過去1試合のみ
 高原ーいいところまでいくのだが必ずシュートふかす
 柳沢ーシュート打たない
 中山ー恥骨炎でシュート打てない
 大久保ー退場ばかりでシュートどころか試合に出れない
 本山ー高校時代はすごかったが、今は浦和の田中のドリブルのほうが切れ    
     味ある 本山、平瀬の鹿島より、エメルソン、田中の浦和100倍いい
今一番いいのを使うのが諸外国の通例である。過去の名声関係ない。
フル代表のFWは平山。田中で行ってみればージーコ監督!
# by gsfc_aoshima | 2004-02-09 19:11 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

マレーシア戦見て発熱!

フル代表戦は極端である。フランスのような強いチームともやるくせになんでこん
な弱いマレーシアあたりとやるのだろう。日程的にヨーロッパのチームが無理なら、
U-23あたりとがちんこ勝負をすればいいのにと思う。
はっきりいってマレーシア弱いです。J2のチームでも負けないと思う。
やる意味ないし、高い金払って見に行くサポーターが可哀想です。
中田やら稲本やらこんなチームに来いと云うほうが無理がある。
稲本なんか日本に帰ってきて試合するとプレミアではしばらく使えないことの連続。
ヨーロッパのチームとやりたいならこちらからいけばいいのに。協会は日本代表の
試合はドル箱なので日本でやりたいのはわかるのだがそんなに儲けなくたっていいじゃん。
日本代表が日本選抜とやっちゃあいけないことはなにもない。
それの方がモチベーションあがるのになあ。
テレビ見ながらこんなことをおもっていたら悪寒が走り、38.8度まで熱が出てしまった。
薬飲んで就寝

2004年2月9日(月)
U-23戦よかった
熱は下がったが声が出なくなってしまった。気管支をやられたらしい。
午前中、SL大会の打ち合わせにでてからはおとなしくしていた。
夜、U-23戦見る。どう考えてもも、この2チームマレーシアより強い。
なにかジーコを勝たせるためにマッチメイクしたように感じられてならない。1月にも平山の
こと、いっぱいこの徒然記で書いたのだけれど、もうフル代表でやらせた方がいいと思う。
頼りなさそうで飄々としているのだが中田の若いころにダブってくる。
高原よりいいかもしれない。最後の胸トラからのボレーシュート。キーパーのファインプレーです。
あの場面であんなに落ち着いてシュートコースにフリーで入れることのはうがすごいと思う。
 久保ー練習みるとほんとすごいけど波がありすぎる。得点は過去1試合のみ
 高原ーいいところまでいくのだが必ずシュートふかす
 柳沢ーシュート打たない
 中山ー恥骨炎でシュート打てない
 大久保ー退場ばかりでシュートどころか試合に出れない
 本山ー高校時代はすごかったが、今は浦和の田中のドリブルのほうが切れ    
     味ある 本山、平瀬の鹿島より、エメルソン、田中の浦和100倍いい
今一番いいのを使うのが諸外国の通例である。過去の名声関係ない。
フル代表のFWは平山。田中で行ってみればージーコ監督!

2004年2月10日(火)
イラク代表来る
連日イラク情勢が流されている。この国は内線状態なのか、占領状態なのかよくわからない。
そんなおりイラク代表が日本代表とマッチマイクされて来日した。
仮想オマーンにはかっこうの相手なのだろが、サッカーなんてやってていいのと、いわない
のが不思議である。僕にはよくわからない。
イラク全土ではなく、一部でテロがあるのだろうが、選手たちは安全な場所で合宿強化
してるのかな。ーいやそれどころじゃないと思うが。
けっこうハングリーだから練習不足でも甘くみたら苦戦すると思う。
何でもありの裕福な日本相手に、頑張ってほしいし、勝たなくていいから、慌てさせてほしい。
けっこうやられたりして!

2004年2月11日(水)
保土ヶ谷SL大会
今日からSL大会が始まった。SLクラスの試合をみるのはほんとひさしぶりである。
だからけっこう楽しみにしていた。おもしろい行動パターンをとる子なぞいたらもっと楽しくなる。
 ゲーム中グランドから離れる子はいないか〜  いたらいいな
 ゲーム中砂遊びしてる子はいないか〜     いるかもしれない
 ゲーム中コーチにどなられてべそかいてる子いないか〜 かわいそうだな
 緊張してトイレに駆け込む子はいないか〜   ぜったいいるぞ
 自分のこどものプレーをみて感動して泣いてる母親いないか〜 いないな
こんなことを予想して試合にのぞんだ
    ーぬぬっ。! けっこうレベル高いぞ 
  パス回してくるチームもあるではないか。
  ポジションも徹底されている。センターリングシュートなんぞもある。
  だんごサッカーじゃありません。
予想と大分違いました。低学年のレベルアップはすごいものがあると実感。
最近では幼稚園からサッカーやってるもんな
15日の決勝リーグが楽しみだ。

2004年2月12日(木)
山本.ジーコそれからトルシエ、ズーと行って長島、、、、、、!
若い選手達が自信をつけるとここまでできるという見本を見たような気がする。
平山に引っ張られたわけではないだろうがすごいレベルアップを感じる。ひょっとする
と日本代表といい勝負するかもしれないぐらい良くみえる。
トーリオが加入してバックラインが安定したことは間違いない。
かれはとにかく人に強い。高さもあるのでピンチの時のセットプレーには頼もしくもある。
後半平山が田中と一緒に出てきたのであるがこの2人が出てくると見ててサッカー
楽しくなる。凸凹コンビがほんとにやさしくサッカーしてくれるのである。
サッカーの質ががらっと変わってしまうのである。
ロシア代表がひーひー云っていた。
それにしても山本監督の3.5.2は絶妙なバランス感があるがジーコの4.4.2は
どうも味付けにひと味かける。
アレックスの左サイドバックはないとおもうのだが。
3.5.2だったら左MFでオーケーだ。それとジーコのまん中の4は稲本、小野、中田、中村が
大前提になっていてので4バックにするしかないのだろう。
ましてジーコのブラジルはこれが基本である。
また、ジーコはバック出身者じゃないので守り方はわからないと思うし、天才だか
ら現役時代、理論は必要無かった。
そこらへんが無名だけに理論が必要だったトルシェとの大きな差があると思う。
 
 ジーコ=長島監督  トルシエ=野村監督  山本=伊原監督(ちょっと小粒かな)
                       以上、僕はこう読みましたけど 

2004年2月13日(金)
少年委員長が35年間に幕
昨夜、少年委員会が開かれ、35年の長きに渡り頑張ってきた堀内委員長が勇退す
ることになり、石井副委員長を中心に若手にバトンタッチされることになった。
堀内さんに引導を渡したのは僕だとおもっているが顧問として残ってもらうことに
なったので良かった。
新しい体制が決まり、しばらくの間はぎくしゃくするかもしれないが若手より今後のビジョンも
出しますと云ってるので乞う御期待である。
石井さんたちにはおもいきった改革とスリム化を期待したい。

スポーツニュースでしか見れなかったのであるがジーコジャパンがイラクに苦戦したようだ。
坪井は足は早いし読みもいいのだが、インターナショナルの試合にはセンターバックは
荷が重い気がする。からだが軽すぎる。
 4バックだったらまん中は中澤、トーリオ、あるいは宮本、トーリオできまりである。
僕的には前者である。

2004年2月14日(土)
春一番が吹く
穏やかな朝。けっこうぽかぽか陽気であったが、午後から風強くなり、春一番が吹
いたようである。いよいよ春めいてきて花粉が一杯飛ぶ季節になるのかな。
このところダブルで日本代表の試合があるのでけっこうはでにマスコミは取り上げ
ているんだけれど、代表以外の選手達はキャンプ真っ盛りである。
メディアがキャンプをとりあげないのでなにしてるか全然わからないのであるが、
かの外池選手も宮崎で張り切っている様子である。親友原田武男はどうしているのかな。
ちょっと心配です。売り込み最中にしては遅すぎるのである。代理人の賢持さん
が社長をしているザスパ草津にでも行くの…
# by gsfc_aoshima | 2004-02-08 16:55 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)