CWカップ、鹿島vsレアルの決勝は2−2の同点の末、延長戦でロナウドの2点を追加したレアルが世界一のクラブになった。
後半終盤のセルヒオ・ラモスの金崎への後ろからのファウルは完全にイエローだったと思う。
この時間帯、レアルはなぜかおたおたで、足も止まっていたし、10人になっていたらどうなっていただろう。
レフリーがカードを出す仕草をしたのに、無線でストップでもかかったのだろうか。
10人になっていたらトドメを刺すことができたかもしれない。
そのぐらいレアルにとっては絶望的なファウルだっと思うのだが。
延長になって息を吹き返させてしまった。

結果はともかく鹿島は本当によく頑張ったと思う。
今の日本代表よりいいサッカーをやってると思うし、代表に勝てるかもしれない。
Jリーグもバカにできないということだと思うし、欧州で試合に出ていないような選手を使うこともない。
DFとボランチを総とっかえしてもいいのではないだろうか。それに金崎を入れて7人先発で使ったら!

サッカーって本当に奥が深い。
b0005596_8513692.jpg
b0005596_8512388.jpg
b0005596_851116.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-12-19 08:54 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

レアル・マドリッドvsクラブ・アメリカの準決勝は2−0でレアルが勝利した。
アメリカはメキシコのチームらしく基本がしっかりしてなおかつ技術も抜けている。
みんなグッドなんだがスーパースターがいない。
結局、トレゲゼ、ロナウドという超弩級のFWが2点を入れた。
2点とも美しいシュート。

それにしてもロナウドのまさに爽やかな風が吹いているかのような美しいプレーの数々。
そして枠を外さないシュート。
倒されても決してレフリーに文句を言わない。清々しい!!
やっぱし世界NO1のプレーヤーだと思わせる。

これで18日の決勝は鹿島とレアル。
すごいことになった。
親善試合と違う真剣試合。
どこまで鹿島がしのげてカウンターを狙えるか。
五分の試合をしたら大量点を入れられる。
勝ちに行くサッカーをすべきだと思う。
プロなんだから勝ってなんぼの世界。
善戦したなんて論評はいらないのだ。
b0005596_7522285.jpg
b0005596_7521065.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-12-16 07:55 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

鹿島すごい!

クラブW杯準決勝鹿島vsナシオナルメディシンの戦いは、結果だけ見ると3−0の圧勝だったが、ナシオナルも素晴らしいチームだったのは間違いない。

鹿島はGKの曽ヶ端は始め、昌子、植田の若いCBが素晴らしく、サイドの山脩と西もよく守ったしパスも生きていた。
苦しくてもつなぐところはきちんとつなぐというのが徹底されていた。

このようなジャイアントキリングがいつかはあるとは思っていたが、大きな壁を破ったことは意義がある。

そして若手の鈴木優磨が得点を奪ったが、こういう、どちらかというと主張の強い選手(金崎や、原口みたいな選手)が日本代表のメンバーに入ってこないと、日本も強くならない気がする。
若い時は無茶振りでも大いに結構なんだと思う。

この選手はU-23でも代表デビューもしていない。Jで今期8点も入れているのに。
代表スタッフから見ると牙があり、うざいやつかもしれない。でもこういう選手が最後にチームを救うというのはよくある話だ。

W杯で昌子、植田、鈴木のような、こういう若手を見てみたいと思うのはおらだけではないような気がするのだが。

決勝戦で彼らがどんなサッカーを見せてくれるか楽しみである。
b0005596_10115668.jpg
b0005596_10112195.jpg
b0005596_1011159.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-12-15 10:12 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

vファーレン長崎のレジェンドでもあり、現コーチの原田武男君がJ3のギラヴァンツ北九州の監督に就任したとの記事が今日出ていた。

長崎の監督にいつかはなるのは既定路線だと思っていたが、とりあえずギラヴァンツの監督になった。
そんな事前情報はちょっぴり入っていたが、正式に発表された。

ギラヴァンツは今シーズンJ3に降格したのではあるが、来シーズンは新スタジアムのお披露目がある。
大変な時に監督ということでプレッシャーもあるかもしれないが、彼なら間違いなくやれると確信している。
大いに期待しています。

2014年1月にマリノスの波戸選手の引退試合の前の日に、武男君とフリューゲルスのファンで、馴染みの李園で食事した。
b0005596_21595936.jpg

左から西山さん(GSFCーフリューゲルス大好き)、おら、武男君、外池君(マリノス側で試合に出る)、中藤さん(フリューゲルス命ー現在イギリスのヨークに留学中)、李園のマスター。
李園には武男君がフリューゲルスの時よく通った。
横浜で試合もあるし、再会が近いのも楽しみである。
by gsfc_aoshima | 2016-12-12 22:01 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)