オーストラリア戦

久しぶりの投稿。
元気にしていましたのでご心配は無用です。

昨夜は日本代表vsオーストラリアとのアゥエーの試合。
原口はドイツでもフル稼動、この試合でもキレキレで両方の全得点に絡んだ。

欧州でほとんど出場機会のない本田は、原口へのアシスト以外全く見せ場がなく、後半は夢遊病者のごとく、ウロウロするだけだった。完全に足が止まっていたので、もっと早く交代させるべきだった。
そしてあの香川はどこに行ったのか。こちとらの涙が出そうである。
今の香川ならとりあえず先発は清武!イラク戦も清武と原口だけは良かった。

浅野は岡田ジャパンの岡野とダブる。
出てはオフサイドばっかしだし、肝心なところでシュートが入らないし、あと一歩のプレーばかり。
足が速いだけでは世界に通用しない。
岡崎を結局出さなかったのは、岡崎はチームのエースではないということなんだろうか。
よくわからない!

そして最初の交代から無策で、遅れに遅れて最後出てきたのは、初出場のDFの丸山がMFだとは。
街クラブの監督だってこんな使い方しねえよ!
おらのことだけど!!
まさしくアメージングと言おうか、監督の頭狂ったとしか言いようがない。

なんのために斉藤学を連れて行ったのか。
今まさに絶好調のプレーをしているのにだ。
俺より丸山?!
学は泣いている!

審判に文句ばっかし言ったって判定覆られるわけでもなし、少しは冷静に座っていたらどうだい!
引き分けは負けと一緒。
監督やってると勝ち点3を取らないと意味ないのがよくわかるのである。
3と1では天地ほどの差がある。

もはや監督を切ったほうがいい。
この監督では未来はない。
たとえ、ワールドカップに出場できたとしてもベスト8は到底無理である。
全部負ける。
16までしか行けなかった人物を選んだ協会の責任は大きいと思う。
by gsfc_aoshima | 2016-10-12 06:10 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)