新1年生も揃う。

4月に入り、Jr.ユースにも新しいメンバーが入部してきた。
下部組織よりは15名、他所から7名の計22名。
Jr.ユースが創立されて25年近くなるが、こんなに大勢の子供達が下部組織からそのまま上がってきてくれたのも初めてだ。
本当に嬉しいことだと思っている。

Jr.ユースの指導者と話す機会があると、この時期決まって話題に出るのは「下から上がってきますか?」だ。
どこのチームの指導者も一応に言うのは「下からこないんですよ!」

3月の初めの6年生のお別れ大会の時にもそんな話が出た。
「GSさんは何人ぐらい上がってきますか」「うちは創部以来初めての15人です」
「すすすごいです!。うちは15人ぐらい6年生がいるのですが、毎年上がってくるのは3.4人。他所からは結構くるんです。でもそれって、Jr.ユースを作った意味合いが違うんですがね」

他所の芝生がよく見えるということなんだろうか。
僕らも同じように毎年、そんなことを自問自答しながらここまで来たのは事実だ。

ホッとしてばかりいられないのも事実で、それなりのいい結果を3年間で残さないといけないのもわかっている。
サッカーだけよければいいのではなくて、生涯の友も作ってほしなと願っているわけでもある。
いいクラブライフを送らせたいし、僕ら、関係者も努力しないといけないということだ。

それにしてもみんなのびのびと練習していて楽しそう!
ジュニア時代とは違った顔や動きに見えるのはオラの錯覚ではないと思う。
楽しみである。
b0005596_814010.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-04-14 08:01 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

ボウズだった。

4/12満を持して釣行。
70代1名、60代後半2名、そして独身の30代後半の4名で葉山マリーナから、ヤマハの24フィートのレンタルボートで真鯛アンドまごちアンドヒラメ釣りに出かけた。
お天気もいい。
8時半に出船したけんど、少し西風が吹いていたけれど船は快適だ。4人ではもったいないぐらいの広さ。トイレ付きだし。
ボートはもちろんスカンポも艤装しており、海釣り用になっている。
b0005596_9123632.jpg

b0005596_955081.jpg


年寄り3名はもちろん船舶免許を持っている。
1級が2名、おらは更新していない2級を持ってるけんど講習にさえ行けば1級をくれるらしい。
オキアミも12キロも買い込んでのコマセ釣りなんだが、おらは本来コマセ釣りは好きではない。

それは我慢するとして、葉山の名島のちょっと沖、30メートル立ちで釣り開始。
だが魚探の反応もないし、あたりも全くない。
1時間後歓声が一同から上がる。
船長の内藤様が釣れないのに業を煮やし、生き餌に変える。
その1投目、銀白(ウグイの子)の生き餌を底に垂らしていたらヒラメが上がる。

海はベタ凪、潮は全く動かず、朝からコマセ撒くだけ。
遊漁船も近くにいる(生き餌のヒラメ釣りのよう)が釣れてる試しもない。

結局、裕次郎灯台から長者ヶ崎まで船を走らせるも1度もあたりすらない。
もちろんコマセはその後もガボガボ撒き散らす。

仕方がないので浅場に移動ということになり、アンカーを上げようとしたら事件発生。
アンカーが根に入り込んだのか、岩場でがっちり食い込んだのか、上がってこない。
いくら回頭してアンカーを剥がそうとしてもどうにもこうにも脱出できない。
結局1時間ああだこうだとやっても無理だし、帰港時間も迫ってきたので、やむなくロープ切断して帰港。
1度もあたりがないまま1年ぶりの海釣りは終了した。
冷凍オキアミ6キロはお持ち帰りだが、これでかき揚げを作ると平塚氏はのたまっていた。

レンタルボート代は4人で20000円は安かった。
釣れなかったがいい1日だった。

今度は浅場でタコ釣りをしたいと思っている。
b0005596_9162352.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-04-13 09:30 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

ジョコビッチ強い!

テニスのマイアミオープン決勝は錦織vsジョコビッチだったが、6−3、6−3でジョコビッチの勝利。
粘りの錦織だったがジョコビッチはさらにその上をいく。
ラリ−33回やっても、最後は錦織がミス。
こういう場面がずっと続いた。

ジョコビッチの強さは圧倒的なんだが、錦織もファーストサーブがこの決勝ではあまり入ることもなく、ミスも多かった。

次は雪辱を期待したい。
岡崎のレスターを見てからの、テニスは結構眠いが、いいものはいい。眠いなんて言ってられないのである。
プレミアリーグはレスターで決まりそうだが、岡崎はやっぱし日本のエースだな。
b0005596_5121181.jpg
b0005596_511593.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-04-04 05:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

2016年度始まった4月1日早々からいいものを見させてもらった。
テニスのマイアミオープン、準々決勝錦織選手vsモンフィス選手の試合だ。
5度のマッチポイントを相手に握られながらもタイブレークに持ち込んでの錦織選手の勝利。
灼熱地獄の中、とりわけモンフィス選手の汗。
勝利しても精魂尽きたかのように膝に手を置いた錦織選手。
b0005596_731868.jpg
勝利は届かなかったが清々しいモンフィス選手。
b0005596_732536.jpg

錦織選手の集中力とあきらめない気持ち。
スーパープレーヤーってこういう選手をいうんだと感じさせてくれた。
スポーツの持つ醍醐味とすごさを見たが、このあきらめない気持ちを少しでも持ち続けるよう努力したいと思った次第です。
b0005596_7345030.jpg

マイアミの抜けるような空の色、行ってみたい!!
b0005596_7343423.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-04-01 07:35 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)