花粉症がひどい

この2、3日花粉が相当飛んでいるのか、目がかゆい、鼻水ダラダラである。
そしておらの最大の弱点でもある、嗅覚が鼻じゅくじゅくにより、ほとんどなくなってきているのだ。

これは相当やばい状態だに!

ていうことで、来週はいよいよ浦和の亀の森医院(耳鼻科)に行くことにいくことに決定。
長い治療生活が始まりそうである。
by gsfc_aoshima | 2016-03-13 08:37 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに外池ネタ

早稲田ア式後輩で、元Jリーガーそして横浜GSFCコブラの元選手でもある外池大亮君がサッカー記事に載っていたので紹介しよう。
それはこちら。

電話ではしょっちゅう話しているんだが、必ず最後は「李園の蒸し鶏食べに行きましょう!』

元気で何よりであるが、早くサッカー現場に戻ってきてくれたらと思っている。
自宅は田無、早稲田ア式グランドの東伏見とは目と鼻の先。

楽しみにしている!!
b0005596_10583659.jpg
2008年当時の外池選手
by gsfc_aoshima | 2016-03-09 10:53 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

どうでもいいお話だが、先日、横浜は元町の川沿いを歩いていたら、見慣れない自転車がずらり。
レンタサイクルでしかも電動。

初めて見たが、そこの場所は無人でなおかつ、その場で携帯からも登録できるらしい。
なかなか粋な計らいだと思うし、外人さんも多いし、大事なことだなと思った。

日本だからこその無人置き場。
Bay bikeというネーミングがいいなと思ったがdocomoさんが経営しているらしい。
どうでもいいか!!絵的としてはいいかなと!
b0005596_1344380.jpg
b0005596_13435311.jpg

ご案内はこちら
by gsfc_aoshima | 2016-03-03 13:44 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

なでしこ厳しいなあ!

リオオリンピックアジア女子最終予選第2節で、なでしこジャパンは韓国と引き分け。
これで2戦終わって勝点1。

GKの福元さんがPKを止めて、「やった!」と思ったら、ゴール前に上がったボールをパンチングすればよかったのに取りにいって熊谷さんにのし掛かってファンブル。これを決められた。
「福元劇場」をやっちまった。

今大会、日本開催のホームだというのに、オーストラリア戦も含めて、全員のコンディションが悪すぎるように映る
皆さんキレがなく、体が重いように見えてしまう。

宮間さんもミスパスが目立つ。かつての宮間さんとは雲泥の差だ。
川澄さんも1対1で抜けないでほとんどバックパスばっかしで90分

大儀見さんもなぜだかピリッとしない。

みんなキック飛ばないし!

ワールドカップで優勝した遺産でここまでサッカーやってきたが、やっぱしオリンピック銀メダルまでで方向転換すべきだった。
あそこでいっぱいいっぱいだった。
佐々木監督にすべてを押し付けてしまった無策の日本サッカー協会に大きな責任があると思えてならない。
監督変わらなければ選手も変わらないし、この2戦ですべてが明らかになった。

とはいえ、最終試合の北朝鮮に勝てばまだ目があると思うので諦めず頑張って欲しい。
サッカーは水ものなんだから、なにがおこるかわからないのである。

でもオリンピックに行けたとしても相当茨の道が待っているのはまちがいない。
by gsfc_aoshima | 2016-03-02 21:48 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

3月に入った

2月は仕事とサッカーで充実していたのでいうことはない。
3月に入り、横浜は相変わらず暖かいが、目がかゆい。

今日は親父の命日。
正月に餅を喉に詰まらせ、一度も目がさめることなく3月1日に亡くなった。
先月、オラのいとこ(父方)が急死した。
肺炎で亡くなったのだが、その日、オラの弟に電話があり、体調が悪いので病院に連れて行って欲しいとの連絡が入る。
夕方迎えに行ったら、階段を喘ぐように降りてきて、階段下でこと切れた。

意識なく、これは救急車でなくてはダメだということで救急車を呼んだが、すでに心肺停止。

階段下でこと切れるとは!
もはや、ドラマの世界の話のようだった。

その日の夕方ではなく、朝のうちに病院に行っていたらと悔やまれる。
身内の話とはいえ、ちょっとばっかし情けないお話だが、オラの父方の男どもはあらたち兄弟3人を除いて、けっこう不幸な死に方でほぼ全滅。

オラの親父ーもち
親父の親父ーたんぼで刈った藁の束の上でキセルの灰が藁に移り大やけどで焼け死ぬ。
曽祖父ー列車の連結器に挟まれたと聞いているがもはや誰も知らない。

父方の従兄弟総勢5名

従兄弟A-階段下でこときれる

従兄弟Aの弟Bー10年ほど前、車の事故でたんぼに転落、5年間ほど意識なくなくなる。

従兄弟Cー自宅から100メートルのところにある町内の葬式に出席中、自分の奥さんが倒れて、呼び出しがあり、すぐさま自宅に戻ると救急隊員が「だめです!」。
そのことばで、いとこも心臓が止まった。葬儀会場では救急車が2台も来て「なにがあっただかいやあ!」
奥さんの葬儀の時は入院していた。
1年後、命日の前日に奥さんからお呼びがあり、旅立った。

従兄弟Cの弟Dー50年前17歳でオートバイ事故で亡くなった。

いとこEー死んではいないが、事業に失敗し夜逃げしてもう20年近くなるがまだ帰ってこない。生きていることは確認

父方の従姉妹ー6名全員元気。
母方の従兄弟ー7人全員元気
母方の従姉妹ー12名中2名亡くなる。

オラたち男兄弟3人は母方の血を引いていると信じたい。

3兄弟の長男であるオラはサッカーボールの上に乗ることだけはやらないようにしているし、餅は小さく切って食べている。
二男は美容師だがハサミには気をつけろと!
三男は早稲田バカで人生劇場を吟じているだけなんで、これはなかなか死なないだろう。

考えてみればいとこだけでも30名近くもいたんだなと!
by gsfc_aoshima | 2016-03-01 16:24 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)