仕事とサッカー

サッカーは仕事ではない。
土日はサッカーの現場。
平日は仕事のことを6割考え、4割サッカーのことを考える。
いや、4割仕事かもしれない。

2月はそれが仕事7割ぐらいで忙殺された。
ほとんど2日1回の打ち合わせがあり、書類作りも多く、静岡に出張もあったり、葬式での静岡もあったりで29日の夜まで書類作りに大忙しだった。

とりあえず、仕事の目処が立ったことであとは週末の調印ということになり、山は越えそうだ。

3月はサッカー8割ぐらいにしたいとおもっているが、なにせサッカーはフィーが発生しないのであるからして、2割のしごとで稼げればいいなと思っている。

おらが好きな天竜浜名湖線。掛川の田舎
線路を背景に桜が咲くのもあと1ヶ月、楽しみだ。
b0005596_713817.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-02-29 22:51 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

2月28日、神奈川県社会人サッカー選手権3回戦が日本工学院グランドで開催された。
横浜GSFCコブラvs品川CC横浜戦である。

秋のリーグ戦が10月に閉幕し、3位という残念な成績に終わり、気持ち切り替え、とりあえずこの日を目標にチーム作りをしてきた。

2歩進んで1歩下がり、2歩進んでは3歩下がるような試行錯誤が続いたが、2月に入る頃から全体の質がレベルアップしてきた。

先週のフットワークさんとの練習試合で、なんとか目処が立ったと確信した。
また、品川さんの試合を観戦したりと、スカウティングもできていたので、相手チームの情報を共有できたのは大きかった
ただサッカーっていうスポーツは水ものというか、やってみないとわからないナイーブなスポーツである。
どこまでイレブンが落ち着いてプレーができるかが試合結果を左右する。

この日の工学院グランドは2月とは思えない暖かさ。
選手も開始から終わりまで集中でき、無得点に抑えて3−0で勝つことができた。

相手の24番友澤くんが最前線でくると思ったら、左の2列目だったのも幸いしたし、右サイドからの攻撃だけだったので、後半はここを修正したことで、チームも落ち着いた。
前半で2点先取したことで、後半半ばが、だれてしまったが、最後にピシッと、新入団高木凛選手が決めてくれた。
数多い決定的な場面で早めに3点目を入れられなかったのが反省点かもしれない。
思うようにいかないのがサッカーだし、それもサッカーの面白さなんだと思う。

これでベスト8になったのだが、3月6日は地元、保土ヶ谷サッカー場で12:10キックオフ。
いい準備をして大学生に挑みたいと思っています。
たくさんの応援よろしくお願いします。

b0005596_6485286.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-02-28 23:28 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

市民大会その2

横浜市民大会社会人の部準々決勝vsエスペランサSCとの試合前のミーティング。
毎度、監督のおらは細かいことは言わない。

毎回、3点ほどをごくごく簡単に話す。
もちろん同じことを毎度毎度徹底させる。
小学生でもわかる簡単なこと。
おらが言ったことをきちんとやればそうそう失点しないからやり切れと言っているわけである。

5点も注意事項を言ったら、選手のみんなはパニクるだろうし。

だからこの日はさらに短く2点。

コーナーキックを気をつけろ。ゴール前に殺到するのでそのこぼれ球に注意

相手7番50番をとにかくケアしろ。ーここを抑えられたら勝てる。
7番のドリブルと50番の右足だぞ

これだけ。

あとは毎度の約束事を2点ほど。
何かって?言わないよ!

開始6分でGK阪口のゴールキックをFWの渡辺悠太がパパにダイレクトで落とす。
パパは瞬間的にフリーになり独走でゴール。

ゴールエリアから、絵に描いたようなわずか5秒かそこらだった。

今日はいけるぞと思っていたら、
7番にボールが行き、ドリブルからシュート、こぼれたボールを50番がゴール。
後半、初めて与えたコーナーキックをキーパーのパンチングボールの折り返しを50番がヘッドでゴール。

同じぐらいのチャンスもこちらにもあったがゴールを割れなかった。

気をつけろと言ったことがすべて大当たりで、それでも負けた。

やっぱしスカウティングは大事だと思った。
また出直しだが手応えはある。今シーズンも楽しみだ

それから我がチームの誇りみたいな選手がいるのでご紹介
セネガルから来ている、ジェイ・パパ・バカリ選手37歳。
チームに入ってもう5年ほどになる。
セネガルの元プロなんだが、年々上手くなってきているのは驚きだ。

パパの自慢はフランスのASモナコに入り損ねたことらしい。
みんなの手本だ。汗もよくかいてどこまでも追っかける。
若手よりも一生懸命でサボりは一切ない。

「わたし、もう、おじいちゃん、来シーズンはもうサッカーしないよ」
新年あけたら戻ってきて、毎試合ゴールを決めている。
決して強いシュートではないがサイドキックで正確に決める。(インステップキックは苦手のようだ)

今年もやってくれそうである。
b0005596_2221444.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-02-08 22:21 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

市民大会5回戦

2月6日(土)新横浜サッカー場にて市民大会5回戦(vsエスペランサ SC)が行われた。
天然芝の素晴らしいコートだが、なんでも横浜Fマリノスの練習会場になるらしい。

ということは一般のチームはただでさえグランドがなく、まさに戦場のような取り合いのような、貧困な横浜市。
毎年、11月から1月にかけて18区のサッカー協会が3度もやる調整会議。
計画性のないマリノスのおかげですみに押しやられる町のクラブ。

みなとみらいに馬鹿でかいサッカー施設を作り(横浜市から借地して)、10年で返還するというのは、普通の会社ならつぶれる。
フロントは何にも考えていないと言われても仕方ない。
選手たちにそのしわ寄せが行くのもかわいそうなんだが、こんな状態では優勝を狙うなんてことは夢のまた夢だ。

横浜サッカー界のトップでもあるマリノスが自前のグランドもなく、情けないことこのうえない。
日産スタジアムとつけた新横浜国際競技場のネーミングを今すぐに返上するなりして、資金ためて自前のグランドを作ったらといいたいずらよ!

横浜Fマリノスの名前が泣く!
マリノスを応援したいからあえて言うのである。

寄り道それすぎて、市民大会の結果はまたあした。

b0005596_9384526.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-02-07 09:38 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

2月1日より、明治学院大学サッカー部の2016年が始まった。
明学サッカー部は昨シーズン、東京都1部リーグを制し、関東大会も勝ち上がり関東2部に35年ぶりに昇格した。
グランドは戸塚の明学ヘボンフィールである。
人工芝ではあるが、多くのクラブが寄り合い所帯で使っているのでサッカー部で独占というわけにもいかないようだ。

今シーズンの出発も東戸塚フットボールパークを借りての練習。
おらの家からも近いので顔を出した。

監督は早稲田ア式蹴球部後輩の大森一伸くん。
b0005596_9251243.jpg

20年前にうちのジュニアユースの立ち上げの時に1年間コーチをしてもらった。(早稲田の助手をしていた)
よくうちに泊まっていた。
久しぶりのコーチングを見たが昔と変わらず懐かしい。

ヘッドコーチは鈴木修人くん。同じく早稲田ア式の後輩。
元Jリーガー、一昨年ギラヴァンツを退団した後、明学のコーチとなる。そして夜は我がコブラの選手として大活躍してくれた。
b0005596_924521.jpg

また、明学サッカー部のレジェンドで、現ゼネラルマネージャーの西村さんはおらが現役時代教えた関係だ。
おらも応援に行った2部昇格試合で、決まった時の西村さんの涙はちょっぴり感動した。
いいなって!!

こういったご縁もあり、今ではおらが明学のホームページまで作ることになった。
b0005596_9314763.jpg

部員の皆さんも自信にあふれ、楽しい雰囲気も伝わってくる。
現時点でも100名以上いるのに、新入生も関東に上がったせいか反応が良いようだ。
ますます楽しみな明学サッカー部。

地元だし、コブラや早稲田共々、明学サッカー部の応援もよろしくお願いいたします。
by gsfc_aoshima | 2016-02-03 09:35 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)