高校野球準決勝

b0005596_782763.jpg

甲子園の夢はなくなったが、よく頑張ってくれたと思う。
なんだか、これから楽しみが増えた。

スポーツの持つパワーみたいなものをほんとに感じる。
by gsfc_aoshima | 2015-07-29 07:11 | Trackback | Comments(0)

同じ学年?ほんとぉ!?

7月22日(水)保土ヶ谷公園ラグビー場でJr.ユースの練習試合があったので観戦に行く。
午前中から、猛暑である/
お隣の保土ヶ谷公園野球場では高校野球の県大会の真っ最中で、この日は横浜高校の試合があったので、そりゃあもうスゴい歓声が伝わってくる。
ラグビー場の観客はご父兄が4.5名でこちらは眠くなるほど静かである。

Jr.ユースの各学年が全部集合しての練習試合。
U-13はC.B.Cさんとの練習試合。
相手がでかい!
うちの1年生で背比べで並べるのは国松君1名のみ。
なんだか、おとなとこどもみたい。
学年が絶対違うと思った。
全員がでかいのである。
体を入れられたらボールは取れないし、スピードも違う。
切れとボールコントロールだけではかたずけられない体格の違い。
最初は頑張っていたが、本数を重ねるうちに、体力の差が点数に現れた。

スタッフにあとから「相手は2、3年?」と尋ねたら「1年生ですよ!」
「まじ〜!」

家庭で、毎食煮干し食べさせてもらって、身長伸ばし器具でも購入してもらおうか!
そして、いまのうちに個人の基本技術のボールコントロールを習得させればいいと思う。
いつかは大きくなるんだから。
サッカーは大人になってもうまくなれるんだから、プレーヤーは日々精進である。
ボールに触る回数が多ければ多いほど自分のものになる。
但し、どうしたらいい選手になれるか、素直にサッカーに向き合うことが大事だと思う。

b0005596_946513.jpg
b0005596_9455569.jpg
b0005596_9454295.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-07-28 09:46 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

ついに4強!

b0005596_7164278.jpg

母校の野球部ついに4強!

スバラシイのことば以外にことばが思いつかない。
あの弱小野球部がである。
サッカー部もたいしたことはないがよ。

明日準決勝。
静岡県の高校野球の聖地ー草薙野球場
頑張ってほしい!
by gsfc_aoshima | 2015-07-27 07:19 | その他 | Trackback | Comments(0)

母校は?

b0005596_7413469.jpg

凄い試合をやってるずら!
本日再試合だそうで、きっと田舎は大フィーバーだに!
野球部の現役諸君、がんばってほしいだいやぁ!
by gsfc_aoshima | 2015-07-26 07:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

母校がベスト8とは!

オラの母校は静岡県の磐田南高校という。
いまはどうかしらないが、おとなしい学校。
のどかな田舎町といってよいとこの、のんびりした学校だと思う。
もちろんん生徒は真面目で変なのはなかなかいないと思う。
オラみたいなのは特別。稀である。

そんな磐南(ばんなんとよばれている)が、高校野球静岡県大会でベスト8まで進出。
オラが在校生の頃は、もちろん1回戦負けのコールドゲーム。
勝ったのを聞いたことないぐらい弱い学校。
しかしながら、応援だけは全校応援。放課後、毎日校歌や応援歌の練習をしたことを記憶している。
応援団がいばっていた。
試合は出ると負けだった。

その野球部がベスト8まで進出。今日はベスト4を目指して知徳高校というとことやるようだ。
なんだかワクワクしてくる。
甲子園まであと3つ。
先輩たちにいい夢を見させてほしい。

進学率がどうだとか、東大に何人入ったかなんというよりも、母校がスポーツで頑張ってくれてほうが100万倍忘れていた母校愛が出るというもんである。
b0005596_6401018.jpg


かつては、といってもオラがまだ生まれていない70年ほど前には水泳でオリンピック金メダル選手が2名も出ているし、陸上では全国で総合4回ほど優勝している名門ではあるけんどよ。
サッカーはオラ達が県で新人戦でベスト8まで行ったけんど、まあ弱いといった方が当たっている。
by gsfc_aoshima | 2015-07-25 06:40 | Trackback | Comments(0)

今日は森さんの命日

4年前の今日、早稲田ア式蹴球部の森孝慈大先輩が亡くなられた。
ほんとに暑い日だった。
亡くなったとの連絡が来た時、オラは練習試合で亜細亜大学のグランドにいた。
日陰もなく、灼熱地獄だったのを思い出す。
試合が終わり、横浜に戻って、ご自宅近くの葬儀会場に行った。
それからの4日間は、怒濤のような日々だった。

まだ森さんが健在だったとしたら、日本のサッカー界はどうなんだろうと考えると、ほんと残念だなと思う。

今日は森さんのTシャツを着て過ごそう。
b0005596_81897.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-07-17 08:01 | 人物 | Trackback | Comments(0)

野々村先生

台風11号の四国上陸。
そして、お笑い芸人ピースの又吉直樹さんが芥川賞をいただいたニュース。

その又吉さんが恩師に電話。恩師は野々村先生って?!
どこかで見た顔。

又吉さんは大阪の北陽高校サッカー部出身だそう。

あの野々村先生だった。

1990年イタリアW杯の時、オラは2週間寝食を共にした。
毎晩酒を酌み交わし、話は全てサッカー。
ローマの日本料理店では騒ぎすぎてもう来ないでくれ。
               
泣く子も黙る野々村先生。
北陽に野々村先生あり。
又吉さんも生涯で1番怖い人だったはず。
サッカー推薦を断わり、お笑い学校に入るのに、大阪ではなく東京にしたなんていうのも
野々村先生から逃れるためなのは容易に想像出来る。
怖くて大阪にはいられなかったということだろう。
そんな又吉さんが、最初に野々村先生に受賞の報告をしたなんて、泣かせる。

久しぶりに野々村先生を拝顔し乾杯!
イタリアでの野々村先生はどれかってわかるでしょ!
この時のメンバーはほんと忘れられない。
大人の合宿みたいだった。
b0005596_791455.jpg
b0005596_79638.jpg
b0005596_785865.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-07-16 22:09 | 人物 | Trackback | Comments(0)

直助安否情報

「ブログの更新が滞っているけどなにしてんのよ!」と、サッカー少年のママさんたちから鋭い指摘。
顔合わせるたびに、どなたかからそういうお話。

たいした飯を食っているでもなし、日頃の食事風景なんぞは、ジジイは出せないのだ。

ただエロいお話は得意だ。
格別エロいなんては思っていないが、今時の草食の若手にはきついのかも。
ジジイと下ねたはしねえのかといいたくもなる。
社会人の選手やスタッフからは、若い女性の話をちょっとでも話すと「ほんとにエロいデスね!」とほとんど蔑んだ目。


エロジジイ、元気でやっておりますのでご安心ください。

エロといえば、ドイツのハンブルグに「エロスセンター」という公娼ビルがあった。
43年前のお話だけんどよ!ジャンジャン!!


by gsfc_aoshima | 2015-07-14 08:51 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

七夕

オラの長女に小6と小1の女の子、そして三女に2歳の男の子
今週か来週に三女がもうひとり生む。
つまり孫が4人になる。

一昨日、雨だったので2歳の孫を保育園に迎えに行った。
車の中で「笹の葉さぁらさら、×××××××」
×がよくわからなかったので、
「差し歯が白い」と教えたらすぐ覚えて何度も繰り返して唱っていた。

まずいことを教えてしまったと後悔している。ジャンジャン!
by gsfc_aoshima | 2015-07-08 08:06 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

W杯決勝

技術、体力、スピリット、作戦面、集中力、監督ゲームコントロール、全てにおいてアメリカに負けた。
完敗というよりも、ここまでやられると惨敗なので、ここが悪かったとかあそこが悪かったとか、云ってもあんまし意味がないと思う。

それよりも選手の皆さんが帰ってきたとき、大歓迎で温かく迎えてあげることが大事だと思う。
それも日本サッカー協会役員以下、職員一同ぐらいで成田に迎えてあげるべきだと思う。

決して下馬評は高くなかったはずだし、むしろここまで来たのがスゴいことだと思うし、団体競技で4年毎のW杯で優勝、オリンピック銀メダル、W杯準優勝なんてめちゃめちゃすごいことなんだし。
それもすべてアメリカとの2チームで!

日本サッカー協会も誰のおかげでおまんま食べさせていただいているのか、この際考えるべきだと思う。

キリンからは15億、アディダス20億、電通30億を毎年もらっているようだが、小学生から大人まで日本サッカー協会に加盟しているあらゆるチームは登録費、選手達は個人登録費を払っている。監督登録費というのもある。

アマチュアチームがユニホームにスポンサーのロゴを入れただけでもお金とるし、取れるところはなんでも取る。
ユニホームに自チームのエンブレムとチームロゴの2カ所入れると登録費用がかかる。1カ所ならいいそうだが、なんだかおかしい
協会からむしり取られるというか、むしろ貪り取られると云った表現の方が正しいのでは。

男子日本代表だけ強ければいいというものではない。
男子なんぞはW杯でベスト16が最高だに!
そんな選手がビジネスクラスで往復で、優勝したナデシコが前回大会で優勝してやっとビジネスで帰って来たという。
プロは勝ってなんぼの世界。強いチームにはいい待遇は当たり前なんである。
ランキング100位以下のシンガポールに引き分けて、いまだに精度が悪かったなんて、恥ずかしくないかい!よぉ男子代表選手たち。
サングラス掛けてかっこつけているんじゃないよ。もっとこそこそしていろよな。
そんな選手だからミラノでも戦力外なんて云われちゃう。
胸はって歩けないはずだ。

オラみたいな、たかだか神奈川県1部リーグのチームの監督だって、ホームゲームで全クラブ員の集中応援で多くの皆さんの応援をいただいたのにも関わらず負けた時は、顔もみせず、このブログも書かないでじっとしていたわけだ。ひたすら忍者のようにじっとだ。
家の整理整頓、断捨離で精を出していたがよ!

とにかく、ナデシコが今後、世界の舞台でアメリカを含めた強豪と五分に戦い、もう一度頂点に立つには、それ相応の支援も必要だ。
各クラブに任せるのだけではなく、代表選手になれば毎月100万ほどの支援をしてあげるぐらいのことを考えてあげる必要があると思うし、たいした金額でもない。
ナデシコ代表強化資金とか言う名目でスポンサーを捜せばいいだけの話だ。
23人×100万×12ヶ月=2億7600万円。
たいした額ではないはずだ。
そのぐらいのスポンサー探してくるのはそんなに難しい話でないはずだ。
職員200人もいる大所帯なんだし、全員でスポンサー探しすればいい。民間は死にものぐるいで営業している。

今の女子サッカーの現状を見ると男子に厚すぎるのは事実であるし、夢がなければ普及は難しい。
もう一度プロとは何ぞやを考えるべきである。
日本代表のナデシコがバイトしないといけないとか、仕送りもらってるとか聞きたくないよな。
佐々木さん、いくらもらっているのか。
男子のあの監督は3億?
おかしくないかい?!シンガポールに引き分けだに!
プロなんだから勝ってなんぼの報奨金制度にしないと、どぶに金を捨ててるようなものだ。

宮間さんは女子のサッカーブームではなく、サッカー文化を作れればと云っている。
きっと、このままでは一過性で終わって衰退するのではという心配があるので、こういう表現をしたんだと思うし、優勝しないと衰退してしまうという切羽詰まった状態が今なんだと思っていたに違いない。
だから優勝にこだわっていた。
健気だよな!涙が出てくるよな!

なんとかしろ!日本サッカー協会。

本日、先々週の負け試合より日にちも経ったので、多少強い表現でまとめさせていただきました。ジャンジャン!!
b0005596_9261513.jpg
b0005596_926490.jpg
b0005596_925523.jpg
b0005596_9254046.jpg
b0005596_9252696.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-07-07 09:23 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)