なでしこオランダ戦

女子W杯決勝トーナメント1回戦vsオランダはナデシコの完勝だろう。
ちょっと力の差があった。海掘さんの最期のチョンボはいただけないが、あとはゴールシーンは2点とも見事だった。
1点目の大儀見さんのヘッドはバーに当たったが女子としてはワールドクラスのヘッドだと思う。
有吉さんのシュートはちょっとアウトに掛けてボールが上がらないように工夫している。
b0005596_995439.jpg

2点目の岩渕さんのスルーからの阪口さんのシュートは、まさにビューティフル!

b0005596_9101417.jpg
b0005596_910696.jpg

昭和42年、インターハイ決勝藤枝東vs浦和市立の試合で、たしか井沢千秋さんのセンターリングを松永章さんがスルーして三浦さんがど真ん中からゴールした映像がいまだに目に焼き付いており、それを彷彿させてくれたゴールだった。
高校の会議室のテレビでサッカー部員が集まって観戦した決勝の試合。
50年も前の記憶なので井沢→三浦だったと思うが、あすこで天才松永章がスルーしたのは驚愕だった。
高校生離れしたチームだったし、あとにもさきにもあそこまで強いチームはなかった。

ナデシコには決勝まで行ってほしいなと!
by gsfc_aoshima | 2015-06-25 09:12 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

県リーグ

6月21日(日)ノジマステラFPでの県1部リーグ第6節vsさがみ大沢FC戦は2−0で勝利することができた。
昨年までのレギュラーで、今シーズンは出遅れていた山崎俊輔選手がミドル弾で2ゴールを挙げてくれた。結果第6節終了時点で首位に立つことができた。
b0005596_6253044.jpg

この試合前のミーティングでは、相手DF陣の横へのパス回しから縦に入れる時にプレッシャーをかけることで、高い位置でボールを奪えと指示。
攻撃から守備、そして高い位置で奪えたことでうちのペースになれた。
そして前半30分に山崎がズドン!
前半はいい場面もないわけではなかったが、バイタルエリア辺りでのパス精度がきわめて悪かった。

後半は鈴木修人選手が入ったことで、面白いようにスルーパスが通り、決定的場面の連続だったがゴールを割ることが出来ず、フリーキックからの山崎の1点で終わった。

スカウティングの重要性を痛感したゲームだった。
安心して見れてはいたが、なかなかうまくハマらずヤキモキする場面もあったが、まあ我慢我慢である。
とにかく絶えず冷静でベンチに座っていることは出来たと思う。
結果的にはこちらの狙い通りのサッカーになったし、守備陣も零で押さえてくれたし、シュートを外した選手達も、その分、相手を追いかけ回してくれたんで、総合的には90点をあげてもいいんではないかい!
次も頑張りたい。ジャンジャン!!
b0005596_644942.jpg
b0005596_644234.jpg
b0005596_6435589.jpg
b0005596_6434779.jpg
b0005596_6433999.jpg
b0005596_6433299.jpg

b0005596_6512878.jpg
b0005596_6511551.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-06-23 06:46 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

早慶サッカー

7月1日は等々力競技場で第66回早慶サッカー定期戦が行われる。
昨日、部より今年の公式パンフレットが届いた。
毎年,会場で購入してるのだが、今年は早々に送られてきた。
b0005596_6141831.jpg
b0005596_614912.jpg

うちのチームもOBが3名。
今年は慶応にもコブラOBが入部している。

100ページもある素晴らしいパンフレットになっていると実感。
そして今年はVIP席で観戦出来るらしいが、やっぱしバックスタンドの応援団の近くがオラには似合っている。
by gsfc_aoshima | 2015-06-20 06:18 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

どっこいしょサッカー

アジアカップでベスト8どまりだったのは強くないということだ。
年代別の日本代表もアジアで勝ち切れなくて世界大会に出場出来ていない。
それもことごとく!
トップのフル代表だけが強いなんていうことはあり得ない。
だから昨夜のシンガポール戦のような戦いと結果になるということだと思う。
ブラジルW杯から全く進化していない。

セリエA10位のACミラノ。
トヨタカップで日本に来たころのACミラノではない。そこの3トップの右サイドで出たり出なかったりの本田選手。フィジカルは強いけど切れもスピード感も全くない。どっこいしょと切り返して左足で中に入っていっても、そこは大勢の相手もいるしマークもされているので、出すとこはない。
90分間おんなじことの繰り返し。
オラが思うに本田は、外国人相手でも負けないフィジカルの強さをボランチで活かした方がいいと思うし、FWでは世界に通用しない。

そして香川選手は相変わらず調子が戻っていない。
こんな両雄を使うことでチームのバランスが悪くなっているしかいいようがない。

このチームで所属しているチームでも一番結果を出しているのは岡崎選手。
岡崎がエースのチームにしないといけないと思うし、国内組で一番点を入れているには大久保選手。
使えよといいたい。

香川に変えて大迫がトップ下?
原口ボランチ?
酒井宏樹選手は代表のレベルじゃあない。
ほとんど結果を残していない国外組。
海外に行けば日本代表になれるという風潮がいけない。
岡崎と大久保の2トップで香川も本田も今は要らないという判断もあると思う。

結局、内乱状態のイラクやチェニジアとやって勝ったとしても何の意味もないわけで、2次予選の初戦でこの状態ということはこれが実力だということだと思うし、もう一度メンバーや選考基準を考えた方がいい。

結果が全ての世界ではないかい!
by gsfc_aoshima | 2015-06-17 22:38 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

イラク戦

イラク戦が行われる時間は、我がチーム社会人コブラとJr.ユースの練習時間と重なる。
もちろん、練習の方に参加するのは当たり前。
b0005596_8572636.jpg

いい練習をしていると実感。ゲーム内容もいいなと思った。

自宅に戻る時間にはもうイラク戦は終わっていたので、録画を見る。
前半みただけで、もういいやと思った。
イラクってイスラム国に国を脅かされて、まさに内乱状態。
国内リーグも行われていない。
国際親善マッチとはいえ、イラクは勝っても負けてもどうちゅうことない調整試合。
アウェーだし!

これがアジアカップ準決勝まで行ったチームとは到底思われないほど、チームコンディションが悪いのは目に見えてわかる。

こういうチームとマッチメークすることすらおかしいのではないだろうか。
チケット完売。それもけっこう高いお金払っての観戦。
結果は見なくてもわかるような試合である。

日本国内でやれば協会はおおいに潤うかもしれない。
こんなことをしていると選手も自分たちは強いと勘違いする。
半年間もベンチに座ったままのGKがレギュラーではなにおかいわんやである。
それもベルギーリーグ。

国外に出て親善試合をしてこいと云いたい。
アメリカはドイツやオランダとマッチメイクをして勝っている。
一流どころとやって初めてハリル監督の采配が判断されるべきで、昨日みたいなチームとやってるうちは監督いなくても勝てちゃうと思う。

自分のテリトリーの中ばかりにいては、ブラジル大会の二の舞になるのは必定である。
昨夜はJr.ユースの紅白戦の方があきないし、なんぼか面白かった。
by gsfc_aoshima | 2015-06-12 09:16 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

スイス戦

女子W杯が始まった。
初戦の相手スイスには宮間さんのPKを死守してやっとこさ勝った。
やっとこさだ!
b0005596_13271295.jpg

よくわかったのは、この4年間で澤さんの代わりになる選手が生まれなかったこと。
澤さんにかわって川村さんが出てきたが、お世辞にもいいとは云えない出来だった。。
それだけ澤さんが偉大と云ってしまえば偉大なんだが!

ミスも多くチーム状態が良いとは決して云えないが、苦しみながらでも勝つということは大事だ。
とりあえず今日勝ったということは予選リーグを1位抜け出来そうな感じではある。
1位で勝ち上がると決勝までアメリカ、ドイツ、フランスとは当たらないとのことではあるが、やってみないとわからないのがサッカーでもある。
予選のあと2試合を転けることだってあり得るがとりあえず、ホッとだな。

それにしてもスイスのバッハマン選手は速かったし、迫力あったなあ。
b0005596_13361249.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-06-09 13:37 | Trackback | Comments(0)

エスペランサ戦

6/7(日)秋葉台公園球技場 19:05キックオフvsエスペランサSC

5月31日にエスペランサさんの試合のスカウティングをしていたので、
この日の選手へのメーッセージは
カッカするな
受けて立つな
相手の50番と7番は要注意

今は亡き森孝慈大先輩の口癖「シンプルサンプルただそれだけ〜!」並である。
日本代表監督だって、ああだこうだぐだぐだ言わないのに、オラみたいな三下奴は簡単明瞭こそが一番だと思っている。

試合は開始15分までは静かに入って両方とも持ち味を出したサッカーをしていたと思う。
それが、相手のFKからのPKで一変してしまった。
不可解な笛の連続の始まりだ。


FKが蹴られた瞬間エスペランサさんの17番がうちの4番に明らかにひじうち。
その笛かなと思ったら、4番が17番をつかんだということでのPK。
まさに「おいおい!」である。
そしてもちろん失点。
43分にも不可解な笛。相手が自爆だと思ったらこちら側が手を出したと云う。
ここから失点で、0−2。

当然試合は荒れてくる。
審判の皆さんも日曜のナイターの試合で一生懸命やっていただいているので、そのことに関しては感謝はしているのだけれども、この試合は最後まで不可解だったのは間違いない。

とりわけ、わからなかったのはうちがPKをもらったFKの場面では、最初のPKのお返しが来るかもしれないと思っていたら、ゴール前の競り合いで笛。
PKをもらったが、ビデオで確認してもなにがあったかわからなかった。
これで2−1
要は、この日の主審の方の笛の基準がオラたちから見て曖昧に見えたのかもしれない。

終盤、うちのGKが飛び出してペナの外で相手FWと激突。
GK悶絶して倒れている
ボールが遠いサイドに行っているのにも関わらず、笛が吹かれない。
主審の方は倒れているGKを2度も見て確認しているのにだ。
そうこうしているうちにロングシュートを打たれる。無人のゴールにだ。
これは入らなかったが、もし入っていたらどうなっただろうか。
遠いサイドに行った時にゲームを切るべきだと思った。
もしこれが逆の場合でも、こんなんでゴールしてもうれしくない。

そして長い中断があり、エスペランサさんの選手退場もあり。まさに大荒れ。
この選手は3分間で2枚のイエローもらってしまった。
基準が曖昧なのでこれも不幸な出来事だった。
さらに前半はロスタイムの時間提示もあった(マネージャーズミィーティングでも提示の確認済み)のに、後半は全くなしで試合終了の笛。
まさに不可解な試合だった。

リーグ戦は時としていろんなことが起きる。
人が一瞬のうちに判断しなくてはいけないことの連続だ。
どちらが反則したのかおおいに迷う場面も多いのもサッカーにはありがちだ。
難しいことだとは思うし、審判をされる側のいい分もいっぱいあると思っている。
まあそういうことなんだな。

試合は結果としては0−2から執念で追いついて、さらにあわやという怒濤の攻撃も出来たので、引き分けは良しとしたいと思っている。

守備では、ロング一発で要注意の相手50番や7番に走られ危ない場面もあったが、基本的にはくずされてサイドを割られたというような場面は後半7番に右サイドからのセンターリング以外はなかったと思う。
攻撃では前半はFWの動き出しも悪く、見るべき場面もなかったが、後半、うちの31が外に出て22が中に入ってからはボールが収まるようになり、左サイドからいい攻撃が出来た。
この左サイドの攻撃の中から右に展開し、得点出来たのもよかったと思っている。

カッカしただろうけど、選手の皆さんご苦労様でした。
応援の皆々様、ありがとうございました。
審判団の皆様もお疲れ様でした。一番お疲れだったかもしれません。
それぞれに感謝もうしあげます。
それから、エスペランサさんの選手兼ヘッドコーチのオルテガさんとは、試合が終わって握手したのだがそれまでのアツい指示とはうらはらに、なんだかとっても温かい人だなと一瞬で感じたということもご報告である。
b0005596_22475631.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-06-08 22:45 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

本日vsエスペランサSC戦

本日、神奈川県社会人サッカーリーグ第5節!
今年度2部から圧倒的な力で上がってきたエスペランサSCさんとの対戦だ。

ここまで3勝1分け、チームの雰囲気も悪くない。
負けてないのだから雰囲気が悪いというのもあり得ない。

レギュラー陣とサブとの差があまり感じられなかった昨日の紅白戦。
Bが3−0で勝っちまった。
ということはチーム内の競争が熾烈ということで全体がレベルアップしたということだろうし、逆から見れば、受けて立ったらやられるということだ。
是非そのあたりを反省して今日の試合に臨みたい。

サッカーはまじで予想がつかないスポーツだ。
2点差で勝っていても1点入れられただけでも、どっちがリードしているのかわからない競技だ。
メンタルの強さがとても重要だ。
どんだけ修羅場をくぐってきたか!ということも試合での重要なファクターにもなる。

そこらが今日の勝負の分かれ目になるような気がする。

エスペランサさんの応援は凄まじい。
そこでも負けていられない!
たくさんの応援を願いいたします。
b0005596_883592.png

会場は秋葉台公園球技場。19:05キックオフ。スタンドついていて見やすいです。
by gsfc_aoshima | 2015-06-07 08:10 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ウ〜〜〜〜〜ん残念!

錦織選手の準々決勝が終わった。
ちょっぴりというより、相当残念でした。

第2セットが終わった時はこりゃあ、3−0で負けるかもと思いましたが、2−2になった時は、もういただきだなと!

それがまさかの第5セットという感じでした。
第2セットまでは今までの試合と違い、ミスが多すぎた。

後がないと追いつめられてからは、ほんとすごい精神力だったと思う。
見習いたい!
若い人から教えられるということは、ほんとに新鮮ですよね!

結局3時10分まで見てしまったということです。
b0005596_810769.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-06-03 08:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

全仏オープン

錦織選手の全仏はもちろん毎試合見ている。
見ていて、ほんとに気持ちがいいからだ。
違うスポーツとはいえ、おおいに参考になるし、ハートの大事さが如実にわかる。
あきらめない気持ちがどんだけ大事かということも教えてくれるし、カッカしたら、必ず結果として出てくるのも容易にわかる。
仙人の境地みたいな試合運びだったと思う。

先週、錦織選手の試合を見た後での、県社会人1部リーグvsY.S.C.Cセカンドは、試合前はいろいろ考え迷うこともあったが、試合が始まってからは、絶えず冷静でいられたのは、全仏の錦織選手を見ていたからだと思った。

b0005596_16191340.jpg
b0005596_1619473.jpg

今日の準々決勝は、おおいに楽しみだ。
きっとやってくれると思っている。
by gsfc_aoshima | 2015-06-02 16:20 | その他 | Trackback | Comments(0)