<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

武蔵関公園に行く

11月26日は横浜市役所経済振興局が行うセミナーに出席。
朝の日本大通りはイチョウが雨で落ちていた。
つかの間の黄金イチョウ並木。
今週いっぱいだな!
b0005596_732488.jpg

翌日は朝から東伏見でお仕事。
昼時は久しぶりにグランド横の武蔵関公園に行ってみた。
43年ぶりなんだろうか。
木々が大きくなっていてびっくり!

学生時代、合宿所での生活は、毎朝ここにランニングに来ていた。
1、2年生は起床、体操、ランニング、と決まっていた。
3、4年生は起床、寝間着で体操、また寝る、と決まっていた。

でも懐かしい公園。よく走った。
b0005596_7363212.jpg

Iphoneでもこんなにきれいに撮れるのかとビックリした。
by gsfc_aoshima | 2014-11-29 07:37 | Trackback | Comments(0)

あすなろ大会決勝へ

3連休は怒濤のようなサッカー三昧!
けっこう疲れるずら。

最終日は午前中6年生以下の練習をしてから、洋光台第一小グランドでのあすなろ大会Lの部、準決勝戦を観戦応援する。

春は5年生の総力で初優勝。
連覇のかかった秋は予選リーグ初戦を敗れ、次戦も引き分け。3試合目をやっと勝ち、グループリーグが大混戦になったことでやっとこさ2位/4チーム中。
拾い物の決勝トーナメント進出。
その決勝トーナメントもPK勝ちやらなんとかで、2試合を勝ち進んでの、この日の準決勝戦である。

相手は六浦少年SCさん。
試合開始は五分五分で、後半こちらが少し優勢かなで、得点のニオイはほとんどなく、PK戦。
結果は3−0で、ここんところはきちっと決めてくれました。
いよいよ、連覇がかかる決勝戦は今度の日曜日。
たくさんの応援お願いいたします。
b0005596_704267.jpg
b0005596_703450.jpg
b0005596_702464.jpg
b0005596_6594869.jpg
b0005596_72414.jpg
b0005596_715679.jpg
b0005596_714895.jpg

付録ですが、アオクンちょっと首が試合開始前からおかしかった!!
大丈夫だろうか?
by gsfc_aoshima | 2014-11-26 07:03 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

天皇陛下に感謝とは

白鵬が九州場所で優勝。
32回目の優勝は大横綱大鵬に並ぶ。
そして土俵下の優勝インタビューでは

ー大鵬さんの教え、言葉の中からどんなものが頭をよぎっているか

 白鵬 天皇賜杯32回という大記録は、私、場所前から思っていたことがあって、皆さんにも聞いてもらいたいのですが、15年前に(体重)62キロだった小さい少年がここまで来るということは誰も想像しなかったと思います。この国の魂と、相撲の神様が認めてくれたからこの結果があると思います。そして明治初期に断髪事件が起きた時、大久保利通という武士が当時の明治天皇と長く続いたこの伝統文化を守ってくれたそうです。そのことについて、天皇陛下に感謝したいと思います。

この人、今は日本人なんだが、モンゴルだに!
なんだか、オラたち日本人が白鵬さんから学んじゃった。

いい国だと云うことだな。日本って!
ほんとにウルウル来る話だ。

それにしても62キロの少年を見つけてきた親方もスゴいけど、辛抱を重ねてきた白鵬さんはもっとすごいということだと思う!
本日もいい勉強をさせていただいた。
by gsfc_aoshima | 2014-11-24 18:40 | Trackback | Comments(0)

本牧にて

昨日AM、友人平塚さん宅にて歓談。釣り談義。
タコをジグで釣る話。
youtubeの動画を見て、釣りに行ってもいないのにハマっている二人である。
デビルワタナベさん、すごい!
タコパラ絶対購入したいと思っている。
こんなに簡単にタコつれちゃうなら、やらない手はないと考えているのである。
平塚さんはタコ用のロッドを作っていた。

ていうことで昼食は本牧漁港の市場食堂で、刺身定食(かます、ひらめ、すずきの3種盛り)。魚は新鮮。
刺身の他に2品、自由に取って、ごはん、お味噌汁、タクワン。
b0005596_7122333.jpg

この写真は他の方のを流用させていただく。800円ではなく850円。

こんな漁港でタコは釣れるのかいと思ったが、ここは釣り禁止なので、ちかくの本牧釣り公園に下見に行く。
平日なのに200人ぐらい。お年寄りが多い。
子どももいた。学校休んじゃってんだな。

ほとんどがサビキ釣り。
見るからに初心者がほとんどな感じ。あれでは食わない。
ここは1日いても駐車料500円、釣り料金900円なんで、ジジイは家には居づらいので、こういうとこに来ているのだと思った。
ゴルフは最低3人以内とダメだし、定年退職した働き詰めのジジイはなかなか家の周りに友達いないし、一人で出来る釣りは寂しいけど、外でノンンビリ出来る。

一人だけタコやってる人ーオラと同じ年代のジジイーがいた。
「タコですか?」
「えぇ?わかります?」
「わかりますよ!、その手の動き。たこ来てますか」
「きょうはだめですね!向こうの方で午前中2匹上がったそうだがね」
「ここは釣れるとこなんですか?」
「今年はたいしたことなくて200ぐらい。去年は350ぐらい。おれ、へただから」
「すごいですね!やっぱし手の動きが違いますもんね」

にたっと笑ってくれた。数聞いたわけではないのだが。
釣り人は話半分そしてその8掛けなんだが、それでもすごい。

平塚さんもやっぱしタコだなと!

岸壁の方はほとんどいなかったが、こっちの方が連れそうな感じがした。
きちんと整理整頓、荷物広げてお店を出している釣り人さん。
こんなに広げる?!
バケツ3つあり、水も入っていたが魚はいなかった。
b0005596_721833.jpg

皆さん、それぞれの方法で釣りを楽しんでいらっしゃる。
足元もいいので老若男女が楽しめる。いいことだと思った。やっぱしタコだなと。
by gsfc_aoshima | 2014-11-22 07:02 | その他 | Trackback | Comments(0)

セレクション

12/6はトップチームコブラのセレクションがある。
今回はチームホームページだけではなく違う媒体にも流して、多くの選手に来てもらおうと考えた。
本気に本気に上を目指していることが大事なんで!

1日100円はかかるけど、試みてみた。
県リーグからJ1まで幅広く、とりわけ地域リーグの情報にも詳しい「ココジェイ」というサッカー専門のホームページ。
赤で目だつようなバナーを作ってお願いしてみた。
どんなもんだろう。
たくさん来てくれたら、うれしい!!

それから12/6と13日はJr.ユースのセレクションもある。
こちらにもたくさんの小学生が来てくれたらなと思う。

うちのチームけっこういいチームだと思う。
外部から来る子の評価は高い。
灯台下暗しなのかもしれない。
うちのチームが当たり前みたいになっちゃって、良さが分からないのかもしれないのである。
by gsfc_aoshima | 2014-11-20 07:46 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

健さ〜ン!

花田秀次郎こと高倉健さんが逝った。

美空ひばりさん以来のショックです。
ちから抜けるよな。

昭和残侠伝での花田秀次郎の健さん、風間重吉の池部良さん。
人生となんぞや、日本人に大切なものはなんだ!とかを健さんの任侠映画から、おらたちは教わった。

任侠ものなのに、当時高校生から大学生だった若者を虜にした。
ただただかっこ良かった。
単なるやくざ映画ではない。
東大の学園祭のポスターにもなった。

団塊の世代のあこがれが健さん。

イラストレーター横尾忠則さんの健さんのポスター、今でも目に焼き付いている。
イラストレーターなる職業があるというのも知ったのも健さんのポスター。

健さんを銀幕でしか見れなかったけど、寡黙とか、不器用とか、想いとかかが伝わってくる。

残念でしかならない。
亡くなったニュースを川口の駅でネットで見て、なぜかその場で唐獅子牡丹を歌った。

義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい男の世界。
幼なじみの観音様にゃあ、オレの心はお見通し
背なで吠えてる唐獅子牡丹。

もちろんレコードは持っている。

江利チエミさんが歌っている唐獅子牡丹があった。
てんごくで仲良く二人でいるんだろうな。嫌いで別れたではないとの話しだし。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
合掌

by gsfc_aoshima | 2014-11-19 14:19 | Trackback | Comments(0)

ホンジュラスはなにしにニッポンへ?

日本代表はW杯にも出た(3連敗で予選敗退だけんど)ホンジュラス相手に怒濤の6−0。
すごくない?!

きっとマスコミやジャーナリストは賛美賛美の大合唱だろうな!
たぶん唯一、セルジオ越後さんを除いては!

ホンジュラスの選手に聞いてみたいよ
「Youはなにしにニッポンへ?」

「カイモノ!アキハバラ!!」

ひどいチームだった。
ラインコントロールゼロ。
うごきだしひどし、足は最初から止まっている。
こんなにコンディションの悪いチームは見たことないぐらい。
ていうか、やる気なしとしかいいようがない。
極東の日本はあまりにも遠すぎるのかもしれない。
直行便はあるのだろうか。
来日するだけでエネルギー消費してしまうのではないかい?

日本のオフサイド2 ホンジュラス1計3
どういうこと?

ホンジュラスのバックはラインを上げない。
フォワードは裏に走らない。
アコーディオンが伸び切ったような陣形で、これなら真ん中ドフリーでパス出せる。

数字が物語っている。
子どもの試合でもオフサイドが3ということはない。

J!のチームでも徳島以外ならみんな勝つと違いますか。
徳島さん、すみません。

ブラジル大会のメンバーにほとんど戻して、なにしたいんだろうか。
崇高な使命感や、綿密な計画性は全く感じられないのである。
by gsfc_aoshima | 2014-11-16 06:57 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

錦織選手強い!!

素人目に見ても、錦織選手強い!
とりわけ第3セットの強さ、もう半端ない。
圧巻とはこういうことを言うのだろうな。

解説の松岡さんは「あんなの打てない!」
とどめは「日本の誇り!」

まさにそうだと思う。

勝った瞬間は、小さなガッツポーズはしたが、勝って当たり前みたいな感じで
とどまることを知らない急成長のものすごさ。


ATPワールドツアー最終ラウンド 
錦織2(4−6、6−4、6−1)1フェレール

今夜もいいもの見せていただき、感謝です。
たぶん天才なんだろうが、それに上乗せの努力。
ただただ頭が下がります。
b0005596_133791.jpg
b0005596_1325526.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-11-14 01:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

保土ケ谷区民大会

11/9(日)玄海田公園グランドにて、5年生以下の保土ヶ谷区民少年サッカー大会決勝リーグが行われた。
予選の1〜3位パートと2年生以下のSL大会予選リーグの3試合を含めて計12試合を13時から17時まで。
大人のコートを半分にしての大会なんだが、11人制の5年生でもじゅうぶんいけるのだが、8人制で小2以下は相当大変だ。
2年生にはでかすぎるのだが、雨天でも出来るし、人工芝の状態も最高なんで、運営する側としては外せないグランドだ。
かつては小学校のグランドで大会を行っていたのだが、やっぱしこういういいグランドでやることがいいと思う。

おなじみハーフタイムは3分、試合と試合の合間は4分での超ハードスケジュールである。

わがGSFCの5年生は1位パート。
最初の帷子SC戦は完勝したが、優勝を決める藤塚キッカーズ戦は先制点を入れられ、苦しい戦い。
コーナーキックのセットプレーから同点弾を放つも、その後は決定的なチャンスも逃し、後半戦へ。

後半は相手の裏への攻撃に苦戦し、なかなかパスもつながらない。
日没間近のうす暗い状態で、2点を追加され万事休す。
受けて立ったらやられる典型的な試合だった。
また、勝てると思っているので、雑なプレーが目だつし、簡単にやればいいのに難しくしている。

それからリーダーがだれなのか、そのあたりがあいまいなのかもしれない。
苦しい時に鼓舞する人がいない。
サッカーってヤッパし難しい。いい経験になったと思う。
切り替えて次を目指せばいい。

小さいたけとやこうせいが身体を張ったプレーをしていた。
とりわけ、たけとの鋭いドリブルをしていたのが目についた。
この学年はキッズの頃から見ているが、集合写真を見比べると、ほんと、しっかりした顔つきになってきたなぁ。
こちらが年を食うわけである。ジャンジャン!!
b0005596_7514795.jpg
b0005596_7513699.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-11-12 07:52 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

保土ケ谷区民大会は2位

本日4時起きで、先々週の釣りの雪辱戦に強く誘われ、いやいや行くことにした。

逗子インターを出るところで、ヒマな釣り人でもある内藤様からお電話あり。
「天候不順になるので、船が出せないので中止になっちまった!」
内藤様は、若い奥様と別居して、現在葉山で一人住まい。
釣りしかやることないが一人では楽しくない。

オラにはサッカーあるんで、釣りもそうそうする必要もない。

そのままインター出てすぐUターンして自宅に戻る。

自宅にて書き物をしていたところ、またまた内藤様からお電話。
「明日予約したけど行かない?』
「今週忙しくて無理です!」


内藤様、友達少ないので誘うこと誘うこと!
来週は断われそうにないので、あんまし気乗りしないが行くことになるだろう。

葉山のボート釣りのカワハギもいいが、オラにはかつてのホームグランドでもある走水の方が釣果が上がるような気がするのだが。

30年前、毎週のように猿島の沖の、磯で黒鯛釣りに精出していた。
釣りすぎて、誰も食べなくなった。
その時の名人の写真がこれだ。オラダニ!
1号の道糸、6尺の鮎竿を中通しにしての一番小さい太鼓リール。
豆タンクのかにをえさの、ふかせ釣りである。
微かなあたりと極細の道糸でのやり取り。
鮎竿のしなることしなること! 海の中に胸まで使っての釣りは半端ない。
こんな釣りする人はもういないだろうな。
みんな名人だったと思う。

釣りの前置きが長過ぎて、区民大会の記事は明日にする。ジャンジャン!!
b0005596_10475230.jpg
b0005596_10474524.jpg
b0005596_10473670.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-11-11 10:47 | ジュニア | Trackback | Comments(0)