<   2014年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

縁日

縁日を侮っていた。お祭りでもないのに足の踏み場も無い状態。

昨夜はクラブハウスがある、権太坂・境木商店街の縁日が開催された。
5月から8月までの月末最終の金曜日に露天のお店が出て、お祭りでもないのに大盛り上がり。
ていうことで、オラたちもお店を出すことにした。
露天商の皆さんと被らないようにいうことで「きゅうりの1本漬けと長芋キムチ」の2本立てにした。
クラブ員のご父兄にもご協力を依頼。
きゅうり200本と長芋キムチ30セットを用意

3時半頃から長机を出して売り出す。
出だしはたいしたことも無く、反応も薄かったが、4時半頃からガンガン売れ出してあっという間に完売した。

あとはひたすら飲むだけとなり,至福の時間を共有した

子供たちも大勢顔を出してくれたし、中高生のクラブ員、OBたちも顔を出してくれた。
「お休み処」としての機能も果たしたし、トイレを借りにくる子どもも多かった。
とりあえず、商店街の一員になった気がした。
イベントがあるわけでもなく、単に露天のお店が並ぶだけだが、まあ人通りのスゴいこと。
来月もやってやろうじゃないの!!
きゅうりは500ぐらいいけるな。
b0005596_734446.jpg
b0005596_733580.jpg
b0005596_73267.jpg
b0005596_731130.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-05-31 07:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

6/1(日)から開催される全日本少年サッカー大会の予選、神奈川県大会中央大会出場チームが今朝の読売新聞に掲載されていた。

新聞はとっていないので、コンビニに買いに行く。
b0005596_632882.jpg
b0005596_632041.jpg

これって、みんなが頑張った成果だから、素直に喜びたい。
一つ一つ積み上げて行くことが大切だ。
2年連続出場ってけっこう大事だ。

新年度になってから、未だ無敗。
1発目でやられるのももちろん大有りだが、どこまで続くか、それも楽しみである。
by gsfc_aoshima | 2014-05-30 06:38 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

キプロス戦を見て

FIFAランク130位のチーム相手にここまで苦しむとは!

本田のコンディションの悪さが目についた。
ミランで試合に出られないのは当然だなと思う。
切れもスピードも無いし、あれでは、トップ下は失格。香川をトップ下に持ってきた方がなんぼかいい。
体幹の強さばかりが目だち、ボランチしか出れる
ポジションが無いのでは。
足元のパスしか出せないし、相手にとって脅威ではない。
あのFKはなんなの?ひどすぎる。
このチームのエースは岡崎で、決して本田ではないのだと思う。

柿谷もJリーグでの低調ぶりがそのままこの試合に引き継がれている。なんだかおどおどしているようにも見られるし、完全なスランプ状態で全く使えない。

内田も得点入れたけれど、重い。
代表選手を見ていると、上半身ばかりが目だつ。
小柄な岡崎や長友のような選手が体幹を鍛えるというのは分かるのだが、すらっとした内田や本田にあのボディは必要なんだろうか。
ヨーロッパの選手やアフリカの選手のような身体と日本人とは元々の作りが全く違う。
日本の「竹」のような、しなやかさとバネが必要なんだと思う。

また、ちっこいのばっかりで、長友がボールを持っていくら中に放り込んでも、でかさが違うので空中戦では勝てない。

ザックジャパン、けっこうヤバい。
合宿の真っ最中で身体が重いというのはあるにしても、相手のキプロスだって時差もあり、完全アウェーだし、条件はそんなに違わない。
W杯予選でも強豪国のいないグループでダントツのビリだったチームである。
それで、こんな試合しか出来ないようでは前途多難というしかない。






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-28 07:00 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

縁日

権太坂・境木商店街にクラブハウスをオープンして2ヶ月近く経った。
いろんな方のご協力で、とりあえず順調に推移しているのではと思う。
先週の日曜日はクラブハウス2階で気功教室。
まだまだ宣伝が足りないので、参加人数は少なかったが、定期的に行うつもりなのでこれからだと思う。
昨日はフラダンス愛好会の皆さんにご利用いただいた。
地域の皆さんに、ご利用いただくのも、日頃お世話になっているちょっとばかりの恩返しだ。

さて、この権太坂商店街は、日頃は全くの閑古鳥。
でも5月から9月までの最終の金曜日は「縁日」を開催している。これが商店街最大のイベントと言っても良い

なんだかたくさんの人たちがどこから来るのかというぐらい集まる。
テキ屋さんの露天もたくさん出て大にぎわい。地元の風物詩になっている。

ていうわけで、当日はクラブハウスはお休み処として開放することにした。
それから、テキ屋さんに軒先を貸すだけでは能がない。
自前で何か参加出来ないかということで、この5月30日(金)第1回の縁日ではとりあえず様子見なんだが、テキ屋さんとは競合しないということで「きゅうりの1本漬け」と「山芋キムチ」を販売することにした。
日頃、オラが大変お世話になっている浦和の「特定非営利活動法人けやきファーム」さんにお願いして
製造していただく予定だ。
大変美味しいので是非共、おたちよりください。

もちろん、クラブハウス2階では飲み会もオーケーですので缶ビールご持参でお越し下さいませ、
b0005596_737624.jpg







水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-27 07:37 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

昨日のサッカー三昧

b0005596_7422047.jpg
b0005596_7443611.jpg
常盤台公園グランドで開催された保土ヶ谷区大会Lの部(予選リーグ)の係員+試合でほぼ半日を費やす。
前日に続いて雨が降らず、予定通り無事開催することが出来た。
試合結果は6年生の横浜GSFC-Aが(2−0)FCオフサイド、(7−2)上星川SC
5年生の横浜GSFC-Bが(2−1)桜ヶ丘FC、(1−2)FC YSA

5年生は最後の詰めのところで、大きい6年生につぶされていて、勝ちきれなかったのが残念だが、6年生相手に健闘していたと思う。

6年生の上星川SC戦を残して、全日本少年サッカー大会の神奈川県中央大会の抽選会に出発。
藤沢・秋葉台体育館での32チームが出席しての説明会だったが、予選が31ブロックだったので抽選は残り2枚のうちの1枚をひく。
相手チームは厚木の名門・ゴールプランターズさん(通称GP)
6/1(日)綾瀬市スポーツ公園多目的広場第1(人工芝)
10:10 vsGP
12:40 vs横浜SCつばさvs津久井FCの勝者
組み合わせ抽選の結果はこちら

抽選会のあと、自宅に戻る前に横浜FC東戸塚グランドに立ち寄る。
県社会人1部リーグ かながわクラブvsYOKOHAMA FIFTYの偵察だ。
19:00からの試合開始だったが着いたのは20:00
後半が始まるときから試合を見ることができた。
観客はオラの周りには二人しかいなかった。お尋ねしたら1−0でFIFTYがリードしているとのこと。

十分すぎるほどのスリリングな試合で45分堪能した。
開始15分ほどなんだろうか、かながわクラブがゴール前の混戦から同点ゴール。
その後一進一退の流れだったが、ゲームメイクはかながわクラブの方が上だったと思うが、FIFTYのカウンター攻撃も速くて、見ていて飽きない好ゲームだった。

ロスタイム、FKからかながわクラブが追加点。勝負あったかに思えたが、FIFTYもあきらめずゴール前でのFK一閃。同点に追いついた。そして終了の笛。

だからサッカーはやめられない!!
見ているこちらも興奮。偵察のつもりだったが、それ以上にサッカーを堪能させてくれた。
今年のかながわクラブは昨年同様、いいチームだし、FIFTYの攻撃陣はけっこう脅威。
両チームともFKはやばいので、ゴール前での反則は失点につながる。

以上、スコアラーの感想です。
それから、他の試合は
平塚SC(2−1)六浦FC  フットワーク(2−0)さがみ大沢FC
六浦FCが負けたというのは驚いた。
大沢さんは3節終わって未だ勝ち星なし。どうしたんだろう。かなり気になるが、人のことを心配している余裕はない。うちも一戦一戦目の前の試合をこなすのみである。
何が起こるか分からないのがサッカー、あきらめないことが肝心だと思うし、昨夜の試合を見てさらに確信した。
最後の笛までボールを追いかけることが次の試合につながるんだと思う。






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-26 07:42 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

社会人コブラ
練習試合 拓殖大学G
16:30 vs拓殖大学

Jr.ユース
U-15リーグ LEOC横浜FCG
11:00 vsFC湘南JY
U-13リーグ 横浜緑園総合高校(横浜市泉区岡津町2667 )
13:30 vs大豆戸FC-B

ジュニア5年
保土ヶ谷区大会Lの部 常盤公園G
14:35 vs桜ヶ丘FC
15:55 vsFC.YSA

ジュニア6年
保土ヶ谷区大会Lの部 常盤公園G
15:15 vsFCオフサイド
17:30 vs上星川SC

全日本少年サッカー大会神奈川県大会
監督会議 秋葉台体育会
18:30 中央大会組み合わせ

ていうことで、今朝は欧州チャンピオンズ決勝でおおいに興奮。やっとそれも治まって、本日の予定は午後からジュニア保土ヶ谷大会の幹事。夕方からは全日本少年サッカー神奈川県中央大会の組み合わせ抽選会に出席の予定。


そして神奈川県社会人1部リーグは3試合が行われる
  フットワークク (18:45寒川中) さがみ大沢FC
  YOKOHAMA FIFTY (19:00東戸塚) かながわク
  平塚SC (19:05馬入人工) 六浦FC
昨年ダントツのかながわクラブが登場する。昨年は最初から飛ばして取りも取ったり4人で30点。今年もグイグイくるんだろうな。
YOKOHAMA FIFTYも今シーズンいい選手を補強して天皇杯も2次に進む。注目のカードである。

いやぁ〜!サッカーってやめられないのは間違いない!






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-25 07:49 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

大儀見さん

女子アジア杯準決勝は劇的な勝利だった。
澤さんのヘッドは、女子W杯決勝の同点ゴールと被るような見事なゴール。
日本中探しても、あんなヘッド決められる選手は男子でもそんなにいないと思う。
後日の証のために

そして岩清水さんの決勝ゴールもおまけに


苦しんで得た勝利、オーストラリア戦でも頑張ってほしいが、佐々木さんも結局のところ、W杯で優勝したメンバーに頼らざるを得ないということなんだろうな。

試合を見た感想は大儀見さんの穴が埋まらない。ここが泣き所かもしれない。
大儀見さんはチェルシーでも絶対的エース。
女子では今や世界No1のFWと言ってもいいぐらいの貫禄があるしアジアでは次元が違う。
そんな大儀見さんの動画があった。


大儀見さんのゴーール前の良さは必ず自分が入るスペースを一旦空けてスペースを作る。そして動きだしの早さは半端ない。いい勉強になる。
by gsfc_aoshima | 2014-05-24 08:12 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

コラソン戦その2

この日のカメラはゲームに登録されていないけが人である浅田選手に依頼した。
試合に間に合わない可能性もあったし。
前半を全く見ていないので、どのような展開だったかはわからないが、take-05さんのこちらをご覧頂ければおわかりいただけると思う
誠にもってありがたいことであり、感謝申し上げます。

今年のコブラのテーマは「失点しないサッカー」
そして自分の持ち分をまず全うする。
サッカーの原点に戻ったような気がする。

松永監督は通常のシュート練習でも枠に行かないことをいやがる。
とりわけポンポン上げることはタブーである。
足先の神経まで気持ちを込めろと!
下手な選手がカッコウつけたプレーをすると監督に大目玉「こらぁ〜!」
監督より上手い選手がいないわけでそりゃあもう仕方ない。実績が違うし、練習でもその片鱗を見せてくれる驚きの65歳。
そんな練習シーンが3ヶ月続いている。

効果は顕われ、チームは活性化した。
新人も大いに力を出せる環境になった。


たぶん試合全体の流れはこんなことだと思う。
けっこう徹底されているサッカーになってきたと思う。
これからは相手チームも研究してくるだろう。それを見越して我々もレベルアップして行く必要がある。
まだまだ始まったばかりだし、何が起こるかわからないのがサッカーだし、そうなったときのモチベーションの維持も大事だ。
すぐ落ちてしまうのもサッカー。
あきらめない気持ちがどこまで続くか。

昨夜の女子の中国戦はそういう意味でもいい勉強になった。
女子のサッカーから学ぶことってとっても多いのである。
b0005596_772950.jpg
b0005596_771756.jpg
b0005596_77753.jpg
b0005596_765642.jpg
b0005596_76471.jpg
b0005596_763770.jpg
b0005596_762789.jpg
b0005596_761118.jpg
b0005596_755621.jpg
b0005596_7543100.jpg
b0005596_753113.jpg
b0005596_752149.jpg
b0005596_75823.jpg
b0005596_745712.jpg
b0005596_744797.jpg
b0005596_743533.jpg
b0005596_742344.jpg







水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-23 07:14 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

全日本少年の予選ブロック決勝が終了後、茅ヶ崎から子供たちと電車に乗って保土ヶ谷まで。
バスで保土ヶ谷サッカー場に向かう。
すでに試合は後半も始まって5分以上経過していた。
暑い!
お客さん入っている!
チームのジュニアとJr.ユースは総動員。だいたい150名ほど。
キッズもいる。
チームスタッフ20名ほど。
ご父兄は幼児まで含めて30名
そしてOB,その他諸々の関係者、家族、友人、恋人、恋人未満で何じゃかんじゃで50名

そしてコラソンの関係者50名
総勢300名ほどのお客さま

ありがたいことだし、県リーグでこんなに応援していただけるのは感謝以外のことばがない。
それに応えるかのように、選手たちは躍動していた。
永田選手の決勝点はみごとなバズーカ砲だった。

松永章新監督は厳しい。手抜きのプレーには容赦ない。
でも、怒鳴り散らしても選手起用はフレッシュだ。
選手もわかっているので歯を食いしばる。

この日の勝利は大きいものとなった。
フィールドとスタンドに一体感があった。

神奈川の地域サッカーをサポートしてくれているtake-05さんがyoutubeにアップしていたのでご紹介。











水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-22 05:22 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(2)

4月26日から始まった横浜市春季大会予選リーグは5勝1分けの成績で1位通過。
そして全日本少年サッカー大会神奈川県大会が続いた。
市大会の勢いと、なんだかやれそうという意識がこどもたちにあったかどうかはわからないが、オラには少しではあるが自信があった。

11人制では、ほころびがあるが、8人制ではガチで出来るわけで、メンバーにもゆとりがある。
ゆとりというよりもむしろ、人数多すぎて、全員を出すことなんか無理だと思った。
ベンチで1日の子が数多く出る。

大会初日は1回戦で14人を出した。
2回戦は10人
もはや交代もこのぐらいが限度なのが現実かもしれないと思った。
まして勝ち上がるに従って、相手も強くなる。
オラの方針は先発で出た子は、ケガでもしないかぎりハーフタイムまではやらせる。
いくらミスしても変えない。
ましてミスはつきものだ。
市大会もそうしてきた。
それでも市大会は3日間とも全員で勝負出来た。

全日本はこうはいかないだろう。
最終日は準決勝と決勝
帯同する子は20名。総取っ替えしても4人も余る。まして相手は強いだろうし。

結果的には準決勝は14名、決勝は18名の選手を出場させることができた。
時間的な長短はあるが全員を出せた。
決勝はそのかわり5−0から4点入れられてしまったが、ハラハラドキドキすることも無く、時計を見ながら交代を進めた。
得失点の差が影響することも無いし、勝ちには変わりないので、あと1点になっても平常心でいられた。
なんだか、手駒がこんなにもあると楽しいとさえ感じた。
思っても見なかったことが出来たのがよかったと思うし、先発の選手たちのがんばりにも感謝したい。
5年生3人に尻たたかれてはいるがね!

この結果、15チームでの予選ブロックを勝ち上がり、中央大会進出を2年連続で決められた。
ベスト32に入ったわけなんだが、技術うんぬんはさておき、なんだか子供たちも成長したなと痛感する。

1年前にこのチームを任せられた時、全てに亘って最低な学年だった。
技術的にはボールリフティング100回出来る子はふたりしかいないし、これはやらせればなんとかなる。
それ以上にひどいのは、うまくもないのに人のことはけなすし、落ち着きは無いし、この際だから言うが「ろくでもないガキ」が多かった。

オラとの信頼関係もなかったし。うるさいじじいだなと!

それが1年かかって、曲がりなりにもミーティングでは、話をきちんと聞いていられるようになった。
まだまだ足りないところも多いが、技術もついてきて、試合も勝ち上がることで大事なことが少しわかってきたんだと思う。

全てに平等はなかなか難しい現実はあるにせよ、彼らの頑張りには期待している!
b0005596_6184398.jpg









水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-05-21 06:20 | Trackback | Comments(0)