ちょっと時間が経ってしまったが、後日の証のために、4/20(日)に行われた神奈川県社会人1部リーグ第1節の試合を振り返る。

4/20(日)平塚馬入公園G(人工芝)
県リーグ第1節
天気:くもり   キックオフ:19:05
試合時間:45分×2 
横浜GSFCコブラ 5(3−0,2−1)1 平塚SC
 GK1若田和樹 DF2松本碧 3大平潤 3笠原嵩太 26山田大貴 MF10大空昌宏 22山崎俊輔  39橋本龍太 5江成隆希 FW11安田暁 27関谷陽太

 交代 62分関谷→14武祐樹 67分安田→23本田完 76分山田→7浅田尚人 85分若田→友定大樹

 得点 20分橋本→関谷 24分橋本 33分安田→関谷 49分安田→関谷 61分平塚SC(PK)71分松本→山崎

相変わらずの独善的寸評
 GK若田 5.5 今まで見たことないようなファウルでPK。あとは無難だったが、気をつけよう。
 (友定) 7.0 若田を脅かすまでの好調さを発揮している。この試合もいい動きだった。
 DF松本 7.0 昨シーズン公式戦未出場だったが今シーズン大成長、期待したい。
 DF大平 7.0 ベテランらしい安定した守備で無失点に貢献。
 DF笠原 7.5 ロングパスが効果的だった。守備のリーダーに成長。
 DF山田 6.0 新人だが安定さを買われ抜擢も、パスの精度が今ひとつだった。
 (浅田) 6.0 昨シーズンの切れの良さはまだ戻っていない。追われる立場になったので奮起に期待
 MF大空 7.0 序盤は固かったが、その後は山崎といいバランスを保った。今シーズンも安定感抜群
 MF山崎 7.5 高い位置でのボール奪取が良かった。芸術的なボレーシュートで4点目
 MF橋本 7.5 新人ながらMOM並みの大活躍。切れの良さが光った。
 MF江成 7.0 強いフィジカルと縦への突破で先発に起用される。期待に応えた。
 FW安田 7.0 アシスト2と活躍もゴールが欲しかった。次に期待したい。
 (本田)6.0  新人だが中学生時代コブラで練習に励む。成長した姿が頼もしい。
 FW関谷 8.0 新人ながらハットトリックで大活躍。3点目のゴールのあと足が全く止まったがご愛嬌!
 (武) 6.0 守備では貢献も、攻撃では得点に絡めなかった。
 
 MOM 文句無しの27番関谷 
b0005596_831338.jpg
 
高校出たての18歳だが全くの無名。
顔は写真のとおり、しもぶくれだが、やる気と気持ちは持っている。
こんないい選手が埋もれていたかとビックリしている次第。
やる気のある若者集まれ!!
チームが誇る「松永再生工場」で甦らせます。

   





水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-30 08:37 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

横浜市春季少年サッカー大会・予選リーグの結果
6年生以下
4/26(土)会場:平戸永谷遊水池広場
横浜GSFC(6−0)FCカルパ
横浜GSFC(3−0)フレンドSC
4/27(日)会場:さえずりの丘公園
横浜GSFC(5−0)荏田東FC
横浜GSFC(3−0)さちが丘FC
これで4戦4勝したわけなんだが,失点ゼロというのを評価したい。
早々と予選リーグも2位以内が確定したようで、5/3(土)の最終日もきちんと乗り切りたい。

4年生以下
4/27(日)会場:さつきが丘小
横浜GSFC(10−0)元石川SC-G
横浜GSFC(5−2)東汲沢SC
これで4戦3勝1敗
4/29(祝)つつじヶ丘小での2戦に連勝すると決勝トーナメントが決まる。
たくさんの応援宜しくお願いいたします。

5年生は4/26にオーシャンズリーグ
横浜GSFC(1−5)FC南台

3年生は4/26にルーキーリーグ
横浜GSFC(2ー1)鶴見東FC
横浜GSFC(0−7)S.C.H

Jr.ユースはクラブユース神奈川県大会の1回戦が4/26に行われる予定だったが相手チームの棄権により不戦勝。

コブラは4/27日本体育大学との練習試合を行う。
横浜GSFCコブラ 7(2−0、3−0、2−0)日本体育大学サッカー部
こちらも無失点というのは評価したい。

いやはや、朝から晩までサッカー三昧で走り回っている。
元気な現場ばかりで幸せなこと、このうえない!
b0005596_571767.jpg
b0005596_57226.jpg










水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-28 05:07 | Trackback | Comments(0)

4/26(土)今日から始まる全日本クラブユース(U-15)神奈川県大会1回戦は相手チームの棄権により1回戦不戦勝。昨夜遅く監督からメール配信あり。
どういうこと?
相手チームのメンバー不足により、急遽棄権とのこと。かつて、オラたちもそういう危ない目にもあいそうなときがあった。人ごととは思えない。

5月3日が2回戦。これもまたジュニア6年生の横浜市春季少年サッカー大会第3日とかぶっている。

その春季大会が今日から開幕
予選6試合のリーグを今日と明日、そして5月3日での3日間。
いい準備も出来たと思っている。
選手のみんなの踏ん張りに期待したい。









水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-26 06:19 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

久しぶりの投稿!
オラは横浜市の保土ヶ谷区サッカー協会の会長を仰せつかっている。
保土ヶ谷区体育協会の理事会に出席するのと、保土ヶ谷区スポーツ祭りへのお手伝いと、保土ヶ谷公園でのお祭り、それから、グランド優先利用調整会議が主な仕事。
たいしたことをやっているわけではない。
もう6年もやっているが、またあと2年しないといけないことになった。
もっとちゃんとしないといけないと思い、保土ヶ谷区サッカー協会のホームページを作ることにした。

夜、しこしこやってたら出来たのでご紹介いたします。
皆さんに知らしめることがとっても大事なので「いいねボタン」お願いできたらと思います。

保土ヶ谷区サッカー協会ホームページはこちら

















水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_AOSHIMA | 2014-04-24 06:38 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

悲しいこと

昨夜、Jr.ユースのOBで二十歳になったばかりの若者がなくなったとの連絡が、深夜にあった。
昨日のお天気はほんと変な感じでいやだった。
寒いし、もやった感じでもあり、仕事帰りで立ち寄った東伏見の早稲田グランドも早々に引き揚げた。

そしたら訃報を知らせる電話。
朝早くの電話だったり、深夜の電話はいつも虫が知らせる。

オートバイでの交通事故。
つい先日、弟がJr.ユースを卒業したばかりだった。
お母さんもうれしそうだった。
ご両親の悲しみはいかばかりかと思うとことばが出ない。

クラブ創立以来、初めてのできごと。
若いのが先に逝くのはほんときついし、これほど残念なことはない。

光希君のご冥福をお祈り申し上げます。合掌
by gsfc_aoshima | 2014-04-19 07:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

木曜日は東伏見でお仕事もあるので、必ず仕事が終わったあとは早稲田のグランドに足を向ける。
男子が紅白戦を行っていたが、終わった後は女子の練習。
半面づつで男子はクールダウン、女子が基本練習に入る。

今年からは福島監督が就任。オラが1年生のときの福島先輩は4年生。
以来ずっとおつきあいをさせていただいている。
いつも笑顔を絶やさず、穏やかな方で、育ちの良さがこの歳になってもわかるというのはスゴいなと思う。

目の前で4年生のFW、一原さんがロングキックの練習をしていた。
スゴいなと思ったのはボールを止める技術が半端ないということ。
畏れ入谷の鬼子母神というのはこの子のことだというほど、ボールが足元から離れない。
FWの一角だそうで、今年の一原さんに大いに期待したい。

ボールをきちんと止められる技術、とりわけ、相手DFのプレッシャーを受けながらでの止め方なんかがとっても大事だということだと思う。

それから、一原さんは仙台の常盤木学園高等学校出身なんだが、ア式女子にはなんと8名もの選手が所属している。
全部員で34.5名しかいないので、その割合はスゴいと思う。
もっと驚いたのは、常磐木をはじめ、サッカー有名校を出た子は地元の子ばっかしではなく、全国から常盤木なんかに集まっているとのこと。

神奈川から鹿児島に行ったり、仙台に行ったりしているそうである。
だから、ア式の子のたくましいのも当たり前で、中学卒業して以来、ずっと親元を離れているんだそうだ。
卒業したら、海外でサッカーするというのもア式の女の子の流れになっている。
大滝さんはリヨンに在籍していたし、昨年の主将の千葉さんは現在パリサンジェルマンの練習生だそうだ。
今年の4年生でもうヨーロッパのチームに決まっている子もいるそうで、まあ驚くばかりである。

男子顔負けのたくましさ。
おおいに期待したい。

本日、またまた東伏見での仕事でいかなければならないが、またグランドに顔を出して2礼2拍1拝だな。
b0005596_913213.jpg







水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-18 09:02 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

合理性の高い仮説

今年の流行語になりそうである。

今まで捏造というのは、自分で持っていた石器を埋めて、さも自分が発見したかのような考古学者のようなことだと思っていたので、笹井さんの話を聞いて小保方さんはちょっと違うのではないかと思った。
捏造ということばだけが一人歩きした。
はっきりデータを示してstap細胞はありますと言った方が良かった気がするのだが。

突然理事長が出てきて記者会見。稚拙でどうしようもないおなごだ
調査委員会 撤回が適当
小保方さん stap細胞あります
笹井さん 合理性の高い仮説

まして別々での記者会見ってよくわからないのだけど
理研は組織じゃあないんだろう。
科学者同士が組織でまとまるのはむつかしいのだろうが、なんだかよくわからない組織。
最初に理事長がドカンと言ってしまったのを少しずつ修正しているようにみえるので、笹井さんもこんなおかしな発言になってしまったのだろうか?

このあと、事態はどうなって行くのだろう。
ハチャメチャになってきたような気もするし、小保方さん抜きでどうにかなるのかしら。

とりあえず、論文の書き方はやりかたはまずかったが、なんだか新しい細胞らしきものを作ったのは事実のようなんで、小保方さん頑張れ!
あの考古学者とは違う!





水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-17 06:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

今朝のラジオのNHKニュース

川崎市が昨年度1年間に測定した自動車の排気ガスなどに含まれる二酸化窒素濃度が、測定を始めた昭和49年以降初めて全ての測定地点で国の環境基準を下回った

これってスゴいことだと思う。
昭和49年はオラが就職した年だに!!
オイルショックでトイレットペーパーが全くなくなった時期だと思う。

川崎市は京浜工業地帯の中心で、大気汚染により、公害が発生して深刻な都市だった。
オラたちは忘れてしまったが、それからずっと地道な取り組みをしてきたんだろう。
新卒で市の職員になり、定年過ぎてまで一生涯これに取り組んできた人がいた筈だ。
スゴいことだと思う。

どこかの国でスモッグまき散らしている国にこういった人たちを派遣したいぐらいだよ。
世界第2になったとかといってやりたい放題の国なんだが、霊性は低いにちがいない。

スモッグで困っている国に手を差し伸べる手法さえ考えれば、新たなビジネスチャンスが生まれるのだろうな。
東京都が水道局事業で各国に売り込んでいるように。


川崎市職員の皆様ご苦労様です。
自動車業界を始めそれに応えた民間企業の皆々様にも感謝です。
オラたちも確実に恩恵にあずかっていることだと思う。
澄んだ空気、いいね!!

今朝は手堅くまとめさせていただきやした!!





水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-16 07:56 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

4/13(日)ジュニア6年生の試合に帯同し、こどもたちを載せて地元に戻ったあと、ひとり、日吉の慶応大学グランドに向かった。
この日は慶応大学ソッカー部さんと45分を3本。
ついた時にはすでに1本目が終わって2本目に入っていた。

松永監督が燃えていた。
早稲田との練習試合も異様に気合いが入っていたし、この日もいつもと違っていた。
なんだかわかるような気がする。
自身、早稲田の監督もしていたし、相手チームのスタッフには松永監督を知った人間もいるわけで、恥ずかしいことは出来ない。
自分が引き連れてきたチームということもあるし、プライドもある。

そのあたりをうちのチームの選手がどこまでわかってプレー出来るかだと思う。
2点怒った。
GK若田。押し込まれた時、大きく蹴っておけば良かったのにつなごうとして味方にパスを出した。これをカットされての失点。相手選手もこちらの陣地に大勢いたので無理してパスでもなかった。

DF勝。ペナの中、ゴールライン近くで攻め込まれ、ぬかれそうになりスライディングタックルでPK献上。GK友定のファインセーブで失点にはならなかったが、これも怒った。
「ペナの中でスライディングするな。ぬかれたからってゴールになるかどうかわからないだろ。オレの顔に泥を塗るのか」
松永監督は現役時代、センターフォワードで多くの反則を受けた。悪質なプレーで何度も骨折をしたりしている。やられてもやらない身上のサッカー選手だった。
だから反則を極端に嫌う。無意味な反則をしたら今年は使ってもらえない。

要は危ないときの鉄則やら安易なバックパスをしない等の基本的約束事項をしっかりおこなえば、失点も最小限に抑えることも出来るだろうし、そういうサッカーをやれということなんだと思う。

結果は3−4で敗れはしたが、いい緊張感の中で試合が出来たと思うし、この2ヶ月監督が目指しているサッカーが少しは体現出来てきたようだし、試合での修正点もはっきりしている。

開幕戦はベテランがどこまで若手を引っぱって行けるかだと思うし、ベテランがチームを引き締めないといけないと思う。
新生コブラ、松永丸はいい船出ができる感じがしているのはオラだけではない気がする。
チームが変わったと断言出来る。
b0005596_8115123.jpg


松永監督は試合後、最後までひとりグランドに残り、ベンチ脇でランニングしていた。

紅白戦では普通に入っていても違和感が無い。頭が真っ白なのがみんなと違うだけで。
田舎の高校で初めて松永章選手を見たときの感動は未だに目に焼き付いている。
無敵の藤枝東、高校日本代表を5人も出しているのにその中でもひとりだけオーラが違っていた。

50年近く経った今でもその輝きは失われていない。
60代では日本一のプレーヤーというのは間違いないし、これほどの情熱を持ったサッカーマンは見当たらない。
よくぞ、うちみたいなチームの監督を引き受けてくれたと感謝のことば以外に何も無い。
ありがたいことである。






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-15 08:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

練習試合vsFC野庭

4/13(日)午前中はFC野庭さんとの練習試合に帯同。
土曜日の紅白戦の出来があまりにも悪く、声も出なかったしいいところも全くなかったが、一夜明けたらけっこう違うチームになっていた。
試合前の練習で、声が出ていたのでちょっぴりいいなと思ったし、観戦のご父兄の数も多く、いいとこ見せないといけない心境なんだろうか?
ここで頑張んないと26日から始まる横浜市春季大会の試合に使ってもらえないし、やるしかない。

春季大会が11人制なので22人をきっちり交代無しで20分ゲームを6回プラス15分1
A(0−0)B(1−0)A(3−1)B(2−1)A(7−2)B(1−1)A(1−2)

毎度、簡単な指示しかしない。
いろいろ言っても無理なのはわかっている。
守備のラインコントロールと攻撃ではワンツーで走ってもう一度もらう。
このぐらいの年代だとワンツーさえきちんと出来れば簡単に相手を置き去りに出来る。
第5試合ではそれが上手く出来た。

ABともに80点ぐらいの出来だったが、最後の試合はいただけなかった。
大量得点を入れたあと、相手をなめるとこうなるという典型的なサッカー。
サッカーってどこかに絶対落とし穴がある。
きっと相手は悔しかっただろうし、がむしゃらに来る相手に受けて立ってはダメなのになめ切ったサッカーをした。簡単にやりなさいといったのに、守備のマークが甘い上にプレーが軽い。身体を張ったプレーが出来ていなかった。
サッカーにミスはつきものだから、そのことについては何も言わないが基本的な約束ごとだけはきちんとしないといけないと思う。

とはいえ、ケガ以外、交代が無いのでこどもたちも楽しめたと思う。
楽しくサッカーをするのが一番だ。お情けで試合に出たって楽しくない。
出した以上は20分はきっちり使ってあげるというのが大事だと思う。

課題がはっきりわかったし、今週末このあたりを修正して26日からのリーグ戦に臨みたい。






水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-04-14 07:53 | ジュニア | Trackback | Comments(0)