今週末のサッカ三昧

いよいよ2月に突入する。
ソチオリンピックももう間近。4年に1度の大会、その開催日にあわせて4年前からどれほどの努力をしてきたか想像もつかないほどすごいことなんだが、皆さんガンバって下さい。

この2、3日妙に生暖かい。
週末のお天気がもってくれることを願うばかりである。

さて今週末のサッカー三昧ーもちろん盛りだくさんである。

社会人コブラ
2/1(土)日産追浜G
練習 10:00
 この日から高校の決まった中学生がトップチームの練習に参加する。トップチームがあればこそのことでもあり、この子らが大きくなってまた戻ってきてくれれば、うれしさこのうえない。
2/2(日)三ツ沢陸上競技場
横浜市民大会 準々決勝
10:00 vsFC OFFSIDE

Jr.ユース
2/1(土)日野南中G
U-15リーグ
15:30 vs日野南中
2/2(日)LEOCトレーニングセンター
U-15リーグ
11:00 vs深沢中

ジュニア
2/2(日)みなとみらいスポーツパーク
5年 横浜市長旗杯 2回戦,3回戦
09:20 vsFC本郷
11:50 vs横浜北YMCA

日曜日は場所は近いのだが完全にトリプルブッキング。
どうしよう!




水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-31 07:09 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

詳しいことはわからないが、なんでもiPS細胞の作製に匹敵するような快挙を、早稲田卒の30歳の研究者が新型万能細胞STAP細胞の取り出しに成功したというニュース
その方は理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子研究ユニットリーダー。
聞いただけではなんだかよくわからないが、わかったのは、誰も信じてくれなかった常識やぶれのことをこの若き早稲田卒の研究者がなしとげたということ。
その凄さがどれほどのものかはわからないが、相当凄いんだろうな。
大学の教授でもなく、お医者さんでもなく、うら若き乙女がとてつもないことを成し遂げたということなんだろうな。
オリンピックの招致の佐藤さんといい、この小保方さんといい、早稲田の30代前半の女子のがんばりが目だつ。すんばらしい!!!







水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-30 08:20 | Trackback | Comments(0)

忙殺!

このところビジネス以外のことで忙殺されている。

ボランティアのことで、こんなにも時間が割かれて、なおかつアタマも目一杯使っている。
現場にも出ずっぱり。
よそ様から見れば「使っている」とは言えないぐらいのことかもしれないが、オラからしてみたら、けっこう来ている。

とはいえ、これもオラに課せられたお役目なんだと思っている。

とにかく1個1個解決していけば、未来も開かれるというもんだ。

頑張ろうと思っている。
朝から自分に叱咤激励!!





今日から始める、水素水生活 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-28 07:17 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

専修大学源平監督と懇親

1/21(火)早稲田ア式蹴球部同期の工藤と専修大学サッカー部源平監督の3人で懇親会。
源平さんとお会いするのは初めて。
専修大学を関東大学サッカーリーグ2部から1部に昇格させたら、2011年いきなり優勝。以来2013年シーズンまで3連覇。
専修大学旋風が吹き荒れているが、その総大将である。

1972年 清水市生まれでまだ40歳を越えたばかり。2005年から専修大学の監督を務めているサラリーマン監督。

仕事をきちんとやりながら、土日のみ大学サッカーに顔を出す。
それでこの快挙である。

専修大学サッカー部の躍進のカギは何だろうと思っていた。

3時間あまりの楽しい時間を過ごしたが、オラはすっかり、この青年監督のファンになってしまった。

専修大学サッカー部の平日は朝の6時からの2時間の練習のみ。
その後は授業に出るそうだ。
合宿所は小さく、3割の選手しか入れないので7割は自宅通学か近くのアパート。
朝4時に起きてグランドに来る選手も多いとかで、練習、授業そして夜9時には寝てしまう生活を4年間。

朝練習のことは噂では聞いていたが、実際話を源平さんからお聞きしてたまげた。
入部の条件は、朝の練習を4年間出来るかということだそうだ。つまり家族の協力も必要だということ。

朝練のみで授業に顔を出す。まさに文武両道とはこういうことを言うのだろう。
そして、選手も一流どころの高校生ではなく、その下の下ぐらいの選手ばかりだそうである。

高校生の時点の活躍だけではなく、4年間やったらこの選手はどうなるのだろうと考えながらアプローチをしていくのだと思う。
隠れた逸材を捜す能力に長けているのだろう。
自分で探してきて、育てる。もちろんリスクも自分で背負う。

「今年もやりますよ!」自信にあふれた言葉だった。

オラからは、選手を我がチームに送って下さいとお願いする。
これがもちろん、お会いした最大の目的だったのは間違いない。

日本のサッカー界にも素晴らしい人材がいる。大事にすべきである。




今日から始める、水素水生活 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-26 07:04 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

三ツ沢でのオチ

1/18(土)三ツ沢サッカー場での波戸引退試合=フリューゲルスの1日だけの復活を堪能し、出待ちで、外池、原田両選手を待つ。
とりあえず、声もかけれて再会を約す。
親友、中藤君を乗せて横浜駅まで行き、自宅に戻る途中、1本の電話。
横浜サッカー協会、山本専務理事からだった。
いつも大変お世話になってるし、一緒にシニアでサッカーもやったこともある。

「今どこ?」
「三ツ沢からの帰りですよ」
「三ツ沢戻って来れる?」
「なにかいただけるんですか?」
「そう!」
「うれしいじゃあないですか。今日の試合のグッズかなんか!」
「あんたの財布!」
「..............................えぇっ?!!」
「スタジアム正面の駐車場に落ちてたそうだよ」

ていうことで財布がオチていたという、つまらないオチですみません。

僕は、「人生ついている人間」だと思います。
ていうか、日本人に生まれたことがついているということでもあり、日本人は素晴らしい国民だということだと思います。
警備員さんありがとう!

飛び丸クンの帽子をかぶっているおじさんもいた。
これをかぶって15年前は試合観戦していたんだろうな。
15年の歳月は、長かったに違いない。感慨深いものがある。
チームはなくしていけないということだと思う。
b0005596_7585284.jpg


今日から始める、水素水生活 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-20 07:59 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

30年来の友人で我がチームのエンブレムやらロゴを作って下さっている平塚さんと三ツ沢サッカー場に行った。
平塚さんとサッカーを見るのは1999年1月1日の天皇杯決勝フリューゲルスvsエスパルスの試合以来である。
あの時は奥様も健在であり、外池君を含め5名で原田選手を応援しにいった。
15年の歳月(12年ではなかった)があっという間に経ってしまったが、昨日のゴール裏には確かにフリューゲルスが存在した。
波戸フレンズvsALLマリノスだと思ったら、やっぱしフリューゲルス

皆さん、思い思いのユニホームを着てフリューゲルスのフラッグを掲げていた。
よくまあ、宝物を出してきたような感じでもあり、なんでも鑑定団みたいな様相。
応援もマリノスのようなきりっとした応援でもなく、多少は古くさかったが、あくまでも15年前仕様であった。
サポーターの皆さんの感慨はいかばかりか。
試合終わったあとは皆さんがそれぞれ痛飲したのではと思う。
そのことを考えるとチームが吸収とはいえ、なくなったことは痛恨の極みだと言えるだろう。
15年間の想いを感じさせる光景でもあった。
試合を終えたときの皆さんの顔はすべてが笑顔だった。

ハト選手はハトトリックしちゃうし、それなりに面白かった。
選手の皆さんもこれだけのメンバーが一同に会して試合するのも15年ぶりだろうし。
年はとってもみんなうまかった。原田選手もうまかった。
外池選手も45分出場したがけっこう足に来ていたが、このゲームのTV放映の責任者だからそれも仕方ないでしょう。
十分堪能した至福の1日だったような気がしますがオチがあるので、それはまた明日のお楽しみ!
b0005596_6513466.jpg
b0005596_6511810.jpg
b0005596_651898.jpg
b0005596_6505718.jpg

b0005596_764865.jpg

b0005596_6501519.jpg
b0005596_650237.jpg




今日から始める、水素水生活 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-19 06:59 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

本日、13時よりニッパツ三ツ沢サッカー場で波戸康広選手の引退試合が開催される。
驚くなかれ、そのメンバーはFマリノスのホームページから引用すると以下の通りだ。

マリノスAll Starzは
1999~2004年、2010~2011年に横浜F・マリノスで共に在籍した選手を中心としたメンバー

監督 水沼貴史
#1 榎本達也/#2中西永輔/#5小村徳男/#6柳想鐵/#7佐藤由紀彦/#8遠藤彰弘
#9久保竜彦/#10中村俊輔/#11岡山一成/#12波戸康広/#13坂田大輔
#14外池大亮/#15平間智和/#17端戸仁/#18清水範久/#19安永聡太郎
#21榎本哲也/#22中澤佑二/#30栗原勇蔵//#35河合竜二

そして波戸Friendsはもうびっくり
1995~1998年横浜フリューゲルスで共に戦った選手を中心としたメンバー監督 ゲルト・エンゲルス

#1楢崎正剛/#2森山佳郎/#3渡邉一平/#4大嶽直人/#5山口素弘/#6三浦淳寛
#7永井秀樹/#9吉田孝行/#11前田治/#12波戸康広/#13前田浩二/#14原田武男
#15服部浩紀/#16佐藤浩司/#17奥野誠一郎/#18高田昌明/#20中田一三
#22久保山由清/#25佐藤一樹/#26佐藤尽

フルーゲルスが解散して以来、初めてこれだけのメンバーが揃う。
まさにこれこそが、12年ぶりに行われる横浜ダービーではなかろうか。
フリューゲルスのサポーターにとって、解散以来、初めてのことであろうし、涙がでるのでは!
波戸選手の引退試合というよりもフリューゲルスのお披露目といったほうがいいだろう。
まさに涙がちょちょぎれる。

てなわけで、昨夜はフリューゲルス側とあえて呼ばせていただくが、14番原田選手とマリノスの14番外池選手を含め、フリューゲルスの熱狂的サポーターでもあった、西山さん、中藤さんを交え5人で食事をした。

羽田に着いた原田選手を後輩外池選手が迎えにいき、横浜は山手のおなじみ「李園」で久しぶりの再会を喜ぶ。
この李園はかつて原田選手がフリューゲルスに在籍していた時よく通ったお店でもある。
武男クン「12年ぶりですよ!来たかったです」

ということで話の流れで、オラも本日、この試合を観に行くことになった。
こんなこと、これからあるかどうかもわからないし、原田、外池両方出るし、この試合をTV中継するスカパーのプロデューサーは外池クンだと言うし。

李園のマスターも含めて記念写真を撮り、充実した一夜を過ごしたかに見えたが、最後にとんでもない落ちがある。
帰り道で左折した時、縁石に左後輪を当ててしまった。
すぐさま空気が抜けて、動かなくなる。
寒いし、暗いので保険会社に電話し、緊急要請!
スペアタイアをつけてもらい家に着いたのは今日の1時を軽く廻っていた。

b0005596_7435883.jpg




今日から始める、水素水生活 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

by gsfc_aoshima | 2014-01-18 07:43 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

朝から夜まで、それなりに忙しく充実も、夜は寒い!
朝方のグランドは霜が降りてカチカチ、日が昇ってドロドロ、午後は少し 乾いてきて、夜また固くなる。とりわけ夜のグランドでのシューズの足先はそりゃあもう、泣いちゃう。

社会人コブラより
1/12(日)国学院大学G(クレー)
練習試合
 18:30(1−3)ブレッサ相模原

Jr.ユース
1/11(土)常盤台G
練習試合
 (5−3)シュートJr.ユース
1/12(日)日野南中G
U-13リーグ
13:00(vs)ASAHI

ジュニア
1/12(日)立野緑地スポーツ広場
6年生:県大会2回戦
予選リーグ
 12:40(0−1)鶴嶺FC
1/12(日)中津川スポーツ広場
4年生:県大会2回戦
 12:20(5−0)荻野SS
1/13(月)古市場多目的広場(多摩川河川敷)
5年生:A-LINE
 09:00(5−1)鶴が台
1/13(月)高舟台小G
3年生:ルーキーリーグ
 13:30(1−4)大豆戸FC
1/13(月)権太坂小G
1年生:KCFA杯
 09:00〜13:00フレンドリー
b0005596_748265.jpg

b0005596_7484759.jpg
b0005596_749823.jpg
b0005596_7492464.jpg
b0005596_7493360.jpg




水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-01-14 07:49 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

本日のサッカー三昧

いよいよ小学生の本ちゃんの大会、神奈川県少年サッカー選手権大会が今日より始まる。

それぞれのカテゴリーで大きな変革がある2014年がスタートを切った。
あっと驚くクラブに変わるのは確実だ。
現在、最後の調整と、1年がかりの変革がいよいよである。
2020年までの青写真も夢ではなく、現実のものにしてみせようぞ。
お楽しみはもうちょっとお待ちいただければと。

それでは本日のサッカー三昧 
社会人コブラより
1/12(日)国学院大学G(クレー)
練習試合
 18:30(vs)ブレッサ相模原

Jr.ユース
1/12(日)日野南中G
U-13リーグ
13:00(vs)ASAHI

1/12(日)立野緑地スポーツ広場
6年生:県大会
予選リーグ
 12:40(vs)明治SSSvs鶴嶺FCの勝者
1/12(日)中津川スポーツ広場
4年生:県大会
 12:20(vs)ACミラレーゼvs荻野SSの勝者
1/13(月)古市場多目的広場(多摩川河川敷)
5年生:A-LINE
 09:00(vs)鶴が台
1/13(月)高舟台小G
3年生:ルーキーリーグ
 13:30(vs)大豆戸FC
1/13(月)権太坂小G
1年生:KCFA杯
 09:00〜13:00未定



水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-01-12 08:13 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

興味はあるが

新潟県佐渡市で8日、無脊椎動物としては最大級のダイオウイカが生きた状態で見つかった。足まで含めた体長は4メートルほど。ダイオウイカの生態は謎が多く、新潟県水産海洋研究所の片岡哲夫副所長は「死骸が...
昨年、NHKスペシャルでダイオウイカの特集番組が組まれ、あのでっかいイカのなんともいえぬ目が大きな話題になった。
オラもたまたま見たんだが、久しぶりにNHKに興奮!

そしたら年が明けたら、死んだダイオウイカがかかったり、今度は生きたダイオウイカが定置網にかかったそうだ。

今までまったくといっていいほど網なんかにかかってこなかったこのイカが、こうも頻繁にかかるって、なんだかやばくない?!
と、思ってしまう。

日本を取り巻く深い海のなかで、なんだか異変が起こっていると考えちゃうのは、心配し過ぎなんだろうか。
天変地異には、やっぱし用心だし、災害は忘れた頃ともよくいわれる。
地球環境には、人間の力なんて全くの無力なんだが、用心に越したことはないと思う。


水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」
by gsfc_aoshima | 2014-01-09 08:50 | その他 | Trackback | Comments(0)