グランド設営

本日、8時半より、東名高速道路厚木インター至近の海老名コカコーラグランドで、相鉄カップ少年サッカー大会が開催される。
昨年より、参加させていただいており、今年も招待状をいただく。
ありがたいことなんで、進んでグランド設営に協力する。
7時より2面グランドを作るのだが、もう出発しないと間に合わない。

こんなに早く出るのは合宿以来だが、外はまだ暗く、お月様も出ている。
行ってまいります。
by gsfc_aoshima | 2013-11-30 05:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

今週末のサッカー三昧

いよいよ日曜日からは師走突入。
ぼけーっとしてても時はすぎるし、ハチャリキに動いても同じ時間でどんどん日が経つ。
ハシャリキに動こうと、自分に言い聞かせる。

さて、今週末も忙しいぞ。
社会人コブラ
11/30(土)三ツ沢陸上競技場
横浜市民大会4回戦
13:15(vs)SCレジスタ

12/1(日)国学院大学G
県1部リーグカップ予選リーグ第一戦
19:00(vs)ブレッサ相模原

Jr.ユース
11/30(土)光陵高校G
県U-13リーグ
14:15(vs)谷本中学

12/1(日)南戸塚中
練習試合
13:30(vs)南戸塚中学

ジュニア
11/30(土)海老名コカコーラG
3年 相鉄カップ予選リーグ
09:10 (vs) 海老名キッカーズ
11:50(vs)綾南オレンジ
13:50(vs)北の台SC

12/1(日)海老名コカコーラG
3年 相鉄カップ順位P

12/1(日)新横浜公園投てき場
5年 保土ヶ谷区民大会決勝リーグ
2位パート
12:45(vs)坂本SC
15:05(vs)YSA

12/1(日)野庭すずかけ小G
2年 FC野庭招待杯
09:458vs)丸山台SC
11:45(vs)FC本郷
PM 順位決定戦

社会人のカテゴリーではこの週末、関東社会人リーグ昇格のための準決勝、決勝が行われる。
すでに神奈川勢は敗退してしまっているが、オラ達は来年に向けてもう戦いは始まっているんだと自覚しながら、今週末を過ごしたい!
by gsfc_aoshima | 2013-11-29 07:27 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

富士山

日本人に生まれてよかった。
日本の国に生まれてよかった。
静岡県に生まれてよかった。
富士山が見える家に住めてよかった。

そんなことを感じさせてくれるのが富士山だ。
今日も一日ガンバレる。
b0005596_7151114.jpg

b0005596_7141875.jpg

iphoneで撮った写真だが、噴火しているように見えるのだが。
by gsfc_aoshima | 2013-11-28 07:15 | その他 | Trackback | Comments(0)

早稲田ア式主務からのメール
以下の通りだが、今シーズン関東リーグの結果をご披露することなく最終戦の結果をお知らせ。
関東リーグではなかなか優勝するのが難しい昨今だが、インカレは短期勝負だし、ア式がもっとも結果をだしている大会。
インカレとってくれ〜〜〜!
……………………………………………………………………………….
WMWクラブメール会員の皆様

お世話になっております。
本日行われました関東リーグ第22節専修大学戦の結果をお知らせします。

早稲田大学0(0−1 0−0)1 専修大学

〔得点者〕
39分 専修
〔スターティングメンバー〕

     宮本   榎本
     25   10  
近藤洋           近藤貴
  8            7
     中田   池西
      4    5
三竿             奥山 
 6   金澤   田中(進)  2
      3    13
        松澤
         1
〔交代〕
65 分  [out]25宮本 拓弥  [in]28石川 拓
79 分  [out]5池西 希    [in]18小松 聖音

〔レビュー〕
すでに専修の優勝、早稲田の2位が確定した中で迎えた関東リーグ最終節。
なんとしても王者専修に一矢報いるべく、海老茶の意地とプライドにかけて勝つと意気込んで試合に臨んだ。

専修は当初予想された攻撃的な3-4-3の布陣ではなく、比較的オーソドックスな4-3-3の布陣でスタートした。
これに対して早稲田は立ち上がりから積極的にプレッシャーをかけ、専修の強みを消しにかかる。
さらに、5池西、4中田らが相手ボランチからボールを奪うと、守備組織が整う前にスピーディーにゴールへ迫る。
しかし、先制したのは専修。
38分、早稲田FK後のカウンターから右サイドを突破されると、折り返しをわずかに専修13に先に触られ、一瞬の隙で先制を許す。

後半も前半に引き続いて早稲田が主導権を握る。
54分には相手陣でボールを奪った10榎本がドリブルで仕掛け、数的優位となったところで7近藤貴にパス。
キーパーと1対1となるも相手GKに阻まれ、得点を奪えない。
なんとしても得点が欲しい早稲田は64分に25宮本に変えて28石川、71分には5池西に変えて18小松を投入し、勝負に出る。
80分には右サイドをゴールエリア付近までえぐった10榎本がクロスを送るも、後一歩が遠くゴールを奪えない。
その後も終始ゲームを支配し、幾度となくチャンスを作るも、ゴールが遠い。
結果1点も奪うことができずに0-1で試合終了。
今シーズンのリーグ戦も専修に勝利を収めることはできず、2位で関東リーグを終えた。

◇◇◇
長きにわたる関東リーグを終えて、最終的に2位であり、OB、OGの皆様に誓っていた優勝ができなかったことを大変悔しく感じております。
しかし今シーズンはまだ終わっておりません。
最後に残された全日本大学選手権大会で必ずや優勝し、歓喜の瞬間をもたらしたいと思います。

〔次戦情報〕
全日本大学サッカー選手権大会
vs未定 (関西3位vs広島修道大学の勝者)
12月18日(水) 13:30K.O  @江戸川陸上競技場
東京メトロ西葛西駅から徒歩25分程度(1.7キロ)
東京メトロ西葛西駅から都バス臨海二丁目団地行「清新第三小学校前」バス停下車 徒歩約2分

皆様のご来場お待ちしております。
………………………………………………………

それにしても専修大学の強さはまさに本物。
リーグ開幕から最後まで一度も首位を明け渡していない。
ア式同期の工藤の話だと、守備は完全に目をつぶり、ひたすら攻撃。
こういうチームがあってもいいかもな。
監督さんも土日しか参加出来ないそうで、選手達が自主的に行っている。
それも朝、授業行く前に練習しているだけだなんて!

ア式も精力的な走りでいいチームだと思うのだが、専修の強さは半端ない。
by gsfc_aoshima | 2013-11-26 07:36 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

11/24(日)横浜国チビLL-2部決勝トーナメント3回戦が小雀公園グランドで行われた。
実は他の学年の練習に参加する予定だったが、小学校のグランドが急遽、工事のため、全く使えなくなり、全ての練習が中止となる。
時間が出来たので、観戦することができた。
会場周辺には駐車場が全くない。
ぐるぐる回ったが全くなくて、原宿の大病院の駐車場に入れる。
会場までは1.8キロ。
のんびりいい散歩が出来た。こういうのもたまにはだな。

対戦相手は三保小SCさん。
相手チームには、全く上手さは感じなかったが、前半ロングからまたやられた。後半もいいところまでいくのだが、シュートに力強さがなく、またまたカウンターから追加点。
くずされての得点シーンもなく、残念な試合運びだった。

とはいえ、ここまでの8試合、2失点は初めてだし、よく頑張ったとほめてあげたい。
着実にレベルアップしているし、今後がとっても楽しみだ。
連日のたくさんの応援ありがとうございました。

b0005596_6464151.jpg
b0005596_6462961.jpg
b0005596_6514255.jpg
b0005596_6513174.jpg
b0005596_6461852.jpg
b0005596_6461139.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-11-25 06:46 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

11/23(土)横浜国チビLL-2部決勝トーナメント2回戦が三ツ沢補助グランドで行われた。
LLクラスとは4年以下のチームである。
LLクラスは8人制で2チームが登録出来る。
春の市大会の結果で秋は2部制に分けられ、うちのチームはAが1部、Bが2部に振り分けられた。もちろん1チーム登録でも2部のチームはあるし、2チーム登録して両チームとも秋は1部ということだってある。
かつてのうちのチームは低迷時期が長く、Bが出れば予選リーグはダントツの最下位。Aでも勝てない時が続いた。
今シーズンの4年生の全体のレベルアップは顕著でBチームは、予選リーグ5勝1分け、勝ち点16得点17失点1という、見事な成績で予選リーグを1位で通過した。

Aチームも決勝トーナメントに進出したが三回戦でFマリノスに敗れている。

そして昨日の決勝トーナメント2回戦vs洋光台SCさん。
快晴の三ツ沢補助グランド、横断幕2枚張りぃ〜の、ノボリ立てぇ〜の、応援団勢揃い、選手のご家族は総出である。
そして孫の勇姿を見たさにジイ様バア様が杖を突きぃ〜の応援,親戚縁者、選手のガールフレンドも勢揃いのというのは、いずれも未確認ではあるが、とにかく大応援団である。

試合開始、圧倒的に責め立て、早々と岩崎選手のゴールで先取点。
何点入るかという状況ではあったが、なんだかその後は入らずじまいで、終盤にはGKのロング一本でまさかの失点で前半終了。

後半はコーナーキックからの寄せの早さで、2得点。吉田選手、有井選手のゴールだった。
3点目が入ったところで試合は決まった。

課題は、ロングに対する対応だと思うが、カバーリングも的確なので、期待が持てる。

本日、小雀公園で三回戦、準々決勝が行われる。
さあ、みんなして応援に行きましょう!
b0005596_781533.jpg

b0005596_712489.jpg
b0005596_71895.jpg
b0005596_704171.jpg
b0005596_701972.jpg
b0005596_6593572.jpg
b0005596_65832100.jpg
b0005596_6581645.jpg
b0005596_75541.jpg
b0005596_6574224.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-11-24 07:02 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

30年来の横浜でのお友達で、横浜でもおかしい人たちのひとりでもあるデザイナー平塚太一さんからのお願いで、あるホームページを作った。もちろん太一さんのもオラが作った。

ご依頼でなく、お願いなので、まったくの慈善事業である。

一昨日、丸一日15時間かけて完成したのが「語りの会 志摩明子さんをしのんで。」だ。
チャチャチャと作ってみた。オラも最近この手の作業は素早いと自画自賛。

志摩さんのことはオラは何も知らないが、横浜ボートシアターの創立メンバーで野毛の大道芸を支えてきた方らしい。
横浜の中村川にうかぶだるま船での横浜ボートシアターのことは、平塚さんから聞いていたので知っていた。

志摩明子さんという友達の友達が亡くなって、偲ぶ語りの会のコマーシャルホームページ。
より多くの方に見てもらえればうれしいし、2014年2月1日のにぎわい座の会場が満員になってくれれば、ちょっとばかりお手伝い出来た甲斐があるというものである
by gsfc_aoshima | 2013-11-22 06:10 | 人物 | Trackback | Comments(0)

ベルギー戦の裏で

ベルギー戦はあくまでも練習試合。
その裏ではW杯への最後の1枚をもぎ取ろうと熾烈な争いもあった。

ヨーロッパ予選のプレーオフ
ポルトガルvsスェーデン
第1戦が1−0でポルトガル(ホーム)
得点 Cロナウド
第2戦が3−2でポルトガル(アウェー)
得点 Cロナウド3 イブラヒモビッチ2

この二人、なんなの?しか出て来ない。
負けたとはいえイブラのFK、中学生でも手に当たったら骨折間違いない。
最近のこどもたち、骨弱いし!
ロナウド、解っていても止められない。異次元の早さ。
こんなチームとは当たりたくない。
ましてこんなイケメンありえない。
メッシやロナウドがいるようなチームに勝てるとはどうにも思えない気がするのはオラだけではないと思うがよ。


そしてアウェーで0−2と絶体絶命な場面で3−0で勝ち上がったフランス。
スゴいことである。
ジルーの試合前の言葉が次の通り
...............................................
W杯欧州予選プレーオフ(PO)は19日(日本時間20日早朝)で終了し、欧州最後の4チームが決定する。注目はPO第1戦でウクライナに0-2で敗れたフランス。「ピッチで死ぬ覚悟はできている」というFWジルー(アーセナル)を中心に逆転を期す。
.............................................
「葉隠れ」の精神がフランス人にもあったんだ。

2点目オフサイドぽいが、これもホームならではのことかもしれない。

マスコミはれいによって、日本代表を誉め称えているんだろうが、1点目の失点なんぞをしているようでは本番ではまともに勝てるとは思えない。
試合途中で交代させてもいいぐらいの凡ミスだ。練習試合なんだから。

外国の試合のアナウンサーの絶叫。解説者の出る幕がない。
松木さんはこれの方が向いている。
いやぁ〜サッカーてやっぱし面白い!!
by gsfc_aoshima | 2013-11-21 07:55 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

ベルギー戦

3ー2で勝つ。
勝ててよかった。
プロの世界、そして代表戦、勝ってなんぼだと思う。

それにしても素直に、感動出来ないのはなんなんだろう。

解説の松木さん、名波さん、もう要らない。
オランダ戦もそうだが、見たまんま。
いいゲームの品格を落としている
だまっていてほしい。

スタジアムでは解説あるわけでもなし。
もっとスタジアムの音を出してくれたほうが臨場感がある。

アナウンサーも解説もない、スタジアムの声は最大限拾ってくれる裏番組をやってくれてもいいと思った。

松木さんの名誉のために云っときますが、解説しなけりゃ、ほんといい人だと思います。
良さが顔に出てるし、ヴェルディで苦労に苦労を重ねて代表まで登り詰めたひとですし。
ただ週に2回の松木節はきつい!

松木安太郎名言・迷言集ーもうベルギー戦のもアップされている
by gsfc_aoshima | 2013-11-20 07:08 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

保土ヶ谷区民大会やあすなろ大会で感じてたこと。

正確にボールを止めたり、正確に蹴れたりできない子は、子どもが悪いのではなく、それを是正させないオラ達指導者がだめだということ。

謙虚に反省して、これからの練習でやらなくてはいけないと思ったこと。

こうなりゃあ、子どもの足を持ってでも蹴り方教えようと思う。
いい蹴り方ができるまで。
基本ができれば技術がついてくる。
基本もできないのが、何かをやれといっても無理がある。
足が速い子は、ましてそれが、なおざりがち。

そりゃあサッカーは試合が一番面白い。
ミニゲームばっかしやらせても上手くなる子はいる。こういう子は何やっても上手くなる。
ボールだけ与えて、ほっといても上手くなる子は2割・8割の法則でいるだろう。

でもほとんどと云っていいぐらいの8割の子は、サッカー好きにはなるけど、基本技術が伴わない。
この8割の子にはまさに手取り足取りだと思う。

足首固めろといっても感覚で分からなければ、足首持って確認させる必要がある。
とにかく小さいうちにである。
走り方のおかしい子も修正しないとダメだと思った。

オラも今日から「日本の職人24時」を見習って、職人の技術を未来ある子に伝えることに決めた。
by gsfc_aoshima | 2013-11-19 07:40 | ジュニア | Trackback | Comments(0)