<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

1年前

今日で2月も終わろうとしている。
ブログのいいとこは、すぐ1年前やら2年前に戻れるところ。
1年前の今日はこんなことを書いていた。

..........................................
僕らは少し反省する必要があるかもしれない。
日頃からこういう表情が出させるように,指導する側もちったぁ考えないといけないのかもしれない。
やっぱしサッカーを楽しまないと。
指導する側も指示が多かったり注意が多かったり。
もう少しのびのびさせてあげることが必要なんだが、それにはどうしたらいいか!

やっぱし指導する側も、声だけではなく一緒にプレーし、汗を流すことではないのだろうか。
サッカー未経験のお父さんコーチがきれいに蹴れるということは出来ないとしても、一緒にプレーすることでサッカーの楽しさを共有することではないだろうか。
一緒にシュート練習をすることではないだろうか。
一緒にパス練習をする。

サッカーって口だけで指示できるほど簡単ではないのだ。
インステップキックでまっすぐに蹴るってとっても難しいのだ。
インサイドキックは立ち足は蹴る方向に向けて蹴り足は90度直角にするって、人間の動作としてはとっても不自然な行為なんだし、それを正しく自然のように出来るようになるには、見本も見せないといけないし、まさに手取り足取りでないとダメだと思う。
蹴り足をきちっとさせるには足首を堅くさせないと正しくは蹴れないのだし、それを子供に実感させるには口だけでは到底理解させられない。

..............................................................
1年経ってどうなんだろう。
蹴れるようになった子もいる。
まだまだという子もいる。
それから新しく入ってきた子も大勢だし。
それって感覚でそうおもうのだけかもしれない。
子どもの技術の向上やら、達成は、僕らがなんとなくわかっているだけではダメなんだろうな。
コーチもきちんと蹴ってるだろうか。
汗流しているだろうか。

その子どもの記録も映像も必要なンじゃあないかって!
1年前はこうだったが、今でもまだ直っていないとか。
動画がヤッパし必要なんだな。
本人を納得させるには。
ただなんとなくではダメだということだけははっきりしている。

達成ノートと動画記録だな。
コーチも共有できるものがいいよな!
by gsfc_aoshima | 2013-02-28 08:33 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

その3

社会人サッカー選手権のベスト8が決まった。
今週日曜日の準々決勝の組み合わせは

六浦フットボールクラブ(1部1位)-FCインフィニット相模原(2部4位) 馬入ふれあい公園(人工芝)17:15

エスペランサSC(3E1位)-YOKOHAMA FIFTY CLUB(2部2位) 〃19:00

ブレッサ相模原(1部3位)-六浦フットボールクラブセカンド(2部5位)綾瀬市民スポーツセンター17:15

初声FC(1部9位)-横浜GSフットボールクラブ・コブラ(1部2位) 〃19:00
  
準決勝(2013年3月10日)

この準々決勝に勝つと、先ず、天皇杯の出場が決定する。
第1関門であるし、1戦1戦が決勝のようなものである!
甘く見て、受けて立った瞬間にやられるのだ!!
by gsfc_aoshima | 2013-02-27 06:39 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

b0005596_7322447.jpg

この試合、両チームとも持ち味を出して、けっこういいゲームをしてくれた。
面白かった。
反則も少なく、サッカーがきれいだった。
80分間、緊張感を持って試合が出来たのではないかと思う。

うちの前半の出来は90点は付けられる最高ともいえる内容だった。
高い位置からのプレッシャー、ワイドの展開。
マイナス点は追加点を奪えなかったことぐらいだろうか。

コラソンは工藤監督のご子息二人が中心のチームで、よくまとまっているチームである。
スカウティングした試合の時は、ご次男の4番、是秀選手が出ていなかった。
ボランチに位置する14番のご長男光俊選手にボールを集め、そこから配球するパターンであったが、DFの中心でもある4番が出てきたことで、1列上がってより攻撃的になってきた。
ただ、サイドに固定されるよりもボランチから裏に出されたり、2列目に上がって来られたほうが、うちにとってはいやだったかもしれない。
そしてなんといっても12番のちょんまげ三田選手が先発で出て来なかったのはほんとにラッキーだった。
スタミナに難があるのだろうか?
後半20分頃に登場してきたが、案の定、きりきり舞いさせられた。
でかくて、ドリブルが早くてうまい。
後半あたまから来られたら、やられていたかもしれない。

後半の我がチームは絶好のシュートチャンスをふかしたり、シュートしなかったりで攻撃はちぐはぐだった。
シュート数は相手の方が優っていたと思う。
それでもゼロで押さえられたし、70点ぐらいだろう。
合わせて80点の試合内容としておこう。

リーグ戦では初戦か2戦目で当たる可能性がある。
次も勝つしかない!
b0005596_845580.jpg
b0005596_84408.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-26 08:05 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

神奈川県の社会人チームにとっては、とても大きな意義深い大会でもある、神奈川県社会人サッカー選手権大会にコブラが、3回戦から登場した。
昨年、この大会では初優勝しているし、なんとか2連覇したいと思っている。
全国への近道の大会でもある。
相手のFCコラソンプリンシパルさんとは、昨年のこの大会の準々決勝で当たっているので、約1年ぶりの対戦でもある。
以下の通り

期日:2012.2.24(日)
大会名:神奈川県社会人サッカー選手権大会3回戦
会場:馬入公園G(人工芝) 天候:快晴 
時間:11:05(40×2)
結果:横浜GSFC Cobra 1(1−0)0 FCコラソン プリンシパル
先発メンバー 
1若田 6脇坂 11江口 4笠原 8小山 24押久保 26林 36矢澤 22山崎俊輔 18細田 13安田
得点 7分矢澤→安田
交代 70分小山→15江成 72分安田→7鴇田
sub  3大平 28永徳 32上條 31小林 パパ23 30澤田 39高橋
スタッフ 青島 理事江原 総監督笠原 監督秋山 コーチ江原 トレーニングコーチ中嶋 
     マネージャー高橋
その他 大空(出場停止中)田辺(長期療養中)

総勢29名で気持ち一つにして試合に臨んだ。
忘れてました!
サポーターの皆様。山崎父を筆頭にあとはきれいどころずらり!
ワッキーこと脇坂長男坊シュー君もグランドデビュー
写真撮るのを忘れるぐらい、父に似ないでめっちゃかわいい!!

この試合では横断幕3枚、ノボリ6本立てました。けっこう目だちました。
試合の中身については明日。
b0005596_7392134.jpg
b0005596_73979.jpg

b0005596_7385560.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-25 07:39 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

佐藤のゴール

昨日行われたゼロックス杯の広島vs柏のゲームは見ていない。

気功教室で瞑想していましたので!
ヒザが悪いので正式な座禅は出来ない。
途中、気持ちよすぎて深く入り過ぎ、寝てしまったかもしれない。
先生からは目を閉じた時に眉と眉の間に集中しなさいと言われたら余計眠たくなった。

ていうことで、youtubeで佐藤の得点シーンを探す。
左サイドからボールが来る前にもう、準備に入っている。
ボールが水本に渡る時には自分に付いていたDFとの間に一瞬にしてスペースを作っている。
この予測と準備というかスペースの作り方!
すんばらしいよな!

日本代表になんで定着させないんだろうか?
日本代表の最大の1不思議である。
単にザッケローニが佐藤のプレースタイルがあんまし好きでないんだろうか?
こんなありがたい選手がいたら監督は楽だと思うが。
ブンデスリーグでやらせたい!

相手がでかくても、スペースさえあれば小さくてもどうちゅうことはないという証明でもある。

by gsfc_aoshima | 2013-02-24 07:00 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

スイッチオン

月23日(土)今朝もいいお天気になりそう!
皆さんおはようございます。

今週もいろいろありましたが、スイッチを切り替えます。

本日、10時より日産追浜グランドでセレクションをかねた社会人の練習と、ジュニア1年生の練習試合に立ち会います。
明日は昨年優勝した神奈川県社会人サッカー選手権大会の決勝トーナメント3回戦があるので、今日の練習で上げてかないとね!

午後は久しぶりに気功教室に行って瞑想をしてまいります。
こういうことが大事かもな。

それから昨夜、東戸塚駅のプラットフォームで見た看板。
facebookにはもう投稿しましたが、ここでも話しちゃう。

ラファエロの美術展が500年めにして初めて日本で、3月から6月まであるそうです。
看板を見ただけで彼女に会いに行きたくなりました。
目に惚れました。
こういう感覚って興福寺の阿修羅像以来です。
ちょっとドキドキしています。
b0005596_7531773.jpg

彼女だなんて失礼でした。聖母様だったんですね。
by gsfc_aoshima | 2013-02-23 07:53 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

雪の八ヶ岳

2月20日清里、野辺山に行ってきた。
前日に横浜に雪が降ったわけだが、朝起きたら道路は乾いていた。
チームエンブレムのデザインをしてくれた30年来の親友で、横浜では知る人ぞ知る、ちょい悪親父のデザイナーの平塚さんとの日帰り旅行である。
なんとか出発できたが御殿場周りはチェーン規制になっていたので、第3京浜から環八、そして中央高速へ。
もちろん、900円も徴収される首都高は入りません。
環8で渋滞中、平塚さんがおなか緩そうというので、緊急にコンビニへ。
なんとか間に合ってよかった。

中央高速も須玉から清里方面へ行く道路は雪は融雪作業がなされているせいか、まったくなく快調だった。
清里のストリートは雪が除雪されていなくて、やばいのでUターンし野辺山へ。
国道から一歩入るともうツルツル!
これは大変と、3年前に買って一度も使ったこともないチェーンを装着。
なんだかんだで15分ほど費やしたが、馴れれば5分もあれば出来そうだ。
b0005596_6543179.jpg

野辺山駅は真っ白だ。
b0005596_655958.jpg

そして到着地の五光牧場は一面の銀世界だった。
b0005596_6554812.jpg

行きは談合坂のスタバでコーヒーを買い、帰りも談合坂のスタバへ。
行きでもらったレシートが役に立ち、100円でトールサイズが飲めた。
得した気分だった。
行きも帰りも最初から最後まで睡魔に襲われることもなく、ジジイ二人でしゃべり続けた一日だった。
こんなにしゃべったのはほんと久しぶりだったし、おらもけっこうおしゃべりだなと今さらながらの実感した一日でした。
by gsfc_aoshima | 2013-02-22 07:01 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

最近気に入った動画

2012年10月のボリビアのラパスで行われたマウンテンバイクの国際大会。
コース設定半端ない。あり得ないコース設定。
こんなとこをこのスピードで駆け下りるのかと!
優勝選手(スロバキアのFilip polcさん タイム2分32秒)のヘルメットについた小型カメラの臨場感はすごいです。
なにはともあれごらんじろう!!
出来たらyoutubuの拡大画面で。

「レッドブル主催の “世界一高い・都市下り坂レース”! 海抜4050メートルの高さから、1.6キロメートル下り、海抜3600メートル地点のゴールを目指すというもので、37人の出場者が優勝を競い合った。」
人間やればなんでも出来るということだな。
でもオラには出来ない。
ここで暮らすことも出来ない。階段多すぎて
by gsfc_aoshima | 2013-02-21 06:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

いよいよ社会人選手権

待ちに待った社会人選手権の出番が来た。
2/24(日)社会人サッカー選手権大会決勝トーナメント3回戦
会場は平塚馬入(人工芝)
vsFCコラソン・プリンシパル
時間は11:10キックオフ

何が何でも走り勝つ!
相手は勝ち上がってきているし、こちらはチャレンジャーだ。
甘く見たら当然、甘く見なくてもやられるのがサッカーなんだから。
初心忘れべからず。

勝ちに行く。
コラソンさんには大応援団がついてくるだろう。

応援宜しくお願いいたします。
by gsfc_aoshima | 2013-02-20 05:45 | Trackback | Comments(0)

神奈川県サッカー選手権大会決勝トーナメントが大変なことになっている。
1部のチームが総崩れなんである。
我がチームコブラは今週3回戦なんだが、1部の準々決勝進出チームは2チームしかいないという下克上状態なんである。
日の出の勢いのチームが多いということなんだろう。
県リーグ終了から相当日にちが経っているので、チームを作り上げている状態のチームが多いということなんだと思うが、それにしてもびっくらこいた。

1部のチームで準々決勝まで勝ち上がっているチームは六浦FC、ブレッサ相模原。
うちは24日のFCコラソン・プリンシパルさんとの難しい試合が控えている。
コラソンさんは1部昇格を決め、勢い真っ盛りだ。
勝ったほうが1部の初声FCと対戦。
つまり2チームで終わっちゃうかもしれない状態だ。

もちろん死にものぐるいだし、受けて立ったら必ずやられる。

2月24日から3月17日の決勝まで毎週の戦いが始まる。
昨年は3試合連続のPK勝ちを制しての初優勝だった。
まさにフロックで勝たせて戴いたようなもの。
今年も大変なことなんだが、チャレンジャーとして這いつくばってでも相手より1歩でも走り抜くという執念で戦ってほしいもんである。

選手、スタッフ一丸となって戦い抜こう〜!
サポートしてくれている大勢の子どもたちのためにも、何がなんでも勝つ!
本年もまた、たくさんの応援宜しくお願いいたします。
b0005596_9174766.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-19 09:17 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)