<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今年も終わろうとしている

あの東北大震災からの月日の経つ感覚の早いこと早いこと。
未曾有の災害から現地の皆さんは立ち上がろうとしていた時に、時の政権のやることなすことのひどさったら、あれは何だったんだろうか。

二度と民主党政権にさせてはいけないとさえ思う。
もう無理だとは思うが、とりあえず再確認しておかないと。
きついようだが消えてなくなってほしいとさえ思う。
比例で復活というような選挙体制はやめてほしい。
菅さんの顔を見なくて済むと思ったのに、復活とは!
まんが「こまわりくん」流にいえば、菅直人さんは「死刑〜〜ッ!」

史上最低の総理大臣が3代も続いてしまったわけで、取り返しのつかないほどの大きな代償を伴うことでもあった。
鳩山さんは選挙にも出れなかったし、ロケット乗って宇宙にでも。

安倍さんの講演で小泉元首相のエピソード。
僕は千秋楽の土俵で「感動した!」といったが、今では「菅どうした」

ドジョウは泥の中でいたらよかったのに、明るい所に出てはいけなかったのである。

被災地を廻り、「もう帰るんですか!」といわれしどろもどろに言い訳をした総理大臣。

避難所の皆さんとヒザつけ合うほどの距離で、同じ目線で応対される天皇皇后両陛下そして皇室の皆様方。
あまりの違いにぼくらは愕然。
あの総理大臣に比べたら町内会のおじいさんでももっと品格の高い人はいる。

国家国民のことを真に考えていられる本当のお姿が、国民を感動させるのだと思う。
両陛下にお会いするだけで日本国民は元気を頂けるのだと思う。
両陛下にお会いして、被災地の皆さんは、自分が日本人であり、日本人に生まれてよかったと感じたのだと思う。
霊性を高めるには、ひたすら感謝、そして祈ることだといわれている。
両陛下はその最たるお方なんだと思う。

政権をとった自民党が必ずしもいいとは思わないが、民主党に比べたらマシなのかもしれない。
安倍さんも、なんかたくましくなっているし、大臣の失言もなさそうな顔ぶれだし。
僕は行革担当大臣になった稲田さんには期待している。
女性初の総理大臣にもっとも近い方だと思う。
あの国会での演説は見事だったし。

とにかく、あっという間に年が明け、正月気分もないままに1月もどんどん進んで行き、2月だってあっという間、そして3月11日を迎える。

2013年はまさに国家国民のための政治をしてほしい。
by gsfc_aoshima | 2012-12-31 07:44 | その他 | Trackback | Comments(0)

香川と遠藤やっぱし輝いている

香川選手がプレミアリーグ、ウエストプロムウィッチ戦で2ヶ月ぶりに実戦復帰した。
久々の試合にも関わらず、グランドを十二分に走り回り、単純になりがちなサッカーに味付けをしている。
ボールタッチのうまさと状況判断はやっぱ、素晴らしいものがある。
味方の信頼もあるようだし、ボールがある所に常に顔を出している。
香川のよさは、早いカウンター攻撃の時でもスピードに対応出来る所だと思う。

年明けからのプレミアやチャンピオンズリーグがほんと楽しみだな。

それから遠藤のこのシュートの落ち方もすごい!
長年の努力の繰り返しがこういうシュートに現れる。
感動です!

by gsfc_aoshima | 2012-12-30 08:24 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

女子も快進撃!

ア式女子部主務越川さんからのメール。
以下の通り
.........................................................

各位

 平素は大変お世話になっております。
本日行われました第21回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)二回戦VS 神戸親和女子大学の結果をお送り致します。

 明日は準々決勝となり静岡産業大学と対戦になります。
今後ともご声援の程よろしくお願い申し上げます。
敬具
<第21回全日本大学女子サッカー選手権大会 二回戦>          
12月28日(金) 対 神戸親和女子大学
11:00キックオフ 40分ハーフ @三木防災公園陸上競技場
早稲田大学 3(1-0, 2-0)0 
得点者:38分大島茉、63分大宮、71分渡井
【メンバー】
         1鈴木
 2石田 12高木 4千葉梢 13大島茉
        7谷本
   27正野     6渡井
10大宮
   11八木     9瀬口
【交代】
ハーフタイム 27正野→18山本
後半14分  7谷本→3千葉望
後半29分  11八木→21小野寺
後半33分  9瀬口→19小林
後半38分  6渡井→8福沢
【戦評】
いよいよ今季最後の試合「インカレ」が幕を開け、シードの早稲田大学は二回戦からの登場となった。対戦相手は神戸親和女子大学。
霰が降りしきる中始まった試合は、なかなか早稲田ペースに持っていけず、ゴールが遠かった印象があり、
早稲田優勢で攻め続けるもののなかなか得点を奪えない。
その状態のまま前半が終わるかと思われた38分、SBの13大島茉から9瀬口へのワンツーで崩し、大島茉がゴール!
待望の先制点をもぎ取った。後半に入ると10大宮が追加点を奪い、試合の流れをものにした早稲田は、相手にスキを与えず守りきる。
また選手交代を積極的に行い、フレッシュな選手を起用することで攻撃の手を緩めず、後半26分に6渡井のダメ押しの3点目を決めた。
初戦ということもあり、スロースターターではあったが、最終的には早稲田らしいサッカーをすることができた試合であった。
 明日は準々決勝。連戦となり疲労も心配されるが、今日の反省を生かし最初から全力で戦うためにしっかりとした準備をしたい。

<今後の試合予定>
○第21回全日本大学女子サッカー選手権大会 
三回戦12/29(土) 11:00Kickoff vs静岡産業大学@三木防災公園第一球戯場
準決勝 1/4 (金) 11:00Kickoff@味の素フィールド西が丘
決勝 1/6 (日)  11:00Kickoff@国立競技場
ご声援の程、宜しくお願い致します。
.........................................................................

以上

インカレ女子も2回戦突破。
1月6日の決勝まで進んでくれたら、男子と並ぶ。
11時より女子、その後男子決勝。
そうなったら、クラブ史上初めての快挙となる。
頑張ってほしいな。
by gsfc_aoshima | 2012-12-29 07:45 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

赤鼻トナカイ

鼻の先っぽにおできが出来ている。トホホ!

鼻毛を抜いたのが良くなかった。鼻の粘膜が傷つき、そこにばい菌が入って化膿した。
先週、鼻が匂わなくて半年以上通っている耳鼻科の先生から定期検診の時、こう言われた。
鼻の中はばい菌の棲家なんで、むやみに鼻に指突っ込むなと。
鼻毛も抜くなと。カットしなさい。

ていうことで、化膿したおできの根っこが鼻の表面に出てきたのだろう。
鼻の中は痛みや腫れはない。

先っぽは痛くはないが赤鼻で腫れている。
先々週、幼稚園児のけいたが鼻を擦りむいて、トナカイの鼻だなんて笑っていたバチが当たったようである。
ことばに気をつけたい!

年内、ひっそり暮らそうと思う!
by gsfc_aoshima | 2012-12-28 09:51 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

来年度チームは大きく変わる!

12月26日、NPO法人設立の認証申請に必要な全書類を提出、受理された。
ここまで直すのかよいうぐらい、修正、修正また修正だったにせよ、ほっとした。

年明けの2月26日まで横浜市役所での縦覧。
4月12日までに認証・不認証の決定がなされる。

担当の方からは「3月20日ごろまでに認証がなされ、その後の登記手続きで、4月1日からの成立年度となりますよ」とのお言葉を頂けた。

相当うれしい!
この作業は大変だと思われたが、パソコンちょちょちょで、なんなく出来ちゃって、オラ的には楽勝だった
やっぱし、年季だな。
申請してみて思ったのは、自治会の任意団体から、法人格をもった団体に変わるということは、世間様に多少は認めていただけるということにも繋がるということなんだな


11月30日に宣言したチーム未来予想図、2020年のJFL昇格を達成するための第1の作業は終わり、次へのステップを考えないとね。

おらぁ、大真面目で考えてますんで!!
やるといったらやります。
by gsfc_aoshima | 2012-12-27 07:50 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

高校生マーチングバンド

第25回高校生マーチングバンドの全国大会の録画放映が12/22と23にスカパーであった。
素晴らしかった。
でもまだ、YOUTUBEにはそんときの模様はまだアップされていない。
いないがこんなのがあった。
精華女子の福岡県大会のもの。
全国大会の出来に比べると、比べようもないほど完成度は低い。
でも東京オリンピックのファンファーレは聴けるし、選手の皆さんの苦労も忍ばれる。
廣重せんせい、やっぱりすごい!


そして高校生の青春映画「スウィングガールズ」の名場面、楽器を購入するための資金稼ぎに無断で松茸山に入って猪に遭遇する場面。
面白すぎて泣けるよな。
いい映画だった。

by gsfc_aoshima | 2012-12-26 07:00 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ア式決勝へ

ア式主務、ポペイロ志望の吉川くんからの歓喜のメール。
以下の通り
...................................................................
WMWクラブメール会員の皆様

お世話になっております。

本日行われました全日本大学サッカー選手権準決勝の結果をお知らせします。

早稲田大学5(1−0 4−0)0鹿屋体育大学
〔得点者〕
早稲田:32分 白井、50分 島田、53分 榎本、73分 近藤洋、75分 富山
〔スターティングメンバー〕

     富山   榎本
      10     9  
近藤(洋)          白井
  11             28
     島田   野村
      5     7
三竿             奥山 
 6   菅井   山地   12
      2     3
        松澤
         1
〔交代〕
72分:白井→田中15
76分:富山→片山25
80分:榎本→秋岡17
〔レビュー〕
決勝進出を懸けたクリスマスイブ決戦。
対するは堅い守備で専修大学を敗退に追いやった鹿屋体育大学。
序盤、やや硬さの見られる早稲田に対し鹿屋が攻勢に出るも得点には至らず。
すると徐々に落ち着きを取り戻した早稲田は32分、自陣でのボール奪取から榎本がドリブルで駆け上がり右サイドにパス。
これを受けた白井が思い切り良く右足を振り抜きゲット。
白井の3戦連発弾で先制点を挙げ、前半を1点のリードで折り返す。
ハーフタイムに気を引き締め直して臨んだ後半、早稲田の攻撃陣が爆発する。
50分、右サイドからの奥山のクロスを近藤洋が頭で落とすと、最後は走り込んだ島田が左足で突き刺し追加点。
さらに53分にカウンターから榎本、73分には近藤洋が決め、最後は富山がゴールラッシュを締めくくり試合終了。
守備も無失点で切り抜け5-0で決勝進出を決めた。

◇◇◇

前半は鹿屋体育大学に強みを発揮され難しい展開となりましたが、後半開始早々のゴールでゲームを優位に運ぶことができました。
これまで取り組んできたトレーニングの成果が随所に見られ、決勝戦に向けて弾みのつくゲームになったと思います。
古賀監督の下チーム一丸となって目指してきた日本一まであと1勝となりました。
決戦まで約2週間、更なる向上心を持ってトレーニングに励んでまいります。
なお、本日の試合を持ちまして2012年の公式戦は終了となりました。
OBの皆様には今年も厚いご支援を頂き、大変ありがとうございました。
来年も変わらぬご支援の程、宜しくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えください。
〔次戦情報〕
全日本大学サッカー選手権大会 決勝戦
平成25年1月6日(日) 14:00キックオフ
vs 福岡大学(九州地区第1代表) @国立競技場
皆様のご来場をお待ちしております。

..................................................................................
この試合はもちろん観に行くつもりだった。
準備も万端だった。
でも家を出る寸前で中止した。
決勝ならともかく、準決勝でオラがオタオタすることもない。
オラッチだって、インカレ優勝しているわけで、インカレ優勝回数はどこの大学に比較してもダントツに多いわけなんで、大騒ぎすることもない。

着替えし直して小学1、2年生の練習に参加した。

それにしても5点はとり過ぎだが、相手になにがあったのだろうか。
トーナメントの大会だけに、警告累積やらがあったのだろうか。
専修を破った相手に勝つとは、うれしいじゃあないかい。
素晴らしいのは、どこからでも得点できるパターンやら選手がいることなんだろう。
ア式とは今シーズン2回試合をしているが、兵藤や山本脩人、鈴木修人、のいた年代と比較すると、こじんまりはしているが、部員全体のレベルが高いような気がする。

年明け早々の国立の決勝は是非是非、応援にいきたいと思っている。
よかったよかった!!
by gsfc_aoshima | 2012-12-25 07:21 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

みんな頑張っている

12/23(日)午前中は小学校1、2年の練習指導。
9月より月2回ほど利用させていただいている保土ヶ谷養護学校のグランドは広くて使いやすい。
キッズの子供たちの車での送り迎えも、駐車場が広いので可能でもあるので、概ねご父兄からも好評だと思う。
この際だから、お隣の光陵高校にも、久方ぶりにご挨拶にでも行こうかとも思っている。
ただ、なかなかこのスーパー進学校に入れるJr.ユースの子どもがいないのが、残念ではあるが。

この日は、3年生が父兄を交えてのサッカー大会が小学校であり、ママたちもボールを蹴られたとのこと。

4年生は栄FCジュニアからのご招待「栄ジュニアカップ」で優勝したそうだし、5年生も秦野FCさん主催の2012クリスマスカップで準優勝
朝から遠い所でのッサッカーなんだが、選手の皆さんがんばったよね!
いろんなことが想像できる。
平日の練習をよく見るのだが、全体的なレベルが上がっているというのが顕著だ。
年明け早々にも、横浜市長杯の開幕や、県選手権も始まる。
ジュニアの活躍はほんと楽しみだ。
by gsfc_aoshima | 2012-12-24 08:11 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式準決勝へ

平塚競技場でのア式vs札幌大学のインカレ2回戦を観に行くつもりだったが、オラん身内に不幸があり、急遽予定を変更し、静岡県袋井までいくことになり、平塚はなくなった。
悲しい報せでまったくもって残念だが、このことはまた別の機会にお話ししよう。

で、ポペイロ志望のア式主務吉川くんからは、歓喜あふれる内容でのメールが届く。
勝った時は、いずれにしてもご報告が早いのは世の常で、うれしい限りだ。
以下の通り
..............................................................
WMWクラブメール会員の皆様

お世話になっております。

本日行われました全日本大学サッカー選手権準々決勝の結果をお知らせします。

早稲田大学2(2−1 0−0)1札幌大学
〔得点者〕
早稲田:7分/26分 白井
札幌:21分
〔スターティングメンバー〕
     富山   榎本
      10     9  
近藤(洋)          白井
  11             28
     島田   池西
      5     20
三竿             奥山 
 6   菅井   山地   12
      2     3
        松澤
         1
〔交代〕
67分:富山→片山25
74分:白井→田中(太)15
87分:榎本→秋岡17
〔レビュー〕
強い風と雨に見舞われた準々決勝、対するは北海道地区代表の札幌大学。
前半はお互い手堅い立ち上がり。
しかし徐々に早稲田がペースを握ると7分、三竿のクロスの流れから最後は白井が押し込み先制。
序盤に1点のリードを得る。
その後は一進一退の攻防となるも次第に札幌大学のペースへ。
すると21分、札幌大学が早稲田陣内中央を攻め込むと最後はFWが裏に抜け出しシュート。
これが決まり同点、試合は振り出しに戻る。
しかし直後の26分、またも白井が魅せる。
左サイドから三竿、島田と繋ぎ白井にボールが渡ると、相手を冷静にかわしてゴール左に流し込み2点目。
リードを再び1点に広げ前半を折り返す。
後半、必死に同点ゴールを目指す札幌大学にやや攻め込まれる時間が増えるも粘り強い守備で対応。
その後追加点こそ奪えなかったものの1点のリードを守りきり試合終了。
西が丘での準決勝に駒を進めた。

◇◇◇
拮抗した厳しいゲームでしたが何とか勝ち上がることができました。
明後日、決勝進出を懸けて戦うのは専修大学をPK戦で破った鹿屋体育大学。
厳しい戦いを勝ち上がって来た強力な相手です。
次も一戦必勝の精神で闘ってまいります。
引き続きご声援宜しくお願い致します。
〔準決勝対戦カード〕
鹿屋体育大学vs早稲田大学
福岡大学vs阪南大学
〔次戦情報〕
12月24日(月・祝) 13:50キックオフ
vs 鹿屋体育大学(九州地区第2代表) @味の素フィールド西が丘(西が丘サッカー場)
皆様のご来場をお待ちしております。
..........................................................................
by gsfc_aoshima | 2012-12-23 07:55 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

クリスマス時期のサッカー三昧

マヤ暦は昨日を持って終了した。
何ごともなかったのでよかったよかった。
だから、うちのチームのサッカー暦も生きている。

とはいえ、何ごともなかったからと云って東北大震災をわすれてはダメだよな。
人間の力や科学だけでは解明できないことだらけだし、常に人間は謙虚でないといけないということだと思う。
大きな犠牲の上でオラたちは生かしていただいているわけなんだから。

とりあえず、そういうことを忘れないで、サッカー暦にいきたいと思う。
社会人コブラは、先週末の、横浜市民大会と県リーグカップで勝利して今シーズンの全てが終了した。
いい形で終えることができ、チームは来シーズン更に上昇できたらいいなと思っている。

たくさんの応援、ご支援ありがとうございました。
皆々様のご期待にそえるよう頑張りますので、変わらぬ応援、宜しくお願い申し上げます。

Jr.ユース以下は以下の通り
12/23(日) 横浜市立並木中G
U-13リーグ第6節  
 13:30(vs)エスペランサB
12/24(月) 横浜市立並木中G
U-13リーグ第7節  
 14:00(vs)笹下中学

ジュニア
12/22(土)太尾公園
6年 A-LINE
 11:00 (vs)太尾FC
12/22(土)末吉小G
5年 ルーキーリーグ
13:50(vs)元石川SC
15:10(vs)KAZU SC
12/23(日)旧野七里小
4年 栄カップ
 09:00 (vs)横浜栄H
 11:40 (vs)洋光台SC
 PM 順位決定戦
12/23(日)秦野市テクノスポーツ広場
5年 クリスマスカップ
 09:30 (vs)鶴巻ドラゴンズ
 11:10 (vs)秦野FC
 12:50 (vs)港北FC
 14:30  決勝戦
12/24(月)清水ヶ丘公園
6年 A-LINE
      (vs)品濃ウィングス
12/24(月)大庭遊水池公園
4年 練習試合
 09:00(vs)駒寄滝の沢
.......................................................
雨が降っているので今日は予定通り出来るかいささか心配ではある。
この時期の雨は試合はしない方がいいと思う。
今は、ちょっと体調に変化が出たらすぐお医者さんなんだが、昭和20年代や30年代は、熱が出たら、氷が入っていない氷枕と濡れ手ぬぐい。薬なんて飲んだことなかった。
切り傷には赤チン。
インキン,たむし、しらくもにはたむしチンキ。
下痢には正露丸。
こどもはみんな膝小僧が赤チンで赤かった。
富山の薬箱がどこの家にもあった。


薄着だし、雨でも関係なかった。元気だし強かった。
青っ洟はたらしていたけんどよ!
オラは中学時代、3年間靴下履いたことなかった。学校ではいつも素足だった。
だから今でも元気なのかもしれない!
by gsfc_aoshima | 2012-12-22 09:10 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)