<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ACL

アジアクラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)
決勝トーナメント1回戦が行われ、日本の3チームはいずれも敗退した。
後日の証のために記録する。

アデレード(豪州)1−0 名古屋グランパス
蔚山現代(韓国)3-2 柏レイソル
広州恒大(中国)1−0 FC東京

予選リーグで1位になれなかったためのいずれもアウェーの地。
厳しいよな!!

名古屋戦とFC東京戦をTVで見たのだが、とにかくシュートが枠に行かない。
とりわけ、FC東京はひどかった。
ふかす!はずす!そして中途半端なシュート。
あれじゃあ、勝てない。

広州恒大に至っては、年棒8億の選手とか、1試合当たりのチーム勝利給が7000万で、1ゴールひとり2000万とか、まさにバブルそのもので、やる前からのモチベーションも比較にならない。
ていうか、今の中国は国そのものもおかしいし、広州恒大は、その象徴だろう。
中国リーグで1位を突っ走っていたのに途中で、監督解任し、元イタリア代表監督でワールドカップを制覇したリッピが監督なんだから。
年棒10億で2年契約だとぉ!
めちゃめちゃなチームだけどな。
オーナー会社も次から次へと変わってるし。
共産主義なのか資本主義なのか、よくわからないし!
国土も広いし、人も民族も多いし、もう収拾がつかないのかもしれないな。

またまた、サッカーダイジェストでセルジオさんの辛口を読むことになるな!
by gsfc_aoshima | 2012-05-31 07:13 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

県リーグと日本代表戦

6月3日(日)
2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選SAMURAI BUREvsオマーン代表が予定されている。
19時30分から埼玉スタジアム2002
チケットはすでにソールドアウトで当日券も1枚もない。
相当な盛り上がりが期待される。
返りの電車はぎゅうぎゅうづめだろうな。

また、この日は
2012神奈川県社会人1部リーグ第3節かながわクラブ戦が予定されている。
19時00分から横浜海の公園グランド(天然芝)
もちろん無料だ。
海の公園グランドは出入り自由なのでどなたもただで優雅に観戦できる。
芝生でゆったりしているので、アベックが寝転んでのサッカー観戦も可能。
自然の緑とナイターが相まって、雰囲気最高。
いちゃいちゃしながらでも、まわりにあんまり観客も少ないと予想されるので許されてしまう。
八景島シーパラダイスの打つ揚げ花火も予定されているし、ここ一番彼女のハートを射止めたいという男子には格好のシチュエーションかもしれない。
目の前は遠浅の海なので、足をつけるのも良し、白いギター片手になんていうのもいいかも。
子犬を連れての観戦もできるという、なんとも素晴らしいシーンが想像できる。
それから駐車場は日曜でも、競技場のすぐ前に停められる。

コアなファンしか見には来ないだろう。
でもオラが若かったら、やっぱしこっちだな。
自然とイチャイチャ出来るなんて、苦労知らずなことでもある。

代表戦は録画でも充分だ。
代表戦で得点が入ったときだけは彼女と瞬間的に抱き合うことは出来るだろうがそこまでだ。

両試合とも、たくさんの応援宜しくお願いいたします。
どちらを選ぶかは貴男次第!!
前節のナイターでのYSCCセカンド戦 19:00 海の公園グランド
b0005596_732422.jpg
b0005596_732309.jpg
b0005596_7322048.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-05-30 07:32 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式、早慶戦で勝つ

ア式主務、ポペイロ志望の吉川くんからのメール
吉川くん、就職決まったのかな。ポペイロ人として。
なかなかいん!いんし、なかなか就職口もない。
以下の通り。
................................................................
WMWクラブメール会員の皆様

お世話になっております。
本日行われました関東大学サッカーリーグ戦第9節の結果をお知らせします。

早稲田大学2(1-1 1-0)1慶應義塾大学
〔得点者〕
早稲田:2分 田中(進)、88分 石川
慶應義塾:26分

〔スターティングメンバー〕

     富山   榎本
      10     9  
近藤(洋)       近藤(貴)
  30           8
     島田   野村
      5     7
三竿             奥山 
 6  田中(進) 菅井   34
      23    2
        松澤
         16
〔交代〕
70分:榎本→秋岡17
86分:富山→石川14

〔警告/退場〕
慶応義塾:
〈警告〉73分 7番、74分 10番

〔レビュー〕
今季初の早慶戦となった今日の1戦。負けられない早稲田は序盤から攻勢に出る。
試合開始早々、ゴール前にボールを運びチャンスを作り出し、連続して得たコーナーキックの3本目。
島田がファーサイドに放り込んだ球に合わせたのはこの日リーグ戦初出場を果たしたDF田中進之介。
関東リーグファーストタッチがゴールという華々しいデビューを飾り、早稲田に先制点をもたらす。
その後も早稲田が主導権を握る試合展開となるも、迎えた25分。
慶應に大きなサイドチェンジから自陣左サイドを崩さると、最後は中央で合わされ失点。同点に追いつかれる。
その後も一進一退の攻防を繰り広げるもそのまま前半終了。1-1で前半を折り返す。
後半は慶應特有の長短織り交ぜたパスを駆使した攻撃に主導権を握られるも大きなピンチを招くには至らない。
一方の早稲田も速い仕掛けで幾度かチャンスを作るが得点できず。
このまま同点で試合終了かと思われた88分、途中出場の石川が左からのクロスから頭で決めて勝ち越し。
劇的ゴールで試合を決定付ける。
その後3分のロスタイムを全員で耐え、試合終了。
終了のホイッスルとともに早稲田の歓喜が爆発。
ここ3年間勝利のなかった慶應に対し、まさに全員で掴んだ勝利となった。
◇◇◇
リーグ初先発の田中(進)と、今季スーパーサブとして虎視眈々と出番を待っていた石川という2人が見事に結果を残してくれました。
万全のメンバーが組めない状況でこうした選手が活躍してくれたことは、今後のチームにとっても大きな収穫です。
試合は宿敵慶應に対し我慢強く戦い勝ち点3を得ることができましたが、改めてまだまだ改善せねばならない点が多数あり、常にチームとして向上心を持って日々トレーニングを積まなければシーズンを通して勝ち続けては行けないということを痛感いたしました。
今日の勝利は既に過去のことです。
明日からまたチャレンジャー精神で頑張ってまいります。

〔順位表〕(第9節1日目終了時点)
順位 チーム 勝ち点 得点 失点 得失
 ①  中央   20    15  13 2
 ② 早稲田   19    18   10  8
 ③  専修   18    21   21   9
〔次節情報〕
関東大学サッカーリーグ第10節
vs 明治大学
6月16日(土) 13:50キックオフ @駒沢陸上競技場
尚、リーグ戦は本日を持ちまして一度中断となります。
来週の6月2日からは関東大学サッカートーナメント(総理大臣杯予選)が始まります。
2,4,6日の連戦は静岡の御殿場時之栖にて、勝ち進みますと9,10日は西が丘で準決勝、決勝となります。
今季初のタイトルがかかった短期決戦となります。
皆様の応援、是非とも宜しくお願い致します。
................................................................
以上

ア式とは、3月4日に練習試合を行ったんだが、その時にはこの石川くんと田中くんは試合に出ていなかったので当時はBだったと思う。
石川くんは日大高校、田中くんはベルマーレユース。神奈川出身がんばれ。
結果を出したよな。

チャンスをもらったらなにがなんでも結果を出す。
死にものぐるいでやるしか、競争に勝てない。
男は黙ってやる。
これしかないのである。
by gsfc_aoshima | 2012-05-29 07:44 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

週末のサッカー結果

まさに真夏日だった。
選手の皆さん、おつかれさまでした!
夜には女子バレーがセルビアに負けたんだけんど、オリンピック出場が決まったようで、負けても出れるというのが首かしげるが、とりあえず良かった。

それでは我がチームの週末の試合結果は以下の通り
トップチーム
練習試合 (5−3)FC GIOCO世田谷(東京都1部)会場:海の公園G

Jr.ユース
練習試合  A(11−3)FCオフサイド、B(5−1)FC緑 会場:常盤公園G

ジュニア
横浜市春季大会SLの部
Gチーム (1−0)上星川SC、(2−0)下野谷レッグス 会場:つつじヶ丘小
通算 4勝2敗 勝ち点12
Sチーム (1−2)さちが丘FC、(0−9)横浜すみれSC 会場:すみれが丘小
通算 2分け4敗 勝ち点2 7位/7チーム中

あすなろ大会SLの部 (0−1)野庭K、(3−0)夏山SC 会場:釜利谷西小
通算 2勝2敗 勝ち点6 3位/5チーム中
b0005596_8184274.jpg
b0005596_8182965.jpg
b0005596_8181966.jpg
b0005596_818766.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-05-28 08:13 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

本日バレーネタで

バレーボールの2012ロンドンオリンピック最終予選が始まっている。
東京体育館で行われているようだ。

いつもバレーの大会って日本で開催されているような感じがしてならない。
日本がバレーの総本山みたいな感じもする。
今は、女子が行われているのだが、毎回、前半は3連勝とかして盛り上がるのだが、だんだん負けが込んでくるのが常。
男子も最初は調子がいいが最終的には残念なポジションで終わる。
TVでも必ず夜、ライブで中継。
どうして日本はいつも夜やっているのだろうと疑問に感じたのでチョイと調べてみた。

これが大会スケジュールだ。
おいおい、日本だけは夜の最終戦の固定だ。
いくら開催国だとはいえ、これってありなの?
まして、会場は日本の完全ホーム。
ほとんど100%。
なんか、しゃもじならぬ風船棒みたいのを観客が叩いているけど、あれって皆さん買ってるのだろうか。
見事な応援だけれど、なんかTV局の意図みたいなのが感じられるのはオラだけだろうか。

もちろん、日本バレーが勝ってもらいたいのは当然だ。
でもなんだか、いつも感じられるのは会場の熱気が作られたものだというのが見え見えなんだな。

こんな過保護でいいのだろうかと感じてしまうがよ!
オラの考え過ぎなんだろうか。
会場に行っているわけではなし、あくまでも勝手な推測なんだがよ!
サッカーだって開催国はけっこう有利には働くが、だからといって、こうまであからさまなことはない。
こういう大会を開催する国が少なくなっているんだろうな。
それとよくわからないのがバレーのルール
勝ち点制がわからないので調べてみた。
..............................................................
順位決定方法
「3-2-1ポイント制」という勝ち点方式(2011W杯などと同様)。
第3、4セットで決着なら勝者3点・敗者0点を、第5セット(フルセット)の場合は勝者2点・敗者1点の「勝ち点」を与え、最終的に合計勝ち点の多いチームから順位を決定。
合計勝ち点が同じチームが発生した場合は、「勝利総数」「セット率」「得点率」の順に適用される
.............................................................
なんで第5セットまでいくと勝ち点が減るのだろうか。
競り合ったということでご褒美が敗者に与えられるのだろうか。
イマイチよくわからない。

女子のハンドボールが健気に映ってしまうが、こちらはフランスで2連敗して悲願の出場は今回も出来なかったようだ。残念!!
by gsfc_aoshima | 2012-05-27 06:57 | その他 | Trackback | Comments(0)

先週のア式

ア式主務で、ポペイロ志望という主務吉川くんからのメール
以下の通り
...........................................................
WMWクラブメール会員の皆様
お世話になっております。
本日行われました関東大学サッカーリーグ戦第8節の結果をお知らせします。
早稲田大学1(0-1 1-0)1専修大学
〔得点者〕
早稲田:62分 富山(PK)
専修:7分
〔スターティングメンバー〕
    富山   榎本
      10     9  
近藤(洋)       近藤(貴)
  30           8
     島田   野村
      5     7
三竿             奥山 
 6   菅井   山地   34
      2     3
        松澤
         16
〔交代〕
75分:野村→池西20
78分:近藤(貴)→田中太郎32
87分:榎本→福田13
〔警告/退場〕
早稲田:
〈警告〉42分 山地、44分 近藤(貴)、48分 近藤(洋)
〈退場〉85分 山地
専修:
〈退場〉58分 21番(GK)
〔レビュー〕
昨年度の対戦では強みである守備を崩され、大量失点で2敗を喫した専修大学との一戦。
そして今年も前半は専修のスピーディーな攻撃に苦しめられることとなった。
7分、相手左CKを1度はクリアしたものの再びゴール前に上げられ、最後はファーサイドからヘディングで合わされ失点、先制点を献上してしまう。
その後も専修大のペースで試合は進み、結局早稲田はほとんど攻撃の形をつくることすらできず打ったシュートは0本。0-1で後半へ。
しかし後半に入ると少しずつ強みを出せる場面が増えはじめる。
迎えた後半13分には相手GKのパスミスを奪った富山がGKと1対1に。
ここで専修キーパーがペナルティエリアで富山を倒し一発退場。早稲田は絶好のチャンスを得るとともに数的優位に立つ。
このPKを富山が自身で決め、同点とし反撃の狼煙をあげる。
しかしその後も1人少ない専修大相手に我慢の時間が続く。そして後半40分には山地が得点機会阻止の判定で退場となり試合は荒れ模様に。
その後一進一退の攻防を繰り広げるも結局1-1で試合終了。悔しいドローとなった。
◇◇◇

昨季2敗を喫している相手ということもあり、是が非でも勝ち点3を持ち帰りたかったところですが勝ちきることができませんでした。
専修特有の細かいパス回しに対し昨季以上にしぶとい守備からボール奪取する場面は増えたものの、その後またすぐにボールを失いゲームの流れを作ることができませんでした。
また今季は上位対決で勝ち星をあげられないという勝負弱さが顕著に表れてしまっています。
昨季からの課題ではあったものの、今季優勝を勝ち取るためには今後の上位対決での勝利は必須となります。
部員一同日ごろのトレーニングから勝負の意識を高く持ってまた精進してまいります。

〔順位表〕(第8節1日目終了時点)
順位 チーム 勝ち点 得点 失点 得失
 ①  中央   19    13  11 2
 ② 早稲田   16    16   9  7
 ③  専修   15    16   10   6

〔次節情報〕
関東大学サッカーリーグ第9節
vs 慶應義塾大学
5月26日(土) 13:50キックオフ @市原臨海競技場
次節は早慶戦です。
会場は遠方となってしまいますが、皆様のご来場お待ちしております。
.......................................................................
以上

ガンバッテルよな!
今日の早慶戦が楽しみだよな。
もちろん、行かれないけんど、ここんとこ慶応に勝てなくなってけっこう経つ。
久しぶりの勝利を期待したい。
by gsfc_aoshima | 2012-05-26 06:35 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

先週末のサッカー三昧

このところ、ジュニア2年生の横浜市春季大会予選リーグに帯同指揮している。
戦績は2分け2敗。
今週日曜日に、残り2試合がある。
上位2チームが進める決勝トーナメントは難しくなっているが、最後まで燃焼してほしい。

b0005596_852728.jpg

それにしてもゴールしたときの奥の方で写っているハハたちの喜びようは半端ない。
偶然、写っていたのだがよ!
勝てなくても、子供たちのおかずは普段通りだろうが、勝てる相手に引き分けたことでパパのおかずは1品少なくなったのは間違いない。

選手諸君!
この際、単純にパパたちのためにもガンバロウではないか。
サッカーとは何ぞや、とか
勝つためのサッカー、とか
Jリーガーになるためには、とか
はたまた、己に勝つとか
究極でもある「11の魔法」とか

そんなものはどうでもいい。
パパのおかずを元通りにしてあげようよ。

普段の生活で、こんなに喜ぶことってハハたちにも、そうはないはずだ。
飛んでるだに!
全身全霊で喜んでいる。地響きも起きた。
十月十日もおなかに入っていた我が子ががんばってるんだから嬉しいのは当たり前だ。

1点入っただけでこんだけ喜んでくれるんだから、次は勝ってやろうよ!
オラのプレッシャーも半端ないことも付け加えておこう。
b0005596_8242294.jpg
b0005596_824947.jpg
b0005596_8235791.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-05-25 08:26 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

アゼルバイジャン戦見逃す

試合があるのを忘れていた。
朝早くから、Youtubeで見ている。
ふんふん。
6/3の最終予選は忘れないようにしないと!

本田と長谷部のワンツー素晴らしかったが、それが長谷部のスルーパスと香川のゴールに繋がった。

もちろん、トゥーロン国際大会も忘れていた。

トルコは、でかくて強くて速い。
by gsfc_aoshima | 2012-05-24 06:53 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

新人歓迎会

ア式主務、吉川くんからのメール
以下の通り
.................................................................................
WMWクラブメール会員各位
平素はお世話になっております。
さて来る6月17日(日)、今年も早稲田大学WMWクラブ・ア式蹴球部「新人歓迎会」を下記の通り開催致します運びとなりましたのでご案内申し上げます。
是非とも皆様ご出席頂き、盛大なるお祝いの会として盛り上げて頂きたいと存じます。
お手数ではありますが、下記返信フォームにご出欠をご記入の上、6月10日(日)までにご返信くださいますよう宜しくお願い致します。

【2012年度早稲田大学WMWクラブ・ア式蹴球部新人歓迎会】
日時:6月17日(日)
13:00~ シニア vs 女子部新人
14:00~ GSコブラ vs 男子部新人
15:30~ 懇親会
場所:東伏見サッカー場、体育教室棟
会費:¥3,000
-------------------------------------------------
【返信フォーム】
13:00~ シニア vs 女子部新人 → ご出席・ご欠席
14:00~ GSコブラ vs 男子部新人 → ご出席・ご欠席
15:30~ 懇親会 → ご出席・ご欠席

<ご卒年>         年

<お名前>         様    
            
<電話番号>
             
*通信欄*

以上、宜しくお願い致します。
..................................................................
以上

毎年、新人歓迎会はGWの最中に行われていたが、リーグ戦の影響でだいぶ遅くなった。
オラの注目は、どんな新人が入ってきたかというのもあるが、今年は新人の対戦相手である。

そう!我が横浜GSFCのトップチーム、コブラとやることになった。
OBとしてこれほどの喜びと誇りはない。
まさに、これこそが、今までがんばってきた一つの要因とでも言える。
ありがたいことであるし、ほんとにうれしいことでもある。

世間的には、Jリーグばかりに目がいってしまうが、オラたちだってJを目指しているのはまちがいないのである。
新人に一泡吹かせたいと思っている。
by gsfc_aoshima | 2012-05-23 06:56 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

神様の存在を感じた

金環日食が見れた。
金環日食のときだけ、厚い雲から薄い雲へと変わってくれた。
肉眼でもはっきりと。
グラスがない人でも見れたのは尚更良かった。

娘からもらったガラスでは黄緑色に見れてそれもまた荘厳だった。
オラは合掌した。
元旦の初日の出ではもちろん合掌だし、万歳三唱。
心の中で万歳三唱した。
肉眼の方が感動できたのはなぜだろうか?

平安時代にこれを見た人はどんな気持ちだったんだろうか。
932年前は元号は承暦(じょうりゃく)。
白河天皇の御代である。
清盛のおとうさんと言われる人だ。
「いい国つくれなかった」頼朝の112年ぐらい前。
NHKの白河天皇=後白河法皇=伊東四朗が身近に感じられる。

もちろん神の成せる業以外の何ものではないので、伊東四朗さんをはじめてとして、人々はひざまずいて畏れおののき合掌したに違いない。
こんなに盛り上がるのなら、清盛でも、この金環日食を最初の頃に取り上げていたら、視聴率上がっていたかも。

太陽や月を神として崇めた古代エジプトの人たちも同じだったに違いない。
今は亡き、古の人たちと、全宇宙を支配する神を共有したと思った。
こんなこと、偶然でもなんでもない。
神様以外に出来ないダニ!

だから、オラたちも宇宙の一部なんだなと、さらにさらに実感した。
素晴らしいことである。
そして、平安時代の人がいたからこそオラたちが存在しているということも。
オラの50代前のご先祖様が崇めたと同じことをオラもしたというわけだ。
オラのご先祖様はどこでどんな生活をされていたんだろうかと想像するのも悪くないと思った。
by gsfc_aoshima | 2012-05-22 08:10 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)