<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

すごいなぁ香川

香川最新のゴール。
VSシュツットガルト。酒井が出ている。
このゴールでわかる通り香川がチームの中心だというのがよくわかる。
それにしても香川のボールコントロールの上手さ−半端ない。
ゴールも最近バーの内側ねらっているし、これはすごい。
勇気がいるシュートだと思う。
素晴らしいゴールだ。

そしてこの試合は香川のゴールで口火を切ったのだが、後半26分から両チーム入り乱れての6点。
スゴイ試合!
お客さん大喜びなんだろうな。
それにしても負けないよなドルトムント!
香川の契約延長のオファーが年俸300万ユーロだと!

今世界中で一番有名な日本人は野田総理?
いやいや、小粒すぎて。
誰も知らない。
でもこの人、増税に命をかけるといってる珍しい人。
歴史的にいえば、重税をかけて偉人と言われた人はいない

国難−日本の領土を守ることに命をかけるとか言った人の方が偉人と言われるのだが。
おかしな時代である。

話を元に戻そう。
香川が一番の有名人になったのは間違いない!!
この試合の模様はこちら
by gsfc_aoshima | 2012-03-31 06:53 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

年度末

本日、平日にもかかわらずキッズの試合がある。
スーパーキッズフェスティバル in みなとみらいサッカーパーク。

平日なんで全員とはいかないが、試合が出来る最小限のこどもたちが参加してくれるようだ。
オラも腰の調子がダイブ良くなったので、見学しに行こうと思う。

この子たちの中から未来の日本代表が出るかもしれない。
毎年、毎年,そんなことを思いながら年を重ねてきたと言ってもいい。
これって、チームに関わっているあいだじゅう、思ってることなんだろうな。

オラが直接関わってきた子供の中からは、そういうメジャーな選手は出なくても、直接関わった子供たちが教えた中から出ることだってあるわけだし、結局は「継続は力なり」なんだと思う。

サッカーに携わっている子供から大人まで何百万人と日本にいるだろう。
でも今から100年以上前に日本でサッカーが始まったのは横浜のYCACの外人さんたちだっと聞いている。

最初の日本人はたぶん1人かふたりなんだと思う。

これからも頑張ろうと思う。
by gsfc_aoshima | 2012-03-30 08:12 | キッズ | Trackback | Comments(0)

去る人

この年度末でチームを去る人たちが大勢いる。
キッズの年長さん、ジュニアの6年生、Jr.ユースの中3年生、トップチームの選手達。

年長さんはほとんどの子供たちがジュニアに入団が決まっている。
ジュニアの6年生はJr.ユースに来る者、他クラブや部活に行くものーでもほとんど全員サッカーを続けてくれるようだ。
Jr.ユースの中学生もほとんどが高校の部活でサッカーをやるようだ。

トップチームではうちから移籍して他チームでサッカーをする選手もいる。
みんながんばってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
サッカーが好きであってくれたら、それでいい。
サッカーをやる機会はみんな平等なんだし。
どこでやるのが、いいか悪いかなんかはわからないんだし。

横浜GSFCというチームと縁があったということが大事なんだと思う。
あたまの片隅にGSFCという引き出しを作っておいてくださいよ。
そして、また一緒にサッカーできたらいいよな。
待ってるでよ。

それから、裏方のスタッフでガンバってくれていた人たちも多い。
この3月末でジュニアの6年生のコーチもチームを離れる。
6年間は当たり前、10年以上のコーチも多い。
並河ヘッド、相原コーチ、下手コーチ、櫻井コーチ、鈴木コーチ、応援に来てくれたご父兄ももちろんそうだよな。

思い出もたくさんあると思います。
苦労も多かったと思います。
でも子供たちがこれからどう成長してくれるのか、楽しみだよね。
本当にご苦労様でした。
GSFCというチームはなくならないので、変わらぬ応援お願い致します。

そしてトップチームも多くの裏方スタッフがチームを離れます
創部以来の西岡コーチや小田村ヘッド、角田事務局、中嶋トレーナー、二方マネージャー

そして現役引退する江原巧選手、守屋選手、外池大亮選手。
仕事の関係でサッカーを一時離れる小石川直樹選手。
ご苦労様でした。
仕事も家庭も大忙しなんだろうが、まだまだやれるんだから、復帰もオーケーだし。
何らかの形でクラブにもどってくれたらうれしいよね。

とりあえず、皆々様、これからも横浜GSFCの応援、宜しくお願い申し上げます。
by gsfc_aoshima | 2012-03-29 08:26 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ぎっくり腰生活17日目

3月27日、浦和まで電車で行く。
大事な仕事がたまっているのと、評判の鍼の先生に施術してもらうためだ。
自宅からバス停まで約120m。
東戸塚までバスに乗る。
駅のエスカレーターで3階まで。
普段ならどんどんエスカレーターも歩くのだが、腰の具合が心配なので静かにしていた。
そもそもバスを降りた時から足腰が安定しないのだ。
なぜか身体がフワフワしているのである。
風邪引いたりして熱が出て、身体の筋肉がぱさぱさな時とよく似た状態だ。
17日もおとなしくしていると、やっぱしボロボロになっちまうんだということを改めて実感。
浦和までからだ持つのかい!

湘南新宿ラインで横浜に着く前に、電車がポイントのところでガタンといった拍子に、後ろに倒れてしまった。
踏ん張りきれずにだ。
倒れたのはオラ一人!
まさにジジイそのもので、ヤッパし帰った方がいいのかと瞬間思ったら、若い女性が席を譲ってくれた。
もう終わりだと思ったが、浦和にたどり着くには、ここは座らないと腰が保たない。
この時点で、既に老人!!

やっとこさ、浦和に着いて事務所に行って少しばかり作業。
いたいのは我慢して、予約の時間まで2時間待機。

クルマで鍼の先生のところまで乗せてもらう。

さいたま市桜区新開2−1−20
高橋はり灸治療院
048-863-1899

先生からは「痛くないし!。鍼は1ミリしか入らんでよ。それも瞬間ですぐ抜くし」
今までの病歴と、ケガ歴を聞かれる。
うつぶせになったと思ったら、とんとん鍼を打たれるが、痛くはない。
背中を50カ所ほど。
仰向けになっておへそ中心にこちらも50カ所ほど鍼を刺される。

「それじゃあ、起き上がって下さい」
あれぇ〜、楽じゃん!!
すきっと立ち上がれる。多少痛みはあるが、腰の筋肉が背骨を支えているのが実感できる。

「鼻が効かないのも、足が冷えるのも、肩こりも、とりあえず治療しておきましたで!」

「えぇっ?腹に鍼打っただけでぇ?」
「先生、アキレス腱切ったことで足首けっこう固いんですが!」
「じゃぁもう一度横になって」
おなかの1点を10回ほどとんとん。

あら不思議。
足首の可動域が広がってるずら。

結局、その日は夕方まで仕事が出来た。
背中丸まってないし。

多少は痛みがあるものの「8割ほど治しましたので、後は時間が解決してくれます。へっへっへュ!」
と云ってくれた先生のことばはけっこう信じられるだに。

亡くなった森孝慈大先輩もご愛用の高橋先生である。
名人かもしれない。
by gsfc_aoshima | 2012-03-28 08:16 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(4)

香川すごいね

香川の切れとスピード、完全にチームのエース。
素晴らしいに尽きるプレーの数々

ボールを止める技術、受け手に優しいパス。
周りを見れる姿勢の良さと判断力。
そしてシュートの正確さ。
決定力が抜きん出ている。

素晴らしいよな

by gsfc_aoshima | 2012-03-27 06:22 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

市民大会決勝結果

期日:2012.02.25(日)
大会名:平成23年度横浜市民大会 一般の部
決勝トーナメント決勝
会場:三ツ沢陸上競技場(天然芝)
時間:13:15(35分×2)
結果:横浜GSFC Cobra 1(0−1) 3六浦FC
メンバー
 GK−−−−藤田ーーー
 DF−脇坂−永徳ー笠原ー
 MFー−大空ー田中潤ーー
 MFー細田−仙石ー江口ー
 FW−志連−−鴇田ー

交代 HT永徳→山崎 56分仙石→パパ 59分細田→武 田中潤→秋山 65分パパ→川井田
得点 18分六浦、33分六浦、51分六浦、69分大空→志連
b0005596_793952.jpg
b0005596_792122.jpg
b0005596_79765.jpg
b0005596_78556.jpg
b0005596_784010.jpg
b0005596_782539.jpg
b0005596_78136.jpg
b0005596_775896.jpg
b0005596_774738.jpg
b0005596_773489.jpg
b0005596_772254.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-03-26 06:55 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

社会人市民大会決勝

本日13:15より三ツ沢陸上競技場にて平成23年度横浜市民大会サッカーの部決勝戦が行われる。
うちのチームが決勝まで駒を進められたのは、もちろん初めて。
対戦相手はあの六浦FCさん。
まさにうちが、常に苦汁を飲ませられている県下を代表する強豪チームである。

先週行われた県社会人選手権でも準決勝まで進んできて初声FCさんにPKの末敗れている。
なんとしてもこの大会も勝ちたいと思っているわけだ。

まして23年度の最期の公式戦の試合。
この試合を最期にチームを離れるスタッフ、選手が大勢いる。
なんとしても胴上げしてあげたい。

大いなる感謝の意味を込めて、是が非でも勝利を願うばかり。
思い残さず、相手より走り回れば、自ずと結果はついてくる。
やるしかないでしょ!

それから、延び延びになっていたジュニア2年生の保土ヶ谷区大会1位パートの決勝リーグも帷子小で13:30から2試合行われる。
こちらも優勝目指して頑張ってほしい。
お天気いいので楽しみだ!
by gsfc_aoshima | 2012-03-25 07:15 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ぎっくり腰生活13日目

ハッキし云って自宅で入院しているような状態が続いている。
言ってみれば、18日に自分自身に外出許可をもらって、神奈川県社会人サッカー選手権を観に行き、優勝の喜びに浸ったが、あんまし無理は出来ないぞと思ったことは思った。

20日は、もう、仮退院だと自分自身に宣言。
調子いいじゃん(喜)

21日早朝、面会謝絶状態の急激悪化。
痛み甚だし。
またもや、あかちゃんハイハイ状態。
以来、無理しないでおとなしくしているわけである。
安静にしていればどうちゅうことはないが、立ち上がる動作がしんどいわけだ。
けっこう、腰まわりの筋肉はキンキンの緊張状態が続いていて、これが取れにゃあ、おえんよ(遠州弁でだめだ)

今日も、ほんとはいろいろ目白押しで、時間調整も出来ない状態だったが全てを欠席して静かにしていよう。
浄化だと思えばどうちゅうことはないだに!
by gsfc_aoshima | 2012-03-24 07:29 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

6年生お別れ会

b0005596_7415867.jpg
3/20(祝)6年生のお別れサッカーと、お別れ会があった。
1年が経つのがほんとに早いと感じるのが、この6年生を送りだす時だ。
それと夏合宿で森杯に参加するとき、おんなじことを感じる。

去年のお別れ会は震災の後でもあり、当日雨が降ったりしてなんとなく自粛ムードが前面に出ていた。
今年はほんとお天気も素晴らしく、またお別れ会の会場も自治会館からパーティー会場に変更したこともあり、大盛況だった。

中学に行ってもGSのことを忘れないで、いつまでもサポーターでいてほしいよな。
b0005596_736797.jpg
b0005596_7354919.jpg
b0005596_7352421.jpg
b0005596_7351224.jpg
b0005596_735067.jpg
b0005596_7344831.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-03-23 07:36 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

余震発生?

震度6強のぎっくり腰になったのが3月11日、
1週間、家から1歩も出れなかったが、18日の社会人選手権には痛いながらも、見ることができた。
20日はジュニア6年生のお別れサッカーが午前中あり、座っているだけだったが一応参加。
16時からのお別れ会のパーティーにも参加。
これの行き帰りも送っていただいた。
腰の調子も何ともなく、快方に向かっていると思っていた。

ところがだ、昨日の朝、起きれなくなっていた。
快方どころか介抱が必要なぐらい。
余震だ!

また、鍼の先生のご厄介になる。

結局、ぎっくりの再発のようである。

震度3ぐらいか。
とりあえず、安静にしているしかないようで!
by gsfc_aoshima | 2012-03-22 07:14 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)