<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

千里さん

女優、山咲千里さんのWeb Magazineに行き着いた。
最近、TVドラマやバラエティを見ないので、忘れていた。
ギャップの差もあり、美人は宇宙人ぽい人が多いと思うが、この方もそんな感じがいていた。
でもとっても魅力的な方だなあと思っていた。
美しすぎる49歳だって。
だから女優さんをやってるんだろうけど。

ホームページも美神伝心でこれまたすごいが、神様越えみたいだし。
元気にご本も出されている
「華齢」ってすごい。
中身も

「女」に終わりはないのである。
美しく歳を重ねるための87ヵ条

華齢【かれい】
1.美しく歳を重ねること。また、そのさま。
2.いくつになっても、はなやかで美しいこと。
3.見た目年齢・印象年齢。実年齢よりも若い場合に使う。

加齢が華齢になると、いつまでも華麗!

気持ちのいい自分でいるための時間の費やし方を、この本ではたくさん紹介しています。この通りでないといけないという実践法ではありません。こんな例もあるかもね、と楽しめる選択肢のひとつになりますよう、さあ、どこからでも受け止めてくださいね――<まえがき「『華齢』なる賭け」より>

買ってまで読もうと思わないが、山咲さんが元気でいつまで美しくいられるのは素晴らしいことなんで、とりあえず、facebookではともだちになってもらい、twitterはフォローした。
もちろん美神伝心はお気に入りに登録した。
毎日チェックしよう。
今日はよい一日になりそうである。
by gsfc_aoshima | 2011-11-30 08:36 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

大学サッカー

早稲田ア式蹴球部は一昨日の関東リーグvs慶応戦に引き分けた。
これでア式の地力でのインカレ出場はなくなってしまった。
今シーズンは関東リーグ最終戦vs流通経済大学戦も残すのみとなり、これに2点差以上で勝って、慶応が筑波に引き分けるか負けないと、これで4年生はすべてが終わる。

可能性は大いにある。
あきらめないで勝利してほしい。
圧倒的に無敵を誇る女子も、インカレ1次ラウンドで吉備国際大学と引き分けたことで、無敗ながらグループ2位となり準決勝に進むことは出来なくなった。
3連覇がかかっていただけに相当残念だし、選手諸君も悔しい思いをしているだろう。

残るは全日本選手権だけとなった。
たしか12/17の3回戦はINAC神戸戦だと思う。
勝つのは容易ではないが、サッカーはやってみないとわからないことも多々ある。
金星なんてゴロゴロ転がっている。
気持ち切り替えて頑張ってほしい。

ところで男子の関東リーグで駒澤大学が2部落ちとなってしまった。
まさにオドロキだ。
あの、駒澤がである。
慶応から4人がJリーグ入なんてニュースもオドロキだったが、駒澤のお話はびっくらこいた。
駒澤スタイルのサッカーが通用しなくなったのか、あのスタイルを捨てたのか、オラは見ていないのでなんともいえないがよ!
名門ということばが通用しなくなってきている昨今の大学サッカー。
まさに明日は我が身である。
by gsfc_aoshima | 2011-11-29 06:54 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

1ランク上を目指そう!

横浜国際チビッコ少年サッカー大会、SLの部決勝トーナメント準々決勝が昨日、三ツ沢補助グランドで行なわれた。
我が横浜GSFCはSCHに0−3で敗れた。
春からの公式戦連勝記録も19でストップした。
勝敗的には完敗ではあるが、そんなに差があるとも思えなかった。
開始5秒での失点がすべてを狂わせた。

キッックオフの笛がなってぼーっとしてそのままやられたという感じで、いままでこれほど気持ちが集中していない場面をみたことがないほどのあれよあれよの動きである。
スローモーションの映像をみているようだった。みんな止まっていた。

この失点により、DFは上がれなくなり、FWが孤立という場面に終始した。
抜かれないために、距離を保つために逆にマークが甘くなった。
いつものしつこさや、すっぽんのようなマークも影を潜めた。
やられたことがないような失点のために、気持ちがパニクってすべてが空回り。

前半、5分頃の、いつもなら確実に入る隆太郎のシュートも相手のファインプレーではじき出された。
あのシュートこそが勝ち負けを決める、この試合の勝負のあやともいえる瞬間だった。
どんな状況になってもスイッチを切り替えられるほどの修羅場や経験が、相手より足らなかった。
強い相手との競り合いが足らなかったのかもしれない。

とはいえ、選手達は勝ち上がるたびに力をつけたと思うし、技術的にもうまくなってきた。
ボールを止めるときや切り返す時の鋭さみたいなものが身に付けばもっとうまくなるだろう。

負けて流した涙は無駄ではない。
サッカー人生始まったばかりだしよ。
泣けるだけ幸せだよ!!
プレーではもう泣けないオラにはうらやましい限りである。

今度はSCHに雪辱して勝ってみんなで泣こう。
コーチやお父さんお母さんを泣かせてあげよう!
b0005596_7321591.jpg
b0005596_7315539.jpg
b0005596_731378.jpg
b0005596_7312586.jpg
b0005596_7311213.jpg
b0005596_731259.jpg
b0005596_7305127.jpg
b0005596_7303915.jpg

b0005596_7373473.jpg

by gsfc_aoshima | 2011-11-28 07:32 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

温かな一日

新白岡でのキムジャンは、雰囲気は温か、風もなく穏やかで、農家さんの庭先での芝生の上、これ以上ないない暖かな屋外で最高でした。
b0005596_5354616.jpg
b0005596_5353329.jpg
b0005596_5352172.jpg

15人の生徒さんも大喜びで、熱心に漬け込んでおられました。
先生のオラの作った奴は、年季も入っておりますので、そりゃあもうきれいな仕上がりです。
b0005596_5392466.jpg

2時間ほどで終了し、お昼タイムはオラが前日と昨日の朝漬け込んだ、キュウリ、小ネギ、レタスも食卓に。
こちらの農園で採れた野菜料理もこれまたけっこうでございました。
b0005596_5421787.jpg

しばし、サッカーを忘れての作業も楽しいもんですね!!
by gsfc_aoshima | 2011-11-27 05:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

本日キムジャン

昨日は塩水に漬け込んだ白菜を漬けもの樽から取り出し、水切り作業。
丸一日、水切りした後、今日は本番でもある、キムチの素でもあるヤンニョンの刷り込み作業。

準備あるので、もう出発の用意!

昨夜は東伏見で早稲田ア式広報の森岡さんから先だって亡くなった森さんのエピソードの取材を受けた。
家に戻ってきたのが夜11時半、それから伏見のスーパーで買っておいたキュウリ、レタスを塩漬けし、今朝キムチヤンニョンをまぶした。
これは今日のお客さんに食してもらうため。

ああ忙しい!!
ああそりゃあもう充実。

そういえば、オラァの弟の秀助は、台湾早稲田の稲門会の懇親会に浜松稲門会を代表して1泊2日で行ってくるらしい。
こいつは大バカもんの早稲田狂いなんだが、人生劇場の朗詠と校歌斉唱だけのために台湾に行く。
幸早稲と書いて幸せと読むらしいが、校歌唱うために台湾くんだりまでいくのは単なる物好きでは片付けられなくなる幸早稲もんかもしれない。。

それではオラも行ってまいります。
by gsfc_aoshima | 2011-11-26 05:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

キムジャンをする

今週土曜日に埼玉県の新白岡にて、自称キムジャンをすることになった。
キムジャンとは、韓国では毎年この冬を迎える時期に、大量の白菜を家族総出でキムチに漬け込む作業をすることをいうらしい。
韓国に行ったこともないので、人から聞いたり、ネットで調べたり、あるいは崔誠恩さんの日本でのキムジャンに2年連続参加したりでそれなりに覚えたわけだ。
昨年は野辺山の五光牧場で2回行った。
b0005596_8261093.jpg
b0005596_8252871.jpg
b0005596_825982.jpg
b0005596_8245145.jpg

浦和のお仲間がキムジャンをするというので、今回はオラが指導するというわけなんである。
そんなわけで昨日会場でもある「ファーム&ガーデン白岡」で60個の白菜を塩漬けにした。
韓国ではこのぐらいの量は1家族分ぐらいなんだそうだが、オラ達がやるのはその真似事なんで、こんなもんでもけっこう楽しめる。
外でやるというのも雰囲気があって尚良い!

本日、塩漬けした白菜の水抜き作業。
そして明日は漬け込みとなる。
作業工程が少し短いのだが、まあなんとかなるかなと!
こちらの農家さんの庭の芝生の上でやるわけなんだが、お天気さえよければけっこう気持ちがよい作業が出来そうだ。
乞うご期待である。
by gsfc_aoshima | 2011-11-25 08:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

病院と提携した

長年お付き合いをさせてもらっている病院の院長先生がいる。
横浜は旭区の横浜鶴ヶ峰病院の島田院長だ。
順天堂系列の病院として昭和57年にスタートしているが、オラとはもう20年以上の付き合いになる。
そしてこのたび、院長に無理言ってチームと病院が健康診断に関し提携させてもらえることになった。

その中身は
1、一泊診断人間ドッグ
2、日帰りドッグ
3、協会けんぽ(政管健保)
4、婦人科検診
5、その他オプション診察等

何か難しそうでわかりにくいが、要は健保からの定期健康診断や人間ドッグを鶴ヶ峰病院のドッグ部門でやりませんかということだ。

いままでは会社の近くの病院や医師会で受けていた健康診断をこちらでやってもらえればいいだけの話である。
そうすると、幾ばくかの紹介料がチームに入るというわけだ。
かかるお金はどこでやっても同じなんで、どうでしょうかということになる。
ドッグに関して、ほんと熱心にやっている病院なんでぜひとも利用してほしいと思っている。

うちのチームのジュニアの石原コーチが勤めている病院でもある。
チーム関係者なら、スタッフでもクラブ員でも親御さんでもじいさま、ばあさま、恋人、OBでもとにかくうちのチームに関わる、あるいは関わったすべての人々ウエルカムだそうなんで、ぜひとも利用していただきたい。
そのうちにはチームドクターだって夢ではないと思っている。
最初の一歩は小さいかもしれないがこんな切り口も必要ではないかと思った次第。

ジュニアやJr.ユーすのお母さん達がまとまっての健保の定期健康診断なんかはいかがでしょう!!

お問合せは各カテゴリーの事務局までどうぞ。
または直助まで。

鶴ヶ峰病院のホームページはこちら
by gsfc_aoshima | 2011-11-24 07:43 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

カゼ引いたかも

昨日は静岡と富士で打ち合わせが入っており、8時にクルマで出発した。
起床は5時半なんだが、朝から下痢気味で2回。
出発を躊躇していたので、ここまで延びてしまった。

もちろん何も食べていない。
東名中井SAに入る。
もちろん、目指すはトイレ。
最近の高速道路のトイレはほんときれいだ。

とにかく食べないようにしよう。
別に前の晩、変なものを食べた記憶がない。
打ち合わせがあり、横浜浅間町のコトブキというそば屋でそば食べただけだし!

富士のSAでまたまた立寄り。
この日、これでトイレ4回目。
下痢もここまでくるとほとんど水だから、力入れないようにしないと座る前にパンツ汚す。

静岡での打ち合わせが昼にかかってしまったのでコーヒーとパンが出た。
もちろん、朝から何も食べていないので食べちゃえ!!
すると5分もしないうちにゴロゴロ言い出す。
ヤバい!!
事務所のトイレを借りる。
用心に越したことはない。
もたないから、間一髪がこれで2回目。

打ち合わせ終了してパーキングに戻る。
ちょっとまたやばそう。
目の前のデパートのトイレに!!

富士に着いた。14時だ。
打ち合わせの前にセブンイレブンでお茶を購入。
クルマに戻るとまたまた変な予感。
もちろんもう一度お店の中に。

この頃になると、膝の関節が痛くなり始め、首の後ろもいたい。目の周りがなんか熱っぽい
咳、のどの嫌み、鼻水は出ない。
カラダがフワフワする。
風邪の典型的な症状だと思う。

早々に打ち合わせを終えて、横浜に戻る。
足柄でもう1回足す。

家に戻り、バーレーン戦まで首までコタツにつかる。
もちろん、何も食べずにお茶だけ。
もちろん、家に戻ってから1回トイレにいく。

大津が1点入れて前半終了。
大味な試合で、もう寝よう!!
寒気するしよ!!

今朝は昨日よりはいいかも。
それにしても富士山はヤッパし雪がよく似合う。
きれいだった。
by gsfc_aoshima | 2011-11-23 07:40 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

いろいろ考える必要ある

オラんジュニアのチームは横浜国際チビッコ大会やら、このチビッコ大会に出場しない子で構成されたあすなろ大会で毎週毎週、熱戦を繰り広げている。

まさに秋のサッカーシーズンの佳境に入っている。
中学生は新チームに切り替わり、3年生の姿を見なくなった。
高校進学にために真面目に勉強することも大事な作業だ。

社会人Cobraも県リーグでは3位で終わり、関東昇格のための大会のハードルでもある2位以内に入ることができなかった。
うちと2位を争った工学院Fマリノスが見事この昇格試合で勝ち上がり、関東リーグに昇格が決まった。
工学院さんの関係者の皆さんに遅ればせながら「おめでとうございます!!」
「坂木さん、ほんとに苦労が報われましたよね」

もう、オラ達も来年こそ、関東に行くしかないでしょ!
てなわけで、オラはジュニアの大会で忙しく、なかなか顔を出せないが、選手達は気持ち切り替えて毎週毎週、試合に臨んでくれている。
なんだかんだいってもみんなサッカーがほんと好きなんだな。

来シーズンは、何はともあれ、クラブ一丸となってますますCobraをサポートしていこうと思うし、いくのが当たり前なんだと思う。
小回りが利くのが町のクラブのいいところだ。
子供たちやその親御さん、ボランティアのコーチ、孫を温かい目で見るじいさんばあさん、選手の家族、親戚一同、選手の恋人、恋人未満のガールフレンド、その友達、20年以上にわたるOB。そのおとうさん、おかあさん!
それだけでも1000人ぐらいは軽くなっちまうかも。

この人たちはある意味、血がつながっているみたいなもんだ。
こういうみなさんにチームの今をどう発信して行くかだと思う。
きっと、心の片隅や、引き出しのなかに、『GS』という2文字がある筈だ。
どういうサポーター組織を作るか!

ボールも蹴るが
頭も使う。
ボケてなんかいられねぇだよ!
by gsfc_aoshima | 2011-11-22 07:23 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

ジュニア2年生がbest8

今年の横浜国際チビッコサッカー大会は決勝トーナメントに2チームが進出していた。
この19日に4年生が1部カテゴリー1回戦で敗れている。

2年生以下のSLクラスは159チームが参加し、ブロック1位で決勝トーナメントに進出した。
先週1回戦に勝利し、昨日は2回戦でカルパFC-Rに2ー1、3回戦では3−0で山王谷を破って準々決勝に進むことができた。

この国際チビッコ大会の過去の成績で1番良かったのは、1992年に当時の6年生が3位に入ったのが最高で、それに次ぐ快挙でもある。
2部クラスでは1997年の準優勝もあるが、この10年以上、ずっと低迷を続けてきただけに、価値ある成績だと思うし、次の準々決勝vsSCH戦でも持てる力を出し切って戦ってくれたらと願うばかりだ。

チーム創立から10年間は結構強豪チームといわれてきたが、ここ10年以上低迷を続けてきた。
オラもこのジュニアカテゴリーをほっぽらかしにしてきた責任もある。
このまま仲良しクラブでいいのか、かつてのように多少は勝負出来るチームを復活させるかということで、後者を選択し、キッズクラスから目をかけるようにした。
一昨年からは平日の練習を取り入れ、強化を続けてきた。
また、教え子たちを中心にした指導体制にシフトしてきた。
オラも毎週必ずジュニアの練習に立ち会うようにしてきた。

そして夏以来、その成果がやっと出てきたような気がする。
全体的なレベルアップが出来てきたのかな?
やり直しを決意してから、まだまだやらにゃあいかんことは山ほどある。
でも、3歩進んで2歩下がるぐらいでちょうどいい。
そんなにサッカーの神様は甘くないのである。

静岡学園の監督だった井田先生は現在、静岡で小学生の低学年に裸足でサッカーやらせているらしい。
もちろん芝の上なんだが裸足でサッカーやらせることで、万に一つの天才のDNAを見出そうということらしい。
オラにはそんな芸当は出来ないが、その爪の垢でも煎じられたらいいと思っている。
まさに100年計画だし!
b0005596_7402562.jpg
b0005596_740131.jpg
b0005596_7395764.jpg
b0005596_7394490.jpg
b0005596_739309.jpg
b0005596_7391897.jpg
b0005596_739537.jpg
b0005596_7385429.jpg
b0005596_7384181.jpg

by gsfc_aoshima | 2011-11-21 07:41 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)