<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

そうとう残念!

ア式主務東郷クンからのメール
以下の通り
............................................................................
各位

夜分遅く申し訳ございません。
この度は、昨日行われました第62回早慶サッカー定期戦の結果をご報告いたします。
       
<第62回早慶サッカー定期戦>                       
6月29日(水) 対 慶應大 @国立競技場
19:00キックオフ 

早稲田大学 1(1-0, 0-2)2 慶應大学
得点者: 白井
交代: 45分 9富山→15榎本
  45分 14白井→6山中
     64分 8近藤→10奥井 
     80分 11小井土→19佐々木  


今大会は観客動員数10,422人でした。
多くの方にご来場して頂いたにも関わらず、結果が残せなかったことを選手一同悔しく思っております。

7/3には総理大臣杯を向かえますが、この悔しさを糧に総理杯では日本一に向け、今日から取り組んでいく所存であります。
ご声援、誠に有難うございました。
また、チケット等のご支援を受け賜り、感謝しております。

この結果の詳細は、後日メールにてご連絡致します。
今後とも、ご支援ご声援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。
..............................................................................................
以上

早慶戦には都合があって応援に行けなかった。

昨日は、オラが4年生の時の1年生だった福田誠くんのfaceboookに1−0で先取点という報せがあったんで喜んでいた。

その後の結果がわからなかったんだが、「今夜は勝つな!」と思っていた。
負けたか!!
残念だ!
早慶定期戦の勝ち負けはけっこう記憶に残る。
意地のぶつかり合いみたいなダービーマッチだし、その日の酒に大いに影響する。

慶応のOBの皆さんは大祝勝会だったんだろうな。
早稲田はあんまし群れないので個別に飲む。

でも負けたから、観に行ったOB緒士も早々に引き上げたんだろうな。

そこらあたりも違いが明確だ。
現役諸君、総理大臣杯では優勝お願いいたします。
by gsfc_aoshima | 2011-06-30 07:03 | Trackback | Comments(0)

県リーグ第2節その3

b0005596_7173574.jpg
b0005596_7172160.jpg
b0005596_717635.jpg
b0005596_7164736.jpg
b0005596_7163260.jpg
b0005596_716639.jpg
b0005596_7155279.jpg
b0005596_715316.jpg
b0005596_7151274.jpg
b0005596_7144927.jpg
b0005596_7143627.jpg
b0005596_7142315.jpg
b0005596_7141169.jpg
b0005596_7135593.jpg
b0005596_7134221.jpg
b0005596_7132736.jpg

今回もチーム愛するが故、独善的偏愛寸評
なので他チームさんにはあんまし参考にはならないかも!!

GK 若田 7.5 ゴールマウスの門番は国体メンバー選出決定も手伝って、文句なしのMOM
DF 二宮 7  これでもかというぐらいの上下動、ドMの動きで走り勝ち
DF 笠原 6.5  DFのリーダーはこの日も堅い守備でゼロの回数を増やした
DF 脇坂 6  危なかっしい場面もあったが、体を張ったプレーで得点を許さなかった
DF 小山 6 前半は守備に追われる場面が多く、前線には顔を出せなかった
MF 仙石 6.5 体の切れが出てきた。個人的応援団も多く、この日は足も口も止まらなかった  
MF(林) ー   公式戦初出場も時間短く、次節に期待
MF 江口 5.5 味方とかぶる場面が多かった。けが明けの公式戦でもあり、次節は叩かれ良化確実
MF(細田)5.5 ベンチ前でハッスルし過ぎのスライディングは余分だった。次節はゴール期待
MF 守屋 7  前半のドリブルシュートは圧巻!これでチームは活性化した
MF 大空  6.5 シュートを打つ場面がなかったが中盤は支配出来た
MF 山崎 5.5  この日は本来のキレがなかった。次節はあの独特なえぐりを見たい
FW(パパ)7  セネガルの元プロはやっと真価を発揮してくれた。今後も楽しみ
FW 志連 6 前半はボールが収まらなかったが、最後はネット破れたか!というぐらいの強烈ゴールだった
by gsfc_aoshima | 2011-06-29 07:17 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

県リーグ第2節その2

4月21日に県リーグ第1節が行なわれた後、雨で第2節が中止になったりと、スケジュール調整とコンディションの維持が難しい2ヶ月だったと思う。
そんな状況の中での平塚FC戦だった。
平塚FCとのここ2年の戦いは非常にもつれる試合だった。
点を取られてはいれ、あるいは入れられては取り返す。こんなシーソーゲームの試合での2年間だったと記憶している。
勝敗も2009年は負け、2010年が勝ちとけっこう難しい試合展開だった。

簡単には収まらないとは思ったが、予想以上といったら平塚FCさんに申しわけないが、ほんとにいいチームだった。
DFは堅いし、中盤ではきちんとボールを正確につなげてくるし、前線での足のきわめて速いFWがたえず裏をついてきて、目指すサッカーが明確だった。

今シーズン、うちは志連のワントップから2列目を3人が構成し、2ボランチ、4DFと形が決まっている。この日もこの形で後半65分までの選手交代まで続いた。
前半は相手の裏へのパスに翻弄されて、しのいでしのいでというサッカーだったと思う。
うちの失点の多くのパターンは裏へ通されてやられる場面がけっこう多い。
この日はよくノーゴールで押さえられたというのが率直な感想だが、ヒヤヒヤとはしたがゼロで押さえられたというのを評価したい。

中盤から前線にかけては、ボールを奪ってもつまったサッカーに終始し、なかなかいい形がつくれなかったというのが全体の印象だ。
先取点にしても守屋の個人技でのドリブル突破からの得点であり、連動してサッカーが出来たわけでもない。
それが出来たのは後半20分、センターサークル付近から左サイドに展開し小山のセンターリングに江口が合わせたシュート。
ここまで来るのにこれだけの時間を要したというわけだ。
ポンポンポンというサッカーがなかなか出来なかったし、右サイドのDF二宮の驚異的な走りでの崩ししかなかった。

それが急に変わったのが後半25分のメンバー交代からだったと思う。
パパが入って2トップになった。
システムの変更が相手DFに混乱を招いたということ、そして平塚FCの足が止まりだしたというのも要因の一つではあったと思うが。
中盤の風通しが非常に良くなり、バランスのいいサッカーが出来るようになった。

若田のロングのキックを交代して入ったパパがことごとく競り勝ったことが劇的にチームの攻撃を進化させた。
昨シーズン、セネガルから来日し、うちのチームに入った当初はまだチームではお客さんと言うか、ものめずらしさばかりが目についた。
結婚もして、精神的に落ち着いたのかどうかわからないが、この日のパパはワンランク違ったプレーを見せてくれた。チームの一員としての証明を見せてくれた。
それが終盤での怒濤の3ゴールに結びついたし、今後につながることができたのは大きな収穫だった。

総合的な判断としての勝因は、走り勝てたということと、GK若田の安定した守備と、守備から攻撃への基点になり得たということがチームの勝利に貢献した。
これが勝利の方程式に今後もなってくれたらいいと思っている。

「走る」それこそがサッカーの原点だと思うし、相手の足が止まるまで走り通す。
それを実践出来たことが大きい。
by gsfc_aoshima | 2011-06-28 06:59 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

県リーグ第2節

期日:2011.06.26(日)
大会名:神奈川県社会人1部リーグ
天候:曇り
会場:平塚馬入グランド(人工芝)
時間:19:05(45分×2)
結果:横浜GSFC Cobra 4(1−0)0  平塚FC

先発メンバー
 GK−−−−若田ーーーー
 DF−二宮ー脇坂−笠原−小山ー
 MFー−江口ーー仙石ーー
 MFー守屋−大空ー山崎ー
 FW−ーー志連−ーー
 
 得点 29分守屋、75分大空(CK)→パパ(H)、90分志連、90分パパ→守屋
 交代 70分山崎→細田、江口→パパ、85分仙石→林
b0005596_694722.jpg
b0005596_693437.jpg
b0005596_692226.jpg
b0005596_691157.jpg
b0005596_685342.jpg
b0005596_683869.jpg
b0005596_68214.jpg
b0005596_68325.jpg
b0005596_672728.jpg
b0005596_67514.jpg
b0005596_665340.jpg
b0005596_663881.jpg

by gsfc_aoshima | 2011-06-27 06:10 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式主務東郷クンからのメール
以下の通り
.............................................................................
各位


この度は、本日行われました関東リーグの結果をご報告いたします。
       
<第85回関東大学サッカーリーグ前期>             
第9節          
6月25日(土) 対 流通経済大 @古河サッカー場
13:50キックオフ 

早稲田大学 1(1-0, 0-1)1 流通経済大学
得点者: 近藤
交代: 72分 32近藤→6山中
  78分 14白井→10奥井
     86分 11小井土→23榎本   


次節の関東リーグは、一時中断期間を設け、9月より再開予定です。
次の試合は、6/29(水)に行われる第62回早慶サッカー定期戦となります。

今後とも、ご支援ご声援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

【順位表】※6/18終了時点、()は勝ち点
1 早稲田大(16)      7 神奈川大(10)
2 流通経済大(15)    8 青山学院大(10)
3 筑波大(14)       9 専修大(9)
4 順天堂大(13)     10 国士舘大(6)
5 慶應大(13)      11 駒澤大(6)
6 明治大(11)      12 中央大(6)



メンバー
     9富山 11小井土
14白井 5島田 7柿沼 32近藤
17三竿  25福田 4畑尾 3菅井
        1赤堀



今日の相手は、現在2位の流通経済大学。
前期リーグ戦中断期間前の大事な天王山となった。

~前半~
両チームなかなかシュートまで持ち込めず、大きな動きのない立ち上がりに。
中盤になって26分の近藤貴のシュートなど、早稲田の攻め込みが徐々に目立ちはじめる。
迎えた42分。富山のスルーパスから近藤貴が左足を振りぬき、欲しかった先制点を奪う。
その後は、ほぼ相手に攻撃の機会を与えないまま1-0で試合を折り返す。


~後半~
立ち上がりは早稲田の積極的な攻撃が目立つ。
しかし、14分。早稲田のFKが壁に阻まれ、カウンターを狙われる。
1度は素早く戻ったDF陣が対応するも、その流れから15分に同点に追いつかれてしまう。
それでも何とか立て直したい早稲田は、直後の17分に島田のコーナーキックをきっかけに畑尾がヘディングでゴールを狙うが惜しくも得点ならず。
その後1点を皮切りにペースを掴んだ流経の攻撃が続き苦しい時間帯となるが、守備陣が対応し追加点は許さない。
後半33分には、途中交代で復帰を果たした奥井の攻撃参加など、最後まで諦めずに流経ゴールに立ち向かうが得点には至らず。

結局試合は1-1のドロー。首位を守れるか否かは明日の筑波vs明治の結果次第ということになった。
早慶戦、総理杯本戦とタイトなスケジュールとなるが、日本一に向けて負けられない戦いは続く。


<今後の試合予定> 
○第62回早慶サッカー定期戦
  6月29日(水) vs慶應大学  19:00Kickoff @国立競技場
JR「千駄ヶ谷」駅より徒歩5分
JR「信濃町」駅より徒歩5分
都営大江戸線「国立競技場」駅より徒歩1分


ご声援の程よろしくお願い致します。

...........................................................................................
いやぁ、オラはおもわず唸ってしまった。
ていうか、なんといい耳障り、
なんというマシュマロのようなお言葉、
そして鳥肌さえも実感できる、それは「日本一」ということば。

たまらんよなあ!
シーズン出足では「今年はヤバい」ということばを何度も聞いた。
それが今では、主務の東郷クンでさえもおもわず文末の締めくくりとして書いてしまった「日本一」

頼むでぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!喝!!勝つ!!!

いい夢見させてくれてありがたい。
by gsfc_aoshima | 2011-06-26 06:16 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

今週末は

うちのJr.ユースのOBたちが行っている高校のインターハイ県予選の結果
神奈川県は全て負けたが、残っているのは桐蔭vs二宮、座間vs向上
向上にも座間にもCobraの選手もいる。向上には久々の準決勝だ。
二宮のベスト4というのも聞いたことがないな。
忙しくて、高校サッカーって最近久しく見ていないが、やっぱしいいよね。

県外勢は揃って残っている。
山梨県では帝京三高が本日、韮崎と準決勝、勝てば明日は山梨学院だろうな。
茨城県では鹿島学園が28日ひたちなかで水戸商業と決勝戦。
群馬は前橋育英が今日、準決勝明日決勝。

単独トップの早稲田ア式は本日、流通経済大と戦う。勝てば勝ち点4差となる。
行けないけんど頑張ってほしいよね。

オラは本日、これからみなとみらいスポーツパークで行なわれる横浜少年委員会が主催するスーパーキッズフェスティバルに参加する。
お天気悪いかなと心配したが、快晴でこりゃあもう暑くなりそうだ。
来週もキッズは保土ヶ谷サッカー場で大会が組まれている。
クレーでしかサッカー出来ない少年に比べキッズは恵まれている。
上に行くに従っていい環境からどんどん遠のく。
神奈川のサッカーの貧困さがわかるし、Jのチームをこれだけたくさん持っていると、いばれない現実がここにある。
まさに根っこは腐ったままずらよ。

明日の日曜日は午前中はジュニアの練習に顔を出してから、港北区の勝田小で行われている4年生の横浜市春季大会の試合を見て、瀬谷区大門小の2年生のこれも同じく春季大会の観戦。
夜は平塚馬入グランドの社会人第2節vs平塚SC戦。

朝から夜まで現場でっぱなしの究極のサッカー三昧だな。

それからフロンターレのヤジがいよいよ調子が上がってきた。
足の具合も心配ないようだし、いいお医者さんにかかるということがほんと大事だということだ。
今夜の鹿島戦でも得点を期待したい。
大宮戦のゴールもうまかったし、ああいうシュートが打てるなら、「頼むよ」という風にもなる。
そうなりゃあ、日の丸も見えてくる。

大いに楽しみだな。
by gsfc_aoshima | 2011-06-25 06:47 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

最終予選へ

後日の記録の為に書いておく
オリンピック2次予選クウェートとの試合は現地の灼熱地獄の中、1ー2で敗れはしたが2戦合計4−3で最終予選の駒を進めることができた。

前半21分、右サイドの酒井が最終ラインより駆け上がり、裏にでたボールをGKとの競り合いで一瞬早く足を出し、これがループシュートとなりゴール。

オラはこれで勝利を確信し、気がついたらもう試合は終わっていた。
もちろん結果はわからず、朝を迎え、一応確認、「あいやぁ〜負けてる」

あの暑さ、あの汗ではやばいよな。
スパイクの裏はもうチンチンだろうし、「もう勘弁して!」だろうな。

とりあえず、最終予選に進められたんだから、良かったんでないかい!
負けて勝ったんだから、何いうこともないわけで、「次もガンバって!」だな
関塚監督はア式の後輩なんだが、プレッシャーは大きいだろうが、日本のサッカーに貢献してほしい。
うれしいこんだいね!!
by gsfc_aoshima | 2011-06-24 08:58 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

ここんとこ、半年は暇があればキムチ作り研究に没頭している。
ていうか、もはや狂気の沙汰状態でキムチ作りに精を出している。
家康の時代から百姓の家系ではあるが、はっきりしているれっきとした日本人なんだけんど。
まさに、はまっている。

冷蔵庫の一番上の段は各種キムチでいっぱい。
さらに2段目も鎮座ます状態になっている。
野菜室だって、でっかいパックに入れてあるんでここも半分ぐらいはキムチが占領。
韓国にあるキムチ冷蔵庫が最早必要かも。

もちろん、冷蔵庫のドアを開ければキムチの臭いが充満している。
オラは鼻がいかれているので、あんましわからないがよ!

ここんとこ鼻の状態が上向きで20%ぐらいは回復してきているかもしれない。
3ヶ月前は2%ぐらいの嗅覚だったのではないだろうか。
けっこう治ってきているかも。
うれしいかぎりである。

話をキムチの方に戻すと、タマネギキムチを作ってみた。
タマネギは辛みがけっこうあるので、ここんとこ作っていなかった。
ある日、スーパーの棚をのぞくと、「さらたまちゃん」なるタマネギがあった。
辛みが少なくサラダに生食でどうぞと書いてあった。
熊本県の水俣地方の産らしい。

20%の食塩水で一晩。やわらかくなったさらたまちゃんにヤンニョムを丁寧にあえる。
これがなかなかいけるのである。
1週間ぐらいしてからがちょうどいい。

そして昨日からはらっきょうも試している。
どんなもんが出来るやである。

季節が来たらやってみたいものがある。
野沢菜である。
これは絶対うまいはずだ。
塩漬けであれほどうまいんだから、キムチにしたらこりゃあもう絶品になるかもな。

てなわけで、公私とも充実の直助である。
私はわかったが公はなんだって?

そりゃあもう、サッカーに決まっている。
by gsfc_aoshima | 2011-06-23 07:50 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

部屋の窓から見る空には雲ひとつない。
久しぶりの快晴なんだが、今年一番の暑さになるのではないかい!

昨日の昼間の蒸し暑さも相当だった。

そして昨日の昼時に大宮の食堂での出来事がひとつある。
食事がでる前にipadを広げた。

お勘定した時にはお盆の横においたipadの存在をすっかり忘れていた。
30分後気がついた。

「ない! どこでだ!」
こんなこともあろうかと、DLしてあったiphoneのアプリ「iphoneを探せ」を起動。
これは登録してあるipadも探してくれるアプリ。
やっと出番が来たんかい!!!!
ipadの位置はマップの食堂をピンポイントで指し示していた。
そして、ipadの中身を見れないようにする為にロックするか消去するかとも尋ねてきた。
すごいぞ!
もちろん消去はしない

一瞬の安堵。
足がユックリになった。
今年一番の蒸し暑さの中でただでさえぐちょぐちょなのに走れるかい!

お店ではちゃんと確保してくれていた。
「よくわかりましたよね!」
「GPSで行方わかってましたから」
お店の人ビックリしていた。

ありがたいことである。
物忘れがひどいのは老化だけでなく、この暑さも影響しているよな。
今日も気をつけよう。
とにかく目の前でも、ものを置かないことである。
毎日何かを探している。
あれがない!これがない!
ひもで結んでおくしかない。
by gsfc_aoshima | 2011-06-22 07:57 | その他 | Trackback | Comments(0)

うれしいのであえて

早稲田ア式が6/19に青山学院に勝利し、単独首位に立ったわけなんだが、東郷クンだけのメールでは喜びも半信半疑なんで、あえて、メディアの報道をリンクさせてみた。

しつこいかとも思えるが、なにせ単独首位になったのはあの大榎時代まで遡るわけなんだろうが、今マリノスにいる兵藤キャプテンの時代だって関東リーグは優勝していないし!

とにかく、今度の流通経済大戦が前期の山なのはまちがいない。
幸運にも、オリンピック予選のクェート戦の為に3名がそっちに行っちゃってるので、まさに鬼の居ぬ間状態だ。

オリンピックの監督はア式出身の関塚監督なんだが、この3人全員出してやってほしいよね。
せめてもの罪滅ぼしみたいなもんだしよ!

これで試合出さなかったら、なにいわれるかわからんかもな。
by gsfc_aoshima | 2011-06-21 06:52 | ワセダ | Trackback | Comments(0)