<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

五光牧場にきのこ採りに来た

野辺山、五光牧場にきのこ採りに来た!
リコボウというちょっとぬるっとしたキノコが群生しているとのことで待ちきれずとりにきたというわけである。
松茸も今年は良さそうだという吉沢オーナーご夫妻の夏合宿での話。
仕事もサッカーも放りっぱなしで野辺山にきたというわけだ。

がァ~、キノコは例年であるならば群生なんだけんど、猛暑の影響でまだ何にも生えて来ていなかった。
トホホずら!

リコボウでのキノコキムチのつもりだったが採れにゃあしょうがない。
野辺山のビックリ市場でリコボウを購入!
手のひらに乗るぐらいの少ない量で800円
はしりとはいえ目玉が飛び出る
湯がいたらもっと少なくなる。

てなわけで、恒例のキムチ 作りをひがな一日行う。
リコボウ、なめこ、しめじ、エリンギ、
これらは湯がいて、塩をまぶした後にヤンニョンまぶして出来上り!

本日、朝から、これからごぼう、カブ、きゅうり、しょうが、ダイコンカクテキ、長芋
そして、時期的にはもう終わりなんだがレタス。
そして本命の白菜も昨日丸一日潮水に漬け込んである。
これらのヤンニョン漬け込み作業に入る。

もう慣れたもんでほとんどプロみたいなものだでよぉ
手際がいいのである。

忘れていた。
梅キムチを!
これを待っている人たちが横浜にいるでよ!

それからリコボウのキムチはどうかって?
モチロンめちゃんこ、宮川ダイスケ風にいうと「ウマー~~~~ィ」
絶叫もんである。

それからエリンギが侮れないのである。
食感がなんとも言えない。
松茸でつくったらどんなもんでっしゃろ!
松茸キムチかい!

本日の野辺山の最高気温は13度の予想。
五光牧場はもう暖炉をたいている。

10月中旬が良さそうなきのこ採りかもね!
by gsfc_aoshima | 2010-09-30 06:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

10月も大忙し

暑かった9月もあと2日
記憶に残る年になるだいやぁ

サッカーも暑さ関係なく熱かった。
そして10月はもちろんサッカー月
社会人県リーグは残すところ2試合
これで二日はつぶれる。
Jr.ユースは横浜市長旗杯
ジュニアはいよいよ国際ちびっこ大会が始まる。
カテゴリー別とはいえ5チームが参加。
10月後半にはあすなろ大会も始まってますます日程混沌としてきて、さらに練習も見ないわけにはいかない。これがとっても大事なんだな!


さらにオラァん家、直助家としては最後の大イベントがある。

そうムスメの結婚式が待っている。
それもハワイときた日にはけっこう忙しいわけで…!

あんまし詳しいことは聞いてはいないが来週の水曜日には出発ということらしい。
だから第2週はいないということになる。

それから、17日はCobraの中心選手でもあるシュンの結婚式もあるわけだ。

どちらも結婚式用のDVDを作ってほしいとのことだったのだが、もちろん、もう既に作ってある。
by gsfc_aoshima | 2010-09-29 07:56 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式に3匹目のドジョウはいなかった

ア式主務太田クンからのメール
以下の通り

...................................................................................
メール会員各位

本日行われました関東リーグの結果をご報告致します。

中央、明治と2連勝を収め、インカレ出場ラインが見えて参りました。
今節は、最大のライバル慶應。定期戦も含めここ2年間勝利できていない宿敵を倒し、3連勝を飾りたいところです。

平塚競技場の空は晴れ渡り、やや暑さも残る気候となりました。

【関東大学サッカーリーグ第15節】
9/26 11:30 @平塚競技場
結果 早稲田 0(0−1)3慶應

得点18分慶応、71分慶応、93分慶応

メンバー
GK 菅野
DF 野田 小川 畑尾 菅井
MF 山中 島田 寺島 柿沼
FW 富山 松井

交代 寺島→渡部 島田→白井 松井→皆川
シュート数 早稲田 6 慶応 15
CK     早稲田 1 慶応 8

前半、ポゼッションで上回るものの、慶應のカウンターからチャンスを作られ、2度ポストに救われる。18分、コーナーキックのこぼれ球を詰められ先制を許す。

後半が始まっても動きは上がらず、71分に追加点を奪われる。76分、富山が抜け出しキーパーと1対1に。オフサイドはないように思えたが、無情にも副審の旗が上がる。更に、プレーを続けた富山にこの日2枚目の警告で退場。その後、渡部、白井、皆川と攻撃的な選手を投入して反撃を試みるが、後半ロスタイムにも失点し、試合終了。



ライバル相手にまたしても屈辱的な敗戦を喫し、
勝ち点は18のまま、順位は1つ落として9位となりました。

応援に来てくださった皆様、twitter実況にて応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。
※観戦に来られない方は、twitterによるライブ実況をお楽しみ下さい!!
http://twitter.com/wasedasoccer


次節
第16節vs神奈川大学
10月11日11:30k.o.
@栃木グリーンスタジアム
.........................................................................................

以上

昔は慶応にやられることは「恥」そのものだったと思う。
早慶戦ともなると、かならず死にものぐるいで向かってくる慶応に対し、始末に負えん奴らだけんど
胸貸すかぁ!ぐらいで勝つのが当たり前だったが、ここんとこはゼンゼン勝てなくてむしろ、慶応様のまでは「借りてきた猫」とか、蛇ににらまれたカエルみたいな天敵状態になっちまってる。

シュート数、CKの数からいっても、完敗だし、力関係もよくわかる
が〜〜〜、サッカーって何が起こるか分からないスポーツだ。
結果が往々にして逆になる場合もある。
攻め続けて、前がかりになったところをカウンターという奴。
そしてわがままなサッカーの神様というのもいらっしゃる。
運を勝ち取ることも重要なファクターなんである。

せっかく中央、明治に勝てたのに残念だし、まだまだ諦めないで頑張ってほしいよね。
試合を観にいくまではなかなかいかないけんど、ぜひとも頑張ってインカレ出場を勝ち取ってほしい!
by gsfc_aoshima | 2010-09-28 06:28 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

県リーグも大詰め

昨夜は、社会人県リーグ1部の横浜猛蹴vs六浦FCの試合を観に行った。
ここまでの成績で横浜猛蹴は2試合残しで勝ち点25の首位、六浦は3試合残しで勝ち点19である。
猛蹴はこの試合に勝てば、2位以内が確定。
六浦は現在2位のSC相模原次第ではあるが残り試合を全勝すれば2位以内が確定する。
だからこの試合を六浦が落として、SC相模原が同時刻で行われているBERUDRERO港北戦に勝つと相模原の2位以内も決定する。

だから、とりあえず潰し合いのガチンコゲームを観たかったわけである。

用事を済ませてから、金沢文庫海の公園グランドに駆けつけた時には前半がほぼ終わっていた。
3−2で横浜猛蹴がリードしていた。
後半をじっくり見た。

猛蹴は戦法的にはカウンター攻撃が狙い。
右サイドトップにいる28番鳥毛選手へのパスからのスピードある攻撃が特長だ。
うちのチームもわかっていてやられた。
鳥下くんはゴールに背中を向けた状態ではなく前を向いてボールをもらえる位置にいる。
鳥毛くんのうまさだろうが、それに加えてトップスピードにギヤが一瞬にして入るのでDFはわかっていても置き去りにされてGKと1対1の場面が作られる。
戦法としてはこれでリーグ戦を勝ち抜いてきたと言えるのではないかと思う。
前半の3点はどういうふうにして入ったかわからないが、鳥毛くんがらみなのは間違いないと思う。

比較して六浦はサイドの15番笠松選手へのパスからのくずしでというのが多く見られた。
攻撃のバリエーションは六浦の方が多くあるように見られる。
オフサイドをとられ、幻のゴールに終わった場面でも右からのクロスだった。
六浦は後半。どんどんメンバーを替えてきた。
それでもしっくりやれているのである意味、層が厚い。

一進一退の攻防の中、40分過ぎで、やっぱし追加点は鳥毛クンへのパス1本で決まった。
六浦23番加藤選手との交錯の中で抜かれた加藤選手がつかみ、1発退場とPK。
これをやっぱし鳥毛選手がきれいに決めて試合は決まった。

結局、相模原も港北に4−1で勝利したことで2位以内が確定した。
来週はこの猛蹴と相模原の首位確定の最終試合となるわけなんだが、その後行われる関東選手権の出場も決まった。
2チームとも関東選手権での勝ち上がりを切にお願いしたい!!

とにかく県リーグは熾烈である。
そんな中での横浜猛蹴のここまでの成績はまさに立派だと思う。
一つ上のリーグに昇格するのはほんとエネルギーがいるわけで、これはもう並大抵ではない。
猛蹴も3年前の大会で涙をのんでいる。

関東リーグ2部に昇格するには16チームで行われる関東選手権で2位以内に入ることが条件だ。
そしてJFLの成績がそのまま関東リーグ、県リーグまで大きく影響してくる。
今年はJFLの下位で関東チームがもがいているので、影響があるかもしれないのだ。

そんなことを感じながらよそのチームを観客として眺めるのも楽しいものである。
両チームの個人の技術力、チームとしての総合力もおおいに見応えのある内容なのも良かった。

いやぁ〜サッカーって面白いよなぁ!!

オラ達はとにかく県リーグ残り試合を2連勝し、来シーズンにつなげるゲームにしたい。
10/3(日)10:00 日産追浜グランド vs ALL Z
応援宜しくお願いします

県リーグ成績表
by gsfc_aoshima | 2010-09-27 06:09 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

冬から秋へ

ドイツブンデスリーグ25日のドルトムントvsザンクトパウリ戦で香川が1ゴール1アシスト
今朝はまずこちらのYouTubeから



現在4ゴールで得点ランク第2位、このままいくと2011年のヨーロッパ年間優秀選手にノミネートさせそうな勢いがある。

とにかくあっという間にフリーになれちゃうというか、ゴール前での動物的感といおうか、そしてシュートの正確性=いわゆるきちんとしたキックとでもいおうか。

ここまですごいと、彼のプレーを見て、穫ろうと決断したドイツ、ドルトムントのチーム関係者に敬意を表したい。

昨日の朝はなんか冬の木枯らしが吹くような感じと冷たい雨だったのに、昼頃から「あれれ?」と思わせるような秋晴れに!
そして今朝もとっても気持ちのよい朝で「スポーツの秋」そのもののようである。

昨夜は2010年の夏合宿の総括ともいえる、スタッフによる飲み会があった。
オラ的には2次会まで行き、けっこう楽しんじゃったが、ちょっと飲み過ぎた。
ほどほどがヤッパしちょうどいい。

さあ、今日もサッカー三昧の一日が始まる。
汗流して毒素も出さないとね!!
by gsfc_aoshima | 2010-09-26 06:51 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

冬かい!!

一昨日までは全国的にエアコンで冷房。

朝起きて鏡の前で自分の顔の黒さに驚く日々。

そして夏はそんなにいなかったんだが、このごろ、蚊がものすごく、玄関出ればブ〜ン
クルマの中までドアを開けたとたんに入ってくる。
そう!ヤブ蚊が大発生しているような気がする。

でも冬を思わせる昨日今日。
ヤブ蚊にもこたえるよな、この寒さは。

オラァん家では、もう気持ち的には「こたつ」が必要!

どうなってるんだぁ!!
これじゃあ、お年寄りもヤブ蚊同様こたえるよな。
家の中で熱中症になってしまうと大騒ぎしたのに、これではインフルエンザですぐやられそう。

やっぱし、日本には秋が必要だし、山が色ずく景色がほしいずら!
そして食欲の秋なんてことばがなくならないように!

いや、食欲の秋どころか、今の日本は1年中、飽食の時代。
スイーツだ!、マグロだ!と、いいものばっかし食ってノー天気でいると、尖閣諸島を中国にとられちゃうかも!
by gsfc_aoshima | 2010-09-25 07:28 | その他 | Trackback | Comments(0)

YouTubeに、はまっている

ドイツ ブンデスリーグで香川選手が所属するドルトムントが第5節カイザースラウテルン戦で5ー0というスコアで大勝した。
もちろん香川はトップ下の中心選手としてグランドかけずり回っているが、得点はなく後半途中で交代したが、なかなかのサッカーをしている。

止めて良し、蹴って良し、状況判断も良い。
小さい選手でもきちんとしたボールコントロールと大きいのに負けない勇気、そして遠くも見れる状況判断とゴールに飛び込んでくるタイミング。
ボール離れも秀逸だと思う。
見逃されやすいのだが、ボールを持ちすぎないのだ。
感心する。

だから香川にボールが集まってくる。香川経由のパスサッカーになっている。

まさにドルトムントの中心選手としての香川なんだが、そんな香川の、香川中心のYouTubeがあるだいね!
それも昨日のゲームだにぃ!!



サッカーをやる上で本当に参考になるビデオだと思う。
by gsfc_aoshima | 2010-09-24 07:35 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

オラはこの歌手のファンである

水島ヒロさんが芸能界を引退するという記事が出ていた。
彼は帰国子女で、桐蔭学園のサッカー部出身でもあり、全国大会にも出ていたということを聞いたことがある。
まあ、それはどうでもいいことなんだが、その水島さんの奥様が絢香さんなのは有名なんだが、オラはその絢香さんのファンなのである。

では本日は趣向を変えて絢香さんのすばらしい歌をどうぞ!!




男性歌手ではもちろん清水翔太で決まりである。
こちらもなんかいいのがないかと探した。
ほんとは加藤ミリアとのLove Forever、I'm your angelがいいのだが本人達のがない。
これはどうかな!!





もちろん北島三郎の「兄弟仁義」や井沢八郎の「ああ上野駅」「男傘」は大好きだ。
だから井沢八郎さんのお嬢さんである工藤夕貴も非常に気になるのである。
工藤夕貴さんのホームページはしょっちゅう見ている。
めがねの工藤夕貴さんもこれまた可愛いし、お米作っているというのもいい。
田舎に定住してるし、結婚しなくていいから幸せでいてほしい。

そして決まりはクレージーキャツが死ぬほど好きなんである!!
高校生の時、付け人志願したことあるし!!


サッカーもいいけどいい音楽もいいよね。
by gsfc_aoshima | 2010-09-23 07:54 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

練習試合vs横浜国大

期日:2010. 9.19(日)
会場:横浜国大グランド(クレー)
時間:14:00キックオフ 
天候:快晴
結果:横浜GSFC 5 (2-1、3-2、0-3)  6 横浜国大

1本目メンバー
GK−−−−藤田ーーーー
DF−小石川ー 押久保ー大平ー上條ー
MF−ー秋山ーー本田ーーー
MF−小林ーー細田ー−山崎ー
FW−−−−川井田ーーー

得点 36分国大、43分細田→山崎、45分細田
交代 30分川井田→志連、本田→玉置

2本目メンバー
GK−−−−藤田ーーーー
DF−小石川ーー大平ー上條ー川井田ー
MF−ーーー秋山ーーーー
MF−小林ーー細田ー−山崎ー
FW−−玉置−−志連ーーー

得点 11分志連、13分山崎、25分国大、30分国大、33分本田
交代 28分玉置→本田

3本目メンバー
GK−−−−藤田ーーーー
DF−川井田ーー大平ー上條ー押久保ー
MF−ーーー秋山ーーーー
MF−小林ーー−−山崎ー
FW−−細田−−志連ーーー

得点 9分国大、19分国大、26分国大
交代 18分小林→小石川、23分本田→石川、42分秋山→本田
b0005596_5311274.jpg
b0005596_531268.jpg
b0005596_5305348.jpg
b0005596_5335780.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-09-22 05:31 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式、明治に勝つ

ア式主務、太田クンからのメール
以下の通り
......................................................................
メール会員各位

本日行われました関東リーグの結果をご報告致します。

【関東大学サッカーリーグ第14節】 9/20 13:50 @たつのこフィールド
早稲田11-0
0-00明治
(31分) 富山 貴光得点
警告(11分)山中 真警告・退場警告(60分)
警告(32分)松井 亮大
警告(53分)奥井 諒
12シュート10
15直接FK19
2間接FK4
5CK3
2オフサイド4
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF3小川 諒
DF4畑尾 大翔
DF12菅井 順平
MF6山中 真
MF23島田 譲
MF13柿沼 貴宏out 75分
MF8奥井 諒
FW9富山 貴光
FW14松井 亮大out 83分
sub
GK16赤堀 勇太
DF25中田 航平
DF24渡部 雄史
MF17寺島 尚彦in 75分
MF22野村 良平
FW19鈴木 隆司
FW28白井 豪in 83分
次節 vs慶應義塾 9/26 11:30 @平塚

【内容】
前節、久々の勝ち点3を手にし、これから上位陣に食らいついていくために今節は大事な試合となります。
相手は首位を独走する明治大学。昨年度インカレチャンピオンでもある強豪相手に、どれだけ自分達のサッカーを展開できるかがポイントになります。
会場のたつのこフィールドは試合直前に雨が降ったことで、やや涼しめのコンディションになりました。


先発は、怪我で離脱の幸田に代わり山中、野村が後期初ベンチ入りした。
前半、互いに慎重な滑り出しを見せる。無理に仕掛けることはせず、相手の隙が出ればシュートを狙う時間が続く。

すると31分、最高の形で先制点が生まれる。
右サイド低い位置から野田が中央の山中へ、山中が前線の富山へ縦パスを入れると、反転して抜け出した富山が豪快に右足を振り抜き、2試合連続のゴール!これ以上ない展開で、前半を折り返す。
ハーフタイムに監督の「まだ何も終わっていないぞ」との声に気合いを入れ直し、後半に臨んだ早稲田。
しかし立ち上がりに浮足立ち、相手にGK1対1とされるピンチを招く。
相手のシュートが外れなんとか凌ぐと、後半だけでシュート9本を放つなど、早稲田も攻撃的な姿勢を貫く。
菅井のクロスに島田がフリーでヘディングを放つも枠を捕らえきれず、
また終盤に投入された白井が自ら奪ったボールからキーパーとの1対1を決めきれないなどチャンスを逃したが、
DF陣が最後まで集中して守りきり、首位明治に後期初めて土を付けた。

試合後、応援も含め全部員で肩を組んで『紺碧の空』を熱唱し、最高の笑顔で会場を後にした。


遠いところ応援に来てくださった皆様、またtwitter実況にて応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!
本日の勝利で、ようやくインカレ出場争いが見えて参りました。ただ、油断することなく、一戦一戦しっかりと戦って参りたいと思います。
今後とも応援の程よろしくお願い致します。試合会場でお待ちしております。
※観戦に来られない方は、twitterによるライブ実況をお楽しみ下さい!!
http://twitter.com/wasedasoccer

.........................................................................................
以上

「紺碧の空」を唱うとは!!
一緒に唱いたかった。
by gsfc_aoshima | 2010-09-21 06:14 | ワセダ | Trackback | Comments(2)