<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

パラグァイ戦

残念です。

駒野が出てきた時、
「やばい」
アメリカワールドカップの決勝のPK戦のバッジョを思い出した。
足にきていたし!

案の定だった。

世界の8強に入るにはやっぱし時間が必要ということなんだと思う。
そんなに簡単なもんじゃあない。

選手の皆さん ご苦労様でした。
南アフリカまで応援に行ったサポーターの皆さん感謝です。

岡田ぁ、残念だけんどしょうがない!
1次リーグの勝ち点6は評価されていいと思う。

みんなユックリ休んでください
by gsfc_aoshima | 2010-06-30 01:51 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(1)

期日:2010. 6.27
会場:工学院グランド(人工芝)
時間:15:30キックオフ 
天候:晴れ、
結果:横浜GSFC 1 (0−0)  1 ブレッサ相模原
メンバー
GK−−−−若田ーーーー
DF−二宮−笠原− 大平ー小山ー
MF−−大空−−−長瀬ーー
MF−−細田ーー山崎ーーーー
FW−−田巻ーー坂本ーーー

交代 60分田巻→江原巧、細田→秋山
得点 54分ブレッサ、90分江原巧→坂本(H)
b0005596_7301112.jpg
b0005596_7295861.jpg
b0005596_7294426.jpg
b0005596_7293410.jpg
b0005596_7292314.jpg
b0005596_7291271.jpg
b0005596_72928.jpg
b0005596_7284512.jpg
b0005596_7283238.jpg
b0005596_7282271.jpg
b0005596_7281013.jpg
b0005596_7275842.jpg
b0005596_7274896.jpg
b0005596_7273969.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-06-29 07:30 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

これまでの結果
6/22以降
メキシコ   0−1 ウルグァイ
フランス   1−2 南アフリカ
ナイジェリア 2−2 韓国
ギリシャ   0−2 アルゼンチン
スロベニア  0−1 イングランド
アメリカ   1−0 アルジェリア
ガーナ    0−1 ドイツ
オーストラリア2−1 セルビア
スロバキア  3−2 イタリア
パラグァイ  0−0 ニュージーランド
デンマーク  1−3 日本
カメルーン  1−2 オランダ
ポルトガル  0−0 ブラジル
北朝鮮    0−3 コートジボアール
チリ     1−2 スペイン
スイス    0−0 ホンジュラス

決勝トーナメント
1回戦
ウルグァイ  2−1 韓国
アメリカ   1−2 ガーナ
ドイツ    4−1 イングランド
アルゼンチン 3−1 メキシコ
オランダ    vs  スロバキア
ブラジル    vs  チリ
パラグァイ   vs  日本
スペイン    vs  ポルトガル

準々決勝
ウルグァイ   vs  ガーナ
ドイツ     vs  イングランド

...........................................................................................
ドイツvsイングランドでは世紀の大誤審があった。
ラインズマンがシュートに追いつかなかったんだろうが、ちょっとこれはいただけない!
アプソンの空中に止まったかのようなヘッドが決まり2−1。
ランパードのシュートは確実に入っていただけに泣くに泣けないノージャッジだった。
b0005596_6342651.jpg
b0005596_637356.jpg
b0005596_6375347.jpg

とはいえドイツのゴールに向かう早さは半端ではなかったと思う。

アルゼンチンvsメキシコのゲームも素晴らしいものだったが、こちらもテベスの1点目はオフサイドだったような気がする。
でもランパードのノーゴールの方が責任が重いかもしれない。

テベスの3点目もすごかったんだが、それは置いといて、今後日本人が見習うべきターゲットはメキシコのサッカーのような気がするのだが。
メキシコも素晴らしいチームである。

今日のゲームでドイツvsアルゼンチンになったわけなんだがワールドカップの準々決勝って決勝以上に面白いと思う!!
by gsfc_aoshima | 2010-06-28 06:45 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

高校サッカーは?

ワールドカップで世界中大盛り上がりなんだが、それはそれとして、国内の各カテゴリーではサッカーがないわけではない。
高校サッカーも今週がインターハイの準決勝やら決勝がある。
神奈川県では昨日、沖縄でのインターハイ出場チームが2校決まった。
桐光学園 1−0 向上
日大高校 1−0 湘南工科

東京でも2校
都駒場  4−0 駒大高
帝京   2−1 国学院久我山

オラ達のチーム横浜GSFCJr.ユースのOBが山梨の帝京三高に4人が行っている。
その山梨大会では帝京三高が山梨学院に準決勝で0(PK2−4)0で敗れている。
残念だよな!
こちらの決勝は山梨学院vs日本航空。

茨城県決勝は鹿島学園vs水戸桜ノ牧。
鹿島学園が2−1で勝利した。
OB安田暁(2年)が同点ゴールを決めてくれたようでうれしいことこのうえない!!

この試合の模様が茨城県高校・ユースサッカ−掲示板投稿されているので抜粋させていただく。
以下の通り
......................................................................................
学園が前半バタバタしててパスミス連発してる所で単純な連携ミスからの一発レッド
PKを⑩番が決め牧高先制
学園もPKゲットしたが⑩番が外して1-0牧高リードで前半終了
学園はボランチを一人外し攻撃的な選手に交代し反撃に出る
後半10分ぐらいから牧高の足が止まりはじめ足をツル選手が続出
牧高もプレスをかけたいが一人少ないはずの学園がパスを回し牧高の中盤が崩壊しスペースががら空きになる
次々と交代枠で選手を変える学園に対し後手後手の交代の牧高
後半20分過ぎには交代で入った⑯番がエリア外からミドルで同点
最後は学園⑩番がサイドからドリブルで中へ切り込み逆転ゴール
牧高もロスタイムにビックチャンスが訪れるが決められず
あれを外すようだと勝てない
技術、走力、ベンチワークの差が出た試合でした
...........................................................................................

以上

16番が安田暁だ。
ご両親も大喜びだろう!
よくやってくれた。
全国でも、よりいっそうの活躍を期待したいし、Jr.ユースの子供たちにも大きな励みにもなる!
by gsfc_aoshima | 2010-06-27 08:08 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)

嗚呼!早慶戦

2010/2/25国立競技場での第61回早慶サッカー定期戦が開催された。
オラァはここんとこ2年間観に行ってなかった。

早稲田はア式蹴球部、慶応はソッカー部と呼ばれている。
まあどうでもいいこんだが

早慶とも、今年は関東リーグでは下位に低迷している。
特にア式は2部降格ラインにだんだん迫ってきている。
けっこう心配な状態である。

早慶戦つきもののスタンドの華やかさとはうらはらにア式のサッカーはどうしようもないほどの寒々しさだった。
結果は0−2で慶応の勝利だったが、もう3、4点入ってもおかしくなかった。
ア式は結局、チャンスらしいものはひとつもなく、慶応の前に敗れた。

要は
走れない!
走らない!
同じようなニアンスなんだが相当違うダニ!

そして3本パスがつながるまでに15分かかった
それほど不正確。ていうかサイドキックからやり直せ!

オラは早稲田を愛している。
とりわけア式蹴球部はオラそのものといってもよい。
ア式のおかげで今の自分があるといってもよい
そのオラがだ。
情けなくて涙が出そうになるほどのひどいサッカーだった。

どういうサッカーをしたいのかがわからない。

とりわけ、監督、スタッフの意図は?
前半早々と2失点。
負けているのに、そして3本のパスすらつながらないのに、後半も同じメンバー。
ベンチで座ったままほとんど動かない監督、コーチ
寝ていたのかどうかわからんが根が生えたようだった。

岡根主将のコンディションがとりわけ悪く、オラが監督であるならば前半途中でもう代えている。
ていうか、毎日観ているんだから、最初から起用しない。
そのぐらいひどかったといってよい。

岡根主将は来シーズンからエスパルスに入団が決まっている選手である。
将来が嘱望されている。
でも、今のままなら通用しない
本人のためにも、捲土重来、この夏は走りに走って走り抜け!
90分動ける体を作り直せ。

それから監督、コーチの目指すサッカーはなんなんだ!
姿すら見えて来ないわけで、このままではほんとに降格の危機にあると云ってよい。
昨シーズンもひどかったがそれよりもひどい!

応援に来ていただいた皆さんに失礼だに!
帰りすがら、慶応のOBと出会う。
同情された!!!



b0005596_7411435.jpg
b0005596_74131100.jpg
b0005596_7414443.jpg
b0005596_741585.jpg
b0005596_748549.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-06-26 07:42 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

デンマークに勝つ

ニッポン ニッポン 勝ったぁ~~~~~~~~~~!!!!!





もはや言う言葉はない。
みんなご苦労様です。
by gsfc_aoshima | 2010-06-25 05:27 | 日本代表 | Trackback | Comments(2)

とにかく寝ては損である!!
ていうか寝ているひまはない。
起きているしかない!
それでも寝ちゃうときは、
寝ながらでも見るということが大事になってくるよな!
起きたり寝たり毎晩大変だがうれしいからなんとかなる。

6/23結果
イングランド  1−0 スロベニア
アメリカ    1−0 アルジェリア
ガーナ     0−1 ドイツ
オーストラリア 2−1 セルビア

イングランドのDFテリーはスロベニアのシュートに対してアタマからカラダを投げ出し盾になった。
手はハンドにならないようにからだの後ろに
b0005596_15554150.jpg

                                (photoはロイター伝)
ドイツ大会での韓国選手のゴール前での防御を思い出した。
これがワールドカップなんだな。
半端じゃあないよな!
アメリはドノバンのロスタイムのゴールで決勝トーナメントが決まった。
スロベニアは10中8、9まで手中にしていた決勝トーナメントの切符を逃してしまった。

イングランドはなかなか追加点がはいらずヤキモキさせられたがチームとしてはいいチームだと思うしサッカーもいい。
ドイツはエジルの見事なゴールで1位通過が出来たが全ては紙一重の攻防だった。
ガーナもほんとうまいし、いいチームだよな!

結果、イングランドvsドイツ、ガーナvsアメリカ
ここでイングランドとドイツのどちらかが消えてしまうとは思っても見なかった。
勝負の彩みたいなのを感じるダニ!

ますます面白くなってきたワールドカップ、いよいよ日本が登場する。
どんな点でもいいからゴールしてほしいよな。
岡崎の裏から飛び込むダイビングヘッドが効きそうな気がするのだがよ!
ワントップでいくだろうから、ここは岡崎先発、2列目に本田の方がいいと思う。
相手のでかいのと力勝負をしたらかならず本田の負けになる。
本来、FWは本職でないのだから、そうすると本田はズルズル下がりだす。

岡崎がちょこまか動いて動いて相手DFをかき回したほうが得点の匂いがする。

岡田ぁ 頼むでぇ!!
祈っています。
by gsfc_aoshima | 2010-06-24 06:04 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

本日、きちっと3時20分起床
朝から寝ぼけることもなく、睡眠きちっととったし、すこぶる快調!
B組を見るためにA組はあえて外した。

座して、緊張感を持って、B組韓国2−2ナイジェリア、アルゼンチン2−0ギリシャ戦をチャンネルをたえまなくがちゃがちゃ。

そして韓国が決勝トーナメント進出が決定した。
右サイドからのセンターリングからウチャのゴールで始まり、リソンヨンのFKをイジョンスがあたまでからぶりしてたまたま足に当たって入る幸運なゴール。
入りゃあいい!!
パクジュオンのFKーGKが体重が逆にかかっていた分届かなかった。
そしてキムナビルがFKを与えヤクブのPK

ギリシャが失点してアルゼンチンが勝ったあとの1分後の韓国vsナイジェリアの終了のホイッスル。
この時点で選手全員が決勝トーナメント進出がわかっていたらしい
両チームの選手達みんなが涙涙でけっこう感動!!!
韓国は自国開催以外では初めての決勝トーナメント進出だそうでうれしいことだよな。

アルゼンチンは余裕で勝利。
ほとんどというかゼンゼン危なげない試合だった。
とにかくマラドーナが素晴らしい監督に見えてきたのが不思議と言えば不思議なんだが、選手起用の仕方から交代のタイミングといい、監督としてもチームの掌握力でもちょっと抜けている。

その他のA組ではウルグアイ(グループ1位)1−0メキシコ(グループ2位)
南アフリカ(3位)2−1フランス(ダントツの4位)

6/19から、ここまでの途中経過では
オランダ    1−0 日本
ガーナ     1−1 オーストラリア
カメルーン   1−2 デンマーク
スロバキア   0−2 パラグアイ
イタリア    1−1 ニュージーランド
ブラジル    3−1 コートジボアール
ポルトガル   7−0 北朝鮮
チリ      1−0 スイス
スペイン    2−0 ホンジュラス

ヨーロッパの大国がまだ本調子ではなく苦しんでいる。
はてはてどうなるか
今夜はイングランドとドイツがどうなるか、まさに見ものである。
by gsfc_aoshima | 2010-06-23 06:22 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

期日:2010. 6.13
会場:工学院グランド(人工芝)
時間:15:30キックオフ 
天候:晴れ、
結果:横浜GSFC 1 (0-0)  1 さがみ大沢fc
メンバー
GK−−−−若田ーーーー
DF−−二宮−笠原− 押久保ー小山
MF−−−−大平ー長瀬ーーーー
MF−−志連ーーーー山崎ーーー
FW−−田巻ーー坂本ーーー
得点 60分山崎、85分大沢

......................................................
b0005596_6434741.jpg
b0005596_644072.jpg
b0005596_644967.jpg
b0005596_644183.jpg
b0005596_6442882.jpg
b0005596_6443958.jpg
b0005596_6445051.jpg
b0005596_645249.jpg
b0005596_6451279.jpg
b0005596_646539.jpg
b0005596_6463497.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-06-22 06:46 | Trackback | Comments(0)

コートジボワールのユニホームが黒い肌と調和して素晴らしいと思う。

ブラジルのFWファビアーノの2点
先取点はアメリカ、ドノバンのネットの上に突き刺さったと同じようなすさまじいシュート。
2点目は2回のハンドをレフリーが見逃していた。

ちょっとコートジボワールにはかわいそうなごーるだったし、これでもう集中力切れちゃうよな!

そしてただいま、案の定、左サイドに流れたカカーに縦パスが入り、一人交わしてセンターリング。
これをエラーノが難なくシュ−ト

3点入ってもう決まりである。
ブラジル強い!!


追加

カカーが退場になる。
レフリーが試合をコントロールできなくなった矢先の出来事。
カカーのひじうちが顔に入ったように倒れているが顔には入っていない。

ちょっと残念な試合になってしまった。
by gsfc_aoshima | 2010-06-21 04:52 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)