<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

4/29(祝)昭和天皇のお誕生日である。
横浜市春季少年サッカー大会LL(3、4年生)クラスの第21ブロック横浜GSFC−Eチームの第3日目のゲームを観に行く。
このクラスは7チームでの8人制のサッカー大会なんだがすっかり8人制が定着してきている。
うちからは2チームが参加しているが多くの子供たちが公式戦に出れるということはとってもよいことだと思う。
がぁ〜、サッカーはやっぱしスポーツなんで、仲良しクラブではあってもさらにその上をいく勝つということもけっこう大事なことではある。

結果は7チーム中3位だったということなんだが2チームが決勝トーナメントに行けるのだがそこはちょっぴし残念ではあった。
でもチームを2つに分けているんで上出来かもしれん。
これからが楽しみな選手もいたし、さらなる練習を重ねれたらもっと上にいける可能性はじゅうぶんあるなと感じられたのは大きな収穫だったと思う。

課題はいろいろあるが、味方を利用してのワンツーが出来たらもっとスム−ズなサッカーができそうだ。
b0005596_6452590.jpg
b0005596_646139.jpg
b0005596_6465597.jpg
b0005596_6471096.jpg
b0005596_6482191.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-04-30 06:47 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

GWが始まった。

GWが始まった。うれピー!!!
もちろんサッカー三昧というのはいうまでもない。
毎年こうだからサッカー以外に遠出はしたことがない。

にぎやかだった我が家も、もはや娘3人はすでにいなく静かなもんである。
まさに静寂そのものである。

でもオラァはそんなことにも動ずることもなくこの時期、いや毎週末、家を空けサッカーに明け暮れる。
最近ではほとんど1日おきでのサッカー三昧になっちまっている。

家にいても想うのはサッカーのことばかり。
明けても暮れてもサッカーのことばかり。
こんなんでいいのだろうかと思ったことは
→ない!
→nothinng!!

後悔?
→ない!!

あたまんなかのサッカーの引き出しはこれでもかというぐらい余裕がある。
サッカーに偏っているのでそれ以外の引き出しは極端に少ない!
物事をサッカーに関連させればなんでも行けちゃうタイプになったと思う。
だからサッカー環境を良くできればとおもえばデジタルインゲンいやデジタル人間にだってなれるのである。
アホ式のオラァでもよ!

朝もうれしいので早く起きてしまう。
今日のジュニアの練習も出来そうだし、大会をちょっぴり観に行けるだろう。
まさに充実のGWである。
by gsfc_aoshima | 2010-04-29 07:10 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

県リーグ混沌

神奈川県社会人サッカー1部リーグ第1節が終わった。
試合結果は以下の通りだ。

4/18
 ブレッサ相模原 0-6横浜猛蹴日本工学院G15:00
 平塚サッカークラブ 2-3横浜GSFCコブラ馬入公園(人工芝)17:00
 VERDRERO港北 1-0かながわクラブ〃19:00
 フットワーククラブ3-1さがみ大沢FC寒川町立寒川中学校18:30

4/25
 S.C.相模原 1-1六浦フットボールクラブ麻溝公園競技場10:00
 ALL-Z 2-1日本工学院Fマリノス日本工学院G12:00

今年の県1部リーグの大注目は、なんといってもJリーグ準加盟になったSC相模原の1部での戦いだろう。
たぶん、これが全てだと言っても過言ではない。
ここで圧倒的に勝てるようでないと相模原の飛び級だってきびしいものがある。
だから、県1部の面目にかけても各チームとも相模原には必死こいて戦うのはまちがいない。
そういう意味合いにおいてこれほど楽しいリーグもないのではないか!
Jリーグばっかしがサッカーではないと思うし、見てもらえればそれなりにいいサッカーを各チームやってるし!

そして六浦が相模原と引き分けたことは決してオドロキではない。
六浦のスピードのあるサッカーはやっぱし見事だと思うし、試合運びだって伝統あるチームだからどう戦ったらいいかなんていうこともよくわかっている。
最後は1番、2番に上がってくるチームだから相模原も苦戦するかもと思っていたが、開幕戦から相模原とこうだと、相当いいチームに仕上がっているということだと思う。
今年の六浦は例年に増してやるだろう!

相模原はヤッパし言うまでもなく強いと思う。
がぁ〜!さっきも述べたように各チームとも相模原だけには意地でも簡単に勝たせたくないと思っているのだから、なかなか大変だと思う。
原巨人にぶつかるベイスターズみたいなもんだが、広島には負けても巨人にはエースを当てるようなもんだからなにがあるかわからないし、引き分け狙いのチームも出るのはまちがいない!

工学院Fマリノスは新入生がチームに馴染んでくる第2節以降の戦いで判断したい。
横浜猛蹴は若いし、スピードがあるし、乗せたら止まらない、すばらしいチームだと思う。
上に来るのはまちがいないずら!
フットワークはホームはほんとに強いな!
あの硬いクレーとナイターは手を焼く。
大沢はその術中に入ったとしか言いようがない。

5月に予定も決まったし、ますます目が離せないの県リーグだ。
いやぁ〜サッカーはほんと面白いずら!!!

5月のスケジュールは以下の通り

5/2
  ALL-Z-さがみ大沢FC麻溝公園競技場10:00
 ブレッサ相模原-フットワーククラブ〃14:00
5/16
  フットワーククラブ-かながわクラブ寒川町立寒川中学校18:30
5/23
六浦フットボールクラブ-VERDRERO港北保土ヶ谷公園サッカー場10:05
 日本工学院Fマリノス-S.C.相模原日本工学院G14:00
 さがみ大沢FC-平塚サッカークラブ馬入ふれあい公園(人工芝)15:05
 かながわクラブ-ブレッサ相模原谷本公園19:05
5/30
  VERDRERO港北-ALL-Z玄海田公園09:05
 横浜猛蹴-横浜GSFCコブラ馬入ふれあい公園(天然芝)12:05
 六浦フットボールクラブ-フットワーククラブ〃16:05
 平塚サッカークラブ-S.C.相模原馬入ふれあい公園(人工芝)13:05
by gsfc_aoshima | 2010-04-28 06:01 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

キックから出直せ

4月25日(日)Jr.ユースの公式大会でもある全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会神奈川大会2回戦vsFCパルピターレ戦を観に行く。
久しぶりのポカポカした春らしい陽気で気持ちも和みまさにサッカー日和だ。

会場は厚木の中三田スポーツ広場というところで4、5年前にも来たことがある。いわゆる河川敷のクレーのグランドだ。
どんな試合をしてくれるのだろうかと楽しみではあった。
日頃の練習を見てもそこそこだし20年近くになるJr.ユースの歴史の中でも1、2を争うのではないかと思っていたからだ。

結果は2ー2で終了の笛、PK戦は6人が出てきて2−3で自滅する。
GKの??地の活躍もあり、相手が自滅してくれそうだったのにこちらが自滅するとは考えも及ばなかった。
相手の方が気持ちで負けていたのにわざわざ負けることはないのによ!
このPKの場面だけ見ると選手達の気持ちがボールに乗り移っていなかった。
中途半端な蹴り方ばかりで、ほんとに勝ちたいのか、甚だ疑問だなと思わざるを得なかった。

PK戦までいけばあとはその時の運だとはいうが、はたしてそうだろうか。
そういうこともあるかもしれない
でもまともに蹴れないのに、運が悪いと思うのはいささか甘いと思うし、そう選手やスタッフが思ったら進歩はないし、ここどまりだと思う。

ゴールの枠、両下角に強いパスを通すということではなかろうか。
日頃の練習からきちんと正確に強いパスを足元に通すことをしていないからこういうミスをする。
ただなんとなく適当に蹴ってるからこういうことになっちまうのではないかい。

サッカーはきちんと止める。きちんと蹴る。きちんと走る
これが最大の基本だと思う。
3番目のきちんと走ったり、きちんとマークすることはそれなりに出来ていたと思う。
針の穴にボールを通せといわないが針の穴に通すぐらいの気持ちでまじめに謙虚に練習するべきである。
サイドキック、インステップキックをきちんとやり直せ。
ボールの進化でインフロントキック全盛の時代にはなったが大事なのはこの2つのキックがサッカーの蹴り方の大本なのはまちがいないからだ。

きびしい言い方かもしれないが、「結果」にかならず現れるだでよ!
b0005596_645195.jpg
b0005596_65392.jpg
b0005596_651516.jpg
b0005596_653533.jpg
b0005596_655281.jpg
b0005596_66531.jpg
b0005596_664550.jpg
b0005596_665744.jpg
b0005596_67968.jpg
b0005596_67236.jpg
b0005596_673623.jpg
b0005596_67512.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-04-27 05:54 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式主務からのメール
以下の通り

..................................................................................................
メール会員各位

本日行われました関東大学サッカーリーグ第3節の結果をご報告致します。


【戦評】
前節は宿敵慶應に敗戦を喫した早稲田。
昨季下位の法政相手に、連敗は避けたいところ。
法政は今季から水沼貴史氏を新監督に迎えたため、元Jリーガー監督対決となった。

スタメンは前節とほぼ同じで、今節出場停止の野村良平のポジションには、怪我から復帰した山中真が起用された。昨シーズンボランチの中心選手として活躍した山中だけに、好プレーが期待される。
4分、早くも試合が動く。左サイドをドリブルで駆け上がった奥井諒から、裏に抜け出した幸田一亮にパス。幸田がゴール前にマイナスのクロスをあげると、後方から走りこんだ鈴木隆司が、丁寧に右足でゴールへ流し込んで先制した。
開始早々の失点に浮き足立つ法政を相手に、早稲田の猛攻は止まらない。
16分、右サイド深い位置から鈴木がドリブルで中央に切り込みラストパスを送ると、一度は相手DFに阻まれるものの小井土翔が粘って繋ぎ、最後はエース富山貴光が右足で追加点。
素晴らしい内容で前半を終了する。

後半、メンバーは変わらずにキックオフ。
相手のロングボールにも、小川諒・菅井順平のCBコンビが落ち着いて跳ね返し、大きな見せ場を作らせない。今季初先発となった山中の中盤での効果的なディフェンスも光った。
迎えた55分、高い位置からのプレッシャーで左CKを得る。キッカーは野田明弘。意表を突き、ゴール前ではなくペナルティエリア正面手前まで大きく弧を描いたボールは、後方で待ち構えた奥井のもとへ。ダイレクトでボレーシュートを放つと、これがゴールに突き刺さり、欲しかった追加点を早々と奪うことに成功した。このトリッキーなセットプレーは、2000年アジア杯準々決勝で中村俊輔と名波浩が見せたプレーを彷彿とする美しいゴールだった。
62分、相手選手が2枚目の警告で退場となると、完全に早稲田のペースとなる。怪我から復帰した島田譲を始め、佐々木絢也、畠山祐輔を次々と投入し、攻撃を活性化させる。
試合終了のホイッスル。退場者が出てから追加点が欲しかったが、シュートも相手の4本に対して14本と圧倒し、最後まで攻撃の手を緩めずに完勝した。

これで2勝1敗となり、3位で第3節を終了した。

次節は、vs中央大学
4/29(木)11:30キックオフ
@国立西が丘サッカー場
都営地下鉄三田線 本蓮沼駅下車徒歩10分
※駐車不可

応援宜しくお願いします!
....................................................................................
以上

公式記録も掲載しておこう!
ちょっとうれピー!!
ていうかだいぶうれピー。

3節を終わって、明治、中央が3連勝で3位にア式がついている。
流経が筑波に負けて1勝1敗1分けで苦戦してる。
でもまだ序盤戦、どうなるかわからないが、明治はヤッパし強そうだな。
by gsfc_aoshima | 2010-04-26 06:38 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

今週末も目白押し

ジュニア:横浜市春季少年サッカー大会Lの部

 GSFC 0(0-1)3 ジュニオールSC

 GSFC 0(0-5)6 品濃ウィングス
 これで1勝3敗、決勝トーナメント進出はちょっと難しいが最後まで頑張ってほしいな。

Jr.ユース:全日本ユース神奈川大会1回戦

 GSFC7(4-1)1 ウ゛ォセラーゴ津久井

4/25(日)本日の予定
ジュニア:横浜市春季少年サッカー大会LL21ブロックの部

  10:30 横浜GSFC( vs )翠翔SC
  12:30 横浜GSFC( vs )FC霧が丘
  ※会場は荏田東第1小学校G

Jr.ユース:全日本ユース神奈川大会2回戦
  13:00 横浜GSFC( vs )FCパルピターレ
  ※会場は厚木市中三田スポーツ広場

Cobra:練習試合

  13:00 横浜GSFC( vs )立正大学
  ※会場は埼玉県熊谷市の立正大学グランド

オラは9時からの小1の練習に参加してJr.ユースの試合に行くことにした。
みんな頑張ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
by gsfc_aoshima | 2010-04-25 06:48 | Trackback | Comments(0)

「本日から全日本クラブユースサッカー選手権大会U-15神奈川大会」が始まる。

ここんとこ雨ばかりで中学生の練習が出来ない。
ていうことで、昨日は旭区スポーツセンター体育館を急遽借り受け練習となる。
オラも夕方からなんで時間が取れちょっとばっかし覗いてみた。

けっこうモチベ−ション上がっていたと思うし、いい練習をしていた。
1戦1戦これが最後だと思ってやってくれたらいい。

戦術的には最初の5分をどう戦うだと思う。

DF陣はボランチも含めてきちっとマークの確認と受け渡しの確認をすることがとっても大事だ。
FW陣はその逆で最初の5分をどう突破するかも大事だと思う。
あんまし難しいことは必要ない。
シンプルなサッカーをすべきだ。
ちなみに今日の試合は

会場 相模原市立中沢中学校
7:45境木小集合
11:30~ vsウ゛ォセラーゴ津久井
b0005596_6571136.jpg
b0005596_6572880.jpg
b0005596_6574336.jpg
b0005596_6595811.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-04-24 06:58 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

地球の波動が悪くなっているに違いない。
なんずら!
世界的には火山噴火やら中国での大地震。

日本的にはこの季節外れの寒さ

リュウグウノツカイもよく網にかかると言うし
地震もこわいだに!

関東的には昨夜は地震もあった。

チーム的には雨ばっかしで子供たちが練習出来ない。
今日のジュニアの練習もはやばやと中止だな。
Jr.ユースは急遽体育館を押さえて、明日の全日本ユース神奈川大会1回戦に備えている。
これはよかったことだな。

オラ的には心身とも、および、お仕事も絶好調と言おうか、まさに怖いものなしぐらい順調だ。
ただ、しいていえば小便が極端に近くなっていて、こぼれることしばしばぐらいだろうか。
これはだいぶ困っているといえるかもしれないが。
まあ、たいしたこたぁない!
こまい話で申しわけないけんど、世の現象を地球規模で考えるのも大事なんだが、ちびるというのもけっこうオラ的には正直、宇宙規模かも!!

本日はアクアラインを通って、木更津までお仕事である。
寒そうで海ほたる寄れないかもな。
by gsfc_aoshima | 2010-04-23 07:20 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

得点シーンがやっと見れた。



やっぱし監督なんだろうか?
モウリーニョすごいな!

われらが岡田監督は海外組の選手を見ると云ってヨーロッパに視察に出かけた。
よくわからない!
ア式の後輩だけんど今回ばかりはまったく?がつく。
本田、松井、長谷部はもう決まりだと言ってるのに会いにいくというのはどういうことなのかだろうか?
5月の10日前後にはメンバー発表するということは今、国内のメンバーを見ないでいつ見るんだろうか?
これってもう国内組も決まっているという証にとれる。
モチベーション下がるよな!

もう旬の選手はいないのかい!
そんなことはないと思う。
今、急カーブで伸びてくる選手を捜すべきなのに!
メンバー発表、延ばすぐらい見る必要あるのに!
そのぐらい急成長するような選手を連れて行くべきなのによ。

セルビアの3軍に負けた、勇気のない選手でほんと戦えるのかい。
世界中で今年の移籍ワーストno1が中村俊輔だそうだ。
その選手が中心で、疲労困憊の遠藤、鼻折っちまった大久保、足首故障の玉田。
国外組も松井のチームは2部どころか3部に落ちそうと云われているし、松井はこの2年間どうしようもないチームで戦っている。
森本は見る必要もないくらい試合に出ていないし。


ひょっとしたら、この選手達の今年の年回りは相当悪いのと違うかい?
運気が悪い選手ばかりで勝てるような気がしないのはオラの錯覚だろうか

日清、日露の戦いの前に伊藤博文は横浜の高島嘉右衛門のところに「この戦いは勝てるのかどうか?」占ってもらって戦いに挑んでいる。

運も引き寄せる力がないと勝てないのがサッカーだ。
ここのままではベスト4は「岡田の夢のまた夢」に終わりそうな気がしてならない。
過去の3回のワールドカップの歴史の中で一番可能性のないチームのようなんだけんど。
by gsfc_aoshima | 2010-04-22 05:04 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

バルサが負けたか!

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝、インテルvsバルサの第1戦は3−1でホームのインテルが勝った。
先取点を入れたスナイデルってたしかオランダの選手だよな!
マンチェスターを破ったバイエルンの決勝点はロッペンのボレーだし!
こんなのと、まともにワールドカップの試合で五分に戦うなんて言うのは厳しいよね!

このインテルvsバルサの試合の模様を上記のホームページから翻訳ソフトで訳してみた。
なんとなくわかるのでご紹介しよう
以下の通り
....................................................................
FCインテルミラノは、活発な家の性能を自分たちのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝FCバルセロナとの決勝戦で3-1第1戦のリードを奪うことができた。

ジョゼモウリーニョ監督率いるindefatigablesはトロフィーを保持することで現代史を作るバルセロナ側の入札で、シーズンの4番目の敗北を与えた。代わりに、ペドロロドリゲスの距離の目標に応じてベスレイスネイデル、Maicon、ディエゴミリートから、目標は大きく1965年ヨーロッパ初のクラウンの間の自分の夢を促進する。

間側の8番目の欧州チャンピオンズリーグカップを争う最初に危険が準決勝はマックスウェルのクロスには至らなかったズラタンイブラヒモビッチのペリスコープ脚でした。彼はチェルシーFC戦で、スネイデル前中盤のおもりのティアゴモッタとエステバンカンビアッソを展開しなければならなかったとしてNerazzurriで、モウリーニョ監督が選んだ人準々決勝の自宅で失ってしまったことを誇りにレコードを保護します。

カンビアッソはすぐにリオネルメッシは確かに人間の間の半分で彼の同胞をdispossessingによってかもしれませんが、バルセロナの領域にミリートのjinking実行で終わったの移動を開始された。ビクトルバルデスは元チームメイトのサミュエルエトーのbobblingショットを押し込み後ミリートも良いリバウンドから行っている場合があります。代わりに、1つは、バルセロナの2つの元Interistasのイブラヒモビッチと一緒に、吸盤パンチで彼の昔のクラブで打つ助けた。左バックマックスウェルは、Maiconでチェックボックスと彼の削減スロットにジュリオセザール過去ボールをドロ招待に押し入った。

このような精度は30分に接近、左サイド攻撃ゴランパンデフはストライカーの目標にを通じてミリートを滑っとして不足している成分れた苦痛を感じさせる広いシュートを傾斜。ミリートは、しかし、彼の解雇エトーの駆動パスからのスネイデルための明確な開口部を作成し、司令塔インスタント償いをしたバルデスの麓経由で行なった。バルセロナは、占有の約60%カタルーニャから1000キロのコーチ旅行の後、まだスコアボードを保持していたパリティを示した。確かに、インテルはその騒々しいファンに少なくとも良い人がやってるのでも、ダニエルアウベスの配達から2つの重要なルシオのブロックを考慮したことによって、正義をしていた。

間が最初の2番目の半分を、され、高速をブロックのように余りにミリートは、標パンデフは僅差で変換に失敗しました脅迫クロスを解雇した。どのようなモウリーニョ監督は間隔で、しかし、それらを伝えていた、それが働いた。パンデフはミリートで滑った人は、彼がエリアに入ったとしても全体の目標は、まだにティーを開くMaicon 8メートルからセイドゥケイタの注目にもかかわらず、最後まで管理描画されます。バルサは、ホストの定数を押しながら、彼らは十分にメッシのセザールをし、反射セルジオブスケブルゴスの無料ヘッダーから保存を生産テストするために撹拌動揺に見えた。

次の頭の介入は、ハード実行Miltoのに値する目標をもたらした。スタジアムは後に殺到するスネイデルは頷いでは、ミリートのみに至近距離からエトーの会社の右翼のクロスからヘディングシュートを誤った揺動された。これは、世界チャンピオンのバルセロナは、3つの目標を今シーズン失点したのは初めて。ここでは、歴史のACミランによれば、素敵な作品が最後のクラブバックトゥバック欧州冠を獲得しているの低い安全看守として間をしています。

関連項目
クラッシュサンシーロでタイタンの
スネイデルは、最終的な栄光の夢
バルサの秘密兵器
スタイルのグアルディオラのスター瞳孔の卒業生
インテルはローマに圧力を立ち上げ
ミリートは、間の時間が来ると考えている
サネッティのチャンピオンは間応答
ペドロはバルサのタスクにまで直面している
by gsfc_aoshima | 2010-04-21 06:54 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)