<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日、SC相模原戦

2月も今日で終わり、明日からはいよいよ3月!春だよね

2月28日(日)11時キックオフ 麻溝公園競技場で社会人選手権3回戦がある。
相手はJリーグ準加盟が決まったSC相模原である。
だからといって臆することもない。
一発かましてやろうじゃあないかい!
今、雨が降ってるけんど、これはやんでほしいな!

ていうわけで、今朝は興奮さめやらず起床は朝2時半。
あまりにも修行僧みたいな起床時間なので、ひたすらTVを見る。
水曜日のチャンピオンズリーグをやっていた。
本田のCSKAvsセビリアの試合をトピックスで見る。
本田はトップ下で4発のシュートを打ったがけっこう惜しい場面もあったり、きちんとポストをこなしていた。
とにかく動きの中でボールを止める技術とその流れの中でシュートを打つ技術はけっこういい。
たぶんこのままレギュラーで使われるのは間違いないだろうし、これを日本代表岡田監督がどう判断するか!

バーレーン戦は中村俊輔よりも本田を先発させた方がいいかもしれない。
途中交代で出るよりも、先発で使うべきだと思う。

今の本田と中村の位置関係はチャンピオンズリーグ16強のレギュラーとスペインリーグ下位チームのサブでは、もはや誰の目からみても明らかだ。
本田のCSKAでの立ち位置はチームのエースのポジションなんだからよ。
本田のシュート力と外人に当たり負けしないポスト力は玉田や岡崎でももちろん勝てないと判断した。
これって90分見なくても瞬間瞬間のプレーでわかることだ。

本田が日本代表を変えるかもしれない!!
中村に代わる選手はいくらでもいる。遠藤でもいいだろうし、小笠原だって、小野だって!柏木もいるじゃあない!
でも本田のようなシュートを打てる選手は今の日本代表にはいないのは明らかだ。
オラなら、この自己主張の強い選手を選択してみたいし、岡田の救世主はこの男かもしれない。


それでは、これより斎戒沐浴、天照大神様以下の八百おろずの神々に必勝祈願の滝行(シャワー行)にて穢れをとり、平穏な気持ちにて本日の試合に臨みたい。

もちろん、この滝行の後に、チーム守り本尊の「境木地蔵」境内奥の大木にSC相模原と書かれたわら人形を五寸釘でうつような愚かな行為はしないだに!
正々堂々、フェアな試合が出来ればいいと思っている。
ただし、相手のSC相模原に元Jリーガーが数多いたとしても、物怖じすることなくがっつりかますことはやるべきだし、そのぐらいハードにいかないと勝てっこない。

相手サポーターはどのくらい来るかわからんが、うちだってSC相模原に絶対負けていない下部組織がある。
お天気悪くて大変だが、黄色い声での応援をお願いしたい。
いい試合を願うばかりである。
by gsfc_aoshima | 2010-02-28 04:51 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

あのプレッシャーの中でトリプルアクセルを2回決めたことはほんと素晴らしかったと思う。
チャレンジする姿にはこちらが涙が出そうになるぐらいだったし、みごとな3回転半2回だった。

その前のキム ヨナさんはもちろんよかったけれど、そこまで点数のびるかい?という感じだった。
2人の決着はバンクーバーオリンピックという舞台ではついたけれど、麻央ちゃんの悔し涙はオラ達にも大きな感動と勇気をあたえてくれたと思う。

麻央ちゃんを見て、真摯に対応したり、気持ちが伝わることがとっても大事なんだなと思う。
そういう意味において国母クンはちょっと損をしたのではないかな。

19歳であの堂々たる人間性。
人は生まれた年月でいばれない!
オラもまだまだ修行が足らないずら!
いい勉強させていただきました。
麻央ちゃんありがとう!!!

043.gif
by gsfc_aoshima | 2010-02-27 08:09 | その他 | Trackback | Comments(0)

岡田監督激励会

2月21日夜、早稲田大学大隈講堂近くのホテルにて、ア式OB組織WMWクラブによる「岡田武史監督 激励会」に出席してきた。
完全なア式OBだけによる激励会で150名ぐらいのア式同窓生が集まったことになる。
けっこう遠方からの出席者も多かったし、懐かしい顔とも出会ったりで、久しぶりの大OB会だったと思う。
1990年のイタリアワールドカップに新婚旅行でオラ達と行動した56年卒の引地君とも久しぶりの再会だった。
今年は引地家の結婚20周年なんだなぁと思ったりして。
つまり奥様とも20年あっていないことになる。ひどいホテルに泊められて引地ご夫妻も大変だったと思う。懐かしい思い出だ。

会は司会の玉井君がワールドカップの対戦相手をデンマークではなくベルギーと2回も連呼して、現在の岡田監督の立ち位置が微妙なこともあり、会が波乱の幕開けの様相を早くも呈した。
とはいえ、おんなじ同窓ということもあり、和やかで楽しい会だった。

最後に岡田監督の挨拶があった。
もともとは顔に似合わずユーモアのセンスがある岡田君らしいことばだった。
韓国に負けた日からは完全に立ち直っていたし。

話の中身をかいつまんでみよう
......................................................................

日本代表の監督をしてほしいとの依頼があった時は、考えれば考えるほど引き受けられないんですが、なぜか、腹の底から逃げてはダメ、チャレンジするんだという気持ちがわき上がった。
ただそれだけで引き受けたんです。(大拍手)
家族も以前の代表監督の時に苦しんだんで、「もうやめてください」と云われていた。

今回の代表の監督の話が来た時にかみさんに「やる!」と話したら、
「ほんとにやるの?おとうさん!自信あるの?」
「ない!」(大爆笑)
「おれもわからん!でも俺はやらなければいけない」
そういうつもりでやってきたんで、覚悟はいつもしています。
今回皆さんからいろんなご連絡をもらったり多くの心配もかけました。
いろんなことをいわれたりして正直いいきもちはしていないが云われて当然な立場だし、日の丸背負っているんだから当たり前です。

選手にはウサギと亀の話をよくします。
うさぎはカメを見ながら走った。
カメはうさぎではなくゴールをたえず見ていた。
これはワールドカップで言ったらベスト4だ。
この話を選手に強く言ったら、東アジア選手権飛んじゃいました。(大爆笑)
ちょっと失敗しました

代表ですから、いくら準備期間と言っても負けたら責任を取るのは当たり前だし、こんどのバーレーン戦はそういう意味でも正念場と思っています。
責任を取ると言うのは批判も甘んじて受けると言うことだと思います。
カメのゴールだけは見失うことなくいきたい。
この仕事が終わったら、田舎に行って晴耕雨読の生活をするつもりだし怖いものなんにもないです。
自分の思っている道をまっすぐ進みます(大拍手)


.............................................
以上
岡田監督らしいことばだったと思うし腹の据わったことばだったと思う。
とりあえずバーレーン戦で勝つこと−これが全てだと思う。

本大会以前の戦い方と本大会の戦い方は絶対違うと思う。
自分たちよりも明らかに強い相手が本大会の予選リーグである。
本大会で勝つための戦法と、日本代表のサッカーの進むべき道とは似て非なるものと思う。

それを岡田監督が今、云うわけにはいかないのである。

b0005596_9334688.jpg

1点だけ岡田クンに注文つけるとしたら
スーツが馬子にも衣装のような感じでまったくフィットしていなかった!!
by gsfc_aoshima | 2010-02-26 09:31 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

お仕事忙しくて

毎晩、酒も飲むのでもなく洋服のままこたつで寝て、オリンピックの中継を真っ暗いうちから見ているうちに仕事に出かける時間になる。
ここんとこ朝風呂をユックリつかる暇もなく、ちゅちゅっとシャワーを浴びる。

けっこう忙しい。
ラジオは複合を中継している。

もう出かける時間。
仕事もけっこう忙しいし、今週はかながわ、しずおか、さいたまを行きまくりである。
18万円のエスティマも相当貢献しているだいね!
行ってきま〜す!
by gsfc_aoshima | 2010-02-24 07:40 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

カーリングは奥が深い

カーリングをゲームに例えるとオセロかな。
最後の最後までわからないし、後攻が比較的いいと云うのもオセロに似ているのではないか。
オセロもそんなにやった事がないし、カーリングも生で見た事すらないのにそう思うのは大逆転がある可能性と云うか、1投1投に意味があると言う事で見る方にも伝わってくる。

今朝のロシア戦はまさしくそのような展開だったとおもう。
0−6から3点を2回ゲーム、そのあと2点を取られるゲームでまたまた3点を取って、10ゲーム目に。
このゲームはわざと1点を取らせて11ゲームの後攻につなげる作戦。
そしてこのゲームも出だしからミスショット連発だったが、最後の1投で目黒さんが奇跡のスーパーショットで勝利。
なんで、あれで3点も入ったの?と云った感じだった。
まさに投げるライン1点を通して3点をもぎ取るというわかったようでわからない結末にけっこう興奮する。
この後ドイツ戦もあるようでカーリング女子には目が離せません!

ゴルフPGA女子ツアー開幕戦で宮里さんも勝ったようでこちらも良かった良かった。
今朝も真っ暗いうちからテンションの高くなることばかりで、オラも体温高くなり免疫力もさらに倍増でいい一日になることはまちがいない!!
by gsfc_aoshima | 2010-02-22 05:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

今朝はオリンピック、スキージャンプ、ラージヒルを見た。
シモンアマンが2本ともトップという圧倒的な強さを見せて、ノーマルと合わせて2つ目の金メダル。
1回目トップ10に入ってくる選手はヤッパし強い。

日本勢は葛西が1本目21位から2本目135mの大ジャンプであわやと思われ、けっこう1位の状態が続いたので十分楽しめた。
1回目がもう少し良かったらメダル争いも出来たのにと思うと悔やまれるが、まあガンバってくれたと思う。

それにしてもアマンの強さは抜けちゃっている。
飛び出しからもう高さが違うのが、素人のオラでもわかっちゃうぐらいで、飛び出した瞬間に金メダル決定だった。
なにがちがうんだろうか?
板か!踏切のタイミングか!
スローで見るとみんな一緒に見えるし!

奥が深いスポーツでかたづけちゃうと簡単なんだがよ!

スーパー大回転の女子もやっていてこれもずっとみているんだが、相当カラダが重たくないとスピードに負けちゃうというのだけはわかる。
オラもスキー大好きなんだが、もう次元が違いすぎて人間業とは思えない。

次は上村愛子ちゃんのだんなさんでもある皆川さんの活躍に期待だよね!
by gsfc_aoshima | 2010-02-21 06:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

25年来の友人と飲む

昨夜はオラが若かりし頃の会社の同僚だった親友と藤沢で飲んだ。
猪俣ちゃんという。
若い頃は湘南のミュージシャンでもあった。
いわゆる湘南ボーイだ。

今は、藤沢で名の知れた不動産会社の社長さんだ。
会社のトップにまで登り詰めてはいるが、昔とおんなじ立ち位置というか、スタンスは変わっていないのがオドロキでもある。
考え方がハッキし云って謙虚だし。
おれがおれががない。
社長と言うパワーはもちろん必要だが強さだけでは大きくなれない時代だとも思う。
仕事オンリーではなく、人としてどんな生き方をしているのかが評価される時代だと思うから。

そんな猪俣ちゃんがこんな雑誌に出ていたのでご紹介しよう。
そして今日はベルマーレのJ1昇格記念試合があるので見に行くんだと云う。
ベルマーレの知っている名前が彼の口からぞろぞろ出てきた。
世の中はヤッパし狭い。
回り回って必ず自分のところに帰ってくる。
みんなと仲良くしないといけないということだよな!

居酒屋の若旦那は年間50試合ぐらいサッカーの試合を観にいくサキチだと言うのもわかった
また飲みに行こうと思ったわけで、昨夜もまた、いいお酒だった!

b0005596_6514117.jpg
b0005596_6515328.jpg
b0005596_652498.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-02-20 06:52 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

明日は?

週末の土曜日、横浜GSFCジュニアの主催する「GSカップ」が開催される。
日頃は猫の額ほどのグランドしか利用出来ないうちのチームが、中学校のグランドを1日借り切っての招待試合。
お天気も良さそうだし、ちょっぴりうれしい。
毎年,ご父兄にご足労お願いして豚汁をふるまっていただいている。
感謝です。

夜は、早稲田ア式蹴球部主催の「岡田日本代表監督を励ます会」に出席する。
ここんとこ退任騒動も起こったりで、会そのものもなくなる可能性もあったが無事行なわれる。

ただし、昨日大先輩の伯井弘さんの訃報が届いたんで、会もきっと黙祷から始まるんだろうな。
伯井さんは昭和28年卒、オラの恩師でもある堀江忠男監督のお葬式での弔辞が思い出される。
長い長い弔辞だった。
いつ終わるのか、そんな感じで、かつて出た葬式でこんなに長かった弔辞は記憶にない。
堀江監督の歴史や思い出をすべてはきだしたような弔辞だった。

3、4年前はご一緒して試合をした事もある
近年は早稲田クラブのJr.ユースの総監督になっていたと思う。
生涯、東伏見のグランドと離れられなかった一人だ。
偉大なる大先輩に
合掌
by gsfc_aoshima | 2010-02-19 08:14 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

今朝は真っ暗いうちからアイスホッケーのロシアの戦いに見入ってしまった。
とにかく早すぎてパックが見えない!
シュートがすさまじい!
ゴーグルは薄いし、口の周りはノーガードでパックが当たって大丈夫かい!

カナダの試合も大盛り上がりでさぞやカナダの国技みたいなもんだろうから、さぞかし国中、大変なことになっているんだろうと思える。

そしてヤッパしカーリングもなかなか良い!
何が良いのかというと、ストーンを放り出した時の目がいい。
瞬きしないあの大きな目にオラァはトロ〜ンだし、ほんと弱い
美人はほんと得だいね。
オラなんぞは根っからの面食いだから画面にかぶり付きでで見入ってしまう。
今朝のチーム青森、カナダには惜敗だったけんどあわやだったよな!

瞬きと言えば、スキー滑降のNO1と云われている選手はスタートからゴールまでの間に瞬きは1回しかしていないそうで、そのぐらい見入っていないとスピードに追いていけないそうな。

それから、スケートのゴールドのユニホーム、これはいい!
透けていないといってもあの三角布みたいなのは日本スポーツのユニホームの歴史の中でNO1
ではなかろうか。
もちろん、オラァはただのエロオヤジだけんどよ!
あのユニホームは週刊誌の袋とじ写真的効果があるし、日本中鼻血ブゥーでこれほどの幸せはない!
アメリカもカナダのスーツもダサイし、男女500mで男女金メダルの韓国も情けないぐらいセンスに欠ける。

スケートの選手の太ももとお尻のすごさ、それにひきかえ三角巾の小ささ
とにかくエロチックだ!
もちろんオラァ、スケベぇだで!
でも、いいものはいいのである!!

日本のユニホームのセンスは相変わらずだが、あの三角巾のユニホームをプレゼンテーションした美津濃とそれを採用した関係者の勇気に金メダルをあげたい。
by gsfc_aoshima | 2010-02-18 08:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

SC相模原がJリーグの準加盟申請を承認されたとの報道あり。
おめでたいお話だと思う。
関係者の皆さんの大変なご苦労があったと思うが、町が活性化したりサッカー文化が子供たちにいい影響を与えてくれる事はまちがいないことなんでがんばってほしいよね!
とはいえ、お金も莫大にかかるわけだし、途中で投げ出す事のないようにしてほしいよな。
日本人はとかく熱しやすく冷めやすいから。
いままでそんなチームがいっぱいあったし、とにかくやりきってほしいと思っている。
エールを送りたい!!

そのSC相模原と2月28日(日)麻溝公園競技場で神奈川県社会人選手権3回戦で当たることになった。
昨年のこの大会の準決勝で対戦し、0−3でやられているから1年ぶりの対戦だ。
準加盟の承認直後の試合だけに、大盛り上がりなのはまちがいない!
けっこうサポーターの皆さんも駆けつけるだろう。
完全アウェーかもしれん。
でもそのサポーターの皆さんもきのうまでは「SCってなあに?」と言ってる人だったかもしれん。
にわかサポーターがほとんどじゃあないかい!
歴史だってまだ2年なんだし!
2年ではまだまだサッカーを語るにはちょいと無理があるよ。
その点オラ達は違うだに!
25年近くの歴史があるぞ。
歴史だけはよ!長けりゃアいいってもんでもないけんどよ!

1987年にジュニアから始まってJr.ユースを立ち上げて、2000年には社会人も、そしてキッズまで作っちまってけっこう年季だけは入っているずら。
そしてオラ達だって「Jリーグ入り」は狙っている。
公言しないだけでよ!
100年計画でよ!
準加盟申請だってする気になれば出来ない事はない。
でもオラ達は牛歩のようにユックリでいいんだ。
3歩進んで2歩下がるで十分だと思っている。

日本サッカー協会に100年構想があるんだから「100年計画Jリーグ狙い」を唱ったて全然おかしくないと思っている。
オラ達はゆっくりゆっくり裾野をひろげていけばいい。
そして「GSFCさん、いいかげんに準加盟してくださいよ!」と云われるようになればいい。
そんな時代がいつか来ると確信しつつオラは毎日を送っているわけで、オラァンチームの立ち位置さえはっきりわかっていれば自ずといつかは答えが出てくると確信しているだいね!

うちにだって10年グランドに通いつめている熱狂的な女性サポーター軍団がいる。
これがまた、歴史の教科書に載せたいぐらい美人ばっかしだ。
「よくもこれだけきれいどころをそろえたよね」というほどのレベルの高さ。
ヤッパしヨコハマの水というか、洗練された着こなしやら観戦スタイルを含め、まさに絵になる軍団だと思う。
こればっかしは相模原にはやるまえから勝っている。
風雪に耐え、鼻水たらしながら、顔バサバサになりながらもとにかく10年グランドに来るあの人たちはなんなんだ!
10年の歳月は彼女達を確実にさらにいい女に変えたと思う。

2年なんぞはまだまだひよこだ。
こちらは10年ものの雌鶏の尾長だに!
格が違うのである。

試合だけがサッカーの楽しみではなく、いろんな人が集う事がまた楽しいのである。
2月28日がほんと楽しみだ!
by gsfc_aoshima | 2010-02-17 07:23 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)