<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

岡田流練習

ア式の監督は早実出身、2009年シーズン鹿島アントラーズユース監督だった古賀聡君である。
実名出してもどうちゅうこともないわけだし、本人に迷惑かかることもなしだし。

ところで今朝のスポニチアネックスの日本代表の合宿に関してこんな記事があった。
以下の通り
...................................................................................................

日本代表合宿】10秒以内にシュートだ!岡田監督が速攻の練習に10秒ルールを導入した。ボールが自軍のGKに渡ってから全員攻撃をしかけ、10秒以内にシュートを放つというもの。指揮官「ああいう練習ではポイント(目標)を入れた方がいいから、10秒にした」と説明した。W杯イヤーに入り、戦術練習もより細かくなってきた。

..................................................................................................
以上

2003年から2006年に横浜Fマリノスの監督をしていた時にしきりにやっていた練習だ。
オラもこの練習を見て、当時のコブラの練習に取り入れたり、Jr.ユースの練習にやらせてみたりもした。
これはただ蹴るのではなくダイレクトパスでどんどんくさびを入れて全員で行なう、当時のマリノスの戦法そのものだっとおもうのだが!
たしか最初は22人全員がグランドに入り、守備側のチームはボールを奪わないで、ただ立っているだけで、その間をボールを廻して、決められた時間内でシュートする。
次は、守備側はボールを奪わないが、攻撃の前進に従い、同じように下がりながら隊形を維持する。ボールを奪わない。
そして最後は守備側は邪魔をするけど積極的な守備ではなくシュートまでやらせてあげる。
こんな練習だったとおもうが、やっぱし日本代表でもやったか!
決して古くさい練習とはおもわない。
いいものはどんどんやるべきだとおもうし!

木曜日に試合したマリノスユースの戦法がけっこう似ていたなとおもったりもしたし!

2月2日のベネゼエラ戦はどれだけ短い時間でゴールまでたどり着けるか、見てみたい。

廻して廻してチャンスをうかがう日本のサッカーであっても、やっぱし、こうしないとゴール奪えないということなんだろうな。
まさに基本中の基本みたいな練習で岡田監督も大変だとおもうけど、中澤選手なんかは「あっ!あの練習かよ!」

練習メニューに古いも新しいもないのである。
いい練習であれば50年前の練習メニューでもいいとおもう。
目新しいものばかりにどうしても目にいくが、けっこう本末転倒な練習やら難しい練習メニューをしている指導者が多いのに出くわす。
by gsfc_aoshima | 2010-01-31 07:20 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式の監督

来季のア式の監督に茨城のチームのユース監督が就任すると耳に入って来た。
もうだいぶ前のことではあるがオラもわかっていたが、OB会の総会と納会が2月の5日にあるんで、そこでの承認、お披露目という手続きを踏むわけだ。

この2年、今井監督のもとで頑張ったわけだが、今ひとつ結果が残せなかった。
30台の監督という若返りになるわけだが、元Jリーガーでもあるし、おおいに期待したい。
これ以上、詳しく書くとわかっちゃうのでやめとこう!

ヒントをあげるとしたら、トップチームは3連覇をなしとげキャプテンはMVPで、日本代表に復帰した。
なかなか難しいかもな!!

K君という。
まじめな男でまじめすぎるのがちょっと心配だが。
by gsfc_aoshima | 2010-01-30 08:14 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

歴史的大敗を喫すが

期日:2010.01.28(木)
会場:マリノスタウン人工芝
時間:19:15キックオフ 40分×2
天候:くもり コンディション良好
結果:横浜GSFC 2(1−5)9 横浜Fマリノスユース

クラブ創立以来、初めての9失点だった。
でも試合終了後のスタッフ、選手はみんな明るかったと思う。
同じくクラブ創立以来の記録に残る平日の練習試合だから。
平日でも頑張れば駆けつけられるということがわかっただけでも意義がある。
試合途中でもいいから来れる人は来てよという状況だったし。
脇坂は出張帰りの格好だったし。

人数があまりにもギリギリだったのでJr.ユースの選手3名をスペアとして待機してもらった。
そのぐらいキビシい状況の中での試合なんで、馴れないポジションの選手もいたし、出だしから練習生も出場でコンビネーションも心配ではあった。

マリノスユースは昨シーズン日本一になっている。
昨日の試合では日本代表で遠征に言っている選手もいたりで残留部隊とはいえ、強かった。
人工芝のホームだし、ボールの転がり方一つでも全てわかっているグランドだから、もちろんマリノスユースには絶対的に有利なんだけど、みんなうまかった。
あたりまえのことなんだけど、決して蹴ってこないし、人工芝のグランドの特長をつかんだサッカーをしてきた。
そして常に早いサッカーを仕掛けて来た。

守備に関してはその早い、休まないサッカーに翻弄された感があり、守備が崩壊して失点を重ねたが、攻撃に関してはうちも早い球離れとコンビネーションさえあればくずせるということが出来るということがわかったのは大きな収穫だったと思う。
そういう場面が数多くあったしよ!
ただFWが相手DFを背負った時にボールが納まらなかった。これは強さが必要かもな。

仕事終わってからの試合は大変だったが、みんなよくやってくれたことがうれしい収穫で、またお願いしてやってもらおう。
相手のスタッフも知らないわけじゃあないし、なごやかななかで試合が出来るし!
大変有意義な一夜でした。
by gsfc_aoshima | 2010-01-29 07:15 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

本日、ナイターで横浜Fマリノスユースと練習試合をする。
7時15分キックオフでみなとみらいのマリノスタウン人工芝でだ。

我がCobraは社会人が多く平日の練習はしていない。
各自がそれぞれ課題をもってもらって、ランニングをしたりして土日の練習や試合に対応しているのが現状だ。
今回初めて、平日の練習試合をすることになり、それも全日本ユースで優勝したマリノスユースとやらせてもらえることになった。
とっても意義深いことでもあるわけでうれしい話でもある。

社会人ともなると仕事を途中で抜け出せないわけだし、大変なわけで、とはいえこういう機会もなかなかないわけで、選手にも遅れてでもいいから来てよと監督からの熱いメッセージもあった。
少ない人数でもなんとか11名揃ったし、試合開始には間に合わないけれど駆けつけますという選手も幾多あり、中学生も3名ほど準備してもらった。

マリノスユースには年代別日本代表も多いし、大変レベルが高い。
苦しい試合になるのはまちがいない
でもここで頑張ってくれたら、またやらせてもらえる機会もあるわけで頑張ってほしいと思っている。
お天気が心配だが、人工芝だしガンガンいけると思う。
楽しみだ!
by gsfc_aoshima | 2010-01-28 07:39 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ロイター電の記事にこんなのがあった。
以下の通り
.......................................................................
18年W杯は欧州に限定も FIFA会長が発言
 【マドリード、ロイター=共同】国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は25日、記者会見で日本などが立候補している2018年のワールドカップ(W杯)について、候補を欧州に限定する考えがあることを明らかにした。
 欧州連盟(UEFA)のプラティニ会長らと協議したというブラッター会長は「候補がいくつもある状況で、いい解決策となるかもしれない。FIFAの業務を簡単にすることにもなる」などと語った。
 18年と22年のW杯には日本のほかイングランド、ロシア、共催のスペイン・ポルトガルとオランダ・ベルギー、米国、オーストラリアが招致に乗り出している。韓国、カタール、インドネシアは22年大会のみに立候補している。両大会の開催地は12月のFIFA理事会で決まる。

......................................................................

以上

1月15日のオラァのブログで日本開催について、2018年は欧州、2022年も鉄板で「ない」と書いたが、その通りになってきている。
オラがすごいのではなく、こんなの誰が考えてもこうなると思うし、協会の偉いさん達は何を考えているのだろうと言いたくもなる。

日本が大手を振って誘致出来ることはひとつもないし、決勝戦の会場すらないというのに!
どこかの自治体が作ってくれるかも!ではダメなんである。
横浜市の市長さんなんか、「また日産スタジアムで決勝戦おねがいしたいよね!」なんて寝言言っているのが現状なんだから。
今のままでは8万人収容出来ないし、増設できるようなことも不可能だし。

4年ごとでのこの大会、ヨーロッパと東西アメリカで交互にやっていくなかで、イレギュラーでその他と大陸と考えていくと前回から100年後、あと23回後の2102年ごろがちょうどいいんではないかいな!
by gsfc_aoshima | 2010-01-27 06:45 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

1/24(日)
神奈川県社会人1部リーグ、プレカップ3位ブロックトーナメント2回戦が八王子の工学院グランド8人工芝)で行なわれた。
お天気は快晴、冬型ではなくちょっと春っぽい天気図、キックオフは11時、22名の選手が集まった。多少のけが人はいるようだが、ほとんどみんな元気そうだ。
昨年の1月よりもモチベーションは高く、今年はちょっと不安感は取り除かれているかなという気もする。

この試合の対戦相手でもあるさがみ大沢FCさんは昨年のリーグ戦でもがっつりやられており、どっちかというと苦手なチームだ。
10番の選手を中心として早い仕掛けで突破されたことがいつも失点につながっている。

メンバーは
GK 恩田、DF 二宮、大平、田辺、脇坂、MF 3列目 長瀬、江口、MF 2列目、大空、山崎、FW 志連、守屋
交代、恩田→藤田、田辺→小石川、守屋→田巻、大空→江原宏 
得点、二宮→守屋(50分)
この布陣だった。大空が2列目に入ったのが新しい試みだったと思う。

この試合の前日でおこなった練習の中身がとっても良かったので大いに期待していたのだが、狭いグランドと大きなグランドのちがいがあるかどうかしらんが、出だしの悪さが目立った。
パスはそこそこ廻るものの、相手の早いプレッシャーにことごとくペナの中に入っていくことさせ出来なかった。
結局、前半30分までの志連とGKとの1対1の場面までほとんどなにも出来なかったし、この時の
GKの1発退場で相手が10人となり、フィールドの選手がGKになったことでゲーム内容が一変するべきなのにその後も、前半はほとんどシュートらしいシュートはなかった。

後半もそこそこ攻め続けるも10人の壁をやぶれたのは、二宮のサイドからのクロスを守屋がアタマで合わせたシュートだったが、これはきれいに決まった。
GKが本職だとしてもとれなかったかもしれない。

その後は、相手の方が気迫で勝り、失点されそうな場面のオンパレードだった。
ちょっと気を抜いてドフリーの選手に驚かされたり、中盤から長い距離を走った逆サイドを突かれるというような場面があったりで、はっきしいってゲーム内容では完全に負けていた。
2点目が決められなかったのが、心理的にチームから安定感みたいのが消えてしまったのかもしれない。

次週は東京都1部リーグの新宿FCとの練習試合がある。
きちんと守ることが攻めへの基点となるわけで、どう遅攻と速攻を組み合わせるか、そして攻撃のパターンをどう作っていくかというような課題をクリアーできるかだな。
チームとしての一体感みたいなのはとっても感じられるシーズンの出しだと思うので今後がとっても楽しみずら!!
まだまだ進化出来るはずである。
b0005596_7254113.jpg
b0005596_7255125.jpg
b0005596_726076.jpg
b0005596_7261099.jpg
b0005596_7262444.jpg
b0005596_7263328.jpg
b0005596_72643100.jpg
b0005596_7265414.jpg
b0005596_72735.jpg
b0005596_7281152.jpg

by gsfc_aoshima | 2010-01-26 07:28 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

秀助のMGAのご紹介

秀助のクルマが高評価を得ているのでもう少し詳しくご紹介しよう。
2002年に整備工場の一番奥でゴミの中に埋もれていたMGAを偶然発見した秀助は涙したという。
哀れなのか憐れなのかアラレなのか知らないが、とにかく、こいつを生き返らせようと「オラァこいつ買うだいね!」
何年もゴミに埋もれていたと言うんだから、その修理屋も剛毅というか、まあ、ゴミ集めが好きというか!
天井から枯れ草というか蔓草が垂れている。
がらくた小屋というよりも使われない物置だな。
出せない粗大ゴミの山だ。

それから3年、コツコツ部品を探しては、あるいは海外から取り寄せたりして完成させていった。  一個一個のパーツを探すんだから世人にはなんとも理解し難いことで、はっきしいってバカにつける薬はない。
究極の「カーキチ」だと思う。
凝り性だと言えるが、いわゆる好奇心いっぱいの性格ではなかろうか!
オラも含め兄弟それぞれがおっかさから受け継いだ血だといえる。

とりあえずレストア前の写真から

  
b0005596_6454929.jpg
b0005596_646086.jpg
b0005596_6461816.jpg
b0005596_6462998.jpg
b0005596_6463894.jpg
b0005596_6465398.jpg

そして、3年の歳月をかけて完成させたMGAがこれだに!
MGBではないずら!
なんというヒップラインの流麗なこと!
おもわず目をつぶってほほを寄せたくなる。
クルマは走りゃあいいなんて言ってるオラでも撫でてみたくなる。
b0005596_6552113.jpg

ボンネットは革ベルトで縛ってあるダニ。
男どもが大好きな革ずら!
男は革ベルトと聞いただけで興奮するもんだに!
b0005596_6564635.jpg

そして英国のエンブレム。
これってよくよく考えたらたいへんなことではないかい。
日の丸つけてご覧なさい!
すぐさま右翼に間違われる。
おかしいよね!日本人って!!
b0005596_715583.jpg
b0005596_72728.jpg
b0005596_714587.jpg
b0005596_724541.jpg

そう、最後の1枚は50にして薬剤師の資格を得ようと根っからの文科系ではあるが、果敢に大学入試を目指した秀助。
これはとりあえずダメだったが、いまはヴァイオリン教室に通っている。
そう、カッコつけた写真を撮るために苦労したわけで、アホのナルシストではあるが認めてやりたい。
それから、このMGA1500CCはたぶん1955年頃のものではないか。
秀助より年長だ。
ピッカピカだに!すごい!!!
by gsfc_aoshima | 2010-01-25 07:08 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

芸術はすばらしい!

1月22日、さいたま市浦和区に事務所があるNPO法人けやきファームが主催するディオリサイタルに行ってきた。
NPO法人けやきファームにはオラんチームの顧問でもある元日本代表森孝慈監督が理事をされている。
そんな関係やら仕事のこともあり、いい席−前から2列目も確保していただいた。
浦和在住のスポーツジャーナリストの戸村賢一氏をお誘いしてふたりして川口のリリアホールに行った。
演奏者はピアノが江崎昌子さん、ヴァイオリンが瀬崎明日香さんだ。
ピアノはともかく、この年になって生まれて初めてヴァイリンの生の演奏を聴くわけで、興味半分、クラシックなんてわからんし、おつきあいみたいなつもりだったのも正直な気持ちだった。

2時間の演奏中、身動き一つできなかった。
感動で動けないし、涙さえ出てきた。魂を揺さぶられるというのはこういうことをいうのだろうか。
もちろん、曲名はわからないにしてもそのメロディやら、作曲者の名前ぐらいは少しはわかる人もいた。
聞いたことのある曲は4〜5曲はあったと思う。

瀬崎さんはプログラム最後の曲の途中でヴァイオリンの弦が切れるというハプニングがあった。
気持ち的にも映像的にも、ものすごい感覚にとらわれた。

瀬崎さんがこんなことをおっしゃっていたのがとっても印象的だった。
「私たちが演奏する曲の作曲者はほとんどのかたがお亡くなりになっています。作曲者に会ってお話を聞くことも出来ないのですが、わたしはその作曲家がこの曲を作った時の気持ちはどんなんだったんだろうといつも考えながら演奏するようにしています」

そういえば、お二人が演奏されたショパンは今年生誕200年だという古い古いときの曲なんだな。

きっと歴史を名を為す一流の演奏家は、教えを請う方も一流だろうし、そのまた前の世代と一流をたどっていくと、直接ショパンから音をいただいた方にたどりつき、ショパンに行き着くと言うことになると思う。

演奏を聴いたりするのは初めてでも、一流はわかるということがよくわかった。
魂をゆさぶられるからである。

お二人のファンになりそうだし、50にしてヤマハヴァイオリン教室に通って2年の弟、秀助をこんどは誘ってやろうと思った。
by gsfc_aoshima | 2010-01-24 05:29 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

映像が削除されたし!

b0005596_7475227.jpg

昨日の午前中にはYouTubeの映像が削除されたようなんだが、ちょっと残念ではある。
あまりにも閲覧回数が多くなったので削除してしまったのだろうか。
でもこのペアはこの演技で1位にはなっているから、すごいもんではある。
by gsfc_aoshima | 2010-01-23 07:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

衝撃的なスケート

ロシアのスケート選手権でのオクサナ・ドムニナ(25)、マキシム・シャバリン(27)組の演技はオーストラリアの先住民アボリジニの踊りと楽曲を取り入れて演技したとのニュースあり。
これがアボリジニの人たちを冒涜しているとの抗議がでているらしい。

その演技がこれだ!


これが冒涜にあたるのかどうかはオラにはわからないが、オリンピックの金メダルが確実と言われるペアだけにアピールしないといけないということなんだろうか?

アフリカ音楽を取り入れたペアも出現したりとなにかと変化を好む風潮になって来ているのだろうか?
そのあたりはよくわからないけんど、ちょっと強烈かもな。

アボリジニの人たちにしたら、「全然違うぞ!オラたちの音楽と踊りとは!」ということなんだろな!
どこかちぐはぐなんだろうな。
ブロンドの方が着物を着て日本舞踊を踊るとちょっと変だと感じるように。

アイスダンスはやっぱしゆったりして優雅なほうが見ていて気持ちがいいとオラァは思うんだが!
by gsfc_aoshima | 2010-01-22 06:41 | その他 | Trackback | Comments(0)