<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

家族葬

敏子さんのお顔を見て来た。

昨日は朝6時に家を出て三島、富士宮で仕事があった。
外せない仕事だったんで、自分で花を買いにいけないので、長女に依頼する。
なかなかいいカサブランカを選んできてくれた。
夕方急いで帰って来てアレンジを作る。
カサブラ、トルコ、カーネ、デンファレ、スプレーマム、カスミでセンスのいいおしゃれなアレンジが出来た。
おしゃれだった敏子さんにはきっと合うだろうなと思った。

18時に平塚宅へ
野辺山の五光牧場の吉沢ご夫婦が先着されており、太一さんと4人でしばしの歓談をした。
敏子さんはもうお棺に入っていたが、とってもきれいな顔をしていた。
まさに眠るような感じだった。
おだやかな寝顔だった。
うれしいよね、おだやかな顔に会えるのは

とりわけ祭壇もなく、喪中の紙も貼ってなかった。
お棺のうしろに敏子さんの愛用していたサリーが天井から下がっており、いい雰囲気だった。
まさに身内だけで、「ほんとにだれかなくなったの?」と言った感じだし。
2階からは息子達家族の笑い声なんかもして来たりして。

オラの作ったアレンジはその場の雰囲気にとっても合う感じでよかったと思う。
こんな家族葬もありなんだなと思った。

ご冥福をお祈りしたが、オラ達があっちの世界にいったらきっと合えるだろうしね!
「直ちゃん、待ってたわよ!元気してたわよ」なんてね!

合掌
by gsfc_aoshima | 2009-10-31 06:40 | その他 | Trackback | Comments(0)

訃報

チームのエンブレムや各種デサインをお願いしている平塚さんの奥さま、敏子さんが亡くなったとの連絡が入った。
一昨日のお昼だったそうだ。
かねてから病気療養中で、自宅でその日もご主人の太一さんがお昼のじゅんびをしていて、気がついたら亡くなっていたそうな。
機械につながれることもなく、あるいみ自然に。

長女の結婚式にもご夫婦で来ていただいた。
三女の時もと思ったが、無理だよなと思ってお声を掛けなかった。

平塚さんご夫婦とは付き合いだしてもう35年。敏子さんはめちゃくちゃのパワーとユニークさがあった。
着るものの多くは、イッセーミヤケだった。
楽しい人だった。
先月、23日に横浜港シンボルタワー祭りであったのが最後だった。


日曜が本葬とのこと。
今夜、お花持ってお線香あげにいこう。

合掌
by gsfc_aoshima | 2009-10-30 08:19 | その他 | Trackback | Comments(0)

女子の結果

ア式女子からのメール配信
以下の通り
.........................................................
各位

拝啓
平素は大変お世話になっております。
この度は、全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選の結果をご報告いたします。
天候の悪い中応援に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
残念ながらタイトルを逃し連覇はなりませんでしたが、
次の日曜日に行われる関カレ最終節日体大戦に向け気持ちを切り替え、
関カレ優勝というタイトルを手にする為一週間頑張りたいと思います。
今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。
敬具


<第31回 全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選>
決勝
10月25日(日) 対 日テレ・メニーナ  
13:30キックオフ 40分ハーフ              
@神奈川県立体育センター球技場
早大 1(0−1,1−0)1 メニーナ
0延長0
1PK3
得点者:原
交代:57分有町→小山、谷本→菅藤
   96分杉山→山根
メンバー紹介:
  原  有町
   小野
谷本    杉山
   今井
臼井    鶴田
  高畑 大脇
   鈴木

 絶対に優勝しようと気合いを入れて臨んだ決勝戦。開始の笛と同時に激しい攻防戦が始まった。
足もとの技術が高い相手に翻弄されシュートを打たれるも鈴木のファインセーブで免れる。
フィジカルの強さを活かし、ハイボールをはね返すも、なかなかボールが収まらない。
35分、DFライン裏へのパスをカットしきれず、ドリブルで持って行かれ失点。0-1で前半終了。
 HTではいつも以上に前半の反省を話し合い、監督から「点を取ろう」と声をかけられ
士気が高まる早大。
 しかし、クリアボールをことごとくカットされるなど、苦しい状況が続く。
後半9分、声が少なく、悪い流れのなか、DF臼井からのロングパスを有町→杉山とつなぎ、
最後は原が飛び出した相手GKの頭上を越えるヘディングシュートを決めた。
同点に追いたあとは、大胆なサイドチェンジなど良い攻撃のリズムを作るが、
相手も巧みな技術で隙をついてくる。両チームとも、なかなかシュートまで行けず、
延長戦になってしまう。
 早大は再び全員で円陣を組み、延長戦に臨んだ。前線からボールを追いかけ、
激しいプレッシャーでボールを奪い、アーリークロスやロングシュートなど
相手ゴールに襲いかかる。20分間の延長戦は気持ちもサッカーも相手を上まわり、
得点チャンスもあったが、1点が奪えずPK戦に縺れこんだ。
 後攻の早大は、相手の一本目をGK鈴木が止め、有利になると思われたが、
早大、主将の大脇も止められてしまう。続く二本目の小山も失敗。三本目は小野が決め喰らいつくが、相手は二本目以降、全て決め、四本目にとてつもないプレッシャーの中、
今井が止められて試合終了。
 本大会、インカレでは、うれし涙を流せるよう頑張りたい。

<今後の試合予定>
○関東大学女子サッカーリーグ戦(現在2位)
・11月1日(日)vs日本体育大学 15:00Kickoff @東伏見
⇒上位5チームがインカレ(11月28日〜@福島J-ヴィレッジ)へ

○関東女子サッカーリーグ(現在3位)
・11月15日(日)vs神奈川大学 13:00KickOff @東伏見
・11月22日(日)vs日本体育大学 13:00KickOff @東伏見
※11/22の日本体育大学戦は16:00KickOffの予定でしたが、ナイター試合になってしまうため変更になりました。


<11月の日程>
1日(日)関東大学リーグvs日本体育大学15:00キックオフ
2日(月)オフ
3日(火)ミーティング13:00-/練習
4日(水)ウエイトトレーニング
5日(木)練習18:00-
6日(金)練習18:00-
7日(土)練習9:00-
8日(日)練習13:00-
9日(月)オフ
10日(火)ミーティング17:50−/練習
11日(水)ウエイトトレーニング
12日(木)練習18:00-
13日(金)練習18:00-
14日(土)練習15:00-
15日(日)関東リーグvs神奈川大学13:00キックオフ
16日(月)オフ
17日(火)ミーティング17:50−/練習
18日(水)ウエイトトレーニング
19日(木)練習18:00-
20日(金)練習18:00-
21日(土)練習13:00-
22日(日)関東リーグvs日本体育大学13:00キックオフ
23日(月)オフ
24日(火)ミーティング17:50−/練習
25日(水)ウエイトトレーニング
26日(木)練習18:00-
27日(金)練習時間未定
28日(土)インカレ予選リーグ@福島県J-ヴィレッジ
29日(日)インカレ予選リーグ@福島県J-ヴィレッジ
30日(月)インカレ予選リーグ@福島県J-ヴィレッジ
.................................................................................

藤沢市善行の県立体育センターのグランドで行なわれたこの試合、平塚で行なわれたア式男子の試合を含め行きたかっただけんど、相模原の法政VS国士舘を優先したため、見ることは出来なかった。
トリプルブッキングは難しいよな!
この、日テレ・メリーナ戦を負けたからといって、本戦は出れるだかいや〜ぁ?

なんか日程がものすごいのだが、がんばってほしいよね
11月末のJーヴィレッジなんか寒そうだよね!
風邪引かんようにしてほしいだやぁ!
by gsfc_aoshima | 2009-10-29 07:16 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

嵩太と大地

法政大vs国士舘大の公式記録
国士舘の大地は左サイドバックで先発した。
たしか大学1年生の時、前期終盤戦で同じ法政大学戦に先発出場し、以来の関東リーグ出場である。
この時は、ア式の試合もあったんで見に行ったわけだ。
1年生で大抜擢されて出場したわけだが法政の強さは想像以上で、現在、大宮にいる市川にチンチンにやられていた。
以来、関東リーグには一度も出場していないと思う。
雌伏の2年間だったわけで、ここまでくるのに相当頑張ったことはまちがいないとおもう。

出だしはなにかからだが硬そうだったが、相手攻撃陣にヘッドで勝ち出してからの前半はのびのびやったと思うし、サイドの上がりもよく、決定的なフォアへのクロスも出して高い評価だと思う。
後半もそのいきおいは止まることなく、強引な突っかけでGKとの1対1でのシュートもあったり、前半同様、鋭く曲がる低い弾道でのクロスもあったりした。
またCKからオフサイドにはなったが幻のゴールは大地ではなかったかと思う。
むかしはどちらかというと、相手へのプレッシャーが甘い、立ち位置だったように見えたが、この試合は法政のトイ面に仕事をさせなかったと思うし、強いフィジカルと強引な突破は強い印象を与えた。

法政の嵩太は78分頃、やっと出て来た。
嵩太も後期初めての出場ではなかったと思う。
ケガの連続で出場出来ない日々が続いていたが、チームの不振もあり、やっと出場の機会に恵まれたといった感じではないだろうか。
ポジションは2列目の左サイドだが0−1で負けていることもあり、ほとんど3FWの左サイドのパワープレー要員だった。
嵩太が出たことにより、最前線が生き生きし出し、あわやの場面が続いたが、中盤での不用意なパスミスからカットされ追加点を入れられ、その瞬間、終了のホイッスル。

嵩太の存在感は相当なものだったし、今後、パワープレー要員だけではあまりにももったいない気がした。
今のチーム状態からすると、先発で当然出て来てもいい感じだと思うし、今のままの法政ではこれからもキビシい戦いが続くと思う。
メンバーが固定出来ないし、若い選手が多い。
前線の怖さもないし、DFも不安定だ。
ア式の現状とよく似ている。
ヤッパし4年生の使い方ではなかろうか!

試合は前半1分に国士舘がCKからヘッドで先取点を得たが、法政もすぐさま、PKを得た。
これをGKに阻まれたのが最後まで効いたし、これがこの試合のキーポイントだった。
国士舘は10番、11番、12番のコマネズミのような動きが中盤を制したし、DFが上級生で安定していたと思う。
チームとしての成熟度は高いし、残り試合でそこそこやるんではないかと思う。
by gsfc_aoshima | 2009-10-28 08:37 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

大学サッカーリーグでア式以外の試合を見るために競技場に行ったことはない。
10月25日、この日はア式が平塚で東海大学との同じく公式戦があるのに相模原でのこの試合ー法政大学vs国士舘大学ーを見に行ったのは重要なわけがある。
うちのチームで9年間サッカーやった法政の4年の嵩太と国士舘3年の大地がいるからだ。

そして、さらにちょっと早めに出て、青山学院vs桐蔭横浜大学の試合も見た。
桐蔭横浜大3年に逗葉Jr.ユース出身の星野君が出ているからだ。

そしてそれぞれの親御さんが勢揃いしてみんなでごあいさつ!
うれしいよな!

桐蔭と青学の試合は双方1点ずつでゆずらず引き分けた。
星野君は90分間頑張っていたし、試合の終わった後、会いに来てくれた。
ひさしぶりの再会でうれしかった。
大人になったなあという印象だ。

うちのJr.ユースはかつて、人数不足で解散の危機になったことがある。
部員10人で公式戦に出られないことがあった。
この時のメンバーに嵩太と大地がいた。
全員、逗葉Jr.ユースに移籍して急場をしのぎ、星野君を含めみんなで大会に出た。
そんなこんなでそういったメンバーが関東大学サッカーリーグで頑張ってくれているのは至上の喜びといってもいい!

そして桐蔭戦の終わった後の国士舘vs法政では国士舘の大地が先発で出て来た。
嵩太は先発ではなかったが交代で出ていた。
かつての仲間が同じグランドで対戦するなんてこりゃあもうオラにとっては大変なことである。
無名の小さな街の中学生のクラブチームで、まともに人数が揃わなかった時のこどもたちだ。

あの小さかった奴らが、あんなに立派になってまさに感慨深かった。
試合の中身は明日ご報告
b0005596_734074.jpg
b0005596_74336.jpg
b0005596_742144.jpg
b0005596_74358.jpg
b0005596_744640.jpg
b0005596_745684.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-10-27 07:05 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

関東試合速報

ア式からのメール
以下の通り

....................................................................................
メール会員各位

本日行われました関東大学サッカーリーグ第18節の結果をご報告致します。


第18節 vs東海大学 @平塚競技場
      0前半0
早稲田 0後半0 中央
     0合計0

得点者(アシスト)
なし

【早稲田大学メンバー】
スタメン
21.菅野 一弘(商3)
2.野田 明弘(スポ3)
13.岡根 直哉(スポ3)
26.畑尾 大翔(スポ1)
4 .中川 裕平 (社4)
19.山中 真(スポ2)→62分 松井 亮太
31.柿沼 貴宏(教2)
6.幸田 一亮(スポ3)
20.奥井 諒(スポ2)→76分 富山 貴光
23.小井土 翔(教2)
7.松本 怜(スポ4)

サブ
1.河野 猛(社4)
28.高橋 拓也(スポ1)
5.小川 諒(スポ3)
10.中野 大輔(スポ4)
32.石川 峻己(スポ2)
14.富山 貴光(スポ1)
15.松井 亮太(スポ2)


今節は上位陣に取りこぼしがあり、現在6位の早稲田はこの試合で勝てばインカレ出場圏内の4位に入れる大事な一戦。

試合は開始から早稲田が圧倒的に攻め込む。
松本のスピードを活かしたドリブルや、小井土のポストプレーから幸田や奥井の飛び出しで何度も東海ゴールを脅かす。
雨によりスリッピーなピッチとなったが、技術で優る早稲田が巧みなパス回しで東海を翻弄し、ほとんど東海サイドでゲームが行われる展開。
しかし、ポゼッションで勝るものの、なかなかゴールを割ることができない。
コーナーキックは前半だけで7本を数えるも、自陣ゴール前に引いて守る相手に結局無得点のまま前半を終了した。
後半、同じメンバーで挑んだ早稲田。ポゼッションの早稲田、カウンターの東海という構図は変わらない。
野田が何度も右サイドからクロスを上げるも、なかなか合わせることができない。62分にMF山中に変えてFW松井、76分にはMF奥井に変えてFW富山を投入し、FW登録選手4人で、攻撃に出る。
しかしゴールは遠く、終了間際に富山が放ったシュートも相手GKの好守に阻まれる。
結局、相手の倍以上のシュートを放つも、最後までゴールを割ることができずに試合終了。インカレ出場圏内進出のチャンスであっただけに、悔しい引き分けとなった。これで出場圏の4位とは勝ち点1差。順位は1つ落として7位となり、熾烈な4位争いとなっている。

次節は、vs明治大学
10/25(日)13:50キックオフ
@駒澤陸上競技場:
・東急田園都市線「駒澤大学」駅より徒歩10分
・JR「渋谷」駅より西口乗り場、渋11系統「田園調布駅」行乗車、「東京医療センター前」下車、徒歩1分

※駐車不可

応援よろしくお願い致します。
.........................................................................................
以上

昨日、オラァはチームの練習試合が千葉である予定で帯同することになっていた。
あいにくの空模様で中止になった。
だから大学リーグを見に行くことにした。
平塚でのア式の試合か、相模原の麻溝台公園での法政vs国士舘の試合にするか、今回はまよわず法政vs国士舘戦にした。
両チームに小学校からの教え子がいるからだ。
この試合については明日まとめよう。

ア式は最下位相手に絶対勝たねばならなかった。
勝てば単独4位の大チャンスだった。

今後は上位の明治、流経、慶応、駒澤と続く。
はっきしいって楽ではない。
キビシ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ィ!!!

このメンバー表を見て気になるのは4年生が少ないことだ。
大学サッカーは4年生が頑張んないと勝てないというのは歴史が証明している。
4年生が最後の学年で阿修羅にならんとダメだ!
あの優秀な4年生たちはどうしたんだろうか?
1年生、2年生がどんなに優秀でも4年がこれしか出ていないところに早稲田の苦しみや、不成績があると思う。
甚だ残念なことだが当たっていると思うよ!

それから、明治との次節の試合日程が11月3日なのに間違っている。
このあたりにもア式の緊張感がもうなくなっているともいえなくもない。
by gsfc_aoshima | 2009-10-26 06:25 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

結婚式は終わった

無事、結婚式も終わる。
6時半には自宅に戻る。
その後、身内でさらに軽く飲む。
みんなが帰ったら急に寒くなるーどうも気温が下がって来たようなので急遽、こたつを出す。

気がついたら朝の5時だった。
今年もこたつの生活がいよいよ始まったということだな!

さあ、気持ち切り替えてサッカー、サッカー、そしてサッカー三昧ずら!!!
b0005596_611157.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-10-25 06:11 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(2)

本日、三女の結婚式

昨日、午前中に足らない花を仕入れる。
時間がないのでブーケ、ブートニア、髪飾り制作は長女の担当になった。
オラはDVD制作に終日時間を費やし、7時締め切りの中でやっと夕方6時半に完成。
なにせ、DVDを作ろうなんて言ったのは昨日の今日みたいな時間の中なんで、まさに慌ただしいことだった。
素人が作ったとは思えないほどの出来の良さで自画自賛。
ていうか、ソフトがあれば、今の世の中なんでも出来ちゃうということだな。
ここでお披露目してもとおもったが、このブログの主宰会社はまだYou tubeが使えない。
ブーケはご紹介しよう。
b0005596_7275841.jpg

なかなかグッドだに!

ということで、今日は三女の結婚式でおめでたいことこのうえない。
そう、このうえないということにしておこう!
by gsfc_aoshima | 2009-10-24 07:18 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

旅立ち

実は、明日三女が結婚式を挙げる。

オラは恥ずかしながら
今日、娘が持つブーケを作る。
白バラ、グリーンのバラ、クリームのバラ、アイビー、スマイラックスを使いラウンドのブーケ

今日、ふたりの生い立ちのDVDを作る。
音楽入りの本格的な奴
とりあえず写真と音楽でストーリーは出来た。
あとはコメントをいれれば完成。

娘が大きくなったということではうれしくもあり、
だが、はっきしいってうれしくはない。

そして最後に残る次女も売れ先は決まっており、これももうすぐ家を出る。
うれしいわけないだに

今日も小学生の練習があり指導する。
こちらはうれしい。
サッカーは最高ずら!

記念だで明日使う娘たちの写真をこちらにも

b0005596_713312.jpg
b0005596_714752.jpg
b0005596_722851.jpg
007.gif007.gif007.gif
by gsfc_aoshima | 2009-10-23 07:05 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

名古屋の監督

10月17日、名古屋グランパスエイトvs横浜Fマリノスの試合があり、この試合でストイコビッチ監督がマリノスGKが蹴ったボールをマリノスゴールに蹴り込み退席処分になったというニュースがあったのは承知のことなんだが、どんな状態だったのかはわからなかった。

スーツと革靴のストイコビッチがどうやって?と思っていた。
Youtubeで見つけた。
ひっくりかえるよな!!
もういうことない!
見事すぎて!
座っていたんだと思うが、立ち上がって、3、4歩ツツッと前に出てダイレクトで!
ありえないです。

これを退席処分にするレフリーのかわいげのなさ!
まさに無形文化財もののキックだと思う。
これこそワールドクラスのキックだし、1990年のワールドカップイタリア大会でマラドーナ率いるアルゼンチンにPK戦まで持ち込んだスーパースターのキックはこれだ!。

衝撃のキックを見てほしい
今年一番のゴールではないだろうか!
日本代表クラスでも出来ないと思う。現役復帰してほしいよね。
by gsfc_aoshima | 2009-10-22 08:15 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)