<   2009年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

慶早戦と言わんといけないかも

ア式主務川合クンから、第60回早慶サッカー定期戦の結果メールが来ない。
チケットは早くに来るのに結果メールが来ないし、ア式のホームページを見ても更新されていない。
「早慶サッカー」で検索してもわからず、「第60回早慶サッカー」で検索したら、誰かのブログに結果が出ていた。

3−0で慶応が勝ったという。
驚きである。
この大差のスコアはいつ以来であろうか。聞いたことがない!
調べてみた。
1953年の第4回大会以来である。
オラが3歳のときだに!

今年の慶応が強いと言うのは見ればわかる。

でもちょっと結果がひどすぎる。
見ていないのでえらそうなことはいえないが、この試合ばかりはなにがなんでも死にものぐるいでやらないと!
ただでさえ、負ければ1年間、慶応のOBに会うたびにニヤニヤされるのに。
今度ばかりは、肩たたかれて「ア式も大変だよね!」

気合い入れ直して、秋まで走って走って走り抜け!
こんな負けかたしてのんびり休んでいるひまないよ!
パス廻しがうまければそれでいいのか?
負けたら走るしかないのである。
ただだらだら走ればいいというもんではない。

インターバルするしか道はない。
インターバルやって考えろ!
インターバルやってカラダに苦しさを覚えさせろ。
インターバルやってサッカーって甘いもんじゃないぞと謙虚になれ。
インターバルやってア式の本質を見極めろ。
インターバルやってチームの一体感ってなんぞや!を考えろ。

ア式の祖でもある「工藤孝一のサッカー」の原点に立ち戻った方がいいと思う。
工藤大先輩=日本サッカーの祖でもあるし!

このままでは去年と同じことになりかねない。
そのぐらい早慶定期戦の戦いって大事なんだと言うことを現役の皆さんにわかってもらいたいし、
サッカーってハートが第1なんだから!

それから細かいこというようで申し訳ないけんど、早慶戦のホームページで「history」のところで第1回大会が66-4で慶応の勝利となってるけんど6-4の間違いだろうから直してほしいよな!
緊張感足らないと言われてもしょうがないかもしれんだに!
by gsfc_aoshima | 2009-06-30 07:37 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

6/28のサッカー

10時に雨が降り出し、結局1日中、雨の日曜日だった。
横浜GSFC関係では以下の通りの結果である。

ジュニア、春季大会SLクラス(Ⅰ、2年生)決勝トーナメント1回戦
 会場:横浜市立大学第2グランド (人工芝)
 横浜GSFC 0(0−2)横浜すみれSC
b0005596_6594748.jpg
b0005596_704632.jpg
b0005596_711490.jpg
b0005596_714592.jpg
b0005596_721262.jpg
b0005596_723253.jpg

キッズ、Fマリノスミニサッカー大会
 会場:しんよこはまサッカーパーク(人工芝)
 横浜GSFC 2−5 横浜Fマリノス
 横浜GSFC 0−2 横浜Fマリノス
 横浜GSFC 3−2 あざみのFC
b0005596_755459.jpg
b0005596_761891.jpg
b0005596_78042.jpg
b0005596_781821.jpg

Cobra、社会人県1部リーグ第5節
 会場:保土ヶ谷サッカー場(天然芝)
 横浜GSFC 3(1−2)2 ASAHI FC
b0005596_711221.jpg
b0005596_7113823.jpg
b0005596_7115827.jpg
b0005596_7121830.jpg
b0005596_7123812.jpg
b0005596_7125335.jpg

Jr.ユース、U-13ファーストステージ第1節(6/27)
 会場:相模原市立相陽中学
 横浜GSFC 0(0−0)6 シュートJr.ユース

保土ヶ谷区少年サッカー大会LLの部 予選リーグ
 会場:上菅田中学
 横浜GSFC 4−1 保土ヶ谷エルフィンズ

19時からの早慶サッカー定期戦は試合時間に到底間に合わないのでやむなく中止した。
by gsfc_aoshima | 2009-06-29 07:19 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

北麓公園競技場に行ってきた

6月27日(土)インターハイ山梨県予選準決勝、帝京三高vs韮崎高校の試合を観に、伊豆急ハイランドからちょっとのとこの北麓公園競技場に行ってきた。
今年一番のアツさとのことらしいが、ある程度高度もあり、そんなにアツさは感じられなかった。

結果は帝京三高0(0−0)1韮崎高校
後半開始、2分にゴール前の混戦でフリーになった韮崎の選手がインサイドで正確に押し込んだ。
帝京は全く同じような場面が前半早々にあり、GKもポジションを外しているような状態で、インサイドキックを左に外した。

結局、このシュートの差が勝敗を決定した。

帝京は7番シュンスケが先発で出ると思ったがなぜかベンチスタートだった。
双方とも攻撃がちぐはぐで、見ていてイライラする場面の連続であったが、韮崎の方が繋ごうという意志があったように思う。
帝京の後半はただ前線に蹴るのみで得点の匂いすら感じられなかったし、くずそうという意図も感じられなかった。
ただ、後半25分ぐらいにシュンスケが出てきて、すこし帝京のサッカーが変わったように思えたが、時間があまりにもなさ過ぎたようだった。

帝京は、前線の選手のプレッシャーがないし、中盤での相手へのマークが甘いのが目についた。
また、SBが相手と1対1になる場面が多すぎたような気もした。マークの受け渡しが出来ていない。

先週、神奈川県の準々決勝、三浦vs武相の試合に比べると、この山梨の準決勝の両チームのサッカーの質はちょっと落ちるかも。
とはいえ、結果としては帝京は敗れてしまったが、夏を境に高校生年代はグィ〜ンと伸びるので、選手権は勝つべく頑張ってほしいよね!
b0005596_7475426.jpg
b0005596_748667.jpg
b0005596_7482128.jpg
b0005596_7483546.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-06-28 07:48 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)

残念です。その2

あのファラ・フォーセットさんもマイケルと同じ日に亡くなっていたとは。
非常に残念です。

あの金髪は素晴らしかったよな。

故人のご冥福を祈ります。
合掌
by gsfc_aoshima | 2009-06-27 06:49 | その他 | Trackback | Comments(0)

残念です。

マイケル・ジャクソンさんが亡くなる。
1987年のツアーでは横浜スタジアムで公演を行なった。
当時、オラが勤めていた会社の子会社が音楽関係の仕事をしていた関係上、チケットを手に入れることができた。
もちろん、オラァは行った。
感動した。
1987年はマドンナも横浜スタジマムで公演を行なっている。
これも行った。

ここんとこは歌手以外でのいろんなことが多すぎた。
甚だ残念である。

故人のご冥福を祈ります。
合掌
by gsfc_aoshima | 2009-06-26 22:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

だからサッカーは面白い!!

コンフェデレーションカップ準決勝でスペインがアメリカに敗れるとは!

nikkansuports.comより
..........................................................................................
コンフェデ杯:米国2-0スペイン>◇24日(日本時間25日)◇準決勝◇南アフリカ・ブルームフォンテーン

 米国(B組2位)が国際Aマッチ15連勝、同35戦無敗中だった欧州選手権覇者のスペイン(A組1位)を2-0で下し、初の決勝進出となった。前半27分にアルティドールが右足でゴール左隅に押し込み、今大会無失点のスペインから先制。後半29分にはドノバンからのクロスにデンプシーが合わせて加点し、突き放した。同42分にはブラッドリーが一発退場で10人となったが、最後まで守り切った。滑り込みで4強入りを果たした米国が、勢いのまま無敵艦隊を下し、28日(同29日)の決勝に駒を進めた。

 スペインはF・トーレスを中心に怒とうの攻撃を見せたが、ゴールネットを揺らすことができず、06年11月15日、ルーマニアに敗れて以来の敗戦となった。

 準決勝のもう1試合、ブラジル(B組1位)対南アフリカ(A組2位)は25日(同26日)に行われる。
.........................................................................................................................
何度も言うようにサッカーがワールドスポーツと云われる所以はこういうことが起きうるということがあげられると思う。
サッカーには「サッカーの神様」やら「勝負のあや」、「運も味方にする」そして応援団ではない「サポーターの願い」等々、諸々の要素が勝敗に関係してくるスポーツなんである。
もちろん選手の実力、チームの構成力、チームワーク、モチベーション、監督采配、選手のバイオリズム、ホームかアウエー、グランドコンディション等々が積み重なった上に、「神様」やら「あや」やら「運」「気持」等が乗っかってくるわけで、力の差があってもこういうことが日常茶飯事に起きうるスポーツでもある。

じゃあ、岡田ジャパンがベスト4だって行けるじゃん!というのとはちょっと違う。

つまり、これもただ起きるのではなく、きちんとした守備力が大きな欠くべからざる要素になってくるわけで、失点をしない守備力がないとだめなんである。
失点をしているチームにはこれはあてはまらない。
かの坂東英二は、「勝負のあや」とは1点を入れさせない守りからだと言っている。
これは調べてもらえばわかることだが。
板東英二ってオラが小さい頃、ものすごかったんだぞ。
徳島商業のエースで坂東vs村椿の高校野球の決勝戦は球史に残る名勝負だし、中日のエースなんだから!
単なる野球好きの芸能人ではないのである。

このコンフェデを今、現地で見ている岡田監督はなにを考えているのだろうか。
おおいに興味のあるところである。

だから、もし岡田監督が本気でベスト4というのであればまず守備をきちんとして、点を入れさせないようなボランチ、サイドにしないときびしいのではないか。
そうするとメンバーだってだいぶ変わってくるだろうし。
内田の攻撃はいいけど、あの守備では決勝トーナメントなんか通用しないだろうし、ボランチにしても遠藤や、中村憲の守備でもダメだろうし、闘莉王と中澤のサブが阿部ではダメだし、どうするんだろうね!
2010年のワールドカップは予選だけでまけてもいいから四つに組むのか、そうではなくてベスト4なんだからこういう人選にするとかの選択の時期にもう来ていると思うのだが!
そんなことをこのアメリカの勝利で感じましたです。ハイ!!
by gsfc_aoshima | 2009-06-25 11:03 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

今週末の予定

淡々とスケジュール調整をしないとね!
間違えが起きそうなんで(失笑)

27日(土)13:00 インターハイ山梨県準決勝 帝京三高vs韮崎高校 於富士北麓競技場

28日(日)10:00 ジュニアSL春季大会決勝トーナメント 横浜GSFCvs横浜すみれ 於横浜市立大G
      11:40 2回戦GSFCとすみれの勝者 vs FCみたけと六浦毎日の勝者

      上記試合で1回戦で負けると
      11:30 キッズ マリノスミニサッカー大会 於しんよこプットボールパーク
       11:45、12:30の3試合に移動
      
      この裏でもジュニアLL保土ヶ谷大会 於上菅田中学
      13:35 vs 保土ヶ谷エルフィンズ 14:45上星川サッカー同好会
      の試合があり、行きたいがたぶん無理かもな。なにせここはクルマの停めるとこがない(泣)
      
      15:00 Cobra 社会人県リーグ第5節 vs ASAHI FC 於保土ヶ谷サッカー場

      19:00 早慶定期戦 於国立競技場

サッカー三昧、うれしいだけんど、会場ちがうし大変だということだな。
by gsfc_aoshima | 2009-06-24 06:32 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

中村移籍について

セルティックの中村俊輔選手がスペインリーグのエスパニョールに移籍が決まった。
よかったと思う。

当事者ではないので推測でしか言えないが、ここまでくる顛末を見聞くすると、こんなことではないかなと思う。

せったい親会社の重役にはなれない親会社から出向してきた社長や重役では、世界の中村とは所詮、ものを考える尺度がちがいすぎたということではないだろうか。
ラベルがいやレベルがちがいすぎた!
勘違いも甚だしい!
相手はプロだよ。
まして、引く手数多の中村選手だよ。
そして今回断わられても、「将来帰ってきてくれるということは検討を続けていきたい」だって。
帰ってこないよ!
君らのようなフロントがいるかぎり。

マリノスJr.ユースからユースにあがれず、桐光学園に入り、そして普通はマリノスには入らないよ!
それでも中村俊輔はマリノスを選択した。
醸し出す雰囲気や風貌とはちがい、静かだがきっとアツい情のある男だと思う。
彼の著作「察知力」を読めばわかるだに!

そんな男だよ。
セルティックの年棒の半分でもオーケーなんて普通言わないよ。
何考えているんだろうか。
あまりにもなめているよね!

「察知力」を読んで、中村俊輔という人間を考えたとき、このおとこの大きさみたいなものがわかるのに読んでいないんだろうな!
ゴーンといい勝負の人間だと思う。
まさにラベルがちがうのである!

中村選手がJr.ユースの頃、オラも神奈川県でJr.ユースのチームを作った。
当時のマリノスのJr.ユースのスタッフの皆さんもよく知っている。
いまだに育成で頑張っておられる方がいる。
そんな人たちの気持ちなんか、わかんないだろうな重役さん達は!

とにかく、ここのチームはフロントの人たち、特に上の人たちがよくわからない。
監督問題でもそうである。
昨シーズンの監督人選でも、なんで桑原隆さんなの!
桑原さんは素晴らしいかもしれない。
ジュビロでもそれなりの結果を残した。
でも、だれもが考えつかないよな。桑原さんをもってくることを
マリノスとの接点は?
マリノスへの愛着は?

Jリーグが出来て何年経った?
最初の頃のプレーヤーでも多くの人がS級ライセンスを持っている。
290人もいるんだよ。
マリノスOBだってたくさんいるだろうに!
ミスターマリノスってだれだっけ?
あの人、S級だよ!
サッカー界の7不思議の一つだと思う。
あの人だけだよ。監督していないのは

マラドーナでさえも監督できるんだから、ミスターマリノスだったあの人でもじゅうぶん出来る!
マリノスのトリコロールをもう一度着せたいよな。
シュンスケがダメならあの人に。
by gsfc_aoshima | 2009-06-23 08:33 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

雨の日曜日グランド三態

6月21日、雨の日曜日 
インターハイ準々決勝 保土ヶ谷サッカー場 
 三浦学苑vs武相高校 
b0005596_7342924.jpg

U-17リーグ 光陵高校グランド
 光陵高校vsヴェルディ相模原
b0005596_73618100.jpg

社会人県1部リーグ 相模原北公園G
 横浜GSFCvsさがみ大沢FC
b0005596_737519.jpg


茨城県や静岡県では高校1回戦から芝生のグランド。
公式戦は芝生が当たり前の時代になってきている。
あまりにもひどい神奈川のグランド事情!
Jのチームが4つもある神奈川県だが、けっしてサッカー王国ではない。
いい選手が育たない。
こんなにチーム数が、そしてサッカー人口も多いのに。

ヨコハマでサッカーが出来る芝生のグランドは、日産スタジアム、三ツ沢競技場、三ツ沢陸上競技場、保土ヶ谷サッカー場、長浜公園G、海の公園G。
このうち、うちのようなクラブチームが抽選に参加できるグランドは長浜公園と海の公園。
日産スタジアムからサッカー少年は育たない。

開港150年なんていばってられないよね。
芝生は寝転んだら気持ちがいいのに、大桟橋の芝生も山下公園の芝生も立ち入り禁止。
見るだけかい!
なんかおかしい
by gsfc_aoshima | 2009-06-22 07:43 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

だれもいなかった!

昨日、書いたように9時半には保土ヶ谷サッカー場に行った。
10時からのインターハイ準々決勝三浦学苑vs武相の試合を見るためだ。

自宅から保土ヶ谷サッカー場までクルマで5分だ。
駐車場は一日500円である。

サッカー場は閉まっていた。
あれ〜〜〜〜〜?
それとだれも周囲にいない。
試合開始まであと30分しかないのに、みんなどこ消えたんかい!

突然不安が襲ってくる!
またやっちゃったのかい?
それしか考えられないよな!

すぐ家に帰る。
県協会のホームページ2種の高体連のところを見る。
20日(土)ではなく21日(日)だった。

べつにどうちゅうこともない!
毎度毎度のことだから!

すぐさまスケジュール変更である。
Cobraの練習を見に、追浜の日産グランドに行く。
高速使って10時半には着いた。

県リーグが今日あるので選手の動きもなかなかで、ゲームもなかなか良い出来でボールがよく廻っていた。
やっぱし、前節勝利したのがいい結果を生んでいるのかもね!
勝利に勝る栄養剤はない。
今日のさがみ大沢戦もがっつりとやってもらおうじゃあないの!

結局、昨日の午後はダラダラと夜まで、Jリーグの試合を中途半端に見ただけで一日が終わってしまった。

今朝も4時半から起きているのだが、雨止まず、ジュニアLLの部保土ヶ谷大会は中止の連絡、Jr.ユースも練習試合中止。
社会人県リーグは相模原北公園のクレーでナイター。
うちのチームの調子は上がっているけんど、結論から言うと「この雨ではどろんこのどうにもならない状態では両チームともサッカーにならんし、ましてナイターではあんまりにもかわいそうである。16号も行楽からの帰り車で混んでるのはみえみえだし、行きたくないし、やりたくないです。」
いいグランドでやらせてあげたいよね!

今日はやっぱしひたちなかは遠いのでやめるのと、三浦学苑の試合を見に再度保土ヶ谷サッカー場に行くのと、TVでマリノスvsレッズのゲームを見るだけでいいんだけんど!
by gsfc_aoshima | 2009-06-21 07:53 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)