<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

和司さんの一言

木村和司さんの所属事務所「シュート」には日頃から大変お世話になっている。
そのことは、このブログでも何回も取り上げた。

そして和司さんのブログ「ちょこっと言うちゃろうか」も紹介させていただいた。

3付き25日のブログにこんなこと書いていた。
和司さんにしては珍しくハイレベル! ちょっとこれは失礼だよな!
とってもいいことばだと思ったので紹介したい。

※良いチームになっていくには

認め合い、活かし合い、助け合い、この三つの合いを頭に入れてやって行けば、思いやり、信頼、感謝とかの気持ちが出てきて、チームが良くなっていくと思うで。解るかの!?調子が出てないチーム!?

それから3月29日もなかなかだよな

※まだまだ寒いの

まだ、家の前の桜が咲かんで!? どっかのチームの攻撃力、得点力、決定力、相手DFを崩す、アイデア、閃き、戦術、技術…みたいに、寒いんじゃろうの!?

以上

いい勉強をさせていただいた気分である。

話は変わるが、今日は3月31日、年度末である。
ということは、今日を無事に過ごせない企業が日本中にごろごろあるだろうな。
帝国データバンクの倒産情報にどかんとでるだろうな。
会社だって、どんなに技術や、科学が進歩しても、やるのは、結局、人間なんだよな。
チームも会社も似たようなもんだに!
by gsfc_aoshima | 2009-03-31 07:19 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

関東学院に1−7

3月29日(日)ほんと春らしい一日だった。ほのぼのとした暖かさと風もなく、これで一気に桜は咲き始めるんだろうな。
金沢八景の野島周辺では海やその入り江で潮が引いて干潟になったとこで潮干狩している人が大勢いた。
この日は、Cobraが関東学院大学サッカー部との練習試合があった。
金沢八景の関東学院の人工芝のグランドでの試合なんだがちょっと気付いたことがある。
履いているスパイクからジャージに人工芝の草がくっついてくるのである。
ジャージに付いた芝を取っているとそれが手に付く。顔に付く。
そして話していると口のなかまで入ってくる。

これって前回の早稲田の東伏見のグランドでも同じことがあった。
原因はグランドの使いすぎである。
人工芝の中に黒いチップが入っているのだが、新品のグランドではチップが舞い上がるほどだし、芝も立っているように感じる。
早稲田も関東学院の芝はそのチップが舞い上がることもなく、芝がぺたっとして、まとわりつくのみである。
クラブハウス内にグランドのスケジュール表が掲載されていた。
朝から夜まで休むことなくぎっしりである。
これじゃあ、こうなるのもやむを得ないなあと思った次第!

話をサッカーに戻そう!
昨年の11月2日に関東学院大さんと、同じこのグランドで練習試合をした。
40分3本で結果は9ー3でうちが圧勝した。
あちらは、その時シーズンがほぼ終わっていたので、モチベーションの点で、関東選手権直前で気合いの入っているうちとは大きな差があったし、それが結果に現れた。

そしてこの日のゲーム。相手は絶対前回の雪辱に燃えてるだろうなと思ったがやっぱし、その通りだった。
結果は40分3本で1−7で関東学院の圧勝だった。
悔しいが仕方がない。
敗因はなにか?
そしてこの点数の差は!

はっと思った!
11月2日を前半、3月29日を後半と考えるとこうなった。
Cobra  10(9−3、1−7)10 関東学院
なあんだ引き分けだに!
ぜひとも関東学院大学さんとは決着をつけないといけないということがはっきりしたということだ。

あらためて敗因を探る!
まず、県選手権が終了し、気持ちが下がっていたし、切り替えが出来ていなかった。
お別れ会やらで1週間、空きがあった。
そのお別れ会での余韻がまだ残っており、からだにアルコールが残存していた。

いやそれだけではないだろう!
いろいろ分析してみた。
やっとわかった。
この日、マネージャー志望の女性が3名も来てくれた。
これだよな!!!

いいとこ見せようと空回りしてたんだよな!
みんな若いよな!

そういうことにしておこう!
b0005596_6453155.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-03-30 06:44 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

とりあえず勝てればいい

1−0とはいえ勝てた。
勝ち点3をとることがとりあえず大事なんで良かったと思う。

結局、バーレーンは何も出来なかった。
楢崎はほとんど遊んでいた。
だからといって、オカダジャパンが良かったとか問われれば、ちょっと?は付く。

ボールを捕られても奪い返す能力と言うか、これはスゴかった。
追い込む力、囲い込むうまさは練習の賜物だと思う。
だけんど、こればっかしめについてあとはあんまし印象にない。
内田が時折長い距離を走って最前線にまで顔を出したが、これぐらいなもので、あとは自分のポジションの位置で上げ下げがあったように見受けられた。
だからほとんど90分間足元のプレーで終始したように見受けられた。
バーレーンのラインが低かったようにも見られたが後半すぐの失点で前がかりになってきたわけで、なんとか裏へのくずしがもっと出来ないといけないとちがうか!
もちろん、ほとんど4、3、3に近いホーメーションだったから2列目が追い越すプレーが出来なかったのかもしれないが、絡んではつぶされるサッカーに終始していた。

「とにかくどんな形でもいいからシュートを打てよ」ーこれ言いたいよね!
相手GKと1対1にならないとシュート打っちゃあいけないような社内ルールでもあるのだろうか?
ペナに入った時には相手が必ず4人から6人はいるんだから、これをこじ開けるのは甚だ大変だと思う。ペナの外からミドルレンジのシュートをどんどんまず打つことも大事なわけで、相手は力は弱かったがそれをしていたから!
とにかく全然打たない印象ばかりである。

大久保は悪くはなかったが、ゴールということに関しては落第だったし、ブンデスリーグで未だ得点できないのもわかるような気がした。
このままではFWとしてドイツでもゲームで使ってもらえないような気がしたのは考えすぎだろうか。
ちょっと心配だ。

昨日のようなサッカーではアジアはほぼ通過できたとしても、そのあとはなかなか勝つのはしんどいような気がするのだが。
見ていて楽しくなるようなダイナミックさとか、スピード感はほとんどない。
日本が生き残るサッカーがこのサッカーだとは到底思えないのだがよ!
by gsfc_aoshima | 2009-03-29 07:06 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

水戸を見習え!

今夜はワールドカップアジア地区最終予選、日本vsバーレーンの試合が埼玉スタジアムである。
とにかく勝てばよい!
内容はどうでもよい!
1−0で十分である。
とにかく勝ち点3が欲しい。

勝てばほぼ決まりだと思う。
勢いというのがある。
時の流れと言うか、運も日本に流れてくる。

相手は守備から入ってきてのカウンター狙いは定石だと思う。
なにも五分にやる必要はない。
しのいでしのいで、穴が出たときのカウンターで良いのだから。
もし失点するとしたらその辺りだろうし、そこらを気をつければいい。
横パスなんかもあんましやんないほうがいい。

代表クラスあるいはJリーグでもいいのだが得点パターンというのはあると思う。
最近のサッカーではセットプレーからの得点が非常に多い。
そしてサイドから崩しての得点。
それからカウンター。
この3つぐらいであろう。
得点が入るのはよ!
きちっと守られたらなかなかゴールは奪えないのである。
ボール廻して局面を打開して穴のあるところに通そうとするのはセオリーなんだがこれだけではなかなかゴールは奪えない。
ボールキープ率は高いにしてもそれが結果に結びつかないのがサッカーである。
日本の中盤の選手はそりゃあもう間違いなくうまいのはアジアNO1だと思うよ。
でも守られたらなかなか難しいよな!

サッカーはいかにして2対1の場面を、あるいは2対2にもっていくかの多数決のスポーツだと思う。
その場面をつくるにはどうしたらいいか。

相手がきちんとした守備陣形を作りあげる前にせめればいいんでないの!
速い攻撃なんでないの!
後ろから中盤にかけてボール保てる選手が多いばっかしに攻めきれないのと違うかい?
せっかく前に速い選手、玉田や田中達、大久保なんかがいるのだから、前へ前へのシンプルなパスをダイレクトで廻していくべきなんでないの!
トラップしてたら相手につめられるんだから、つめられる前に離して前に向いてもう一度もらう!
これが一番効果的だと思う

これって、よくオラァが中学生やうちのトップの選手に言ってることとおんなじ話だけど。
中学生も日本代表もつきつめれば全くおんなじことなんで、いかに走ってボールをもっていない選手がサポートするかである。
それをリズムよくタンタンタンと3回連続でパスが通ればチャンスが出来たり、展開できたりするのである。
もちろん止まっていたらダメなわけで、出したら瞬間的に5メートル走ればまたボールをもらえるわけなんである。
簡単なことなんだけんど!!!!
簡単だから出来ないんだよな!
難しいことをやりたがるのは人間が持っているDNAみたいなもんだから。
うまい奴ほど難しいことをやるんだけど、超一流はそれを簡単にやる。
でも今夜は中学生でも出来ることを日本代表がやってくれればいい。
なんでもかんでもシンプル、速くと云ってるわけではないし、ボカ〜ンと蹴れと云ってるわけではない。
蹴る必要はない。あくまでもパスである。

最近、スカパーでJ2のゲームをよく見ている。
J2のサッカーと言えば中盤を通り越してDFと最前線のFWだけのサッカーとよく言われていた。
今シーズンの草津、あるいは水戸の出足の良さはなんだろう。
3連勝とかしている。
聞いたことがない!
それもブラジル人とかいないでのほぼ純国産で!

水戸と東京Vのゲームを見た。
攻撃の速さとサポートが全く違う
水戸はうまさはないが、どんどん攻めていく。
そしてプレッシャーがまた速いのである。
東京に余裕を持たせない。
そして常に相手のミスを狙っている。そしてそこをついての荒田のゴール。
ほんと難しいことをやっているわけではない。
昔から言い続けられていること「パスしたら走れ。次のパスをもらえ」をやってるだけである。

荒田についてだが、シュートもうまい!
J2とはいえ、代表候補に入れたい逸材だと思う。

中学生のお手本になるような流れるような速いプレーを見せてほしい。
ぜひとも岡ちゃんには、マリノスでやってたGKからゴールまでの速さを競う練習をもう一度思い出してもらいたいもんだな!
代表でもやってたとしたら、この試合は勝てまっせ!
by gsfc_aoshima | 2009-03-28 07:01 | Trackback | Comments(0)

コブラお別れ会

3月22日(日)昼はジュニア6年生の自治会館でのお別れ会。
夜はトップチームコブラの2009年度に向けたコブラ総会と退団選手のお別れ会があった。
昼も夜も飲むのはけっこうしんどいものがあるが、一応けじめなんでグビグビ飲んだ。
会場は、胸スポンサーでもある「Tコーポレーション」の時枝社長の運営されているレストランで行われた。100人以上入る会場に30人ではちょっと寂しかったが、予算以上の豪華料理に、そして飲み放題のアルコールに時間の忘れるサッカー談義が繰り広げられた。
ありがたいこんだいね!!!

2008シーズンに大黒柱として主将として頑張った大空選手が2009シーズンも主将を努めることになった。そして
「昨シーズンと同じことをやっていたら県リーグで2番以内には入れない。各自がどう考え、どう行動するか、もう一度きちんと見直す必要があると思います!」
b0005596_7393933.jpg

左より来季の復帰が決まった猪野、久保と一緒に北海道に引っ越すマネージャーの千秋ちゃん、YSCCに移籍の仙石。
3人とも頑張ってほしい!千秋ちゃんお幸せに!
b0005596_7432891.jpg

真ん中が就職で関西に行く三ツ橋。4年間ご苦労さんでした!
関東人が関西で生きていくのはけっこうしんどいものがあると思う。はっきしいってなかなかなじめない。いつ帰ってきてもいいから!!
5月で辞めて戻ってきてもだれも何も言わないから!
そんなの当たり前だから!
むしろ、自然の成り行きと行ってもいいから。
関西のお笑いの人が東京進出というのはあるけんど、東京のお笑いの芸人が関西進出というのは聞いたことがない。
お笑い芸人ですら、関西には行かないんだから!
b0005596_7501547.jpg
b0005596_7503171.jpg

手前が北海道に千秋ちゃんと行くことになった久保。持病でサッカーが出来なくなったけれど、千秋ちゃんと手に手を取って頑張ってほしいよな!
b0005596_751323.jpg
b0005596_7511471.jpg

2009シーズンもなにがなんでも関東選手権に行き、関東昇格を目指そう!
by gsfc_aoshima | 2009-03-27 07:28 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ジュニアお別れ会

3月22日(日)6年生のお別れ会があった。
権太坂小学校で6年生を送る式である。
全学年で6年生を送った。
1年生からずっと毎週日曜日はサッカーだから、よく考えるとこれはすごいことだぞ!
子どもをサポートする親御さんだってサッカー好きにならないと出来ないことだよね。
毎年、このお別れ会をするのがうちのチームのけじめなんだが、ついこの前、お別れ会があったような気がする。
ボケ〜ッとしていると時間だけが無駄に過ぎる。やることいっぱいあるなと感じる季節でもある。

b0005596_7454258.jpg
b0005596_7471892.jpg
b0005596_746790.jpg
b0005596_7462149.jpg
b0005596_7463614.jpg

場所を自治会館に移して、二次会となる。
ここは全員が入れないので5.6年生とスタッフおよびご父兄での会。
5年生のご父兄が全てのお膳立てをしてくれる。
とっても和やかで楽しく思い出に残る送別会となった。
子供たちからお母さんへの花束贈呈は泣かせるだに!
皆さんご苦労さんでした。

b0005596_7495685.jpg
b0005596_750108.jpg
b0005596_7514788.jpg
b0005596_750406.jpg
b0005596_7521469.jpg
b0005596_7522538.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-03-26 07:53 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

野球を見た

WBCの決勝戦、日本VS韓国の試合を最初から最後まで見てしまった。
高校野球ならともかくプロ野球ではこの10年間一度もないだろう。
WBCとはワールドベースボールクラシックの略だそうだが、クラシックとはなんぞや?
古典という意味なんだが、歴史的に長く、評価の定まった物事を指して、単に「クラシック」と呼ぶ場合がある。
ていうことはまだ2回目なんだがこれからずっとこの大会をやっていくことの現れなんだな。

この試合延長になっただが、WBCのルールによると制限なしで決着がつくまで延々とやるようなんだが、13回からはタイブレークのルールになるそうだ。
そう、女子のソフトと同じルールで次の通りだ。

延長戦は無制限。但し13回以降はタイブレークが適用。前の回の最後の打者とその前の打者を1・2塁に置き、無死1・2塁から打順を変えずにプレーを開始する。

10回で終わっちゃたが13回まで行ったらこのルールだったんだが!

ヤッパし、10回表のイチローの場面で普通は勝負しないのがセオリーだったと思うし、下手投げと左のイチローでは素人のオラが見ても采配に無理があったように思えた。

この試合はもし負けていたら原監督の采配に疑問符がついていたかもしれない。
あの残塁数の多さは無策だと云われたかもしれないし。
まあ、勝ててよかったです。けっこう楽しめたし、選手の皆さんもご苦労さんでしたが、何も韓国と5回もやる必要あるのかい!
なんとかしてほしいよね。このルール。
野球をやってる国が少ないという証明になっちまう。
by gsfc_aoshima | 2009-03-25 06:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

JFL第2節

第11回JFL 前期 第2節 全試合結果
テーマ:JFL
03月20日(金) 13:00  MIOびわこ草津 2-2 Honda FC  皇子山

03月20日(金) 13:00  アルテ高崎 0-0 横河武蔵野FC  群馬サ

03月21日(土) 13:00  ジェフリザーブズ 2-0 ソニー仙台FC  市原

03月22日(日) 13:00  TDK SC 2-0 佐川印刷SC  仁賀保

03月22日(日) 13:00  町田ゼルビア 0-2 ニューウェーブ北九州  町田

03月22日(日) 13:00  V・ファーレン長崎 1-2 ガイナーレ鳥取  長崎県

03月22日(日) 13:00  ホンダロック 1-0 SAGAWA SHIGA FC  宮崎市

03月22日(日) 14:00  三菱水島FC 1-1 流通経済大学  笠岡

03月22日(日) 15:00  FC琉球 0-1 FC刈谷  沖縄西原

我らが武男君率いるV(ビィと云う)ファーレン長崎は開幕の第1節、流通経済大学との試合を引き分けで勝ち点3をとれなかった。
もちろん武男君はフル出場だったが、PKを外したらしい。
この第2節は注目の準J加盟同士の試合だったがロスタイムで失点して敗れたとのこと。
町田対北九州は北九州が勝利したし、王者Honda FCは今回も引き分けに終わった。
いよいよ今週第3節はそのHONDAとのゲーム、頑張ってほしいよな!
by gsfc_aoshima | 2009-03-24 06:45 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

246スプリングカップ

Jr.ユースのプライベートの大会があり、秦野南ヶ丘中学まで、選手をデリバリーする。
3日間の大会なんだが、3月20日〜22日までの大会。
20日には1勝1敗、21日からは負けたら終わりのトーナメント。
この日はFC湘南とのゲームで25分×2である。これはちょっと短いが!
お天気もよく、絶好のサッカー日和。
久しぶりの中学生のゲームを見るのもなかなかである。
前半は0−0、後半3点を入れられる。
甘いマークでずれが生じ、連続3点。
入れられ方が良くなかったと思う。
ヤッパしサッカーはからだとからだの接触があって、どこまで相手をプレッシャーで追い込むかが守備の鉄則だと思う。これが少しでも甘くなってくると、前半は保ったにしてもやられるということだな!

でもきびきぼとしたプレーをしていたんで今春は楽しみが一つ増えたような気がする。

b0005596_821085.jpg
b0005596_8211021.jpg
b0005596_8195781.jpg
b0005596_8201067.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-03-23 08:20 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ひったくりにあう

スーパーで買い物途中でひったくりに遭うー遭ってない!
銀行の帰りに50ccのバイクに鞄をとられるーとられてない!
そんな間抜けではない。
もっと大間抜けだった。

昨日、逗子の上ノ山公園グランドで弁当を食べているときである。
逗葉Jr.ユースのお別れサッカー大会でのことだ。
突然バサッという音がしたと思ったら、オラの手からコンビニで買った弁当がなくなっていた。
左手に弁当、右手に箸。
たしかに弁当もっていたのに箸しかなかった。

茫然自失というのはこのことをいうのであろう。
時間が止まったというのか。
そしたらオラが座っていたところから5メートルほどまえに魚のフライと飯の一部が落ちてきた。

「うんッ?」
上を見上げるとトンビが舞っていた。

とんびに油揚さらわれたというのはこういうことをいうのか!

情けなくて涙が出そうになった。
なにが愛鳥か!ふざけんなぁ!
あんまりにも不埒なトンビに「あたまにきのこ」になった!
ペットボトルがあったんでぶつけておとしてやろうと思った。
だけんど、もう用の済んだトンビには到底届く高さではなくなっていた。

気を取り直して、本部に行く。
大会を催してくれた逗葉Jr.ユースの皆さんがパンにコロッケをはさんでいた。
参加した子供たちに配るらしい。
代表の乙部さん、苦心の策のようだ。素晴らしい!!
オラもご相伴にあずかった。
今年も1年、逗葉の乙部さん、桑原さんにはお世話になった。
ありがとうございました。




b0005596_448217.jpg
b0005596_44814100.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-03-22 04:48 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)