<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

パパへの手紙とは

未だ、チームホームページ更新出来ず!
どうもサーバーのほうが悪そうなんだがよ!

昨夜は県協会主催のキッズ秋大会の抽選会に行く。
JFAからの小冊子も配布される。
「合言葉はPlayers First」という、子どものサッカーに関わる大人の皆さんへの小冊子である。
中に、スイスサッカー協会からだされている子ども向けサッカー絵本の前文、パパへの手紙が載っていたので紹介したい。

※Fユース(U-9)の子どもからパパへの手紙

 パパ、パパがこないだピッチの外に置いてあったゴールによじ登ってレフェリーに文句を言ったでしょ。あの時、僕はすごく頭にきて泣きそうになったんだ。あんな怒り方
、今まで見たことなかったよ。たぶん、レフェリーが間違ったんだと思う。でも、僕がたとえパパの言うように「レフェリーのせいで」試合に負けたんだとしても、そんなことはどうでもよくて、僕はとっても楽しかったんだ。
 わかってほしいんだ、パパ。僕はプレーしたい、それだけなんよ。僕は楽しみたいんだ。だから、僕がプレーしているときには、「パスしろ!」とか「シュートだ!」とか
叫び続けるのはやめて。パパの言うことはあっているかもしれないけど、僕が緊張してしまうんだ。
 パパ、もう一つあるんだ。試合中にコーチが僕のことを交代させても、怒らないで。僕は、ベンチにすわってみんながプレーしているのを見るのだって楽しいんだよ。僕らは大勢いるし、みんながプレーしなきゃだめでしょ。それから僕にサッカーシューズをきれいにするやりかたを教えてくれる?僕のなんだからパパがやってくれなくてもいいんだ。僕が自分でできるようにならなきゃいけないんだよ。それからスポーツバックは僕が自分で持ちたいんだ。バックにはチームの名前が書いてあるから、僕がサッカー選手だってまわりのみんながわかるだろ?僕、それが好きなんだ。
 パパお願い。試合のあとにママに「今日は勝った」とか「負けた」とかって話すのはやめて。ママには僕がとっても楽しんでいたって伝えてほしいんだ。それから、僕がすごいシュートを決めたから勝った、っていうのもやめてね。だってそうじゃあないんだもの。僕がシュートを決めたのは、仲間が僕に良いパスをくれたからなんだよ。勝ったのは、僕らのチームのゴールキーパーが必死に相手のシュートを防いでくれて、チームの仲間が全員でせいいっぱいがんばったからなんだ(コーチが僕らにそう教えてくれるんだ)
 怒らないでね、パパ。こんなことを書いてしまったけれど。僕、パパが大好きなんだ。練習に遅れてしまうのでこれでおしまいにするね。練習に遅刻すると、今度の試合に、はじめからだしてもらえないんだよ。
 じゃあね。


以上です。
by gsfc_aoshima | 2008-09-30 06:46 | キッズ | Trackback | Comments(0)

アップロード出来ないだに!

昨夜、3時間かけてホームページの更新作業をおこなう。
ジュニアの横浜国際チビッコサッカー大会を観戦し、写真もいっぱい撮ったしということで、けっこう頑張った。

ところが、いざアップロードをしようとしてもうんともすんとも言わず、帰ってくる結果が「中断されました」だとよ!
ちょくら困っている。
どうしていいかわからないからだ。
こういう場合は得てして「なにはなくとも再起動」なんだけんど、それも叶わず。
応用が効かんだいね!

とりあえずこちらで2、3枚写真をご紹介だな!
SLの部、山内小学校グランドでのVS柏尾FC戦より
b0005596_6224479.jpg
b0005596_624575.jpg
b0005596_6242655.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-09-29 06:25 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

ア式3連敗とは!

ア式主務佐野君からの深夜便でのメール

第15節 vs国士舘大学 @古河市立古河サッカー場
      0前半1
早稲田 0後半1 国士舘
     0合計2

得点者(アシスト)
7分 国士舘
66分 国士舘

【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤 拓真(スポ4)
24.佐々木 景一(スポ3)
26.小川 諒(スポ2)
2.塗師 亮(スポ4)
19.野田 明弘(スポ2)
8.中野 遼太郎(スポ2)→64分 山中 真
7.岩田 啓佑(教4)
27.菅田 恭介(人3)→80分 松本 怜
20.幸田 一亮(スポ2)
10.渡邉 千真(スポ4)
23.小井土 翔(教1)→87分 皆川 翔太
サブ
21.菅野 一弘(商2)
29.宮本 章宏(文3)
13.岡根 直哉(スポ2)
6.松本 征也(スポ4)
11.松本 怜(スポ3)
28.山中 真(スポ1)
22.皆川 翔太(スポ2)

連敗の悪い流れを絶ち切りたい早稲田。
開始から国士舘がボールを支配し、押し気味に試合を進める。
開始早々の7分、左サイドのスローインから切り込まれと、
折り返しをフリーで決められ、あっさりと先制を許してしまう。
その後も国士舘が攻勢のまま前半終了。
後半に入ると、早稲田も反撃に出る。
しかしなかなかシュートを打てない状況が続くと、
66分に右CKから痛恨の追加点を奪われる。
そこからは更に国士舘に攻め込まれ、
80分過ぎまでシュートさえ打たせてもらえない。
80分に松本怜が入ると多少の流れはかわるものの、
結局このまま試合終了。
優勝争いをする国士舘に完敗を喫した。
同会場第1試合で11位の東京学芸大学が勝ったため、
降格圏内まで勝ち点差1と迫られ、いよいよがけっぷちに立たされた。

詳細結果等は下記をご覧下さい。
http://www.jufa-kanto.jp/

次節は、
vs神奈川大学
10/5(日)11:30キックオフ
@古河市立古河サッカー場
(観戦の方の車も駐車可)
となります。


※ちょっとやばいんではないかい!
観てないから言いようがないけんど、関東学生リーグの速報を見てもほとんどシュート打ってないし!
去年の国士舘と早稲田が今年は逆のチームになってしまっているようなきがするんだけど。
前期に国士舘のサッカーを見たら昨年と同じチームと思えないいいサッカーをしていたわけで、これで国士には前後期とも完敗。
そして崖っぷちと佐野君、ひとごとみたいだけんど、そんなんでいいのかいねぇ
ここはチーム一丸となってやんないと、昨年までの努力が水泡に帰すよな。
頑張ってほしい。
4年生最後まであきらめるな!
4年生が頑張らんで誰がガンバルんだよ!
長い人生のうちでも今がとっても大事な青春時代だぜ。
二度とない青春時代を悔いだけは残すな。
全身全霊を残り7試合にぶつけてみろよ。
結果はついてくるから!4年生よぉ〜〜〜下級生は誰に付いていきゃあいいんだよ!あんたらだぜ。やるしかないっしょ!
ああだこうだは二の次で、文句たれるはいつでも出来る。
今はそれは置いといて走って走って走り抜け!
そう!相手より1メートル長く走ればフィールドプレーヤー全員なら10メートル。
その1メートルが勝負を決めると思って男はだまって走り抜け〜!!
by gsfc_aoshima | 2008-09-28 01:32 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

天候不順の影響から

高円宮杯U-15神奈川県予選1次リーグが8月31日から始まったわけなんだが、まだリーグが終わらない。
この1ヶ月の集中豪雨やらなにやらで会場の確保が大幅に狂い、順延順延になったからだ。
その影響からか、棄権が相次いでいる。
クラブチームではそういうチ−ムは出ていないが、中学校の部活では辞退と云うか、棄権が相次いでいる。

今年の大会は部活が114、クラブが62、合計174のチームが大会に参加したわけで、かつてはクラブチームだけだったのに、部活がどんどん入ってきて、中学生の大会としては1番大きなった大会になってきた。
部活とクラブの交流という意味でも意義あることだと思う。
もっというと、クラブと部活の垣根を越えて、どちらにも登録出来たらもっといいなあと思うのだがね。

話を最初に戻すと、この棄権チームのうち、なんとうちのチームのブロックで2チームも棄権になっちまった。南菅中と寺尾中である。
きっと学校行事やらなんやらで、引率の先生も大変だし、生徒も運動会なんかあったりして無理ということなんだろうね。
クラブの場合はいろんな学校から来ているし、多少のやり繰りは出来るわけでそういう意味合いからするとなかなか予定が狂うときびしいということか!
結局、そんなこんなで1試合を終えただけで、決勝トーナメント進出が決まってしまった。
喜んでいいのやらわからないが、とりあえず素直によろこんでおいて、決勝トーナメントでも1試合でも多く試合出来るよう頑張ってほしいよね!

たくさん公式戦をさせてあげたいという県協会の狙いと裏腹の結果になったのが大変残念なことである。
このことが次年度から1発トーナメントに変更にならないよう願うばかりである。

ブロック別対戦表
by gsfc_aoshima | 2008-09-27 06:35 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

キッズも発進

今週27日(土)は第2回キッズフェスティバルが開催される。
ホームページには会場はみなとみらいサッカーパークと掲載されているが、日産スタジアム隣接のサッカーパークなんでお間違えないようにお願いします。

それから11月16日に行われるTV神奈川主催のチャイルドサッカー大会(会場は新横浜国際プール)も抽選の結果、参加出来ることになる。
これは朗報だよね!
なにせTV中継があるんだから!
キッズの球蹴りがTVに映るんだから!
へたすると一生に一回のTV映りかもしれんのだから!
気をつけなくちゃあいけないのはこちらは日産スタジアムの中にある室内プールではないということだ。

秋大会も10月に保土ヶ谷サッカー場であるし、キッズも充実の秋サッカー満喫といったところだよね!
ユニホームもかっこいいし、いうことありませんが、たしかゲームでは得点がないので秋はまず1点入れるということからだな!
楽しみです!!!
by gsfc_aoshima | 2008-09-26 05:40 | キッズ | Trackback | Comments(0)

サッカー協会にお願いしたい!

昨夜はACLの準々決勝の第2戦が行われた。
レッズとガンバがホームで勝ち、準決勝はこの2チームの対戦となる。
オラァはこのレッズとアル・カーディシーヤのゲームをTVで拝見した。
ヤッパしレッズは闘莉王が体調さえよければ大きな壁になるし、あのシュート力といおうか決定力の高さは群を抜いている。
それにしてもレッズサポーターのすごさは12番としてだけではなく、このサポーターの応援のもとでは、選手たちは何が何でも勝たないと行けないと云う力になるよな!
TVを見てもそんなことを感じさせる鳥肌もんである。

レッズを筆頭に各チームのサポーターの力のすごさを感じると、どうしても日本代表に力が入らなくなるのは仕方のないところということなんだろうか。
代表とごひいきの2チームの応援ってなかなかできないものだよな

Jリーグの各チームは今、サッカーをする子供たちには無料で招待券を配っている。
いい意味での営業努力をしている。
子供が応援に行けば、必ず大人の引率は必要だし、売店にだってお金は落ちるし。
けっこうこういう子供たちが将来のサポーターになるんだよね!

かつては日本代表と云えばどの試合も満員で、徹夜で券を求める人がいた。
フランス大会の時なんかすごかったよな。
あの頃なんにもしないでも入っていたからなんだろうかしらないがサッカー協会は無策だったと思う。
そのつけが今来ているんだろう。
各年代の日本代表を含め、代表の試合は閑古鳥が鳴いている。
アツくなればなるほど2チームの応援は出来ない。
特に、サッカーをやったことがない人たちはさっかーへの、のめり込み方がすごいと思う。

今、代表戦に必要なのはこういうサッカー少年にもっと代表戦を観てもらう必要があるのかもね。
サッカーやってたらいい試合を楽しめるというのがとっても大事なことなんだろうと思う。
そうすればサッカーがもっと好きになる。
子供たちにチケットを!
空いてる席を解放してほしいよね!

ジュニアの子供たちだって、日本サッカー協会に金銭を払って登録している立派な組合員なんだから!

イタリアワールドカップを見に行ったとき、たしかイングランドVSカメルーン戦だったと思う。
ナポリの競技場はイングランドのフーリガン5000人とカメルーンの応援団30人ぐらいと場違いな日本人50人ぐらいとその他2000人ぐらいの報道陣、そして地元の人ぱらぱらだったと思う。
それが試合が開始されると同時にどんどん人があふれてきた。
そう!入場ゲートに関係者がいなくなって(関係者も試合を観たい!)ただ見のひとがどんどん入ってきた。
これってすごくない!
ワールドカップのゲームだに!
そのぐらいの度量があってもいいとおもう。
サッカー好きになるよね!
イタリアに生まれてよかったと思うよね。

小さな組合員に愛のチケットを!!
by gsfc_aoshima | 2008-09-25 05:53 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

ア式も2連敗かよ!

アホ式いやホ抜け蹴球部、主務佐野君からのメール

※第14節 vs明治大学 @熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
      1前半0
早稲田 0後半1 明治
     0合計1

得点者(アシスト)
80分 明治

【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤 拓真(スポ4)
24.佐々木 景一(スポ3)
26.小川 諒(スポ2)
2.塗師 亮(スポ4)
19.野田 明弘(スポ2)
8.中野 遼太郎(スポ2)→85分 山中 真
7.岩田 啓佑(教4)
27.菅田 恭介(人3)
20.幸田 一亮(スポ2)→77分 松本 怜
10.渡邉 千真(スポ4)
17.中川 翔平(スポ3)→85分 皆川 翔太
サブ
21.菅野 一弘(商2)
29.宮本 章宏(文3)
6.松本 征也(スポ4)
11.松本 怜(スポ3)
28.山中 真(スポ1)
22.皆川 翔太(スポ2)
23.小井土 翔(教1)

前回の敗戦から立ち直りたい早稲田。
前節の反省から、ボールをつなぐサッカーで試合に入る。
押し気味に試合を進めるものの、
なかなか得点が奪えず、前半はこのまま終了。
後半に入ると、毎年後期好調な明治が攻勢に出る。
しかしDF陣が踏ん張り得点を許さない。
80分、センターライン付近でボールを奪われると、
左サイドから崩され痛恨の失点を許す。
この後猛攻にでるものの明治ゴールを割ることは出来ず、
相手を上回るシュートを放ちながら0-1の悔しい敗戦となった。

詳細結果等は下記をご覧下さい。
http://www.jufa-kanto.jp/

次節は、
vs国士舘
9/27(土)13:50キックオフ
@古河市立古河サッカー場
(観戦の方の車も駐車可)
となります。

※なにもアホ式いやホ抜け蹴球部までオラァんチームにつきあわんでもええのに!
こういうのを関東の連れションといわないかい!

冗談はともかく、次節は何が何でも勝たないとね!
下位のチームが迫ってくるダニ!
とにかくつないでつないで、渡邉にいいボールを配給し、2列目がとびだすとかしないとね!
蹴ってばっかしだとだめだとおもうよ!
それからカウンターの時は全員でダッシュをして追い上げる!
がんばってくでぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
by gsfc_aoshima | 2008-09-24 06:09 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

負けた時の更新はつらい!

全身全霊を傾けても試合に負けることは当然あるわけで、3歩進んで2歩下がるぐらいがいいのかもしれないと思うわけで、そのぐらい地道な作業でないと地に足をつけたことにならないのは十二分にわかっているつもりだ。
上を目指すことはいばらの道を通ることなんだな
ガァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜やっぱしつらいんだな!

勝って自宅に戻った時には「ホームページの更新作業」ほど楽しいものはない!
負けたチームに「更新しときましたでぇ〜!出フェ出フぇ!」ぐらいのお知らせメールもうちたいぐらい!

だけんど、今回のように2連敗もしちゃうと、ホームページそのものを「工事中」にしちゃいたいぐらいの気持ちになってしまうだに!
オラもまだ若いだいね!

ここんとこはチームが大きく成長するためにもこころを平静に保って事務的に、そしてすこしは悲しみ、嘆き、それから次への期待を込めた中身の更新にしなければならないと思いながらの作業ーやってやろうじゃあないのぉ!!!!!

てなわけで昨夜は1時間ほどその作業に没頭しましたです。ハイ!
その作業の結果がこちらだに!
b0005596_6332173.jpg
b0005596_63355100.jpg
b0005596_6354622.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-09-23 06:30 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

いと悲し、2連敗とは

毎朝、夜も明けきらぬ真っ暗いヤミの中で斎戒沐浴し、六根清浄、「日本サッカーに栄光あれ!」と謙虚な気持ちでお祈りしているにも関わらず、サッカーの神様はなかなかいうことを聞いてくれずといおうか、まだまだオラァたちの努力が足りなくて、勝利にまたもや見放された。

六浦FCとの試合は水たまりがそこら中に出来る最悪のコンディションのなかで昨日行われた。
結果は1(0−1)2だった。
試合内容は相手に先手先手を取られ、ゴールも遠かったと思う。
負けは負けとして大いに反省し、最終戦ではかならず勝利してほしいな。

幸い、他のチームも足踏みしている。
ツキは残っている。
頑張るしかない!
10月12日は笑顔で終わりたい!!!
by gsfc_aoshima | 2008-09-22 06:01 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

祝詞奏上〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

27時50分起床
風の音ひとつせず、静寂のヤミの中、井戸端、いや風呂場にて水垢離、いやシャワーにて水垢離。
ざぶんざぶんといや、シャワーだし、水もったいないので少々にていっさいの穢れを落とす。
「ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜払いたまえ清めたまえとまうすぅ〜さぶぅ!!!!」
憑衣しているかもしれん狐、古狸を気合いをもって「お前らもうもって出てってくれ〜〜〜〜!

狸はいないが狐は付いていたかもしれん!

それからこの際だから、アタマも当然シャンプーしてからだもきれいきれいし、垢なきからだ、いや怨霊なきからだと清心な気持ちとなる。

そして祝詞奏上
「掛まくも畏き 伊邪那岐大神 


筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に


禊祓へ給ひし時に成り座せる祓戸の大神等


諸々の禍事 罪 穢有らむをば 


祓へ給ひ 清め給へと白す事を


聞食せと 恐み恐みも白す」

具体的に試合に勝たしてほしいなんて言ったら罰当たりずら!
謙虚な気持ちで、ここまで無事に健康に、そして選手スタッフが一体となってシーズン終盤を迎えられたことの感謝とお礼を、恐れ多くもやおろずの神々に御礼申し上げたしだいである。
by gsfc_aoshima | 2008-09-21 05:48 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)