いやな予感

昨夜、戸塚駅に降り立った。
横須賀線の電車を待つ。
なぜか遠くから来るライトをずっと見ていたがなかなかホームに入ってくるような感じがしなかった。
ホームの一番前にいたのだが、なぜか、こわくなり2、3歩後ずさりした。
後ろから押されないように半身の体勢になって電車が入ってくるのを待つ。
なんだか変!

突然警笛が鳴らされた。
ホームの半ばにいたのに、目の前で電車が止まってしまった。

運転士がアタマをかきむしっている
そのうちにホームのブザーがなりっぱなしに鳴る。
ますます変!

運転席のしたのほうに目をやる
血が付いていた。

マジっすか!

駅員がホームを走る
運転士は茫然自失

オラァはなんだか気持ちが悪くなり、この電車だけは絶対乗る気にもならず、バスで帰ることにした。

電車に飛び込む勇気があるのなら、生きる勇気のほうがもっと楽なのに思うのだが!
正気じゃあないのかなぁ
オラァにはそのあたりのことはよくわからんから、なんともいえないがホームから線路に吸い込まれそうになる時があるのは事実である!

もっと命を大事にしてほしいし、人を簡単に殺める事件が多すぎる。
子供の時からの教育を見直す時代に入っていると思う。
朝から暗い話をするのはいやなんだがあえてしました。
by gsfc_aoshima | 2008-07-31 06:42 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

昨日の行動スケジュールは。
横浜から沼津、富士、静岡、富士、そして横浜
雨には一度も当たらなかったが、夜10時半だったので、バスを降りたら雨に降られる。
娘にバス停まで傘をもってきてもらう。
日中、横浜は豪雨だったとのこと。
これって野辺山みたいな山の中だと、急な土砂降りっというか、雷を伴った豪雨というのはあるけんど、東京のような平地で、なおかつ全国的な局地的豪雨というのはどうもちょっと地球の軸でも狂ってしまったのではないかいな。

天の神さんからの警告かもな。
やっぱし、人間が横柄と云うのか、自然に対して謙虚でないというのか、そんなのに怒っていらっしゃるんだろうか。

有明海の水門なんて、その代表的な門いや、もんなんだろうか!
シャレ言ってる場合じゃあないだに!

とにかくちょっとおかしいよね。
最近の地震の連発といい、昔の人はぜったい神様のお怒りだと言ってたに違いない。

なんでもかんでも科学的に実証するのも結構だが、人間の力なんてほんとに小さいし、
いつになったら東海沖地震は来るだいやぁ!

静岡県は壊滅するといわれてきた。
そお!オラが物心ついたころにに聞かさていただによぉ。
ほかの県ではいっぱい大地震がきたのに静岡県では未だ来ず、オラァはもう還暦まで1年でジジイになっちまう。

ほんとは東海沖にぜったい地震だまりみたいのはあるんだろうが、ほかの場所で起きてしまうことで静岡は救われているのだろうか。
どうもそんな気がしてならないのである。

今朝も昨日と連続でまたまた静岡県に参上で、磐田、浜松に廻る予定になっている。
もう出ないと!

それから昨夜のスポーツニュースでオリンピック代表の試合を見る。
途中で中止になったそうだが、あのDFではアルゼンチンのスピードに乗ったランとパスにはついていけないよな。
チンチンにやられていたよな。
それからリケルメが出ていたなぁ。
オーバーエイジでよ!
アルゼンチンはメダルを取りにきているよな

日本は本番では相当苦しいと思うな。
バランスのとれたチーム構成でないのがとにかくはっきりしているんだから。
これはある意味、ユニバーシアード代表みたいなチームなんだから難しいよな。
同年代だけでは絶対勝てないのがサッカーなのによ!
メダルなんておこがましい。
by gsfc_aoshima | 2008-07-30 06:05 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

合宿から帰ってきた

今回は週末の二日間だけであったが合宿に参加してきた。
横浜はこの土日、めちゃんこ暑かったらしいが、ご多分に漏れず、海抜1400メートルの野辺山をもってしても、日中は暑い。
それでも25度ぐらいだろうか。
からっとしているので日陰に入れば、その気持ち良さったらない。
まして、夕方ともなれば天気の不安定さと相まって、突然の雨。
あっというまに土砂降りの雨と化し、ひょうまで降ってくる始末。
雷鳴たなびき、そりゃあもうものすごい自然の力!
人間の力なんてまさにまさに小さいもんで、おごりたかぶっちゃあいけないなあとつくづく感じる次第である。

夜は、雨は降り続いたものの、さらに快適な温度となり、はやばやと布団かぶって寝てしまった。
そう寒くて布団かぶってだ。
まさにこのへんが10度の違いと言おうか。
最高だよね!

b0005596_6555960.jpg
b0005596_6563175.jpg

この川上村、五光牧場には20年近く、夏合宿でお世話になっているわけで、なにせここのいいとこは敷地のなかから外に出ることがないので交通事故だとかの心配がない。
TVもないから世の中のことから隔別される。
以前は携帯電話なんかないわけだから、ほとんど無人島状態で世の中の憂さやらをきれいさっぱり忘れての合宿だった。

1年に1度はこういう生活というか合宿はいいわけで、オラたち大人には生けている実感がわくというもんでもある。
なんか、体が野生に戻ると云うか!
とにかく、ことしも合宿に参加出来たと云う、感謝の気持ちになるわけである。


b0005596_79172.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-07-29 07:09 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

合宿に出発

3時起床
Jr.ユースの合宿(3泊4日)が昨日から始まった。
オラは仕事の関係で今日と明日の2日間だけ参加する。

合宿先は野辺山の五光牧場。
海抜が1200メートルもあるので、下界とは10度は確実に違う。
昨日は今年一番のうだるような暑さで、浜松に行ってったけんど、とにかく風もなくただただ暑い一日だった。

この野辺山に行って吉沢夫妻と会うと元気になるんだな!
そば打ちもやってみたいしよ!
短い2日間だけんど、夏を乗り切るには五光牧場に行くのが一番なんである。

明日はJr.ユースの1本めが14時から帝京三高と練習試合があるし、トップチームも横浜で17時から公式戦第7節かながわクラブ戦もある。
からだはひとつしかないもんだで、ほんに困っているわけでして。

帝京にはうちのチーム出身の俊介と素谷、それから逗葉Jr.ユース出身の海人もいるんで彼らがどこまで大きくなったか見るのもこれまた楽しみでもある。
まさに充実の週末である!!!

もう出発の時間が迫ってきただいね!
by gsfc_aoshima | 2008-07-26 03:54 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

59回めの夏

今日はオラァの誕生日なんである。
今までは、これといったことはなんもしてこなかたっし、されてもいなかったけんど、2003年の7月26日に初孫が産まれてからは、ご一緒にというか、多少付け足しでも孫のパーティのご相伴をいただいている。

今年はJr.ユースの合宿と重なったために、明日は4時起きで野辺山に行くことになり、パーティは欠席である。
ちょっと残念ではあるが孫にはなんか買ってあげないととかわいそうなんで、今日用意しようと思っておりますです。
by gsfc_aoshima | 2008-07-25 06:08 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

きのうは朝から調子が悪く、口の周りがピリピリする。
「これはやばいだいに」
とにかくおいらの体は頑健なんだが、風邪をひいたり、疲れがたまるとすぐヘルペスが顔を出すのである。
49日の法要やら、何かと忙しくてサッカーを含めて休む暇がないという充実さ。

こういうときはおとなしく寝ているしかない。
とはいえ,仕事だってしないわけにはいかないので、せめて寝るのだけは沢山ということで、昨日も8時には寝た。
そして起きたのが5時半。

通常であれば8時に寝た時は2時に起きても大丈夫なんだが、とにかく体を休めることが肝要だに!
そして食べない!
これが体を休める基本だそうで。
食べたら休めたことにはならんらしい。
もちろん、日頃から朝は『生姜紅茶黒糖入り』と人参ジュースおよびサプリメントしか飲んでない。
2ヶ月前からなんだけんどよ。
そのせいか、今朝は寝すぎでちょっとだるさは残っているがすこぶるいい。

摺った生姜と白砂糖ではなく黒糖入りティーバック紅茶のおかげで、4センチほどウエストが細くなったのは間違いないことだし、顔もほっそりして精悍さが戻ったしよ!

石原結實先生の『ガンにならない食事』という本を読んでから実践しているわけなんで、おっとさの家系はアクシデントのちょっと笑える事故死、おっかさのほうは全員ガンなわけで、遺伝子的にはおっとさに顔やら風貌はそっくりなんで、まぬけなアクシデントでぽっくり行くと思うけんど、内面的にはおっかさのほうだと思う。
おっとさは養子でもあったため、日頃は典型的なマスオなんだが、夕方5時になると酒屋に自転車でいって、立ち飲みでコップ酒を飲んで帰ってくると2重人格が現れて、超陽気になっちまう人であった。

まあ、そったらことはどうでもいいこんだが、とにかくこの紅茶はおすすめで、これだけで昼までじゅうぶんもつから不思議である。
黒糖が空腹を満たしてくれるのだそうだし、先生の本にも書いてあったが、この40年の日本人の食いっぷりはメタボなるんはあたりまえで、食べ過ぎだそうな。
雑誌やらTVでも毎日毎日、食うことばかりの情報の氾濫で、文化文政元禄の人たちですらびっくり!の時代なんだな。

だから、オラァは食べないことに決めたというわけだ。
特に病気の時は食べないでじっとしていようと思っている。

犬や猫は最近、病院に通うようだが、ライオンや虎なんぞの野生動物はお医者様に診てもらうということもなく、そういう病気のときはかれらは食べないでじっとしているという知恵と言うか本能と云うか、そういう遺伝子を延々と引き継いでいるわけで、じっとしていることが大事だと、オラァがいってるわけではなくて石原先生が言っておられます。
by gsfc_aoshima | 2008-07-24 06:25 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

今朝も早よから!

3時に目が覚める。

昨夜は7時から歴史大河4時間SPを見る。
エジプトはおなじみザヒ博士ーこの人サービス精神が旺盛というか、エジプト版吉村先生だよね!
中国はなんといっても男装の麗人ー川島なお美ーもといー川島芳美。そして李香蘭こと山口淑子さん。このひとはもう80をゆうに過ぎているのにほんとおきれいだ!

てなことを考えていたが、ザヒ博士は汗みどろの臭そうなジージャンを着ており、こちらも暑くなる、なんておもっていたら、気がついたら日にちは変わって3時だった。
不覚にも8時には寝てしまったというこんか!!!

川島なお美ーいや芳美も李香蘭も見ないでか!

てなわけで、そのまま起床ということになった。
今日は、おっかさの49日法要があるので6時には家を出ることになる。
斎戒沐浴して、出発だ。
10時半にはおっ様(遠州地方では和尚様のことを略しておっ様というーはなはだ重みがないので今日はおっ様と云わないで『ご住職!』なんていってみようかとおもっているわけでして)が家にきてお経をあげる。
そのあと、納骨になる。
墓には仲のあんましよくなかったおばあさとおっとさの骨壺が狭いお墓のなかで離して置いてある。
おっかさの配慮でよ!!
今度はそのおっかさの骨壺が入るわけで、こりゃあまた、さらに狭くなるわけで骨壺同士が押し合いへし合いの状態となるだに!

おっとさの納骨の時に、おっかさは「わたしゃあ、こんなかにははいりたくないやぁ」と言っていたけんどよ!
ひとりでゆったりしたいともいってたけんど、そうもいかん。
3人でうまくやってほしい。

今日を境におっかさは極楽浄土の階段を登るわけなんである。
今までは、おらんすぐ後ろにいる感じがしていたんだが、それもなくなるんだな。
今日も『南無阿弥陀仏』を10回いうんだが8回めからユックリになり、9回めはもっとユックリ、最後の10回めで『南無〜、阿弥〜〜陀〜〜〜仏〜〜〜〜〜〜〜』
みんなとご唱和合わせないとね
おっかさに合掌
by gsfc_aoshima | 2008-07-22 05:09 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

昨日は横浜市市民大会、県リーグ第7節の試合が横浜と藤沢の会場で時間もかぶる。
市民大会は8人で臨むも前半は0−0、後半2点を入れられるも、終盤1点を返す。
選手はほんとうによく頑張ってくれたが、やっぱし、それでも勝ちたかったよね。

県リーグも見たいので藤沢の体育センターに駆けつけるも、ほぼ前半が終わる寸前だった。
結果は5−1で最後まで足が止まることなく頑張ってくれた。
試合については後日総括したい。

応援の女性サポーター軍団からお声がかかる。
「ホームページ、すんばらしいわよ!!」
ほんとかさ!

この甘い一声で昨夜は更新に3時間。
今朝もより見やすくするために4時起きで作業に没頭。
ホームページの更新とこの直助の更新でそりゃあまあ大変なことになっているわけで、とはいえ、最新のスナップをUPするのは気分のいいもんだに!

カメラマンやりぃの、記録つけぃの、文章書きぃの、ホームページのデザイン考えぃの、合宿そろそろ始まりぃの、49日の法要ありぃの、初盆ありぃの、、、、、、、、、とのかく年とってる暇がないとはオラァのことだいね!

弟の秀助からは『サキチ』もいいけんど『ワセキチ』も書いてくれと云ってくるしよ。
オラァほんとに人気もんだいやぁ!!!!
by gsfc_aoshima | 2008-07-21 06:44 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

サキチについて

世の中にはいろんな人がいるけんど、サッカー界にも天才奇人変人の類いは数知れず。
オラん知ってるだけでも、ベルリンコーチ(あの70年ほど前にスェーデンを破った時の)の工藤大先輩ーこの人は島村明治野球部監督、北島明治ラグビー監督なんかと並ぶ人だよね。
度々このブログに出てくるア式同期の工藤のお父さんだ。
それから八重樫さんから、釜本さん、松永章さんなんかもその代表かも!

早稲田の陸上部にも飯島さんがいたよね。
この人、大毎オリオンズに入団して野球選手になってね!走塁だけなんだけんど。
たしか釜本さんと同期ぐらいでないかな。
馬術部の馬とかけっこ競争したとかしないとか。
この人は絶対その類いだろう。

なんでこんなこと書いたかというと、サポーターの中にもサキチがいっぱいいるだいね。
どっちかというと、オラぁは選手の立場と言うか、そっち側で、サポーター側からの視点でサッカーをあんまし見ていない。
だからそっち系のサキチの人はきのう登場のドロコ姐さんやらあと2、3人しか知らない。
前々回のドイツワールドカップから8回連続の高校同期の山崎もどっちかというとサポーターではない。

とにかく一流選手から幼児委員会に所属する幼児まで、昔取った杵柄のシニア世代、すこし痴呆になったけんど、サッカーの記憶だけは正確に覚えているシニアを超越した年代まで、そしてそしてサッカーしたことぁないけんどその魅力にずっぽしハマったサポーターの皆さん、種々雑多のサキチがいるだいね!

そういえば、1990年のイタリアワールドカップに観戦に行った人たちなんて、ほとんど会社辞めて見に行った若者ばっかだったし、ものすごくテンションの超超高い女性がいたのを思い出す。
今みたいにインターネットがあるわけでもなし、せいぜいサッカーマガジンかイレブン、そして12チャンネルのダイヤモンドサッカーしかなかった時代によくもまあ、マニアックにチームやら選手を知っていた中年の女性だった。

その人に比べたらまだまだドロコ姐さんもヒヨッコだけんどよ!

とはいえ、『どっちの側でもいいがサキチはスンバラしい!!!!』

とんかく世の中広いからいろんな人がいてほんとに面白いのだが、かっとなってなにするかわからん普通の人が一番怖いとは困った時代だなあ
by gsfc_aoshima | 2008-07-19 07:11 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

今季リーグ初得点

昨夜のエスパルスvsフロンターレ戦で矢島が今季初得点をする。

静岡県からの帰りすがり、東戸塚に着いたところで静岡の仕事仲間から『矢島ゴール!』のメールが入る。
彼は藤枝在住の横尾君と云って、4月23日に矢島と一緒に食事をしたので、それからは矢島ファンになったというわけで、昨日も『矢島さん、最近メンンバーにも入ってないし、どうしたんでしょうかねぇ?』と心配していた。

駅でバスを待つ間にア式の工藤に連絡。
『矢島ぁ、点入れたらしいんだけんど!』
「おう!、今、等々力でヤジのお父さんと一緒に試合を見ているぞぉ。ちょっとまだ、からだ重いようだけど。ところで、おまえ、オッカサンがなくなったのかよ」
なんて話をして家路につく。

自宅に着くやいなや、またメール。
コートジボワールを追いかけ、鹿島を追いかけ、はたまたア式を追いかけ、和歌山の初芝橋本の高校生までも追いかける、横浜在住の偉大なるサキチ(サッカーキチガイのことを指すー今は亡き、モチを喉に詰まらせ無念の死をとげたオラァんおっとさがオラァに命名したことば)のお姉さんのドロコさんまでが『矢島さんが入れました』!
おいおい、あんたも等々力かよ!
エスパルスもかよ!
サッカーの引き出しの多さは並じゃあないだいね!
でも、だんなさん、かわいそうだいね!
いやいや、サッカーにズッポシの人生でそれも考えようだよね。
とはいえ、ドイツワールドカップで、日本を追いかけるより、コートジボアールを追いかける日本人もそうそういないよね!
コートジボアールサッカー協会の幹部と顔見知りなんていう日本人も珍しいというかどうかしてるといったほうがいいだいね!

後半が始まっていた。
矢島は60分で交代したが、ボールを受けての反転が鋭く、惜しいシュートも打っていた。
まだちょっとやっぱし重そうだったが、前に突っかけるスピードは並ではなく今後がとっても楽しみだいやぁ!
試合は結局、ジョニーニョにボールを持たれ、切り裂かれ、2点を入れられエスパルスの逆転負けだった。
試合後、矢島の得点シーンを見る。
ゴール前での反転して大きく足を上げてのボレーシュートだった。

簡単そうで、相当難しいシュートをよく入れたと思うほどで、見事のゴール!
とはいえ、けっこうやさしいシュートを外しているだけに、「これからはたのんまっせ!!!」

b0005596_5485855.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-07-18 05:49 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)