<   2008年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コブラが燃える?

2008シーズンが始まったばかりなんだが、天皇杯神奈川県予選ももう始まろうとしている。
今週末、うちのチームも発進する。

組み合わせも決まり、昨年と全く様相だ。
初戦が関東学院大学で、勝てばまた松陰大学の可能性もある。
学生相手だということで、先週早稲田と練習試合をやってもらったというわけだ。

とりあえず、リーグもさい先よい勝利をあげたことでチームもいい雰囲気だと思う
ここんとこはけが人なんぞもいるけんど、欠席者がなるたけ少なくて臨んでほしいよな!
アマチュアでまして社会人,サッカーだけが人生ではないけんどせっかくメンバーになってくれたわけだから、多少の融通はつけて欲しいよね!

全員で大会に臨むというつよい絆でまとまってほしい!

日付が変わる前にガソリンを入れにいく。
けっこう入っていたんで13リットルしか入らなかった。
あすになれば400円ぐらいの差額だけんどせめてもの抵抗だに!

おもえば、最近デモなんかもなくなったよね。
30年前だったらこういうことがあれば、全国デモだらけで大変なことになっていたんだけんど。
体で行動する手段がなくなって、インターネットの書き込みで終わっちゃうのも時代の変化と言うんだろうか。
日本人全体が静かになったというのか、表現の仕方が変わったのかな!


by gsfc_aoshima | 2008-04-30 23:23 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ア式4連勝ならず

ア式よりのメールが来た。

本日の関東リーグの結果をお知らせします。
第6節 vs国士舘大学 @多摩市立陸上競技場
      1前半0
早稲田 0後半0 国士舘
     0合計1
得点者
40分国士舘

【早稲田大学メンバー】
スタメン
36.河野 猛(社3)
4.中川 裕平(社3)
13.岡根 直哉(スポ2)
26.小川 諒(スポ2)
29 .宮本 章宏 (文3)
2.塗師 亮(スポ4)→71分塗師 亮
6.松本 征也(スポ4)
14.中野 大輔(スポ3)
25.寺島 尚彦(文構2)→79分中川 翔平
9.反町 一輝(3スポ)
22.皆川 翔太(スポ2)→66分松本 怜
サブ
16.臼見 拓磨(スポ3)
3.服部 大樹(スポ3)
24.佐々木 景一(スポ3)
8.中野 遼太郎(スポ2)
11.松本 怜(スポ3)
17.中川 翔平(スポ3)
27.菅田 恭介(人3)

前節のメンバーから肉離れの渡邉に代わって反町を起用した。
開始から国士舘に個人技で支配され劣勢となる。
膠着が続いた40分右サイドからのクロスを弾いたところを相手に拾われ、
そのまま豪快に決めれらて先制を許す。
前半はこのまま終了。
後半は、どちらも全く見せ場を作ることができずに終了した。

次節は、vs中央大学
5/5(月)13:50キックオフ
@NACK5スタジアム(大宮サッカー場)
※JR「大宮」駅より国際興業バス「導守循環」「大宮サッカー場前」下車
※JR「大宮」駅東口より徒歩20分、またはタクシー10分
※東武野田線「大宮公園」、「北大宮」駅下車徒歩10分

巻き返しを図って、中央との一戦に臨みます。
応援よろしくお願い致します。

           以上
※前節の筑波との一戦で、オラァが心配していたことがやっぱしもろに出た。
GKの不安定な守備と、キックでチーム全体のリズムがなくなったのと、DFの守備の甘さである。
とにかくすぐ前を向かれてしまう。
マークの受け渡しもすこぶる悪いし、自信も失っている感じがする。
メンバー替えないとやばいかも!

攻撃では、この試合、型にはまったプレーは終わり頃1回あったかどうかであったが、これも味方同士でガチンコでぶつかっちまって、シュートチャンスも逃す。
とにかく得点の臭いがまったくないゲーム内容だった。

対する国士舘はこれが去年と同じチームかというぐらいパスサッカーに徹し、大きく蹴るという、放り込みサッカーから変貌していた。
変われば変わるもんだなあという驚きである。

とにかく、星のつぶし合いで大混戦なんだが今日のア式からの勝利で国士舘が一歩抜け出した感はあるが、絶対というほどでもなく、今後どうなっちまうんだろうかというぐらいの大混戦でけっこう面白いかも!
それにしてもア式はほんと多摩では勝てないだ!
by gsfc_aoshima | 2008-04-29 23:08 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

コブラvsア式

期日:2008.4.27 会場:早稲田大学東伏見グランド 人工芝 
キックオフ15.00 天候:晴
結果:横浜GSFC 1 (0-2、1-1、0-2) 5 早稲田大学
メンバー1本目                            
GKーーーー藤田ーーーー     
DFー三ツ橋ー岩間ー田辺ー武ー      
MFーー仙石ーーー江原宏ーーー   
ーー守屋ーーーー小石川ーーーー         
FW−ーー田巻ーーーーー志連ーー         
交替  守屋→川井田        
                 
                     

2本目 
ーーーーー藤田ーーーーー
ー服部ー三ツ橋ー田辺ー武ー
ーー仙石ーーーー江原宏ーーー 
ー川井田ーーー小石川ーーー 
ーー田巻ーーーーー志連ーーー
交替 田辺→岩間、藤田→高橋
得点 志連シュートがポストに当たり跳ね返りを田巻がヘッド

3本目
ーーーーー高橋ーーーー
ー服部ー三ツ橋ー岩間ー小林(OB)ー
ーーー武ーーーーーー上山ーーーー
ーーー常磐ーーーーー志連ーーーー
ー仙石ーーーーーーー児玉ーーー

b0005596_6522151.jpg
b0005596_6539100.jpg

コブラはレギュラーを4、5名欠きけっこう苦しい布陣だった。
2本目はア式のスピードにも慣れ、けっこういいサッカーをしてくれたがロスタイムに1点失ったのが痛かった。
最後まで集中力を切らさないサッカーをしないといけないし、ここらあたりが今季の課題ではなかろうか。
とはいえ,志連、田巻の1列目は相当きれきれで今後が楽しみだ。
by gsfc_aoshima | 2008-04-28 07:05 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

やっぱしそうかぁ大町久美子!

オラァ、週刊コミック漫画を久しく買っていない。
ほとんど立ち読みですます。
オリジナルの釣りバカ、やらモーニングの島耕作、ビックコミックのゴルゴなんぞを立ち読みするわけだけんど、今週号のモーニングは思わず買っちまったわけでして。
『専務 島耕作』編があと2回と出ていたわけで、いよいよ社長編になる。
あの大町久美子はどんなして耕作と出会うのか、興味津々だったというわけだ。
やっぱしオラの予想通りだった。
話の展開をここに持っていってくれた弘兼さんはさすがだよね!

社長就任の記者会見の席上の耕作のスローガンの発表
『単なる利益集団ではなく社会の利益 国の利益に貢献する集団を目指します
それと同時に株主と取引先 従業員等のステータスホルダーに対して等しく利益が得られるよう事業運営をしていきたいと思っております』

こんな言葉ぁ昨今の大手企業の社長さんでも言わんよなぁ。
見習ってほしいよね。

ここまでくるとあとは大町久美子との出会いの場面しかない!
その通りだからオラん予想もだてではない。

本社、高層ビルの屋上にヘリコプターで降り立つ久美子
バラの花1本を久美子にプレゼントする耕作
おしゃれだよなあ!!!

島耕作60歳

ヘリコプターでの会話
『私たちつきあって何年経つか知ってる?』
『さあ』
『初めてエッチした横浜のホテルから数えて今年で20年目よ』
「へえ  ずいぶん経ったなあ』
『つかず離れずの距離で私の人生の半分近くは私の横にあなたがいた、、』

ていうことは耕作40久美子25ぐらいか?

そして初芝フランスでのワインのビジネスに携わる久美子が持ってきた88年のドンペリで乾杯!

そしてここからが最高の場面だぁ

『私にプロポーズして』
『結婚しよか』
『イヤだ』
『私 結婚という形態が性に合わない、、、、、、、、』

やっぱしここにくるかぁ
そうだよね!

いよいよ社長編
ますます楽しみな『社長 島耕作』ずら!
by gsfc_aoshima | 2008-04-27 06:41 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ア式3連勝

メール会員 各位
本日の関東リーグの結果をお知らせします。

第5節 vs筑波大学 @三ツ沢陸上競技場
1前半1
2後半1
3合計2
※早稲田大学の勝利

得点者
21分筑波
34分岡根(皆川)
58分小川(寺島)
66分寺島(渡邉)
79分筑波

【早稲田大学メンバー】
スタメン
36.河野 猛(社3)
4.中川 裕平(社3)
13.岡根 直哉(スポ2)
26.小川 諒(スポ2)
29 .宮本 章宏 (文3)
2.塗師 亮(スポ4)
6.松本 征也(スポ4)
14.中野 大輔(スポ3)→87分中川 翔平
25.寺島 尚彦(文構2)
10.渡邉 千真(スポ4)→83分反町 一輝
22.皆川 翔太(スポ2)
サブ
16.臼見 拓磨(スポ3)
3.服部 大樹(スポ3)
24.佐々木 景一(スポ3)
11.松本 怜(スポ3)
17.中川 翔平(スポ3)
27.菅田 恭介(人3)
9.反町 一輝(スポ3)

前節のメンバーから体調不良の中野に代わって松本征を起用した。
序盤は筑波にボールを支配され、筑波ペースとなる。
そんな中、21分に裏に抜け出されると、これを豪快に決められ先制点を許す。
しかし、あわてずに早稲田も攻め、
34分に左サイドからのクロスをセットプレーで上がっていた岡根が上手く決めて同点とする。
前半はこのまま終了。

後半開始後は、早稲田が前半よりも押し気味に試合を進め、ゴールを脅かす機会が増える。
迎えた58分、右サイドのショートコーナーからのクロスを小川が頭で決めて勝ち越しに成功。
たたみ掛けたい早稲田は、66分、左サイドでの鮮やかなダイレクトでのパス回しから寺島が決め、
早稲田が突き放す。
その後は防戦一方の展開が続き、
79分に一点を返されるも、中川裕の体を張ったDFなどで得点を揺るさず、
早稲田が3連勝を飾った。

次節は、vs国士舘大学
4/29(火)13:50キックオフ
@多摩市立陸上競技場
※京王線または小田急線「永山」駅より諏訪4丁目循環バスにて終点下車、徒歩3分。
今季好調の国士舘との一戦です。
応援よろしくお願い致します。


いやぁあ、よくやってくれた!
オラァもこの試合を今シーズン初めて観に行く。
寒くて、風も強く、細身のオラァにはけっこう厳しいもんがあったし、OB諸氏のご出席も少なくさみしいもんだったが、選手たちはほんとよくやってくれた。

とにかく特に後半なんだが、エース渡邉は別として、FWの皆川を始め、中盤のちっこいのがコマネズミのように動き回ったのが勝因のすべてだったように思う。
特に、労を惜しまない松本のムダ走りとデフェンス感覚が良かったと思う。
FWへの鋭いくさびがガンガンだし、ワンタッチのプレーの連動が後半の2点につながったと思う。
特に、3点目の得点への経緯は見事な連動で、岡田監督に見せてやりたいよねととなりの工藤とうなづきあう。

ただ、問題がないわけではない。
はっきしいって、この試合は勝てたけんど、オラから見るとたまたま勝てたのかもしれない。
相手にもっと勝利への確信が強ければ逆の展開になっていたかもしれないよれよれの試合内容だともいえる。
運が良かったとはこういう試合のことをいうのだろう。
特に、全体の流れを通して言えることは、GKを含めたDFの弱さである。
ひとりひとりは決して悪い選手ではないと思うが、DFに関してはとにかくマークが甘い。
ノープレッシャーだもん!
あんなに簡単に前を向かれるのはまずいと思うし、ベンチからの的確な指示さえあれば防げることができるはずだ。
GKも頑張ってはいたが、ちょっと心配だよね。

たまたまの3連勝ではないだろうか!
このままシーズンを乗り切れるとは思えない。
今は、調子の出ない地力のあるチームが多い。
明治、法政、駒澤なんかが本来の力とまとまりが出てくるとやられてしまうのではないだろうか。
昨年の遺産だけでは長いシーズンはのりきれるものではない。
がんばってほしいよね!
明日の日曜日はそんなア式にわが横浜GSFCが練習試合で立ち向かう。
どんなもんかいな!!!
b0005596_6515973.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-04-26 06:45 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

今週も静岡県を縦走

先週は2泊3日で慌ただしく静岡県を縦走したわけなんだが、今週も水曜日から2泊3日で静岡出張なんである。

一昨日は興津の健康ランドに泊まり、昨夜は磐田の実家に泊まったわけで、今朝はこれから富士まで行き、午後静岡市に戻り、小田原でちょっと用事をすませ、横浜に戻る予定。
その後は、三ツ沢サッカー場での関東大学サッカーリーグがナイターで行われるのでそれもいく予定にしている。
もちろん、アホ式いやホ抜きのゲームである。

仕事もサッカーもがっつりという、お手本みたいな人生!
人生は大げさかな、両立とでいおうか、まあ好きなればこそである。

てなわけで朝シャワーをこれから浴びて穢れをとって出発ずら〜!
グワンバルだに!
by gsfc_aoshima | 2008-04-25 06:08 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

いっきに読んだ

専務島耕作がいよいよ社長島耕作になる。
いよいよだな
オラたち団塊の世代の彼はヒーローだから。

がんばってほしいよな!

てなわけで、漫画雑誌「モーニング」が待ちきれないひとたちは多いだろうね。
社長で活躍してほしいのはもちろんだが、過去のおさらいをしようと「課長島耕作」から「部長島耕作」までをいっきに全巻読んだ。
だから、この直助を更新している余裕やんぞは到底なく、ふかくふかく島耕作の世界にひたっていたというわけでして!

この物語を流れる作者の経済や産業にたいする厳しい目、選別、現実の社会、将来性みたいなものが今振り返るとまったくもって当たっていて、すごいもんだなと驚嘆する。

そんな彼の人生に流れの中で振り返ると、大町久美子との出会いと別れ、そしてまた、よりがもどり、また別れ、そしてまた再会。
久美子の母親の言葉が印象的だった。課長時代の時のこと。
「久美子には初芝の社長になる男でないと結婚させない」

いよいよ社長になるわけだが、どうなるんだろうねふたりは!
大町久美子はすばらしい女性だし、ハッピーエンドになってもらいたいんだが、どういう結末をむかえるのか興味がつかないわけでして!

それにしても弘兼さんのこの作品は昨今の流行小説を大きく凌駕している気がする。
漫画とはいえ、そのストーリー性は浅田次郎の「蒼穹の昴、中原の虹」と伍しても遜色がない。
そのぐらい奥が深いのである。

常務、専務シリーズもはやく読まなくちゃあ!!!!
by gsfc_aoshima | 2008-04-24 08:11 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ヤジとシンゴゥ

4月20日(日)日産スタジアムでのナイターの試合、横浜Fマリノスvs清水エスパルスを観戦する。
ア式同期のおなじみ工藤とエスパルス矢島のご両親との4人で観戦する。
矢島さんとは、昨年のマリノスvsエスパルス戦以来の再会である。
この日は夜になっても風が強く、スタンドは肌寒いが
ピッチの状態は最高だし、グランドでの風はあんまし影響がなさそうだ。

この試合マリノスは兵藤がリーグ初先発。ナビスコでは先発で出場しているがどこまでやってくれるのか、おおいに楽しみ。
ところで矢島はここんとこ得点がないだけに、水曜日にナビスコで大量点をとった試合のFW、西澤と駒澤から入った原が先発。
どこかで矢島は出てくるだろうが、長谷川監督は今シーズン矢島をエースとして確信を持って臨んだのではないだろうか。
ナビスコの結果ということもあるのだろうが、矢島に賭けるという気概がほしいとちょっと思う。
対して、マリノスの桑原監督は大島、ロニーをずっと先発で使い続けている。
大島の調子も今ひとつなんだが、ここらあたりは老獪といおうか、百戦錬磨のベテラン監督といおうか、ふところの深さを感じる。

ゲームのほうなんだが、前半はマリノスの山瀬の縦に切り裂くドリブルと、兵藤の25メートルのクリアボールをそのままインステップに載せたシュートー西部のファインプレー!
ゴールしたかったよな!
久しぶりにインステップとはなんぞや!といえるほどの兵藤のキックだったと思う。
後半に入ってさらに兵藤の持ち味が出たと思うし、後半はゲームを作っていたわけで途中交替はちょっとわからない。
後半も決定的なシュートもあり、今後も先発で使われそうな気がするし、U-23の代表に選ばれてもいいような気もするのだがよ!

マリノスのボール支配率はゲームのはじめから終わりまで圧倒していたが、あまりにも時間をかけすぎたと思う。
くさびのパスをいれても必ずワンタッチで連動させるのではなく2タッチがほとんどだった気がする。
このため相手DFの数的優位ときちんとしたラインを崩せなかった。
ベンチからの指示があったもよかったのではないだろうか。
連動性ずら!

矢島は85分に左サイドから強引に持ち込んで角度ないとこから左足でシュートを打った。
あれだよ!
どうせフェルナンジーニョにパスだしても帰ってこないんだから、ヤジも唯我独尊、FWなんだからガンガン、独りよがりでシュート打ちゃあいいんだって。
フェルにパス出してあげる配慮はいらんよ。
ヤジのあのからだでスピード載せてゴールめがけてきたら中沢だってヤバいと思うんだからよ!

そんなこんなで中沢のゴールが決まってからの5分間は白熱したゲームになったわけだが結局、セットプレーだけの両チームのゴールはあまりにも崩しがなかった結果だし、両チームのこのゲームに対する思惑がちょっとずれていたような気がするし、監督采配がいまいちだったのも感じられた。

とはいえ、4人で楽しく観戦できてよかったわけでして、さらに矢島さんには、お食事お土産付きでひたすら恐縮、ありがとうございました!



b0005596_7235338.jpg

by gsfc_aoshima | 2008-04-22 07:17 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

ア式両目開く

恒例、ア式からの会員メールは勝った時はすぐコピーしたいだいね!

以下の通り

メール会員 各位

本日の関東リーグの結果をお知らせします。

第4節 vs順天堂大学 @フクダ電子アリーナ
0前半0
1後半0
1合計0
※早稲田大学の勝利

得点者
渡邉千

【早稲田大学メンバー】
スタメン
21.菅野一弘(教2)
4.中川裕平(社3)
13.岡根直哉(スポ2)
26.小川諒(スポ2)
29 .宮本章宏 (文3)
2.塗師亮(スポ4)→89分松本征也
8.中野遼太郎(スポ2)
14.中野大輔(スポ3)
25.寺島尚彦(文構2)→83分松本怜
10.渡邉千真(スポ4)
22.皆川翔太(スポ2)→78分中川翔平

サブ
36.河野猛(社3)
24.佐々木景一(スポ3)
15.柳瀬貴史(商3)
11.松本怜(スポ3)
6.松本征也(スポ4)
7.岩田啓佑(スポ4)
17.中川翔平(スポ3)

前節の勝利したメンバーに調子の良い選手を何人か加え望んだ4節目。
中盤でのボール回しがテンポよく、序盤は早稲田ペースとなる。
しかし未だ勝ち星のない順天堂も底力をみせ、前線からの素早いプレッシャーにより
何とかペースを掴もうとする。両チームともゴールには結びつけることができず、
0-0のまま前半を終える。
後半開始後も、両チームとも流れをつかめずに中盤での激しいつぶしあいが続いたが、
順天堂が徐々に早稲田ゴールを脅かす時間を増やしていく。
70分過ぎには、早稲田ゴール前で強烈なシュートを打たれるもGK菅野がファインセーブを見せ
なんとか無失点に抑える。このプレーを境に流れは早稲田ペースへと変わる。
そんな中迎えた77分。CKを渡邉千が頭であわせどうしても欲しかった先制点を決める。
その後も守備陣が踏ん張り、1-0のまま試合終了。2連勝で順位も5位にあげた。

次節は、vs筑波大学
4/25(金)17:50キックオフ
@三ツ沢陸上競技場
※JR「横浜」駅西口より市営または相鉄バスにて「三ツ沢総合グランド入口」下車、徒歩2分。
またはJR「横浜」駅下車、西口より徒歩25分。
となります。

応援よろしくお願い致します。

※以上
やっとこさ2勝目を上げ、エースのカズマ君が今季初得点を入れ勝利したわけなんだが、順天もリーグの順位表を見ると現在最下位のチームだし喜んでばかりいられない。
それにしても昨シーズンの優勝チームの明治やら法政、駒澤もそうとう苦しんでいることは事実であり、同じように選手が大量に抜けたア式がそこそこ中盤にいるのはまずまずということか。
今週金曜日は三ツ沢でナイターでの試合があるんで必ず観にいこうとおもっている。
by gsfc_aoshima | 2008-04-21 06:25 | Trackback | Comments(0)

更新するのに四苦八苦ずら!

ここんとこ仕事が忙しくて、静岡方面に毎日いるような状態。
昨日まで2泊3日で静岡県を縦走する。
それも行ったり来たりだ。
16日は磐田に慌ただしく泊まり、17日は静岡の繁華街ににぎにぎしく泊まった。
その静岡の夜なんだが、前日も、その日も朝から県内を200キロぐらいクルマで移動。
夕方までクルマの中で固まっちまったわけで、疲労困憊だ。ビジネスホテルもどこも満員。
やっとのことで駅北の繁華街に宿が取れる。
同行者4人で、みんなお疲れなんだが、そのうちのひとりから『たまにはフィリピンパブにでも行きませんか』との誘い。
僕は決して気乗りはしなかったが、仲間内のことだし、断わることもはばかる空気であったため、「じゃあいきましょうか〜〜」
いやいや消極的での返事で行くことになってしまった。

宿で荷物だけを置いて、目の前の焼き鳥屋にまず入る。
焼き鳥も、嗅覚乏しい僕にはあんまし香ばしいニオイもせず、歯に当たる感触と熱ったかさだけのように感じられる。
舌の味覚度が嗅覚がないため、どうにも落ちているようだ。
こりゃあもう一度、耳鼻科で見てもらう必要性大だな。
このままでは楽しみ少ない老後になっちまう。

1時間ほど焼き鳥屋で飲んでから、『キャッツアイ』とかいうフィリピンクラブにおずおずと入場した。
けっこう粒ぞろいな女性たちばっかしが入れ替わり立ち替わり横に座る。
ジェニファーさんやらライラさんやらその他大勢。
本来ならば彼女たちの香水やら、なんとも言えない匂いに喜んじゃうんであろうが、なにせ匂いやらニオイやら臭いがほとんどゼロだとこうも昂りも浴場、いや欲情もなくなっちまう無常の状態とはこういうことなんだろうか。
テンションはもちろん低くなっちまうわけで、話す会話の内容もつい、どうでもいいようなドン引きの内容である。
『日本語うまいよな!』
『家族は?』
『年は?』
『子供いるの?」
『小学校?日本の?大変じゃん!だんなは?」
『別れたの!』
『フ〜〜〜〜ん!』
情けない内容だぁ!
次ぎにきた娘にもほとんど同じ話につきる。

ひたすら、アルコールを摂取いや節酒しながら、話しかける言葉も途切れ勝ちだ。
しかたないので、いやいやカラオケでマイクをとった。
北島三郎の『北の漁場』を音程外しながらビブラートをかけてうなる。
だいぶ恥ずかしいが、どのテーブルもこちらを見ているわけでもなく、隣に座っている女性を口説いているのだろうかーこちらも勝手に歌っているわけでへたでもなんでもかまやあしない。

てなことで、本乗りではないにしては延長なぞもしてしまう悲しい男の性!
2回目の延長はなかったようだが僕は途中退席する。
名残惜しかったのはすこしあったけんど、静岡にいる教え子の川瀬に会う約束をしていたからだ。
川瀬は小学校と中学途中まで僕が手塩にかけた選手だ。
お父さんの仕事の関係でアメリカの中高校に入り、大学は日本に戻り、ワセダに入学し
ア式にも入部したが、土のグランドにどうにもなじめず、大学も3ヶ月で辞め、アメリカの大学に入り直して、サッカーもそっちでやっていた。

日本の大手に入り3年目だろうか。
寿司屋にて軽くつまむ。
1時間ほど話す。
教え子がここまで成長したかとちょっと感動した。
来週も静岡に泊まる予定なんでまた再会を約束し、ホテルに戻る。
まあ、僕的には中身の濃い夜だったんだろうな。ジャンジャン!
by gsfc_aoshima | 2008-04-19 07:43 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)