<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

バレーを帰化させたらどうだい!

9月29日、雨の降りしきる万博記念競技場、ガンバ大阪vs大分トリニータの一戦はロスタイム4分も既に終りかけのタイムアップ寸前で、バレーの1発でガンバは勝ち点3を奇跡的にもぎ取った。
大分はほんと貴重な勝ち点1を取れなかった。
あんなに集中力を切らさず完璧に守りきったのによ!

ペナルティエリア外、真ん中やや右寄り20メートルの距離で受けたバレーは右にボールを流したことで、3メートルは更に右に移動する事になったが、ゴールに相対する事が出来た。
その瞬間、もうワンタッチして前にボールを押し出すのかなと思ったら、そのままノーステップといおうか、ストライカーの本能というのか、右足を振り抜いたのである。
前が空いた一瞬の隙を見逃さず、体勢が多少くずれていたんだがよ。
あすこで打つとはGKもDFも考えなかった、ほんと一瞬だった。

GKの左サイドをゴロで、それも雨で芝生の上をスリップしながらの鋭い弾道だからGKは触る事も出来ずゴールインした。
この位置でのシュートって見覚えがあるよなと瞬間感じたが、どの場面だったか、どの選手だったか、なかなか思い出せなかったが、寝たら思い出した。

そう、あの日本が生んだ過去最高のストライカー、釜本さんの右45度のシュートシーンだった。
今の日本のサッカースタイル=司令塔が一番カッコいいとかなんといってもボランチだよねとかいてるようでは釜本さんを越えるストライカーなんて出てこない。
かつてはセンターフォワードが一番のあこがれだった。
だれもがセンターフォワードの位置をやりたがった。
その言葉すらなくなってFWだけの名称。
これではいつまでたってもストライカーなんて生まれないよな。

もうオシムもあきらめたらいいと思う。
ならば、どうするか!
バレーを帰化させりゃあいいじゃあないか!
三都主に始まり、
闘莉王だって、心底日本人だぞ。
お次はバレーだ。
「薔麗」なんて名前どうだい。

19歳の頃から、確か大宮が最初だったと思うが、スピードはあるけんどスタミナがなく、プレーを大味だったが、Jリーグで揉まれた事で素晴らしいストライカーに成長したと思う。
日本でうまくなったのである。『薔麗』君は!
たしか、あの頃外池が大宮にマリノスからレンタル移籍していた時期だっと思うのだが。

勝利インタビューでのバレーの「ありがとうございます!」の日本語の返答は帰化するだけのじゅうぶんな日本語だったとおもいます。

この試合、終盤、今年ア式を卒業した松橋優が大分で試合に出てきた。
ひさしぶりにJリーガーとしての松橋のプレーを初めて観た。
解説の方の評価も高かった。
頑張ってほしいな!
by gsfc_aoshima | 2007-09-30 05:45 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

言葉もいいようで気持も変わる

度付きサングラスを購入した。
1年ほど前に作ったのであるが、ひと月もしないうちになくなった。
いくら探しても出てこないし、悔しさも情けなさも一段落したんで、またなじみのメガネ屋さんに行く。
スポーツ選手ー陸上の棒高跳びの沢野選手がするようなサングラスがいいなあと思ったりしたが、そんなのは度付きだと無理なのがわかった。

だから、普通の形の中から選ぶしかないが、なにげにいろんなやつを掛けてはみたがどうも楽しそうなものがない。
他人がかけているような奴はしたくないのである。
なるたけ、奇抜と云うか年相応なもんはノーなんである。

そしたらあったんだよな。エエヤツがよ!
そのサングラスと目が合っただいね!
サングラスが云うだいねー「僕を掛けたら直助、あんたばっちしだよ!」
掛けるや否や、女性店員さんに「これください!」

そのサングラスは正面から見ると何の変哲もない真っ黒なふちなんだが、裏に回ると云うか、裏側は、いかにも軽薄そうなターコイズ色なんである。
いうなれば「学ランの裏地に加藤清正の虎退治の刺繍を織り込んだもん」というか、粋なおしゃれというか、色気違いともいえるんだが、これがなかなかなもんだいね。

僕はそれを掛けてその店員さんに「ジジイもこのぐらいのやつをせんと、今日日の若いもんに太刀打ち出来ないですから」なんてのたまう。

1週間後、お店に取りにいく。
この前、応対してくれた店員さんからこういわれた。
「直助様、実は先週、このサングラスをお買い求めいただいた時に、直助様が掛けているとこを見られていたお客様がいらっしゃいました」
うん?なんのこっちゃかいな。そういえばおばさんがお一人お店でメガネが出来るのをまってたよな。
「そのお客様が直助様が帰られてからおっしゃったのは『あの方、あんな派手なものとおもったんですがとってもお似合いでかっこよかったですよね。わたしも今度買う時は年相応なんて考えずに、ああいう買い方をしたいわ』とおっしゃってました」

「えぇ?やっぱし?そうですかぁ!僕もこれはちょっと勇気がいりましたけんど、そういってくださるとウレピーです!」
大満足で帰って来たわけで、こんな会話でまた買いにいっちゃうんだろうな。

応対の言葉次第で、うれしくなったり、気分がわるくなったりと、いろいろあるわけで、気をつけないといけないなと思った次第であります。

昨日、ベトナム料理の店に行ってみた。
おカマっぽい店長がいる店で2回目だ。
まあ、料理はそこそこだ。
支払いのとき、その眠そうな目をしていた店長に「いつ来てもこちらのお店は美味しいですよね!」と言ってやった。

とたんに店長の目が大きくなって「ありがとうございます」
表情豊かな顔になった。
言葉も使い方次第だよね。
by gsfc_aoshima | 2007-09-29 07:06 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

県リーグも終盤戦

神奈川県の県1部リーグも終盤戦にはいってきた。
10月ですべての試合が終了するわけで、うちのチームも残り2試合となった。
9月30日(日)港北FC戦
10月14日(日)かながわクラブ戦

港北FCさんには8月の市民大会では1−4で完敗しているし、かながわクラブさんとはあの歴史に残る入れ替え戦を含め毎年死闘を演じている。
横須賀のサッカー愛好のかたの作っている「YOKOSUKAFOOTBALLERS」というホームページに、あの2年前の入れ替え戦の観戦記が紹介されている。
どなたかはわからんけんど、きちんと状況を判断し、冷静な目で試合を観た内容が記されている。
オラはチームが調子が悪い時とか、自分自身の乗りが悪いときなんかは、この観戦記を読ませていただいてあれこれ感じるわけである。
まあ、オラんバイブルみたいなもんだとも云える。

なんとしてもここは勝ちにいかないといけないわけで、チームとしての真価やら、将来が問わ れる大事な試合の連続だ。
2連敗でもした日にゃあ、2部入れ替え戦だってあるわけだし、ここはなにがなんでもやるしかないわけだ。
スタッフ、選手、サポーターのきれいどころ、すべてが一体になって試合に臨まにゃあ!

オラはどうかというとこの日9月30日は、山梨の高校の練習会に中学生を引率する事になっちまって、試合には参加出来ん。
甚だ申し訳ないのであるが、大事な中学生の進路にも関わる事なんで、ゲームの方は皆さんにお任せしたい
ヨロピクお願いしますだぁ!
by gsfc_aoshima | 2007-09-28 06:30 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

3バカ兄弟と山崎

9月15日は磐田の裸祭りの神事があり、もちろん山崎だけではなく、オラたち3兄弟も参加したのはいうまでもない。
もはや60代にならんとしている今でも、この田舎のお祭りだけは、はずすわけにはいかないのである。
詳しい事は書かないが、要は「フラガール」ならぬ「フラオヤジ」になって街中を練り歩き、最後は天神社のお堂の中で1000人ぐらいの裸が練ると云う、まあ、バカバカしいといっちまえばそんなもんだろうし、よくやるよなというのも当たっている。

物心ついた頃から参加しているし、以前にもしゃべったが、高校生の頃は停学覚悟で参加して、もちろん見つかり、校長室で母親同伴で怒られ、謹慎になっちまったこともある。
とにかく肩馬してもらって、群れに飛び込んだ時の快感は「もう死んでもいい!」と思わせるとこまでいく。
今年は1回だけ弟に肩馬をしてもらったが、こちらの体重は増え、弟の足腰は弱まり、人の手を借りないと、立たなかったがなんとか飛び込めた。

このぐらいの年になると、仲間はみんな役が付き、警固長やら総代やらで、裸衆では見当たらない。
とはいえ、オラは「生涯裸」をつらぬきたいと思っているわけであるが、まあどうでもいいお話であります
b0005596_6341498.jpg
b0005596_6342830.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-09-27 06:34 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

山崎さん頑張ってるんだぁ!

山崎さんといっても、オラの高校の同級生でサッカーワールドカップ8回×4年ごと=24年の観戦記録を持つ、この磐田の山崎ではない。
けっしてフラダンスの催しに出ているわけでもなく、お祭りの格好なんだがよ。
58にもなって裸祭りに出て浮かれているアホの山崎さんの話では面白くもなんともない。
b0005596_726577.jpg

こちらが新体操の山崎さんで、ゼンゼンラベルが違う山崎さんだ。
b0005596_723382.jpg

水谷さんお写真無断掲載しました。すみません

新体操の団体女子チームが北京五輪出場が決まったそうな。
山崎浩子強化本部長が感極まって号泣って云う記事があった。
山崎さんってあの8位入賞したかわいい子だよな!
合同結婚式なんかにも参加しそうになって、いろいろ叩かれたりしたけんど、その後は新体操の後進の指導をしていたんだな。


写真左うしろにいうのが山崎さんなんだが、なんかオーラが出ていると云うか、光っているよね!
現役の頃の演技の最後の決めの時の目の輝きがもうなんとも云えない色気があったよな!
その輝きが「優しい輝き」に変わった写真だな。
選手の皆さんよりもなんか1段ランクが上みたいな感じがするな。

山崎さんが、気になってしかたがないんで調べてみた。
そしたら2005年のインタビューなんだが対談記事があった。
この頃から、北京目指してがんばっていたんだよな!
山崎浩子さんに乾杯〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぃ!

それから新体操のホームページの現地レポートやら、新体操を応援しているビューティーサポートなんて、とってもいいなと感じた次第です。
美容コーチも必要なんだな。
選手だけじゃあないよね。みんな頑張ってるんだから、オラたちも負けずにやらんといかんだいね!
by gsfc_aoshima | 2007-09-26 06:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

高円宮杯vs相模中学戦

期日2007.9.24(祝)キックオフ11:30
高円宮杯決勝トーナメント3回戦
本蓼川グランド(砂塵凄まじ、ユニホームドロドロ)
横浜GSFC 1(1−1) 3  相模中学
得点 15分 松原(CK)⇒曽谷(H) 30分失点(10)、58分失点(11)、60分失点(11)
負けた時は子どもたちもきちんと反省しているし、試合結果についてああだこうだというのは好きではない。
だから、昨夜は20時には寝ていた。
来年の高円めざしてまたがんばると切り替えた!
選手たちが一番悔しいんだから、この負けたことをプラスにするような生きざまをしてくれたらそれでいい。
b0005596_5332333.jpg
b0005596_5333752.jpg
b0005596_5335192.jpg
b0005596_534526.jpg
b0005596_5341887.jpg

ここは厚木基地の飛行機の降りるライン上にある。
今回、国からの莫大な助成金が町に落ちるようだ。
ここも素晴らしいグランドになるようで、砂塵舞うグランドとも今年いっぱいで終わりだそうだ。
まあ、いいかぁ!
by gsfc_aoshima | 2007-09-25 05:36 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

高円宮杯vs伊勢原中学戦

期日 2007.9.23(日)
会場 平塚馬入公園G(人工芝、良)キックオフ11:30
結果 横浜GSFC 4(3−0) 1 伊勢原中学
得点 1分 下 15分 山下 28分 下 65分 松原 失点 70分
メンバー
GK 
荒川 6 確実な守備で指示もよかった
DF 
大森 6 安定した守備であったが攻撃には物足りない
曽谷 7 1対1の強さと高さが目立った
柳田 7 落ち着いた守備だった
江成 6 攻撃面で物足りない
MF
針川 6 相手のボールを奪ったあとの切り替えとパスを早く
枦山 7 決定的なパスを出していたが、自身のシュートは確実に
松原 6 セットプレーにひと工夫がほしい
安田 6 もっと積極的なプレーを
FW
下 8  開始1分のシュートが試合を有利にし、3点目のゴールで決まった
山下6 オフサイドトラップにかかりすぎるので多少は考えてほしい
交代
下⇒星川 6 パスのコースが読まれていた
山下⇒石田 6 見せ場がなかった
安田⇒澤田 6 ヘッドのシュートは惜しかった
枦山⇒田中靖 6 持ち味は出していた
荒川⇒鈴木 5 替わったばかりのFKでの失点はいただけない

さあ、今日は相模中学戦が厚木基地前の本蓼川グランドで11:30からある。
グランドは黒土で普段でも風強く砂塵が舞い上がり、選手もスタッフも鼻から耳まで真っ黒になる。
応援の妙齢な女性軍はじゅうぶん気をつけていただきたいと思います。
化粧濃い場合は黒土もびっしり付着し、すさまじいまでの変貌ぶりに自分の顔を見て、卒倒されたご婦人もいらっしゃいますのでご用心を!

とにかく、この試合に勝つとベスト16に入ってくる。
頑張ってほしいな!
b0005596_6503155.jpg
b0005596_6504556.jpg
b0005596_6505960.jpg
b0005596_6511251.jpg
b0005596_6512813.jpg
b0005596_6514266.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-09-24 06:49 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

今週末は高円宮杯

昨日は仕事で二日続けての静岡市内入りで、サッカーどころではなかったが、朝一番に出かける前に、保土ヶ谷スポーツセンターでの小学生フットサル大会の会場に顔だけ出す。
この大会は「YCV(横浜ケーブルビジョン)フレンドカップ第5回保土ヶ谷区小学校対抗フットサル大会」という長ったらしい名前だが、保土ヶ谷区役所が主催の大まじめの大会だ。
だけんど、小学校と直接当たっているんで、区のサッカー協会もあんまし知らない大会になっている。
今回は、うちのチームからトップの笠原監督にTV中継の解説をお願いし、ジュニアの安田事務局や西山、五十嵐の両コーチが丸一日お手伝いを依頼する。
要はみんなお願いして、オラァはしごとに行くという算段だが、申し訳ございません。

区役所主催でこういう大会をやるというのは、とってもいいこんだと思う。
各小学校選抜なんだが、出てくる選手は、オラたちのようなクラブの選手ばっかしなんで、区の少年委員会も総出でお手伝いの必要あるかもな。
ケーブルTVとはいえ、放映もあるわけで、自分のこどもでも映ったりすれば大盛り上がり間違いない!
来年はみんなで応援に行くべきだと思うわけだ。。

さて、いよいよ今日からJr.ユースは高円宮杯県予選決勝トーナメントに発進だ。
もちろん負ければ終わりだが、まずさしあたって今日は2回戦VS伊勢原中学戦で会場は馬入公園の芝グランドだ。
先週、トップチームが県リーグを戦った、人工芝のグランドでいい条件でサッカーができるわけだな。
これに勝ち上がると、ベスト32だ。まだまだ先は長いけんど頑張ってくれたらうれしいな。
いよいよもって3年生の公式戦は少なくなってきたが、高校生になるまでのこれからの半年が受験で空白になるのがマジ、日本のサッカーの発展を遅らせているのも間違いない!
by gsfc_aoshima | 2007-09-23 06:22 | ジュニアユース | Trackback | Comments(0)

逗葉高vs藤沢西

県リーグの試合の後、高校選手権2次トーナメント決勝を観に日大藤沢のグランドに行く。
この日のゲームに勝つとベスト8が決定し3次リーグに進む。
到着した時には第2試合旭vs橘のPK戦が行なわれており、旭がこの試合をものにする。
第1試合の鎌倉高校VS日大藤沢の試合は2−5で日大藤沢の勝ち上がりだった。

第3試合逗葉3(1−1)藤沢西
オラのお目当てはOBのフモトがいるこの逗葉の応援なんだがこの試合、藤沢西にたちあがりの悪さをつかれ、先取点をとられる。
相手の9番に手こずり、どうかなあと思っていた矢先、案の定この9番にCKのフォアでフリーでプッシュさせられた。
b0005596_551722.jpg

それでも逗葉の攻撃は単発でチャンスらしい場面をつくるでもなく、前半も終了かと思われた最後のワンプレーで、ゴール前の混戦から、フモトが押し込んで同点にする。
結局、この同点になったことで、後半自分たちのプレーができたんだと思う。

後半は、開始早々から逗葉のボールが回りだし、右サイドをフモトが抜け出し、絶妙なセンターリング、これをU-17日本代表でもあった井上がどんぴしゃりであわせる。
この1点で藤沢西の足が止まって、あとは一方的な試合展開だった。
逗葉の特長はこの井上の労を惜しまないエネルギッシュな走りと、フモトを含めたスピードある攻撃なんだが、今年はDF陣もよく頑張るんで大いに期待したい。
組み合せもいいんで、3次リーグも4チーム中2チームに残って全国に行くのもての届くところまで来たと思う。
頑張ってほしいなと思う!
b0005596_622479.jpg
b0005596_623837.jpg
b0005596_625463.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-09-22 06:03 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)

大地が関東大学デビュー!

今週、関東大学サッカー、国士舘大vs法政大の試合で、国士舘の1年生ゴトウが出場した。
はやくも関東デビューとはまさに、恐れ入谷の鬼子母神である。
そのときの公式記録がこれだ。
相手の法政には2年生にコウタがいるが、こちらは足首のケガだそうで早く直してもらいたいね!

この春、鹿島学園を卒業し、大学に入ったものの、サッカー部に入れてもらうのも一苦労だっただけに、こんなにはやくの1軍登録そして先発だとは、カメラのバッテリーを忘れた事が悔やまれる。
ひときわ大きな背番号「33」がフレッシュさを感じさせる。
うちのジュニア、Jr.ユースのOBとして歴史の1ページに載るデビューだ。

ワセダVS東海大の試合の後のゲームである。
試合は絶好調の法政相手にどこまでやれるか、そして法政のFW、特に市川をどう押さえるのかが最大の焦点だったが、やっぱし市川のうまさ、豪快さに、大地を含め、国士舘のDF陣が翻弄された。
ボランチのマークも甘い為に、たえずDFが切り裂かれる場面の続出でよく3点で納まったなあというのが感想である。
大地も、ほろ苦いデビューであったが、新人としてはいい場面もあったし、まあ5,5ぐらいであろうか。
ボカ〜ンと蹴ってしまう国士舘の今の現状のサッカーの中で、つなごうとする意志もあるし、センスを感じさせるプレーもあった。
ただ、相手をマークする場面での甘さもみられ、このあたりの激しさが必要であろう。

まだ1年生なんでここで頑張れば、1,2年の大学選抜の目も出てくるわけで、次の流経大戦に使ってもらえるかどうかがポイントだし、法政戦で首脳陣にどう映ったのか大いに注目だな。
オラァなら、あの国士舘のDFであればじゅうぶん次も行けるかと思うのだが。
それに選手の起用方法が今季より来季を見据えた使い方をしているような気もしているしね!
まさに楽しみだな!
by gsfc_aoshima | 2007-09-21 06:24 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)