<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

新戦力

2月3日から新しいシーズンが始まる。
横浜市大会1回戦が第1歩だ。
相手は横浜では一番強いと自他ともに認めている六浦FCだ。
県でも1番2番だぞ!
次の週からは県社会人大会の決勝トーナメント2回戦。
こちらは来年1月1日の天皇杯決勝につながる重要な大会で,負けたら天皇杯は終わりということになる。

古来、節分の日は新しい区切りの日とも言われている。
新しい年明けすぐではなく、なにかするにも2月3日以降と言う習わしがある。
まず、六浦FCさんを食おうじゃあないかい!
おいしいぞぉ!

シーズンに突入するに際して、新しいメンバーが揃ってきた。
在籍している選手達のモチベーションも高く、仲間を一本釣りしてきてくれている。
うれしいこんだな。
仲間が仲間を呼んできているというこんだな。
どこかで話を聞いたり、うちのホームページを見て入りたいというのではなく、選手自らが動いてくれて入部を誘ってくれたというこんに意義があると思っている。
更に上を目指したいから誘ってくれているのがわかるから、うれしい話じゃないかい!

チームのホームページには既に出ているけんど、うれしいからここでもさらに紹介しよう!
GKの恩田三志郎 前所属はYSCC
b0005596_635023.jpg

昨シーズンはGKは小林ひとりだけだったんでケガの事を考えるとよくシーズン保てたなというのが実感だった。
最大の懸案だったGKが獲得できたのはうれしい話だ。
恩田がうちに入るという事をYSCCの吉野理事長にもきちんと挨拶させてもらったら、えらい喜んでくれた。

DFでは右サイドの曽根潤 前所属は向上高校
b0005596_644582.jpg

恩田が向上時代の同期を引っ張ってきてくれた。
うちのチームがスリムな選手が多いんだが、これぞ筋肉という選手だ。
足の速さと正確なクロスが目についている。

同じくDFでは松永慎司 前所属は法政大学学団連サッカー部
b0005596_653176.jpg

手薄なDFに大型のプレーヤーが入ってくれて心強い
声もよく出ているし、楽しみなプレーヤーだ。

MFでは本田文敬 前所属は法政二高
b0005596_6564699.jpg

疲れを知らないエネルギッシュなプレーが目につく。玄人好みな、まさにボランチではかけがえのないプレーヤーになるだろう。

大空昌宏 前所属はVファーレン長崎
b0005596_713716.jpg

恩田は関東1部リーグ1位、大空は九州リーグ1位のチームにいた。
昨年までの我がチームには考えられなかった事だ。
ついこの前、Vファーレン長崎を応援しに島原まで行ってきたほどだ。
大空の入部が決まったその夜、長崎の原田武男に電話を入れた。
えらい喜んでくれた。縁があるなあ!

田邊慎之助 前所属は相模原FC
b0005596_714312.jpg

向上から横浜桐蔭大でもやっていたという事で、足元がきっちりしている。
視野も広いんで楽しみだ!

FWでは仙石聡 前所属は日本大学
b0005596_717945.jpg

待望の大型FWだ。大きくても小技もうまいので相手DFがボールを奪えないうまさをもっている。今までFWにポストプレーヤーがいなかっただけに大きな戦力になる。

てなわけで、選手層がぐっと厚くなったのは事実だ。
熾烈なポジション争いが始まったが、誰が出ても遜色ないゲームができるようになった。
まさに横一線なんだが、監督はうれしい悲鳴だな。
by gsfc_aoshima | 2007-01-31 06:42 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(4)

トップチームとは

うちのトップチームは2000年に産声を上げた。
2001年に神奈川県3部に登録し、3年間の研修期間?を経て2部に昇格した。
そして2部で同じく3年間頑張って来年度からは県リーグ1部で勝負することになった。
当初は「県1部にでもなれたらいいな」という乗りだったと思う。
でも我々は違うんだな。
入れ替わりはあったにせよ、発足当初のメンバーが、いまでも頑張ってくれているし、その後も若くて活きのいい新しいメンバーが加わってくれてここまできた。

でもここまできたら更に上を目指そうとなるのは必然で、関東リーグで満足するのか、更にその上のJFLや、J2やJ1を目指したってゼンゼンおかしくないのである。
上があればそこを目指すのは「男子の本懐」だ!
アスリートだったら普通の事だ。
ただ、個人だったら、どうちゅう事もないんだがチームで目指すとなるとそれは大変な事でもある。
サポートする人だって必要だし、上に行けば行くほどカネもかかる。
関東リーグで最低300万ぐらいは必要だろう。
JFL以下は、ほとんどがアマチュアだから選手だってお金がかかる。

でもここまできたら勝負をかけるのは当たり前の事で、僕は最近、声高らかに「Jを目指してます」と会う人ごとに言っている。
人からなに言われようとどうちゅう事はない。
悲しいかな、そういう環境にいない人ほどああでもないこうでもないという。
「そんなの無理だ!」
「カネあるのかよ」

僕は内心思っている。
カネは、ぼくのふところにはたまたまないだけで、くれてやりたいけど使い道がないという人はゴマンといるんだから心配はしていない。

だけんど上のレベルを知っているひとほど「頑張れ!」といってくれるから不思議だよな!
昨年秋に鬼武チェアマンと会った時に「今こんな活動をしていて、20年かけてJリーグを目指してます」といったら、とっても喜んでくれた。
「死んでも頑張れ!」といってくれた。
そんなもんだ。

突然チームを作って「Jリーグに行く」と言っているのではない
下部組織も将来作りますと言ってチームが出来たわけでもない。
そんなアホじゃあない!
世の中にはそういうのも多いがよ。
底の底のジュニアから発足してきてJr.ユースが出来て下部組織がきちっと出来てのトップチームなんだから「自然の成り行き」なんである。

そういう意味ではサポーターの数は相当多いと言ってもいいだろう。
昨年の入れ替え戦ではカナガワクラブとうちとの死闘があったわけだが、双方とも下部組織の応援があったわけで500人ほどの応援合戦ができたほどだ。
県レベルではあり得ない光景だったと思う。

こどもたちが応援出来るチームを持ってるなんて素晴らしい事じゃあないかい!
そして、こどもたちがトップチームを目指してくれたらとってもうれしいことなんだな。
今は、うちの子ども達もFマリノスや横浜FCの応援をしている子も多い。
それはそれでけっこうなこんだ。
レベルの高いゲームを見る事でうまくもなるし、サッカーを好きになる要因だ。
だけんど、それが自分のチームの応援が出来たらもっと素晴らしい事だと思う。
早く、そういうことが日常になったらどんなにいいか!

トップの選手たちも、好きなサッカーを自分だけ楽しめたらいいんだということではなくなってきているんだな。
選手にはそういう自覚も必要になってくるわけだ。
子ども達のためにもがんばってほしい!
by gsfc_aoshima | 2007-01-30 06:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

キッズ大盛り上がりだ!

しばらくお休みしていたキッズを正月開けより復活させた。
昨シーズンまでは人数も沢山居たんだが、なぜか募集に反応がなく、使っている小学校のグランドも耐震補強やらなんやらで使えなくなったせいもあり、活動を停止していた。
このままいくと廃止ということもあり得ると思っていたが、いろんな人のご尽力で、子ども達が集まってくれた。
とってもうれしい事だと思っている。
b0005596_5455349.jpg
b0005596_546101.jpg

そしてこんどの土曜日は日産スタジアムで一日大会がある。
そう、キッズの大会があのワールドカップの決勝の行われた新横浜の日産スタジアムでだぞ。

グランド見学じゃあないだいね!
まさにグランドに出てボールを蹴ってゲームをするだいね!
正式な県協会主催の公式大会だいね!
キッズの子ども達だって、将来Jリーガーにでもならん限り、もう2度とピッチに立つ事もないかもしれんだいね!
一生に一回の晴れの舞台かもしれんだいね!

楽しんでほしいな。
そしてわすれないでほしいな。
ひとりでも多くのこどもたちがサッカーを好きになってくれたらいい!
by gsfc_aoshima | 2007-01-29 05:52 | キッズ | Trackback | Comments(0)

粘土の威力に驚く

昨日、午前中は慶応日吉のグランドにて、シニアチームWKユナイテッドの試合がある。
相手は湘南ペガサスと、中学生チーム横浜GSFCの3チームでの総当たりだ。
中学生チームはもちろん僕の所属しているチームなわけで、年寄りのために練習相手になってもらったわけだ。

グランド良し!
天候良し!
もはや、1年で一番寒い時期なのになんたるこの暖かさ!!!!
暖冬だという前に、このままいくと、遠い将来、日本は熱帯化するかもな。
今世紀中にはけっこう南極やら北極の氷が溶け出して、冗談ではなく日本は沈んじゃうかも!

湘南ペガサスにはなんとか勝っても、中学生にはちんちんに回され、遊ばれた。
それもちょっと前まで小学生だった中1にも!
情けないもんがある。
僕もいくら自分のチームの子であっても、これほどまでにすこんすこんやられるとは!
からだが重くて走れないのである。

でもちょっぴりうれしかったぞ。
皆さんから、「直助のこどもたち、なかなかいいよな!」とお褒めの言葉をいただいた。

試合の前に、恒例の粘土塗りたくる。
もちろん試合中の肉離れを心配しての塗りたくり!
とりあえず、なんともなかったが、その後がたいへんだった。

午後からは、遅ればせながら仕事に出る。
体中が痛くなってきたが、なんとかやりこなす。
ところが、夜になったら、いよいよもってからだが悲鳴をあげだした。
からだが石のように固まってしまったような感じである。

「こうなりゃあ、粘土またしても塗るか!」ということで寝る前に塗ったんだが、今朝はなかなか調子いいではないか!
そりゃあ、多少の痛みはあるが、そうとう筋肉痛が和らいでいるのがわかる。
恐るべき粘土の威力だ。

Vファーレン長崎の武男くんは今シーズンも現役続行だそうで、36歳なんだが頑張ってくれている。
粘土を送ってやろう!
b0005596_7275067.jpg
b0005596_728617.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-01-28 07:04 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

ワールドカップの壁紙

2006ドイツワールドカップのゲームはレコーダーに保存してあるが、もはや録画の領域いっぱいになっちまんたもんでしてDVDに落とし込む事にし、最近暇があればその作業を行っております。
そのDVDは印刷可能だったんで、なにかいい写真はないかいなと思ったら、とっても素晴らしい壁紙あったんでご紹介!
僕的には大変気に入っております。

ヤフーの2006ワールドカップオフィシャルサイトだというこんです。
もっと前からしってれば今頃、こんなことしなくてもいいんですがね。
あんまりにもいい写真なんでここでもご披露しちゃいます。
壁紙なんでいいと思いますがね。
b0005596_2331556.jpg
b0005596_23335271.jpg
b0005596_2334928.jpg
b0005596_23342520.jpg
b0005596_23344293.jpg
b0005596_23345943.jpg
b0005596_23352247.jpg
b0005596_2336949.jpg
b0005596_23363080.jpg

まだまだ載せたい写真やらはいっぱいあるんですが、上のリンクから行けますし、試合記録ももバッチシなんでいいファイルが出来る事請け合いですね。
しつこいかもしれませんがこんなのもありました。
b0005596_23503736.jpg
b0005596_23513317.jpg
b0005596_23515356.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-01-27 23:33 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

朝の作業

朝起きて最初の作業はお湯を沸かす事。
コーヒーを飲む。
4時半だから世間は真っ暗だ。
遅くとも5時半には起きている。
カラスの鳴き声ひとつしない。
静かだ。落ち着く。早起きは3文の特とはよくいったもんだ。

嗅覚障害を起こしてからだいぶ味覚もあかんくなっているのでサイホンでなくてもよい。
インスタントでも変わりがないからだ。上質の香りも要らんというかニオイもないので、無名のインスタントコーヒーで構わない。
もちろん、ここまでの作業時間は2分もあれば温かいコーヒーにありつく。
なにげに茶色い色さえついてれば、コーヒーと思ってしまうわけで、ココアを飲まされてもどっちがどっちだかわかりません。

洋服は着替えないのかって?
もちろん。
昨日着ていた洋服そのままにコタツで寝ているので着替える必要もないんで雑作もないことだ。
パジャマなんぞはこの1年着た事がない。
敷き布団の上で寝るのは実家に帰った時だけで自宅ではこたつがふとんなんだな。
11月からは一度も布団で寝ていんぞ!
もちろんこたつは電熱器にスイッチは入っていない。
ホットカーペットを敷いてあるので、それの電気を「弱」で寝ている。
今年は暖冬だから、その弱さえ要らない時も多い。
自分の体温がホットカーペットの代用になるわけだ。

敷き布団がないと背中が痛くならないのかって?
かって腰を痛めてからやわらかい敷き布団は使えない。
薄くて固いのがよいのである。
コンクリートでもどうちゅうことはない。冬はだめだがよ!

よく風邪をひかないかって?
よくジーパンのまま寝れるかって?
よく着替えもせんで熟睡出来るかって?

そして毎日、おどろくほどの移動時間。
じじいにしてはメチャンコ働いて、休みの日にはサッカー三昧!
「よくからだが持ちますねえ!」とか
「朝も4時半には起きているんですよねえ!」とか
「おそろしいほどのタフさですよねえ!」とか
「どういうからだの構造しているだかいねえ!」とかいろいろ言われている。

その秘訣を教えましょう。
「そりゃあ簡単なことです。第1に馴れです。慣れともいいます。
それから、ストレスを溜めない事。いいかえればなにも考えない事ですね。
人の意見に左右されず、自分の思った道をまっしぐらで行けばいい!」
それだけですね。

そしてある人から貴重なお言葉をいただいた。
「直助さん、それはあんたが家庭内ホームレスだからだよ。
屋根があって、コタツがあるんだからまあ、セレブなホームレスともいうな!」
返すお言葉ございませんでした。

そして、ひととき、味のしないコーヒーをのんでからパソコンを開けるのです。
その後の事については長くなるんで明日にいたします。
by gsfc_aoshima | 2007-01-26 06:58 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

昨日はそんなわけで東海に乗り、三島で下車し、一仕事。
その後は、静岡から藤枝までクルマでぐるぐる回り、帰りは新幹線になる。
快適さはやっぱり「東海」に叶わないと思う。
目線が低いし、ゆったりなんでストレスがたまらないのである。
停車時間が20秒ぐらいというのがとってもいい。
なくなってしまうなんてほんと残念だな。
JRが2社でまたがっているんで、なかなか難しいのかな。
古き良きものはどんどんなくなっていく。
若いうちはなんでもはやくはやくと気がはやっていたが、歳とってくるとどうも時間がゆったり流れていく方が良くなるのかなあ。

清水のガソリンスタンドに入ったら、報知新聞があったんで流し読む。
そしたら、大熊日本代表コーチが清水入りして矢島を絶賛という記事がある。
矢島日本代表入か!
ええやないかい!
遅いぐらいだぞ!
大熊さんが目をつけたというわけでもなく、あんなもん玄人が1回でも矢島を観たら、魅了されるのである。
その潜在能力と云うか、その豪快さかつ柔軟でスピードがあって高さもあり〜〜〜〜ぃの強さもある。
大学2年ぐらいまで、ほんとの無名というのもいい。
すり切れていないのである。
「サッカーやり過ぎ症候群」がないのもいい。

誉め過ぎかもしれんが、いままで「釜本二世」とよばれた大型選手は沢山いた。
だけんど、だれも釜本さんを越えられなかったし、横にも、そのすぐ後さえもつけなかったような気がする。
釜本さんのうしろ30メートルぐらいまでたどりつけたのは碓井ぐらいだろうか。
現日本代表の巻だと100メートルぐらいうしろかなあ。
グランドの外に出ちまうのである。
なんとか、矢島には釜本さんの影を踏むぐらいの近さまで頑張ってほしい!
そして、たいじんの風格を備えたプレーヤーというのも魅力のひとつかもしれない。
釜本さんによく似ているのである。

結果を残すというのがとっても大事なんだが、矢島を1回でも観たらその気になっちまう。
もちろんオシムもそのへんはわかっているわけで、いよいよ今シーズン、2年目を迎えた矢島が大ブレークしそうな気がするのである。
満を持してのシーズン突入で夏過ぎたころにはフル代表に呼ばれないといかん!
本人もそのあたりの自覚を持ってシーズンにのぞんでほしいな。
持って生まれた素晴らしい能力に努力の文字を付け加えて頑張ってほしい。
ほんと楽しみだな!
by gsfc_aoshima | 2007-01-25 06:19 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

特急東海が廃止とは

3月18日のJRのダイヤ改正で、唯一の新幹線と並行する東海道線の昼間の特急「東海」が廃止になると云う話を、仕事仲間高田さんから聞く。
高田さんは根っからの鉄道マニアで、まあ、鉄道の情報は詳しい。
間違いない話だとは思ったが一応調べた。

ほんとの話だった。悲しい話じゃないかよ!
JR東海が自分の冠のついた列車を廃止していいのかよ!
自己否定しているようなもんだぞ!
東海という名前はそんなに軽いもんかよ!

新幹線はそりゃあビジネスマンには早くて近い素晴らしい乗り物かもしれん。
だけんど、「東海」の良さはPR不足でみんなが知らないだけだと思うよ。
「ひかり」や「のぞみ」に乗れる人はいい。
僕みたいに「こだま』一辺倒の人には新幹線は苦痛そのものだ。
不便!、遅い!、単線の待ち合わせじゃああるまいに、なんでまた各駅で2本も抜かれてしまうんかい!
特急料金は変わらんはずなのに、このサービスの悪さ、乗り心地の悪さは勘弁してほしい。
5分も停車するなよな!

その点、静岡までしか行かないが、「東海」ののんびりさと、列車の心地よいやさしい振動は気持を和ませる。
アナログの良さといえるかもな!
検札だってあんまり来ないから、だいぶいいかげんだし、それはそれでサービスだと思えばみんなが喜ぶ。
もちろん僕はフルで料金払っていますがね!

馬はいいのに、それをのりこなす騎手がだめな競馬みたいなもんだな。
もう少し、いろんなことを考えたりすれば乗客だって増えるだろうし、認知度も違ってくるはずだ。
500円上乗せするだけで乗る事の出来る列車はそうはざらにないのである。
各駅停車のグリーン車よりも安く早く乗れる列車なんだぜ。
一度乗ったらやめられない良さをPR不足で桜肉にするなって!

今朝もこの東海に大船から乗って三島まで行く。
スケジュール的には、帰りはギリギリ静岡発の東海にのれたらいいと思っている。
たしかPM5:25の静岡発で7:00には大船に着く。
東戸塚あたりから新横浜まで行くのって、けっこう時間がかかるもんなんですよ!

東海からながめる富士山はほんとにきれいに見える。カメラ持参だぞ!
by gsfc_aoshima | 2007-01-24 05:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

ホームページの更新

昨年4月、チームのホームページを新しくした。
だけんど、更新やらは僕らがするわけで、それがなかなか出来ないのである。
作ってもらったはいいが、その後の運用の仕方がゼンゼンわからず、この1年間ほとんど更新出来ない状態でいた。
直助のブログの更新とはだいぶ違う。

昨年、トップが1部に昇格し、新しい選手達も入ってきた。
このまま、いいかげんなホームページではいけないと思い、このところ、わからないままではあるが、なんとかパソコンがちゃがちゃやって、トップチームに関してはホームページの多少の更新が出来た。

とはいえ、いまのホームページはどうも中途半端だ。
このホームページの管理者とも話し合い、新たな、もっとわかりやすくて、格調の高いホームページに変えようと昨日合意!
きちんとした構成でもって、「小さな倶楽部でもがんばってるじゃん!」とか、「スポンサーになってやってもいいな!」とか、魅力的な情報発信基地にしたいと思っているわけで、もうやるしかないな。
有言実行をきちんとしないとな。

この3月までにやる事は
新しいホームページの開設
20周年記念誌のお手伝い
20周年記念事業の促進
スポンサーの確保
選手の補強

なにせ、ない智恵絞って考えるのもけっこうしんどいものがある。
だけんど一旦口に出したもんは最低しないと、いけないと、思っているわけで、とりあえず忘れんためにも書き出した。
20周年の責任者でもある引地さんには迷惑かけてるしな!

まあ、他にもいろいろあるわけで、なかなか現場でボールを蹴る事もままならない日々が続く。
by gsfc_aoshima | 2007-01-23 07:06 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

日曜日は朝8時にはみなとみらいのサッカーパークに着いていた。
二日続けてのJr.ユースの練習試合に付き合う。
雪まじりの寒い土曜日に負けじの寒さだ。
b0005596_6274522.jpg

見るからに寒々しいな。
b0005596_628254.jpg

マリノスタウンでのシーズンがこの日から始まったようで、大勢のサポーターも駆けつけていたが、なぜか注目度は横浜FCのほうがあるような気がするんだが。
どうも、昨今のマリノスの動きは中途半端なような気もしてならない。
ケチつけて申し訳ないが東戸塚の練習場の方が雰囲気があるよな。

試合の途中で、トップチームの練習ゲームを観に、こちらも日産新子安のクレーのグランドに移動する。
ここは日産サッカー部の発祥の地みたいなもんで、いまでも400メートルの陸上グランドと人工芝のサッカーグランドもある。
ゆくゆくはここからもマリノスタウンに移動するようで、なくなってしまうみたいだな。
ちょっと寂しい気もする。

東京都1部リーグの『東京23サッカークラブ』との練習マッチだ。
昨年は1部14チームで9位に入ったチーム佐川急便のサテライトのチームとの事。
やっとこさ2部から1部に上がったうちにとっては格上の相手だが、気持だけは負けないようにしないとな。
b0005596_6391748.jpg

35分を3本行い、4−0でとりあえず勝利した。
うちはシーズン終るのが遅かったので、コンディション的に分があったのが点差に表れただけで、あいかわらず相手ゴール前でのイージーミスが直らない。
キビしいところをついてくるうまさは相手のほうが格段上だったと思う。
まだまだ修正していかないと1部で戦うにはけっこうしんどいかもな!
ただ、新入団の選手達も集まってくれて、競争意識が更に上がったのもいい雰囲気をつくっているんだと思う。
まあ、ちょっと楽しみになってきたな。
フットサルコートでもいいいからGSタウンが出来たらいいなとも思いました。ジャンジャン!!
by gsfc_aoshima | 2007-01-22 06:45 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)