<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

国見高校にも行ってきた

国見高校までは多比良町駅からは徒歩10分ぐらいだ。
途中にはお寺の幼稚園があるぐらいで、あとは民家だけである。
b0005596_4263144.jpg
b0005596_4264828.jpg

とにかく、土日ということもあり、人も歩いていない。
スナック「ほほえみ」のママによると、土地の値段は、国見高校までで50000円/坪、その奥になると、もはや20000円/坪ぐらいになっちまうそうで、売買の商いもほとんどないそうだ。
100坪で200万円かよ。
そういえば、武男くんも、国見高校の近くに、そこそこの4LDKの戸建てを借りているらしいが6万円だそうだ。
なんでも、これは急いで借りたんで相場より、だいぶ高いらしい。
横浜の感覚で云えば17、8万円はしょうがないかなという建物の規模だぞ。

土地が安いという事は、すべての商いが安くなる云う事につながるだいね。
住居費がめちゃ安で、野菜、果物がただとくりゃあ、生活しやすいよな。
コンビニもないというのを除けばだがよ。
TSUTAYAが近くにないのも困るな。
まあ、サッカー少年にとっては雑念もなくサッカーに打ち込めるよな。

b0005596_3572913.jpg
b0005596_3574863.jpg
b0005596_358358.jpg

高校生達が雨の中、ゲームをしていた。
国見高校と、福岡から来ていた博多高校のゲームだったが前半だけ見た。
けっこう博多ががんばっていたな。
博多は選手権にはでないんで新チームだろうが、国見は三年生も出ている感じはしたがちょっと全体的に迫力がないような気がした。
左サイドはスピードがあるちっこいのが二人いたがよ。

とはいえ、あくまでも練習試合なんで、本ちゃんではそこそこのチームになってくのだろうな。
とにかく、失礼な言い方かもしれんけんど、こんなど田舎で、日本を代表する名選手がどかどか出てくる事に、素直に感動した。
そういう選手を作り上げた小嶺先生にもあたまが下がる。
現役サッカー部員の挨拶もいいし、坊主頭ですがすがしいな。
国見から、早稲田にけっこう入ってくるが、人間的にまじめで、すがすがしい学生ばかりだ。
これも、小嶺先生の教育の現れだ思っていたが、この地に来て、さらにそれを実感した。

町というか、村落と云うか、集落と云うか、とにかく国見高校の生徒達を支えている。
そういえば、夜、飲みに行った、2000円の居酒屋に、徳永のユニホームが掛けてあったな。
篠ひろ子似のママさんが「悠平はいい子だった」て云っていたよな。
これは、武男くんからもらった、国見のおみやげだ。
シールは国見高校のユニホームをデザインしてなかなかだし、どら焼きもうまかっただに!
b0005596_4303550.jpg
b0005596_4305286.jpg

又行きたいなあ!
民家の飲み屋はどうなっているか、恐いもの見たさで見てみたい。
狐や狸の飲み屋ではないと思うがよ!
武男くんがいるのもあるけんど、オラはちょっとこのど田舎に、はまりそうだ。
by gsfc_aoshima | 2006-11-30 04:22 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

国見の町は国見高校しかないというわけでもないが

もし、国見にサッカーがなかったら、
もし、小嶺先生が赴任していなかったなら、どうなっていたか。

先週、オラが国見に行かなかっただけの事である。

町といっても、商店街やらがあるわけでもない。
なんにもねぇ!!!!!!!!!!
いろいろ、歩き回ったがコンビニがなかった。
いろんな町が合併して、雲仙市と最近なったらしいがよ。
とにかくコンビニすらない。

まず、国見の最寄り駅は島原鉄道の多比良町駅。
電車はもちろん1両だ。
このタクシーは一日中停まっていた。
1時間に1本しか電車が来ない。
b0005596_632496.jpg

そして、駅からの案内看板
b0005596_6325920.jpg

駅から国見高校に続く家並みにあった「籠盛り屋」
お葬式があるらしく、缶詰いっぱいでにぎやかしいぞ
b0005596_635976.jpg

そして、1000円スナックの「ほほえみ」だ。
ママのなまりもひどかったなあ。
でもいいひとだよな。
みかん農家のおやっさんが焼酎飲んでいた。
その後来た漁師のおやっさんは
、自分で作った魚の佃をおみやげで持ってきていた。
見るからに、いい人達ばかりだぞ。
カビ人いや旅人のオラも崎陽軒のシュウマイぐらい持ってくればよかったかもな。
b0005596_6362071.jpg

どうもこのあたりの人達は野菜やら魚やらの食べ物は買うのではなく、もらうもんだと思っているというのが、今回の最大の収穫と云うか驚きだった。
そういえば、武男くんのかみさんも、野菜は買った事がないと云っていた。
玄関にいつも野菜がおいてあるらしい。
サンタがいっぱいいるということか?
モンペのサンタがよ!

そういえば、島原駅の近くの八百屋も安くてびっくらこいた。
だいたいどれでもやさい10円とはどういうことだに!
ダイコン10円、ほうれんそう1パック10円、カブ10円、ピーマン1個10円、ニンジン1パック10円etc
ダイコン10本買っても100円だに!
腕が抜けるぞ!
20本お歳暮で送っても200円で済むぞ。
ダイコン20本もらっても食べきれんもんな

そして、町で1軒ある旅館の観月荘
若女将も小嶺先生の教え子だと行ってたよな
b0005596_652439.jpg

この日の泊まりは、オラと、ご婦人2人の計三人だった。
国見高校に遠征にくるチームはここしか泊るとこはない。
みんなが知り合いみたいなとこであるからして、話がすぐ通るのが田舎のよさかもな。

それから、島原鉄道と平行して島原、諫早線の道路が通っているが、すぐ有明湾でその向こうは熊本県がうっすら見える。
b0005596_7184544.jpg

諫早出るのに大体40分、熊本へ国見からフェリーで30分で、原田家は熊本までよくいくそうだ。
なんにもない国見にいると、時々あたまがおかしくなるとシナちゃんは云っていた。
あるのは、ひとびとのやさしさと、国見のサッカーということか。

それから、島原での日曜日のゲームに行く時、島原鉄道を利用したが、乗車したのはオラを含めてふたりだった。
そんときの証拠写真がこれだ。
b0005596_7332959.jpg

by gsfc_aoshima | 2006-11-29 07:21 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

はやくも仕事でブイブイ

やっぱり、遠くにいくのはいいもんだ。
休みのあとの仕事ってしんどい?
と、とんでもない!
週末、サッカーがらみで、泊りで、飛行機のって、1両電車にのって、2試合もゲームを見て、夜は夜で、あやしげなスナックを探して、これほどの充実があろうか!
居酒屋お勘定2000円で、次に入ったスナックなんぞは1000円だぞ!

三軒目のスナックなんぞは看板は出ているけんど、普通のうちの玄関を「ガラリ!」だぞ。
ふつうのうちで、どこで飲ませるというのか。
居間かよ、台所かよ。
応対の妙麗な女性、いや違う、妙霊な女性を見て、「失礼しました」といって後ずさりして、出てきたがよ。
いっぺんに酔いがさめて旅館に逃げ帰ってふとんをかぶった。

だけんど、居酒屋の女将なんぞはほんときれいだったぞ。
篠ひろ子を想像してみてくれ................................。
昼間は野菜つくってるそうだが。
孫抱いてたがよ。
もちろん、客はカビ人のおらだけで、いや、旅人のオラだけで、女将としっぽりしそうだったかって?
そりゃあ、なかった。
孫がオラのことじっと見てたでよ。

スナック菓子を買ったんじゃあないだよ。
スナックに入って飲んでだよ。
立ち飲みじゃあ、ないだよ。
ママだっているずら
けっして若いとは言わんがよ。
一応ママだよ。
1000円とは泣けてこないかい
チップ1000円出そうと思ったぐらいの感動はあったが、とりあえず
「また来るでよ!」といって出てきた。
旅人だからよ。
お店の名前を教えろ?
国見のスナック「ほほえみ」だよ
この、国見での夜については、また書くつもりだ。

そして、携帯に入ってくる電話の中身は「1部に上がれました」だぜ。
もう、涙、ちょちょ切れンばかりだぞ。
とにかく2日間でいろんなことがありすぎた。

きのうから仕事バリバリ、きりかえきちんと出来ている。
朝だって、めちゃんこ早く起きれるし、からだも軽い。
ストレスが全くないというこんは、明らかに、からだにいい。
まあ、ストレスがない仕事というよりも、ストレスをストレスと感じず、
ストレスをプレジャーに変えてしまうような酵素をオラが持っていると云うか、はたまた鈍感といおうか、まあ乗りがいいというこんかな。
人に云わせると、こういうのを「しあわせもん、恵比寿様、大黒様、C調、単細胞、植木等」etc
ええやないかい!
かつては、クレージーキャッツの門を叩いたぐらいだでよ。
なに云われても、オーケーだに!
逆にこのぐらいで決めつけてくれると、うれしくて喜んじゃうからよ。

今日もこれから、東海に乗って静岡から藤枝にはいり、浜松まで。
うれしいじゃなあいかい。
あれこれ、サッカーの事考えながら、飛んでゆく風景を眺めるのもこれまた楽しいわけでしてね! ジャンジャン!
by gsfc_aoshima | 2006-11-28 06:09 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

2006.11.26は忘れない

オラが島原に行っている間にいろんなことがあった。
巷では、浦和が引き分けでまだ決まらない。
J2では横浜FCが優勝が決まりJ1昇格が決まった。

それもそうなんだが、もっとすごいことがある。
オラんチームのトップでもあるコブラがきのうのVS明治生田FOX戦で勝利し、県社会人2部リーグで最終節を残して、ブロック1位が確定した。
ていうことは、最後の順位決定戦もあるが、一応、2位以内というこんで、めでたく悲願の1部昇格が決まったという事だ。

おらにとっては、もっとすごいこんだな。

昨年の入れ替え戦に敗れて、また新たな、長い1年が始まり、初戦ではやくも星を落とし、オラはでっけぇカミナリを落とした。
あたりまえに勝たにゃあいかん相手だからだ。
「ふざけんなぁ。お前ら! なんだこんゲームはよ!
命かけてやってみろよ....................................................................ッ!」

その後は9連勝をやってくれた。
江原代表以下、森顧問、笠原監督、西岡コーチ、小田村コーチ、岩崎コーチ、そしてもちろん選手諸君、それからいつも応援にきてくれる恋人達やファミリーのみなさん。
この恋人達がまた、けなげでかわいくて美人ぞろいなんだよな。
荒くれな選手にはもったいないずらよ。
支援してくれたスポンサーのみなさん。
みんなの願いが事実として、結果に現れた。

Vファーレン長崎でもおんなじ事云ってたが、オラ達がお先に
「ぜったい勝つ」

みんなありがとう!

更なる目標も出来たし、ほんとは、立ち止まるこたぁ出来んけんど、
まあ今週いっぱいぐらいはみんなで喜び噛みしめてもいいよな。
飲もうじゃないのよ!
そして、大いに語ろうよ。
サッカーを通して、オイラ達の生きざまをよ!
by gsfc_aoshima | 2006-11-27 06:00 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

島原は遠い

島原はほんと遠かった。
普賢岳はすごかった。
国見はほとんど村落といっていい。

全国地域リーグ決勝大会第1ラウンドでVファーレン長崎は2勝して、来週の2次ラウンドに進む。
いよいよJFLが見えてきた。 


武男くんのゴールも13年ぶりに見れた。
大学選手権の決勝以来かもな。

行ってきて良かった。
明日からまた、頑張れる!
ブイブイ云わせるぞ=============!
by gsfc_aoshima | 2006-11-26 23:22 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

島原に行ってくる

だいぶマニアックだといわれようともどうちゅうこともない!
Vファーレン長崎の試合を観てくる。
第30回全国地域リーグ決勝大会を観に行くわけでしてね。


だいぶ遠くて、バスで長崎市内まで出て、そのあとは応援バスとやらが出ているんでこれに乗って島原まで行く。
サポーターもいっぱい乗ってくるだろうから、気勢も上がるから楽しそうだいね。

泊るとこは決めてないけんど、なんとかなるだろう。
国見に泊って、明日の朝は国見高校の練習やってたら見に行こうかな。
国見に行っただけでも、語れるな!
国見の町の居酒屋にはいってみたいな。
サッカー好きな店主がいるかもな。
いばっていそうだけんど、横浜からサッカーの勉強に来たと云ったら、おいしいもんサービスしてくれるかな。
サービスしてくれんでも、おいしいもん食わせてくれりゃあいいな!
楽しそうだな。
雨さえ降らねばいい旅になるだろうな。
武男くんとこの陽飛君にもお土産買ったでよ!
by gsfc_aoshima | 2006-11-25 04:18 | Trackback | Comments(0)

大津のGKコーチ

スポーツ評論家と云われる人はまあ、いっぱいいるわけで、へたすると、国民のうち、5人に1人ぐらいはそうかもしれん。
野球を語らせたら、朝までという人や、おれに比べたら、落合や、原はまだまだ若いというおっさんだっていっぱいいる。
だけんど、いろんなスポーツにバランスを持ってしゃべったり出来る人はほんと少ない。

二宮清純さんというスポーツ評論家がいる。
語り口も爽やかだし、鋭いんだが、刺々しくもなく、バランスがとれていると思う。
まあ、ファンと云ってもよい。

その二宮さんのホームページはよくのぞくんだが、その中に、二宮さんは書いてはいないけんど、興味ある記事があったのでご紹介したい。
三浦ヒサオさんていう方が書いてある記事で澤村さんという日本のGKコーチの事であった。
早稲田に時久というGKがいる。
4年生でヴァンホーレ甲府に決まっているプレーヤーのことも書いてあったんで興味がひいた事もある。
今年は、関東リーグではピリッとしない不安定な時期もあるんだが、昨年度はユニバーシアードでそうとう頑張ったというのも聞いていた。

その時久が卒業したのが熊本大津高校で、その時のGKコーチが澤村さんというこんだな。
大津からはいいGKが出ているのは少しは知っていたんだが、この澤村さんを慕って全国から選手が集まったらしい。

それから、澤村さんで検索したら、2年前の高校選手権の記事の中で、上野アナのサッカー観戦記なるものもあったのでご紹介だ。

レッズのユースのGKコーチに転出し、ユース年代の日本代表のGKコーチもしたんだが、今はちょっとサッカーの現場から離れているとの事なんだが、今後ちょっと注目していきたいな。

世の中知らんとこで、いろんな方が頑張っている。
オラもどっちかというと評論と云うか、妄想と云うか、まあ情けない限りなんだが、もうすこしまじめにボールを蹴らんといかんな。
by gsfc_aoshima | 2006-11-24 06:31 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

矢島のご両親と大いに食べた

GSカップが終ったその足で、新横浜に行く。
FマリノスVSエスパルスの試合を見終えた同期の工藤とその孫及び、矢島選手のご両親と会うためだ。

ホテルのチェックアウトを終えたご夫妻がオラんクルマに乗る。
「工藤と同期の直助です。きょうの矢島くんは良かったですね。」
「実は直助さんのことはブログで知ってました。
エェ〜〜〜〜ツ!まじっすか!」
「お会いするのが楽しみでした!ブログも毎朝、仕事の前に見てますよ」
こんなの見なくていいから、仕事せんと首でっせ。

とはいえ、まあ、うれしいだいね!
ブログをお読みになっているからか、いろんなことをしっていらっしゃるんで、初めてとは思えんほど、はなしがはずむだいね!

もちろん、李園にお連れする。
蒸し鶏ー大、イカの1夜干しネギ和え炒め、水餃子2、油淋鶏ー大、牡蠣からし炒め、あさり青菜炒め、トマトタンメン2、パイコーチャーハン
その他にもオーダーしたかもしれんけんど、出てこない。

奥様から「李園に来るのが楽しみでした。うれしいです!」
オラもうれしいだに!
オラは運転手だし、大人三人は下戸で、ひたすら食べる。
料理はどんどん出るし、のんびり話も出来んぐらい、食べちまった。
そして、おらが勝手に頼んだのに、会計は矢島さんだ。
まさに本末転倒ずら。
大変申し訳ありませんでした。

途中、早稲田の大榎監督から、矢島さんに息子のケガの連絡はいる。
「全治三週間!」との事。
ひどくなくて良かったな。
お母さんも、相当心配だと思うけんど、まあ、ひざで三週間なら軽いと思いますよ。

李園のカウンターにエスパルスのタオルを持った4人組がいたんで尋ねた。
「マリノス戦を見に清水から来たんですか?」
「そうですけど。おたくマリノスのサポーター?」
「いいや、違いますけんど、こちら矢島のご両親!」
「ええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ツ!     
矢島のゴリョウシン????」
ソレカラハ、狭い李園の中は阿鼻叫喚、
「写メール写メール!!!!!握手お願いします」
サインしてくださいと云わんばかりだった。ーおとうさんにサインもらってどうするだに!

それから、清水から李園に来るなんて、相当な通だな。

ご両親もこん場面では「息子を宜しくお願いします」とご丁寧にご挨拶
サポーターたち「ヲォ~~~~~~~~!!!!」
ほかに言葉が出ないのかい!
「まかせてくださいよ!」ぐらい言ったらどうだら

とりあえず、おなかも満腹になったんで、ホテルへの道すがら、横浜の観光案内もさしてもらった。
ケガで退場にはなったけんど、息子の豪快なシュートを見れて、尚かつ、トマトタンメンも食べれて、ご両親も大満足という事で締めくくれたかな。

あとは、矢島が来シーズン、日本代表になるのをオラ達は待つのみずら!
by gsfc_aoshima | 2006-11-23 07:49 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

GSカップ開催

11月18日(土)はジュニアのGSカップが境木中学第2グランドで行われた。
心配されていた天候にも恵まれて、無事終える事が出来た。
今年度は、藤塚、ゼブラ、六ッ川さんの3チームをご招待した。
毎年、うちのJr.ユースに子ども達を送り込んでくれている。
ありがたいこんである。

優勝とか準優勝とかでカップ戦とはいえ、カップ、トロフィーの類いは出さない。
だいそれたもんでもないんで、毎年ボールを渡したりしている。
今年度は子ども達の練習ユニホームだった。
お母さん達のお手伝いで、豚汁も各チームに食べていただいている。
感謝だな!

目立った選手がいた。
六ッ川の4番の子なんだが、レフティで、切れがよく、キックのふりもしなやかで、小学生年代としてはなかなかだ。
あんまり、手が加えられていないのもいいなと思う。
ひさしぶりに楽しみな選手をみた。
うちのJr.ユースに来ないかな!
b0005596_6344176.jpg
b0005596_6352685.jpg
b0005596_6361112.jpg
b0005596_6363012.jpg

by gsfc_aoshima | 2006-11-22 06:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

矢島の右足

先週の土曜日はエスパルスとFマリノスのゲームが日産スタジアムであった。
この日はうちのジュニアのGSカップが行われていたんで、直接グランドに足を運ぶ事は出来なかったが、カップの試合の合間に家に戻り、TV観戦をした。

矢島は先発出場し、前半、35分に松田と接触。
左足のヒザ、内側がグニュッとしたのがわかる。
解説の金田さんも云う通り、ちょいとやばいぞ。
それでもなんとかゲームに復帰する。
ちょいと大丈夫かい!
その矢先の39分
藤本が中に割ってきて矢島は中央から右に流れた時、藤本からパスが矢島の流れた先に出る。
あとは「ドカンと1発やってみよお〜〜〜〜ぜ!矢島のゴールが見てみたい」だった。
まさにこれがセンターフォワードのゴールと云わんばかりの豪快なシュートだった。
釜本ばりのシュートというのはこういうのをいうんだな。
左足の立ち足がブラブラな状態で、あの右足の振り抜きはメチャンコすごいぞ!

やはり、ケガが思いのほかひどかったのか、前半で退場したのが至極残念であったがよ!
もはや、今シーズンは終ったかもしれんけんど、来シーズンはゴールラッシュを期待したい。
釜本二世といわれた数多くのプレーヤーで釜本さんに肩を並べる大型CFは未だ出現していないが、唯一、この矢島が風格といい、体つきといい、釜本さんを彷彿させるのである。
インステップを振り抜くことが出来ないプレーヤーが多い中で、この矢島は釜本さんに似ているのである。
オラん目は、まじ確かなんで頑張ってほしいだに!

またこの試合で大活躍したのは同じ、新鋭の藤本だったが、横浜出身だ。
藤本と、この試合のマリノスのゴールマウスを守った榎本哲也が小学校6年生の時、オラは横浜選抜のヘッドコーチだった。
まあ、ち〜〜〜〜〜っとうれしいかな。
藤本も今の日本にはあまりいない本格的なレフティだと思う。
スピードで多少難はあるがよ、是非とも日本代表を目指してほしいな。

エスパルスの来シーズンはほんと楽しみでもあるし、多少、層は薄いが、いよいよ悲願のJ優勝も夢でなくなってきたのかな。ジャンジャン!
by gsfc_aoshima | 2006-11-21 05:23 | ワセダ | Trackback | Comments(0)