<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

社会人は新たな始動

神奈川県社会人大会がもう始まった。大会日程からいくと、コブラは3月12日の2回戦から2006年のシーズンがいよいよ始まる。
この大会は、いうなれば、県のカップ戦だな。
下位のリーグのチームが上位チームを食っていける唯一の大会だ。

シーズン当初という事と、天候の厳しさなども相まって、コンディションの調整や高いモチベーションを確保できるのも難しく、今年も、「エエッ!」という試合結果がすでにおこっている。

1月に入れ替え戦で敗退したコブラだが、新規の加入選手もあったり、その後の、練習試合の内容もまあまだし、選手諸君の意識も高いようなのでうれしい限りである。
天候不順でなかなか思うようにいかないのが、困りもんだが、出席率も高いようなので、
期待したいな。

オラの役割なんだが、これは選手の皆さんにも断言しているように、
よりよいサッカーができる環境作りではないかと思っている。
そのための支援がなにがよいか、頭を巡らせる毎日だ。
おらぁ、ぜったいやるだいね!。
高い目標に向かって頑張るしかないだいね。

将来的にはサッカーだけに限らず、あらゆるスポーツとも連携していく箱もつくりたいな。
企業スポーツはもはや、限界に来ているのはトリノをみれば一目瞭然だ。
地域社会でこういった、高い目標をもった選手達を支援するシステム作りが出来たら、面白いじゃあないかい。
選手が所属企業からの支援はのぞめない時代だし、選手自身がスポンサーを捜すのも、ほんと大変な事である。
それこそ、競技生活にもおおいな支障も出てくることになる。

「うちにはサッカーだけでなく、スキーのトップアスリートが所属してます。どうぞ支援お願いできませんか」と言ったっていいんでないかい。
そういった、トップアスリートにサッカー少年がスキーを教えてもらったっていいこんだし、
スキー部作ったっていいわけだしよ。
もうなんでも有りかもな。
サッカーだけで小さくまとまる事もないわけで、そうすりゃあそれに関係する雇用も生まれるわけでもある。
さっそく、NPOの資料取り寄せだな。

なんか、そういう時代にまさに来ているのじゃあなかろうか。
トリノのアスリート達を見て、それを一番感じただいね。
やることいっぱいあるわけで、歳とってるひまはないずらよ。
かぁっ、かぁっ、かぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜つ!

今朝も朝早くから大盛り上がりで、ひとりテンション高いぞ=========!
by gsfc_aoshima | 2006-02-28 06:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

トリノの皆さん、感動ありがとう!

日曜日の朝、 タレントの爆笑問題が司会する番組をなにげに見ていたら、たけしの弟子のダンカンが荒川静香のことを「弥勒菩薩」みたいだったよなと発言していた。
オラが感じたようなことを、おなじように感じた奴もいたんだな。
ちょっぴりうれしくなった。
あの日の荒川静香はまさしく仏様だっと思うが、「ダンカンとかい!」というところもある。

キャスターの長田渚左さんが書いていたんだが、フィギアのショートプログラムの上位3人の点差から、荒川さんの金メダルは、ミスさえなければ確率はほんと高いというのは試合前からわかっていたらしい。
どういう事かと云うと、事前に演技する内容がわかっているので、難易度を足していくと、コーエンとスルツカヤの持ち点というのかな、そんなのは62点で満点で荒川は64点だったとの事。
だからコーエンはミスを心配のあまり、自滅したし、荒川が62点を出した時点で、すでにスルツカヤの金メダルはなく、荒川サイドも金メダルを確信していたとの話。

「へっっっっっっぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜つ!」
聞いてみんとわからんような話だけんど、TVのアナウンサーもそのぐらいの勉強と分析をしてもらいたかったなあ。
それがわかっていればだ、ライブで中継しているキー局よりも放送していない他局が、
荒川の採点が出た瞬間にニュース速報を流してだ。
選挙じゃないけんど、「トリノ区ー荒川静香当選確実」ていうか「金メダル確実の』ゴールドマークを出せたのによぉ!

スルツカヤの演技前に日本国中おおさわぎだったはずだし、
荒川さんの周囲はすでにその事はじゅうぶんわかっていたはずで
「金メダル!金メダル!わっしょいわっしょい!えらやっちゃえらやっちゃ、よいよいよいよい!」と肩組んでいたのかもな。
スルツカヤの演技が終わり、TVが荒川サイドを映す前に、
「ハイ荒川さん、神妙な顔でおねがいしますよ。得点が出たとき大きな笑顔ですよ。
まだまだ不安そうな顔でスタンバイしてください」とかなんとか言ってたのかもな。

そんなことがあったかなかったか、分からんけんど、スルツカヤも荒川さんの得点が出たとき、
自分の金メダルはないわけで、これでは勝とうとする緊張感もなくなって、ああいう締まりのない演技になるのは致し方ない事だったに違いない。

前回のオリンピックで金メダルを逃して4年間、この1日の、この4分間のために、生きてきたと云っても過言でもない。
それが、やる前から、金メダルないじゃあ、もう切れちゃいますよね。
ぷつんと!
荒川さんの得点を見て、わずか1、2分で気持の整理はできんだいね。

オリンピックでメダルを取るための努力ってどんなんだい!
次まで4年もあるんだぞ。
モーグルなんてたった26秒だぞ。
たたたたたった26秒だ!
単位を同じにしたらうまく計算できんけど、26秒/4年てすごくないかい。

4年間のなかで、次の決勝のイメージをもう作るんだぞ。
女性だったら、生理もいまから調整するんだぞ。
それがどんだけ大変な事か、オラには想像つかん。

スキー回転の皆川選手の3位との差は30センチだったそうだ。
スケートの岡崎選手もおんなじ100分の3秒差だったそうだ。
3位と4位では雲泥の差を彼らは知ってるんだな。
だから、
だから、がんばってきたのによぉ

団長がなにとちくるったしらんけんど、
「最低のオリンピックだった」
いいかげんにしろといいたいよな。
「おまえ、やってみろよ!」

上村さんはまた次回もやるといっている。
次は30歳になる。
岡崎さんもやるといっている。
次は、もう云わん。
死ぬまで金メダル目指して挑戦してほしいな。

オラ達も自分が決めた金メダル目指して頑張るしかないだいね。
4年後のチームの置かれた状況をイメージして頑張っていくずら!
彼らに比べたら、オラ達なんかの目標なんて簡単簡単です。
by gsfc_aoshima | 2006-02-27 07:21 | その他 | Trackback | Comments(0)

33年ぶりの駒沢陸上競技場

2月25日(土)シニアのサッカーに参加
会場は駒沢陸上競技場だ。
東京オリンピックの日本vsアルゼンチンのゲームがあり、日本が3−2で勝ったスタジアムだ。
オラが大学の頃、関東リーグの会場になっており、おおよそ33年ぶりにピッチに立った。
昔と一つも変わっていないスタジアムで、まさに30年の時を経ても一瞬に学生時代に戻る事が出来、なんかしら、感動さえわき上がってきた。
グランドも、高麗芝に緑のベントが混じっており、昔の枯れた芝とは多少違っているぐらいで
あとは全く一緒だった。

それからグランドに来ている人達が昔、ボールを追いかけてきた戦友みたいなもんだから、
もはや、同窓会でもある。

公式戦ではなく、練習試合である。
相手は、東京のNO1でもある大江戸60というチームだ。
こちとらはご存知WKユナイッテドだが、人数が揃わなくて、試合5分前にやっとこさ11人。
相手は60歳以上、こちらは60歳以下。
いつもはチームメートの大野(元日本代表)、細谷(日本代表)さんも今日は相手チームである。

そんなじい様イレブンに0−2で負けた。
大野、細谷両先輩にクリーンシュートを決められた。
もはや、なにもいうことはない。
走力でも完全にじい様達に負けていた。
右のFWの足の速さはなんじゃいなだ!
いいわけ言ってもしょうがない。
そういうきちがいみたいなじい様がいるってわかっただけでも収穫としよう。 

ひたすら練習してこの借りを返すか、あるいは人知れず解散するかのどっちかになっちまっただよ。
やるしかないだいね!
b0005596_8181100.jpg

by gsfc_aoshima | 2006-02-26 08:17 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

荒川静香に弥勒菩薩を見た

安藤の演技を見てから、家をでた。
浜松の駅に降りて、号外で荒川静香の金メダルを知った。

Y字スパイラルの写真だった。
コスチュームが素晴らしいなと。
優雅さも感じた。
ゆったりとした大河の流れのようなものさえ感じた。
たった1枚の写真からだ。

夜、帰ってきたらTVは荒川一色だった。
最初の、出てきて音楽なるまでの一瞬、顔を傾けた荒川の顔は
神々しいまでの優しさとたおやかさがあった。
これってどっかで見た事ある。
どこであったんかいな。
演技が終るまで、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと考えていた。
出てきたぞ。
そうだ!
中宮寺の弥勒菩薩だら。
あの「考える仏像」といわれた、国宝の弥勒菩薩ずら。

10点の差で勝ち取った栄冠だったが、もう、どう考えても圧倒的な差があったと云ってよい。
「トゥーランどっと』の曲にぴたっとあっていたし、ほんと素晴らしい演技だった。
東洋的な顔立ちがまさしく、仏が演技している錯覚さえおぼえさせる。
コーエンやらスルツカヤが束になっても勝てないほどのプログラムだっと思う。
これほどはっきりした金メダルも珍しいのではないかいな。

ライブで見れなかったんで、今朝はエキシビションマッチを早よから起きて見ている。
今、荒川の演技が終った。
なんなんだぁ、この見事さは!
「イノバウワァー」の優雅さは!
もはや、云う言葉がない。
他の演技者と大人と子供の違いがあるな。

ところで、荒川はプリンスホテルの所属なんだが、TVの前の応援団の姿がニュースでやっていた。
昔の同期が応援してした。
そうだよな.オラも会社を途中でやめてなきゃあ、きっとこの中にいたんだな。
日の丸の鉢巻きしてよ。
ちょっとうれしかっただいね。
西武グループも暗い話題ばっかりだったもんな。
荒川さんはプリンス所属で、村主のコーチはず〜〜とおプリンスホテルにいらっしゃった
佐藤さんだった。
そう、あの佐藤由香のお父さんだ。
村主にもメダル取らせたかったなあ。
オラ達もボケてないで佐藤さん見習わないとな。

それから、荒川と、村主は早稲田の体育会の後輩にもなるんだよな。
これは、もっとうれしい事でしてね。
ワセダァ バンザイ!!!!!!!!!!!。
朝から涙がでてくるだいね。
by gsfc_aoshima | 2006-02-25 05:20 | その他 | Trackback | Comments(0)

ボスニア戦のメンバー発表

28日にドイツで行なわれるボスニア戦のメンバーが発表された。

▽代表メンバーは以下の通り。
 GK 川口、下田、都築
 DF 田中、宮本、三都主、中沢、中田浩、坪井、加地、駒野、茂庭
 MF 福西、中田英、中村、小笠原、稲本、小野、遠藤、松井
 FW 久保、柳沢、高原、大黒
[2006年2月23日 17時17分]

なんなんだよ!
ジーコ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

ジーコの持論は、今、リーグで結果を出している選手じゃあないのかよぉ

佐藤は昨年度のJリーグ日本人最高の得点上げてんだぜ。
その佐藤より、今シーズンのイタリアでほとんど出ていない柳沢をどう評価するんだろう。
ぜんぜん出てないと云ってもいいぐらいだ。
高原だって、全く得点できないFWだ。
試合に出れるのは11人、
ジーコの交代時期は最後にちょこっとなんだから、こんなに連れてく事もない。
本大会の会場を見に行くと云う理由もあるわけだろうがよ。

今、選ぶんだったら巻と佐藤でいいと思うし、高原、柳沢は結果を出してもらってからでも
いいんでないかい。
左サイドは村井ではなく、中田浩二なのかなあ。
今、旬なのは村井ではないかい。

それから、GK3人必要?
だいたい、川口以外のふたりは、楢崎、土肥、曽ヶ端の次の評価だと思う。
絶対本戦には選ばれっこないんだから

1ポジションふたりできちっとしているから、もうジーコの頭ん中は
本戦スタートの11人は決まっている。
そう、ジーコがワールドカップで戦ったあの不動のメンバーと同じように!

でも、ここはブラジルではなく、ぜんぜん弱い日本だぜ。
緊張感も伸びしろもないようなプレーヤーをこのままいくと選んじゃうぞ。
ジーコの考えている11人に問題があるんじゃあなかろうか。
このままではほんと、セットプレー以外にあのFW陣では点とれないだら!
by gsfc_aoshima | 2006-02-24 05:17 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

アジアカップインド戦

ビデオで観戦する。
ジーコは試合後、準備は整ってきたといってるが、ほんと大丈夫かい!
はっきり云って、インドのレベルはJFLぐらいだ。
ひょっとするとその下の地域リーグぐらいかもしれん。

こんなのに勝つのは当たり前だし、もう少し、正確なパスとかシュートを打たんとな。
日産スタジアムの芝は相当いい状態だと思うよ。
すこんすこん上げるなって。
わくにいかんかい!
ほとんどドフリーで打たしてもらってんだからよ

それから、日本の両サイドもうすこしなんとかならんの。
インド相手だったらあのふたりでもいいけんど、
ブラジル以下クロアチア、オーストラリアだぜ。
相手はよ!
インド相手に加地は前にDFいたらまず立ち止まって、やばいとおもったらバックパス。
それをもらった福西は、またサイドへ、
最終的には、三都主へ
相手はみんな下がってきてるんで、そこを三都主がつっかけていく。
もはや、今の君のスピードでは最初は勝てても次は読まれる。
インドの弱体DFをも抜けん。

最初に加地がもらった時、ボールにタッチしたと同時に縦に強引に行く必要がある。
相手が帰らんうちにだ。
それを、こねくりまわしているうちに、みんな帰って来てしまいゴール前には敵がぞろぞろだ。
これじゃあ、久保だってしんどいずら。

シュートコースがないので、どうしても回しだす。
でも相手は乗ってこない。
これじゃあ、点入らんよな。
デインジャラスゾーンの外側で回していたって、相手に取ってはぜんぜん怖くないもんな。
中盤で相手から奪ってそこからどれだけ早く展開してゴールに行くかが大事なんだから。

相手の足が止まったんで後半は点入ったけんど、ワールドカップではそうはいかんぞ。
こっちの足が止まってしまう可能性大いに有りだ。
このままだと、サイド攻撃はほとんど出来ず、セットプレーだけでワールドカップが終わってしまいそうだな。
今日の長谷部や佐藤のような、新戦力をどんどん使わないとあかんとちゃいますか。
慎重に選手を選ぶより、大胆に抜擢してみる必要あるんじゃあないかな
フランスの時には、岡田は無名の俊輔や、清水の市川を全日本に加えた。
最後は落ちたけどね。
でも19歳の小野を使った。
いまの固定メンバーだと伸びしろが感じられないのである。
よく探せ。よく見極めろと云いたい。
by gsfc_aoshima | 2006-02-23 00:06 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

徳永と矢島

毎日、いいかげんなことばっか、言ってたら、ほんとに、死にそうになった。
誰かに助けてもらったというか、まだ死ぬなよということか、ほんとラッキーだった。
神の警告かもしれん。
グランドで死んだりしたらうれしいななんて言ってる事をおおいに反省する。

昨日、東京は銀座の裏道を歩いていた。もちろん昼間だ。
軽自動車が止まっていた横をすり抜け、5メートルぐらい歩いた時、
突然、右手に衝撃がはしった。
その軽自動車が突然、バックで暴走してきて、オラの手をかすめて2メートルぐらいで止まった。
もし10センチでも右に寄ってたら、まともにぶつかっていただろう。
こちらは背中を向けているんで、きっと、前に倒れて、そのまま引かれちゃう状態だった。

とりあえずケガもなかったんで、よかったが、勝手にやられることもあるということだな。
ここんとこアクシデントが多すぎるんで気をつけんといかんだいね。

週末もJリーグのプレシーズンマッチがあった。
FC東京も大学生との試合やら、清水エスパルスVSジュビロの試合もあった。
月曜日、スカパーをつけたら、その試合の放送があったんで、フルで見てしまう。
矢島が75分からだけんど、出てきた。

ボールに触ったのは5回ほどだったが、そのうち2回は決定的なチャンスを作っていた。
ゴール前に上がったクロスを相手DFに完全に勝って、折り返し、岡島にいいパスが出ていた。
コンビネーションもよかったように思われた。
今後がおおいに楽しみだ。

それから、徳永についても日刊スポーツにこんな記事が掲載されていた

東京DF徳永、代表へ好感触

 東京の超大物ルーキーDF徳永が、W杯メンバー入りへ好感触をつかんだ。シーズン前「ドイツW杯に出たいから」と、バレンシアの誘いを断った。チームにもなじみ、鹿児島・指宿合宿最終日のこの日、福岡大との練習試合で右サイドバックとして格の違いを見せた。相手と1対1の場面が10回以上あり、1度もボールを取られず、2度の得点機を演出した。「ジーコ監督は五輪代表の時に見に来てくれている。最終メンバーに呼ばれたい」と、6月のキリン杯までのリーグ戦12試合、ナビスコ杯3試合で猛アピールする覚悟だ。

[2006/2/20/07:50 紙面から]


by gsfc_aoshima | 2006-02-22 07:20 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

あいかわらずケガの直りは早い!

昨日の試合が終ってから、からだボロボロになる。
試合が終わって、自宅に戻って、つまずいて、半開きの居間のドアの角におでこを
ブチ当てる。
たちまち、額にたんこぶだ。
よろよろして、再度つまずく。
こんどは薬指がまともに床に突き指だ。
折れたかと思った。
グキッときたからだ!
わずか5秒ぐらいの一瞬の惨劇だ。
スローモーションのような2段攻撃だ。
相当痛いだいね。
どちらを押さえるというか、どちらを痛がるか、こりゃあなかなか難しかっただよ。
粘土塗りたくる。
おでこにはアイスノン。

それから、
両足のアキレス腱は悲鳴をあげていまにも切れんばかり。
腱が掴めないほど腫れてきている
こちらはじょうだんじゃあなく、やばい。
こんどやったらアキレス腱断裂3回目だぞ。
粘土塗りたくる。
そしたら、足首どんどん太くなって、腫れ上がってきた。

右足の太ももの裏も、なんか肉離れの兆候があるんだな。
こちらは、相当気にして試合前から粘土塗りたくってなんとか持ったようだ。

一夜明けて、
昨夜から、ずっと粘土塗りたくりでだいぶ足の痛みは緩んできた。
おでこもほぼ平常になってきた。
異常なまでに直りがはやいずら。

但し、薬指はあっちの方向向いたままで、しもやけみたいに腫れ上がっているぞ。
足元おぼつかないんでとんでもないとこまで痛めるとは。
今朝も階段でつまずいて転んだもんなあ。
それも上りでだよ。
まわりにだれもいない状態でだよ。
たぶん、足首の靭帯が伸びきっているんで、骨の廻りがゆるゆるで、上からひもでつり下げられた骸骨人形状態にほぼ近い。
かくかく状態という表現があってるかな。
とにかく、小石ひとつで捻挫だもんな。

もはや、ボールを蹴る以前の問題かもしれないと思います。
だけんど、好きなサッカーやめるのはそりゃあちっとばっかし酷な話だもんだで、
どうなろうとも、やめないだいね。
朝は痛くてびっこひきひきでも16時間も経てばスタスタですだ。

女性のご出産にくらべたらよ、たんこぶや突き指なんてえのはケガのうちには、はいらんぞ。
左のアキレス腱は2回まで切っても良しだ。
ちょうど、右とバランスとれるようになるし、(右2回切ってるからどうも短くなっていてバランスが悪いんだな)
聞く所によると帝王切開だって2回まではオーケーらしいでよ。

足首のぐらぐらなんぞはバンデージぐるぐる巻でオーケーだしよ。
とどめは寝る前の粘土で決まりだ。
次の朝は相当回復しているもん。

生活習慣病になるような兆候もぜんぜんないし、万が一、糖尿にでもなったらサッカーやめようと思っている。
三木のり平のクレオパトラじゃあるまいし「毒蛇はどこじゃ、ボールはどこじゃ」なんていってまではやりたくないだいね。
グランドで突然、心不全でぽっくり逝くのはいいとしても、(これは事故死で保険が沢山おりる)
糖尿持ちでのグランドでのぽっくりはまずいずら。
(これはほとんど自殺行為だから保険が満額おりないかもな)

おらはどっちかというと前者を希望しているわけでしてね。じゃんじゃん!
by gsfc_aoshima | 2006-02-21 00:30 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

今年も初戦で敗退

2月19日(日)東京都のシニアの大会があった。
今年もやっぱり1次リーグで敗退、2次リーグに進出できなかった。

WKユナイッテドの選手は全員うまい。
他の2チームを個人個人の力では圧倒している。
オラもあんなへぼにはやられん自信はある。
たいした相手でもない。

だけんど、勝てないだいね。
点が入らんだいね。
相手のシュート1本
こちとら、15本
それでも0−1でやられた。

とにかくシュートがへたで、日本代表の高原、柳沢みたいなもんだ。
ていうより、シュートの時にはいっぱいいっぱいなんで、シュートに力がないんだな。
みんな、シュートの前で力を使い果たしている。
なんとかせんと、もはや来年はないな。
50以上のシニアはあきらめて、60以上のシニアでやったほうが強いかもな。
それから、けが人だらけで試合にならん事も事実であったし。

オラも、あと7キロ体重落とさんと、だめだなと反省しております。
なさけないずら〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
by gsfc_aoshima | 2006-02-20 06:20 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

フィンランド戦勝利したが

こんなチーム呼ぶな!
ていうより、バカにされていないかい?
日本サッカー協会さん
川淵キャプテン、怒ってくださいよ!

これほどひどいチームも珍しいよな。
ほんとに代表? 
なんにも出来ない。
戦術もない、たた守るだけ。
個人としてもボール止められない,蹴れない
何たる事ずら!

こんなチームに勝って浮かれていたらとんでもない事にナルだぞ。
オラはエコパは実家からそう遠い所ではないんで、観戦も有りかなとも考えたが
行かなくてよかった。

勝ったのは素直に喜ぼう。
でも、よ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く考えると
「カネ返せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」だよな。
こんな試合でもうけるな。

前半、小野、
後半、小野と小笠原

小野は相手がひどいのはわかっていたんだろうな。
ひとりだけ、サッカーの質が違っていたもん。
ボールコントロール力だけで90分乗り切っちまったもんな。

DF陣も相手FWがせめて来ないんで拍子抜けしたんだろうが、
後ろで回しているパスや、ボランチへのショートパスは完全フリーだから通るにしても
前線へのパスの精度はほんと悪いよな。
中澤のパスなんかはどうにもこうにもほとんど通らない。
相手DFの頭でみな止められている。

それから、三都主が入ったが中澤とは呼吸がほんと合わない。
もし、本戦までこの調子でいくと左サイドが日本のアキレス腱になりそうだ。

今朝の新聞はきっと浮かれた事書いてんだろうが、信用しちゃあいけませんぜ!
あのフィンランドならJ2のチームでも勝てる。
by gsfc_aoshima | 2006-02-19 06:26 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)